マイナンバーを管理する

この記事は14分で読めます

マイナンバーの管理

平成28年から使用されるマイナンバーについて、いろいろな情報が飛び交っています。
基本的なマイナンバーの理念は多くの人に理解されていますが、管理について誤った情報も少なくありません。
マイナンバーの管理は重要です。
この番号があれば個人の経済活動を知ることができるからです。
もちろん、そのためには行政機関や金融機関など決められた手続きが必要です。
気軽に情報を入手することはできないのです。
誤解されていることの多くは番号が漏れただけですべての情報が筒抜けになってしまうと言うことです。
社会保障や納税、年金など国民として受けられる権利、納付しなければならない税金などを明確にすることがマイナンバーの役割です。
個人を特定することで、それが可能となるのです。
マイナンバーはクレジットカードなどと同じように一人に1枚ずつ発行されます。
そこに書かれている番号が重要なのです。
カードの管理は個人に任されていますから、各自で確実に保管しておくことが大切です。
そのことに対して大きな不安を持っている人も少なくありませんが、マイナンバーカードは銀行の印鑑と同じようなものです。
大切な引出しにしまっておけばいいのです。
万が一紛失した場合には新しいカードを作ることができます。
マイナンバーカードで不正を働こうと考えている人は具体的にどのような方法をするのでしょう。
マイナンバーを知っても、それだけでお金を盗むことはできません。
マイナンバーは重要ですが、必要以上に不安を持つことはないのです。

スポンサードリンク

マイナンバーとは

マイナンバー制度が始まることで、不安に感じている人が少なくありません。
これまで以上に税金を取られるのではないかと思うのです。
ただ、これは大きな誤解があります。
税金の額が増えるのではなく、これまで払うべき税金を払ってこなかっただけなのです。
正直に申告する人が損をする社会はどこか間違っているのです。
それを正すためにマイナンバーがあるのです。
マイナンバーはカードで提供されますが、その番号データは勤務している企業や行政機関でも利用します。
定められた手続きにしたがって、それぞれの団体がマイナンバーを管理します。
マイナンバーの管理がずさんな場合は処罰を受けることになります。
したがって、個人がマイナンバーの管理で必要以上に考えることはありません。
銀行の印鑑を管理するのと同じレベルのことです。
紛失した場合にはすぐに届け出をして、番号の再発行を依頼しなければなりません。
マイナンバー制度は世界の主要国で実施されています。
もちろん呼び名は違います。
趣旨は同じですから、日本もそれらの先進国に倣っているのです。
いまだ、マイナンバーのことをよく理解していない人はインターネットの情報を読んで理解しなければなりません。
ただ、税制などが変わる度にそれを正確に理解しているのは専門家だけです。
一般の人はその概略だけを知っているにすぎません。
マイナンバーも同じレベルと考えていいでしょう。
受けるべき社会保障が確実に受けられる社会となります。

マイナンバーの取得

これから始まる新しい制度のマイナンバーを取得するための手続きについて説明しましょう。
決して難しいことではありませんが、登録されている住所に住んでいなかったりした場合にはスムーズにいかないことも少なくありません。
全国の市町村役場から世帯主宛に送付されている申込書を使って手続きをすることになります。
普通の運転免許証と同じような方法です。
住民票のデータと間違っていないかを確認して、後は写真を貼り付けるだけです。
しかし、新聞では申込書の送付が数日遅れただけでニュースとして取り上げられています。
また、あて先不明で返送される分もたくさんあると言われています。
これは行政側の問題と言うよりも、各個人の問題に基因する部分が大半なのです。
しかし、ニュースを見ると行政の不手際のイメージが強くなっています。
引越しをしたのに、そのことを役場に届けていないため住民票の場所に住んでいないのです。
個人情報の取り扱いが厳しくなった現代では、行政としても個人の情報を主とすることができないこともあるのです。
マイナンバーの管理も個人が行うことになっています。
問題が発生した時に、その管理責任についてニュースとなることでしょう。
これからはマイナンバーによる管理が一般的になります。
トラブルに巻き込まれないようにしっかりとマイナンバーを管理していくことが大切です。
特に若い世代の人たちは生まれた時からマイナンバーを持っていることになります。
それを一生使い続けていくのです。
ただ、大げさに考える必要はありません。

