マイカーリースについて

この記事は14分で読めます

マイカーリース基礎知識

車は販売会社から購入することが今まで一般的な事でしたが、最近ではレンタル会社からのリースができるそうです。
その基礎知識だけでも勉強しましょう。
購入の際に自動車所得税、自賠責保険などの保険料が発生します。
購入後も自動車税、自動車重量税、2年おきに車検などさまざまな出費がかかります。
マイカーリースでは、このような税金や所持費用がかかりません。
なぜなら所有者はリース会社だからです。
リースをした人は、なんと月々のレンタル費用だけでいいのです。
何月に車検、次は自動車税だと出費を考えずに済むのです。
それらを含んだ料金がレンタル料金に含まれています。
そして当然レンタル料は、月々一定の料金で支払えるので毎月の家計が安定するメリットがあるのです。
リース料金はリース契約年数で決まります。
しか新車に乗れるので気分は最高です。
このリースが浸透してきてから、最近では学生さんや社会人、大家族のファミリーからシニアまで年代を超えて人気がでています。
あの憧れの車に乗りたいと夢見ていた車が手に入るチャンスです。
購入となると無理だと考えていたものが、自分の愛車になるなんて夢が実現してしまいます。
しかも低コストといいことづくしです。
レンタル中のメンテナンスはもちろんオイル交換などの消耗類まで負担してくれます。
一度お近くのリース会社でお話しを聞いてみて、どんな車種があるのか、料金はどれくらいからあるのかなど聞いてみるだけでも参考になります。

スポンサードリンク

オープンエンドとクローズエンド

マイカーリースを利用するにあたって、一種類の選択方法しかないと思われていませんか?ここでは契約するにあたって間違いを起こさないように勉強しておきましょう。
これは、契約終了時に追加料金がかかるかどうかということです。
通常の設定と同じように毎月のリース料金はもちろんかかります。
問題は契約終了後の問題になります。
まず、オープンエンドは契約終了後、車の買い取り、返却、再リースすべてにおいて対応できます。
それに対してクローズエンドは返却、再リースに対応します。
二つの契約内容ですが、残存価格や査定額全体の差額をみるのがオープンエンドになります。
クローズエンドは普通の使用状態では無いような損傷や以上なまでの走行距離に限定されています。
ではどのような事態が査定額を下げてるのでしょう。
購入時と同じように、人気車種なのかが重要なポイントになります。
これは大きく存在価値に影響します。
リース開始時に後々人気が出るのか、不人気になってしまうのか。
予測がつかないのが難しいところになりますが、無難なところですと車種を選ぶ時点でその時に中古車市場で人気車種を参考にされるのが無難ではないでしょうか。
走行距離ですが、契約での月の走行距離が決まっているとおもいます。
最終的にあまりの距離オーバーだとこれに引っかかってしまいます。
最後に、もちろん損傷は痛いです。
ぶつけたへこみやかすり傷は対象です。
しかし洗車時にタオルでつくような小傷は問題ありません。
こんな方式もあることを気にかけてみてください。

セカンドカーにはリースがおすすめ

メインカーを一括もしくは、ローンで購入されているかたが大半をしめていらっしゃると思います。
どうしても2台目の車が必要な方もいらっしゃいます。
そんな方にお勧めできるのが、2台目はカーリースがお得です。
もともと所有している車にはもちろん任意保険や車の税金、車検など出費がかかってきます。
2台目はそんな出費を抑えることができたらどうでしょう。
もちろんお金はかかります。
ですが、2台所有するより2台目をカーリースにすると大変お得です。
毎月の走行距離分で金額をお支払いするプランなどあります。
乗り出しから頭金や登録費用などもかかりません。
車のローンが2台分になるより大変便利です。
また、メンテナンスにかかる料金も月々のお支払に含まれています。
車種や色も限定されていません、ディーラーさんからお好きな車を選択できます。
ディーラーさんからの納品でリースの為、メンテナンスも安心です。
利用期間や支払金額ですが、詳しいプランなどはリース会社などで多少のばらつきがあるかもしれないので、詳しくお調べください。
大まかにですが、利用期間と月の走行距離、車種この辺で金額の設定になります。
リース期間終了で車を返却、もしくは愛着がでたので残りの金額をお支払してでも乗り続けたい方はそれも可能です。
いくら安く2台目に乗れても自分の車じゃないと嫌だと思われる方には、おすすめできない事です。
お得と感じていただけた方はご自分のライフスタイルに合わせてご利用ください。