マイナンバーの役割

マイナンバーの役割を知らない人は役場などから発行されている資料を読んでおくことが大切です。
マイナンバーの管理は重要です。
直感的にわかりやすく言えば銀行に登録した印鑑と同じと考えればいいでしょう。
印鑑を失くしたら大変だとわかっているでしょう。
マイナンバーをしっかりと管理してください。
紛失したり人に気軽に教えたりしてはいけません。
日本国民が一人ずつ番号を持ちます。
それがマイナンバーです。
SF的な国家による管理をイメージする人が多いのですが、それは大きな間違いです。
マイナンバーはこれまで姑息な手段で納税を逃れていた人に対して厳格な徴収を可能とすることや、本人が引っ越しをしても、その異動先での社会保障を確実にするために使用されます。
もちろん、悪意を持ってマイナンバーを知ろうとする人がいれば、多くの情報を引き出すことができます。
諸刃の刃であることは否定できません。
そのためにマイナンバーの管理が重要となるのです。
日常生活でマイナンバーが必要となるシーンは給料をもらっている会社に提出する場合、税務署に確定申告をする場合、子どもが生まれたり結婚したりして家族構成が変わった場合などです。
どの場合でも本人がマイナンバーを提出します。
例外として、健康障害などで本人ができない場合は代理人でも認められます。
子どもが痴呆症の親の国民年金を不当に受け取ることがないように注意しなければなりません。
ニュースにもなりましたが、すでに死亡した親の年金を子どもが受け取っていた例がたくさんありました。

マイナンバーのセキュリティ

日本でマイナンバーが使用されるのは2016年からです。
マイナンバーのことをよく理解していない人は注意しなければなりません。
マイナンバーの管理方法とセキュリティについて知っておかなければならないのです。
もちろん、それは人に任せるのではなく自分で管理することを意味しています。
セキュリティが問題となるのは、マイナンバーを知ることによって個人のプライバシーを侵害することが可能となるからです。
ただ、必要以上にマイナンバーで不安にならなくてもいいでしょう。
例えば、どこに住んでいるかはマイナンバーによって確認できますが、それを知るためにコンピューターは行政機関によって管理されています。
一般の人が行政機関の端末を無断で使用することはできません。
これは警察官が拳銃を持っていることに不安を抱くことと同じレベルの話です。
どのような道具も悪意を持っていれば武器になってしまいます。
マイナンバーは個人を特定するための情報のキーとなります。
マイナンバーを教えることは家の鍵を貸すことと同じです。
相手を信頼していたとしても裏切られることがあります。
それは家族でも同じことです。
マイナンバーのセキュリティは厳格に定められています。
その仕組みを活用するためには本人が自分のマイナンバーを提供する相手を理解しておかなければなりません。
どこの会社でもマイナンバーを使用して給料の支払いをします。
しかし、厳密に管理されていない場合は処罰の対象となるのです。

マイナンバーの申請

マイナンバーは平成28年から使用されます。
そのために平成27年10月ごろから、各自治体が世帯毎にマイナンバーの申請書を送付することになっています。
申請書に書かれた手順にしたがって、マイナンバーを申請することになります。
この申請では個人番号カードの発行となります。
写真を貼り付けた運転免許証のようなものです。
このカードにマイナンバーが書かれており、全国民が持つことになります。
本人確認のための身分証明書としても利用されますし、納税や社会保障など個人を特定する場合に使用されます。
カードには番号が記載されていますが、仮にこのカードを不正所得したとしても、それだけで個人情報がすべて筒抜けになってしまうわけではありません。
銀行の口座情報や納税情報などはそれぞれの機関が管理しており、カード内に情報があるわけではないからです。
マイナンバーを使用することで、例えば国民年金の支払い状況を明確にすることや脱税の監視などの効率化が期待されています。
マイナンバーを管理するのは自分自身です。
特別なことではなく運転免許証を管理することと同じです。
運転免許証でも個人毎に番号が振られています。
これを見れば、過去の交通違反の履歴がわかるようになっています。
マイナンバーが特別なカードだと思っている人も多いのですが、これまでの生活が変わるわけではありません。
不正を減らし、社会保障を確実に受けるために個人に与えられた番号なのです。
ただ、他人にマイナンバーを教えることは、銀行の暗証番号を教えるようなもと考えてください。
聞かれても決して答えることはしないでしょう。

マイナンバーの情報

インターネットではマイナンバーに関する情報は国のホームページだけではなく、一般のブログなどにもたくさん掲載されています。
しかし、マイナンバーに関する誤解も少なくありません。
マイナンバーに限らず、正しい情報を収集することが大切です。
そしてマイナンバー取得後の管理を確実に行うことが大切です。
これまでさんざん議論されてきたマイナンバーですが、ようやく現実の制度となりました。
これまでの議論では情報漏えいやセキュリティの面で確実な管理ができるのかが焦点となってきました。
技術的な目途が立ったことで法制化されたのです。
注意しなければならないのは、一般の国民に直接的な恩恵はないと言うことでしょう。
社会の仕組みが極端に改善されるわけではありません。
マイナンバー制度は行政機関での事務処理の効率化が一番の目的です。
これによって脱税防止効果が期待されています。
また、国民に対する社会保障として年金制度や各種補助事業に対する漏れ抑止が可能となります。
申告手続きをしなければ補助を受けられないことを知らずに、これまで補助を受けることができなかった人が多いのです。
マイナンバーでデータ処理をすることによって、行政側で自動的に手続きを進めることが可能となります。
つまり、もらえるものをもらっていなかった人、払うべきものを払っていなかった人が影響を受けるのです。
正直に納税していた人はマイナンバーになっても不安に感じる必要はありません。
脱税していた人が心配しているのです。

マイナンバーの口コミ

口コミサイトはたくさんありますが、マイナンバーに関するサイトもたくさんあります。
みんなマイナンバーに関心があるからでしょう。
ただ、実際に使用されるのは2016年になってからです。
慌てて、何かをしなければならないと言うことではありません。
口コミサイトの中にはマイナンバーの管理に関して誤解を招くような書き方をしている場合もあります。
読む方も注意をすべきでしょう。
マイナンバーの管理とはどのようなことでしょうか。
それは企業が社員のマイナンバーを取得して管理することです。
マイナンバーは気軽に人に教えてはいけないのですが、企業は給料を払うために社員からマイナンバーを教えてもらわなければなりません。
教えてもらったマイナンバーをよそに漏らさないように管理が必要となるのです。
これまでのように事務員の女性が紙やパソコン上で適当に管理することはできません。
マイナンバー管理のための専門業者を利用すれば、企業としての責任を果たすことができるのです。
ちょっと変に思うかもしれませんが、企業が払う法人税の手続きは専門知識を持っている税理士に依頼するのと同じことです。
マイナンバーをしっかりと管理してくれる企業に依頼するのです。
もちろん、無料ではありませんが、ずさんな管理で責任を問われる事態になる方が企業としての影響は大きくなります。
これらのことを踏まえてマイナンバーの管理をしなければなりません。
日本以外の国ではすでに同様の制度が実施されています。
日本でもようやく始まったと考えてください。

マイナンバーと社会保障

社会保障とは国が定めた法律に基づいて保護を受けたりすることです。
これまでは多くの場合、保障を受ける本人が申請手続きを行わなければなりませんでした。
しかし、引っ越しなどで住民票の記載が実際と異なっていた場合など保障を受けていないことに気づかないケースが多かったのです。
マイナンバーは個人に割り振られた番号です。
引っ越しをしても変わりません。
そのため、一貫した社会保障が受けられると期待されています。
行政側の事務手続きも自動化できるため、人為的なミスを防ぐことができます。
国民年金制度がずさんな管理だったことは記憶に新しいのではないでしょうか。
このような不適際が起きないようにマイナンバー制度ではしっかりとした管理を基本としています。
その管理を行わない企業や団体は処罰の対象となります。
つまり、国民が受けられる権利を守るための番号と言えます。
もちろん、国民としての義務を果たさない人に対しる処罰もあります。
脱税が一番わかりやすいでしょう。
個人を特定することによって、全収入を国が把握することが可能となります。
脱税はほぼできないことになるでしょう。
これまで甘い汁を吸ってきた人たちが慌てているのです。
先進国の多くで同様の制度が以前から施行されています。
日本もそれに倣っているだけです。
国民の生活が極端に変わるわけではありませんが、自分のマイナンバーは身分証明書の代わりともなりますから、しっかりと管理しておくことが大切です。

マイナンバーと企業

企業にとってマイナンバー制度の始まりはどのような影響があるでしょうか。
個人に支払う給料はマイナンバーに紐づけられます。
つまり、複数の企業から給料を支払った場合でもマイナンバーを辿ることによって簡単にわかってしまうのです。
これは個人が脱税をすることを防ぐ効果が期待されます。
ただ、企業は個人のマイナンバー情報を持つことになりますから、その管理を確実に行うことが求められます。
不用意に漏らしてしまうことは処罰の対象となるのです。
そこでマイナンバーを自社で管理するのではなく、管理のための専門業者に依頼すること一番簡単と思う人が少なくありません。
実際に管理を行う企業がたくさん宣伝しています。
クラウドサービスを利用して、すべてのデータをサーバー上に保管する仕組みが一般的です。
これであれば利用する企業には管理責任がなくなるからです。
これまでのようにローカルのパソコンにマイナンバーを入れておくことは非常に危険な状態です。
それを避ける必要があることを企業の担当者は理解しておかなければなりません。
マイナンバーが漏れた場合にどのような影響が出るのでしょうか。
すべての個人情報がネット上にばらまかれたりすることはありませんが、年収がわかってしまうことはあるでしょう。
マイナンバーに紐づけられた情報はそれぞれの団体が管理しています。
つまり、給料の額を知っているのは企業だけであり、そのデータは税務署に提出されるために使用されます。
銀行も同様に税務署に対してデータを提供することになるのです。

マイナンバーの基本

新しい制度が始まった初期の頃は、国民の理解が得られないことが少なくありません。
そこで、マイナンバーに関する基本的なことを押さえておきましょう。
どのような管理をすればいいかわかるはずです。
マイナンバーとは国民一人一人に割り当てられる数字のことです。
運転免許証と同じようなカードとして発行されます。
番号を使用するための目的は限定されています。
したがって、その番号だけですべての個人情報が漏れるわけではありませんが、勤務先、年収、家族構成、現住所など詐欺を働こうとする者にとっては非常に有益な情報を得ることができます。
そのため、マイナンバー管理が重要となるのです。
ただ、一般の会社単独で社員のマイナンバーを確実に管理することは難しいでしょう。
そのため、管理専門のサイトがたくさん始まっています。
それらのサイトでマイナンバーを管理すれば、会社自体としては何もする必要はないのです。
インターネットの情報を収集すれば、マイナンバーの活用法がわかります。
ただ、企業や個人が直接マイナンバーを利用することはありません。
と言うよりもやってはいけないことになっているのです。
社会保障や納税、災害補償に利用されることになっています。
納税に関しては銀行口座の情報も必要となるため、銀行にもマイナンバーを提供することになります。
また、給料をもらう会社が複数あれば、それぞれの会社にマイナンバーを連絡します。
個人番号カードは身分証明書としても利用できます。
市町村に申請することでもらうことができます。
いずれにしても、カードを所有することで役場での手続きが簡素化できるのです。

マイナンバーと詐欺

マイナンバーで注目されているのは効果よりも詐欺による被害でしょう。
もちろん、詐欺に遭わないようにするために対策はしっかりと行われています。
ただ、マイナンバーの本人が自覚をせずに他人に提供することがあれば、オレオレ詐欺に遭ってしまうかもしれません。
どのような場合でも自分がマイナンバーを確実に管理することが大切です。
それでは具体的にどのような詐欺なのでしょうか。
マイナンバーの通知が平成27年10月に開始されました。
しかし、手続きの遅れに乗じて詐欺グループがマイナンバーを利用する計画を立てたと考えられています。
事例としてはマイナンバーが届いているかと自宅を訪問して、届いていなければ調査するので5千円か1万円を支払えばいいと言う手口です。
60歳以上の女性がターゲットとしてリストアップされており、それで被害を受けた人が多いのです。
マイナンバーに関して自治体から問い合わせをすることはありません。
また、自宅を訪れることもないのです。
それがわかっていながら、被害に遭ってしまうのです。
高齢者の多くはオレオレ詐欺の被害に遭ってしまいます。
人を信用してしまうのでしょう。
ただ、振り込め詐欺の被害額は全国でかなりの額になっています。
詐欺グループがいるとしたら、十分な収益を上げていることになります。
これからもマイナンバーに関連した詐欺がなくなることはありません。
常に気を付けておくことが大切です。
マイナンバーの管理と同時に詐欺対策に気を配るのです。

マイナンバーの管理責任

マイナンバーの管理が重要であることは多くの人が理解していますが、具体的にどうすればいいのでしょうか。
まず、個人での管理はマイナンバーカードです。
身分証明書としても使用されますし、納税や社会保障の手続きに必要な番号となります。
個人での管理はカードを紛失しないようにしておくことで十分でしょう。
銀行のキャッシュカードやクレジットカード、免許証などと同じ取り扱いです。
これに対して、企業での管理方法が問題となります。
企業では給料を払うすべての従業員のマイナンバーを取得することになります。
その管理を確実に行う責任が生じます。
手作業で管理することは現実的ではありませんから、パソコンを利用することになります。
ただ、インターネットを通じて情報が漏えいしてしまう危険性があります。
これを防ぐための手段として管理専門のサーバーを提供する会社に管理を依頼することです。
マイナンバー一人当たり50円で管理できる企業もあります。
まだ、マイナンバーが施行されたばかりですから、管理会社はユーザーとなる企業を積極的に募集しています。
管理費用も安く設定しているのでしょう。
ただ、すべての企業が管理のためのシステムを活用するとは限りません。
データをローカルで管理することも可能だからです。
個人への給与支払いや社会保険の状況などはすべてマイナンバーにも紐づけられています。
そのことを十分理解しておかなければなりません。
また、すぐに私たちの生活が改善されるわけではありません。

マイナンバーの説明

マイナンバーに関する説明をしているサイトはたくさんありますが、まずは総務省のマイナンバー制度に関する説明サイトを読んでください。
これが基本だからです。
そこにはマイナンバーがどのようにして取得できて、どのような利用ができるか書かれています。
しかし、企業での管理の重要性、管理方法などは説明されていません。
そのため、補足情報としてインターネットで検索することになります。
あなたが企業の経理担当者であれば、全社員のマイナンバーを知ることができる立場にあります。
不正な利用を使用と思えばできるのです。
普通の人は立場を利用して、不正行為をする人はいません。
しかし、犯罪のない世界はないと考えるべきでしょう。
自分のマイナンバーを利用して、誰かが自分の財産を横取りしようと企むかもしれません。
マイナンバーの利用として期待されるのは納税の厳格な適用です。
脱税を見逃がさないようにするシステムが出来上がるのです。
もちろん、これで100%ではありませんが、個人の収入額を特定することが容易になることは間違いありません。
マイナンバーに関するデータ処理だけで多くのことがわかるのです。
これまでは各事業所や市町村のデータは相互活用ができませんでした。
マイナンバーを利用することによって、すべてのデータが接続されるのです。
他国ではすでに導入されているところが少なくありません。
日本が遅かったと言うべきでしょう。
ただ、その管理を間違うと大きな問題に発展する可能性がありますから、注意が必要です。

マイナンバーと確定申告

確定申告は自分の所得を自分で申告するための制度です。
自営業や農業の人はこれまでも確定申告をしてきました。
これはマイナンバー制度が始まったとしても同じことです。
マイナンバーで注目されている確定申告はサラリーマンが副業をしている場合です。
複数の企業から収入を得ていますから、それを正しく申告することが国民としての義務です。
しかし、現実には過少申告が多いのです。
これからはマイナンバーによって一元管理されることになりますから、これまでの確定申告とは違ってきます。
修めるべき税金の額は適正に処理されることになるのです。
もちろん、これまでの確定申告と基本的には変わりありません。
ただ、マイナンバーによってリンクされたデータにより、不正な申告を防ぐことができるようになります。
自分が勤めている会社に無断で副業をしている場合、その情報が会社に伝わることを心配する人もいるでしょう。
マイナンバーを辿ることによって、すべての収入情報を把握することが可能ですが、それは税務署など特定の組織だけです。
一般の企業が個人情報を得ることはできません。
したがって、マイナンバーによって個人の生活が悪影響を受けることはないと考えていいでしょう。
ただ、マイナンバーをしっかりと管理することは納めるべき税金を明確にし、不正をなくすことになります。
インターネットでマイナンバーの利用方法を調べてみるとわかりますが、個人が直接利用することはほとんどありません。

マイナンバーと副業

副業をしている人にとってはマイナンバー制度による影響は無視できません。
もちろん、本業での収入と副業での収入を正しく確定申告しているならば、納税額が増えることはありません。
しかし、副業での収入を過少申告している人も少なくありません。
マイナンバーによってすべての収入が管理されるようになると、納税額は増えるのです。
ただ、これは過少申告していた分が増えるだけですから、正規の手続きになると考えるべきでしょう。
マイナンバーカードを所有することで、個人を特定するための身分証証明書としても利用できます。
もちろん、マイナンバーを悪用しようと考える人もいますから、個人での管理だけではなく企業や銀行などでの管理も重要となります。
時代はマイナンバーを利用する方向になります。
副業をすることが悪いわけではなく、きちんと納税しないことが悪いのです。
マイナンバーの大きな効果の一つは確実な納税にあります。
個人を特定することができれば、それが国家による管理強化と見る人もいます。
しかし、データを共有することによってきめ細かい対応ができるようになることは間違いありません。
不正な仕様ができないシステムを作り上げることが大切なのです。
現代においては手作業によるデータ処理は不可能と考えるべきです。
国民年金の例を見ればわかるはずです。
同じ轍を踏まないようにするためにどうすればいいかを考えて作られたのがマイナンバーです。
副業をしている人は会社にそのことがばれるのではないかと心配しているかもしれません。
しかし、ばれて不都合があるなら副業をすることが悪いのです。

マイナンバーのメリット

マイナンバーが国民全員に割り振られるメリットについて考えてみましょう。
これは氏名や住所ではなく機械的に管理された番号によって個人を特定できることのメリットです。
つまり、結婚や引っ越しなどでマイナンバーは変わりません。
もちろん、就職しても変わらないのです。
年金の納入履歴や所得の履歴もマイナンバーによって検索することが可能となります。
もちろん、一般の人が検索できるわけではありません。
厳重に管理された国の機関だけがデータを閲覧できます。
ただ、データ漏えいの危険がまったくないシステムはありませんから、リスクがゼロになることはないでしょう。
そのことを心配し始めたら限がありません。
現在の税務署のデータも何らかの形でシステム化されているからです。
心配することよりもメリットの方が大きいことを理解しましょう。
災害時の補償に対してもきめ細かい対応が可能となります。
それは個人を特定することによって、その人のこれまでの財産や所得などを調べることが可能となるからです。
数十年後にはマイナンバーカードには遺伝子情報が取り込まれることでしょう。
事故や災害で死亡した時の身元を特定することが可能となるのです。
いつの時代でもデータをいいことに使えば非常にメリットは大きいのですが、悪いことに使うことも可能です。
それをデメリットとして排除するのではなく、悪用できないシステムに作り上げていくことが重要でしょう。
ただ、今すぐにマイナンバーのメリットを感じることができるわけではありません。

マイナンバーカード

あなたが住んでいる市町村から送られてくるマイナンバー通知は紙です。
もちろん、簡単にコピーできる紙ではなく、透かしが入った特殊な紙です。
使用する場合はマイナンバーの数字だけでいいのですがマイナンバーカードを作ることによって、さらにメリットが出てきます。
マイナンバーカードは運転免許証と同じようなカードです。
身分証明書としても使用できますし、内部に入っているデータを利用してコンビニで住民票を発行することが可能となります。
市町村役場にわざわざ出向いて住民票を依頼するのではなく、自分の都合のいい時間帯にいつでも住民票を取得できるのです。
これは会社勤めの人にとっては大きなメリットでしょう。
マイナンバー通知を受け取った人のほとんどがマイナンバーカードの発行依頼をすると考えられます。
当面の発行手数料は無料ですから、あなたもぜひ発行依頼の手続きを行いましょう。
毎日の生活の中でマイナンバーカードを利用するシーンはそれほど多くないかもしれません。
会社などでは一度マイナンバーを登録すれば、それ以降は必要としないからです。
ただ、身分証明書ですから常に管理のために携帯するほうがいいでしょう。
運転免許証と一緒に財布に入れておくと忘れません。
注意しなければならないのは管理不足で落としたり紛失したりすることです。
運転免許証も重要性を理解していても紛失してしまう人がいます。
これは人間ですから避けられません。
時々、財布に入っていることを確認するようにしてください。

マイナンバーとインターネット

平成28年からマイナンバー制度が始まりました。
これにより何が変わるのでしょうか。
一般の人には直接の恩恵があるわけではありません。
税務署などでマイナンバーが使用されます。
確定申告時などの処理がスムーズにできるようになります。
ただ、確定申告をしないサラリーマンは何も変わりません。
マイナンバーがインターネット上でやり取りされると危険です。
これはマイナンバーの漏えいが危険と言うこともありますが、インターネット上はすべて危険だと言う認識を持たなければなりません。
データを送る時は暗号化しなければなりません。
それが当たり前なのです。
スマホを誰もが持つ時代となりましたが、その危険性について本当に認識している人はごくわずかです。
そのような状況でマイナンバーを平文で送ることは暗証番号を人に教えているようなものです。
日常生活はインターネットによって非常に便利になりましたが、そこには常に危険が伴っていることを理解しなければなりません。
ただ、そのことはマイナンバー制度を導入した国もわかっており、仮にマイナンバーが漏えいしても実際のデータが漏れないような仕組みを作っています。
つまり、番号だけで個人情報のすべてがわかるわけではないのです。
納税情報や所得情報は税務署内で管理されています。
その他の情報も、それぞれの機関のシステム内で管理されており、マイナンバーカードには何も入っていません。
マイナンバーカードを所有する人が多くなりますが、それを紛失する人が出てきて当然です。
それでも対処できるシステムとなっているのです。

マイナンバーの注意

マイナンバーを取得することによって国民の生活が豊かになるわけではありません。
これまで納税額を少なく申告していた人の脱税を防止することができるようになります。
マイナンバーで個人が特定されるからです。
会社は誰に給与を支払ったかではなく、何番のマイナンバーに支払ったかと言うデータとして税務署に送られるからです。
このことは国政から見ればいいことですが、不都合を感じる人もいるでしょう。
マイナンバーに対する注意とは管理を確実にすることです。
マイナンバーを他人に教えることは避けるべきです。
目的が明確でない場合は決して教えてはいけません。
しかし、高齢者に対する詐欺グループの問い合わせが予想されます。
これを避けるためには周りの家族が注意してやらなければなりません。
マイナンバーの管理自体を家族が行うと言う方法もあるでしょう。
いずれにしても便利になるにしたがって、リスクが高まることは避けられません。
リスクとは他人のマイナンバーを利用した不正行為の被害に遭うことです。
財産を持たない人であれば、被害に遭わないと思っているかもしれません。
しかし、最近の詐欺は賢くなっており、多額のお金を要求するのではなく、1万円以下の金額にレベルを下げるケースもあります。
金額が少ないと不審に思わず、渡してしまうのです。
マイナンバーを直接聞きだすことよりも現金のやり取りをすることに力を入れているのです。
このような詐欺がなくならないため、マイナンバーが危険だと言う評論家もいます。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 04.21

    犬の口臭

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