マイカーリースの安心保障

車の購入後不具合や調子が悪くなっても消費者なので強気で修理の依頼は言いやすいですが、リースの場合はどうでしょう。
気分的にも借り物だから言えないとか、言ってもいいのかと迷われると思います。
本当にリース開始後車の調子が悪くなったらどうしよう。
調子が悪いにもかかわらず乗り続けると状態はどんどん悪くなる一方です。
リースでも保障あったかな?など不安がよぎることもあるでしょう。
ですが、もちろん保障はあります。
リースといっても月々高い料金を払っているわけですから早めの相談をしてください。
悩んでいるうちに保障期間を過ぎてしまっては、本当に大問題が起きてしまいます。
期間を過ぎたがために修理費用を負担することになってしまうかもしれません。
スピーディーな対応をお願いします。
本題ですが、現在リース会社でもとても安心な保障をされていますが、先に残念ながら保障できないものから紹介します。
消耗品は受付ません。
オイル、タイヤ、バッテリー、ボディー部分の部品これらの一般消耗部品は保障適応外です。
中には一部保証期間を設け交換に応じてくれる部品もあります。
契約時に要確認が必要です。
また保障適応品ですが、付属のカーナビやオーディオ、警告灯の点灯などこれらは保障してくれます。
もちろん通常装備に不具合や異常も早めにお知らせください。
いつどんなものでも保障できるわけではないので保証期間など確認しておくのも大切です。
プラン契約する際、保障も重要なポイントになりそうです。

マイカーリース向いてる人向いてない人

まず、向いていない方ですが。
自分のものではないと乗りたくない方はリースは利用しない方がいいです。
そんな方は、実際に乗ってドライブや旅行でお気に入りの車種に乗れても自分の車じゃない、借り物だしと思われながり遠出をしても楽しさ半減かもしれません。
割り切れるかたは是非ご利用ください。
あと特に男性に多いですが、車の改造が好きな方は利用しない方がいいです。
内装に小物を置かれる位は全然良いのですが、外装にエアロなど社外品をつけたり原形から遠ざかってしまうような改造、もちろん違法改造は絶対いけません。
後々予想外の請求、出費につながります。
維持費は安いですが長年乗り続けても総額が安いと思われている方もちょっと考えものです。
あまりの長期になると払い続けてはいますが、。
最終的に長期になりすぎた為、ローンとあまり変わらなかったことになる場合があります。

逆に向いているかたですが、車の飽きっぽい方、次々に色々な車に乗りたい方はおすすめです。
最新の車を数年契約でリースすることは可能です。
年間の出費を一定にされたい方にも良いですね。
なんせ出費は月々のリース代のみですから。
5年程度の利用を考えていらっしゃる方、新車のローンを5年ほど組むことから考えるとリースの同じ期間で考えても圧倒的にリースが安く済みます。
リース会社で詳しく見積もりをだしてもらい、ご自分に合ったプランがあったら是非活用してみてください。
条件が合えばすごく家計にやさしいマイカーリースです。

リースバックとは

車のリースをご存じですか?車の購入せずリース会社に月々の利用料金を支払いその条件にあった乗り方をする方法です。
このリース方法の種類にリースバックというものがあることをご存じですか?リースバックとは、個人所有されている車を企業に買い取ってもらい、所有していた車をそのままリースとして使用する仕組みです。
個人様が企業に売りつけ買い取り金をいただきます。
その後その車に乗り続けるために、個人様が企業にリース料金を支払うという流れです。
複雑ですが、こんな方法もあるのです。
所有していた車に乗り続けていながら、次回の車検や税金、メンテナンスまで必要なくなるのです。
維持費が格段に減り、生活面での出費も少なくなります。
リサイクル料金も企業負担に切り替わります。
なぜならリース車に乗っていることになるからです。
買い取り金額も納得の価格でしょう。
リースバック時の買い取り金額は帳簿価格になるため損はしません。
そのお金にまつわることですが、このリースバックは車を売ってその車にリースとして乗ることが主ですが、お得はそれだけではありません。
最初からいっていますが、初期段階で車を売却しているので、売却金を最初にいただいています。
そのお金を持った状態からリースが始まっているので色々な意味でお得です。
リースバック後はリース料金が発生しますが、手元にまとまったお金が入ったあとなので安心ですね。
こんな普通ではありえないような方法があるのです。

カーリース契約後使用中に車がいらなくなったら

カーリースは確かに購入するよりお金はかかりません。
新車に手ごろな価格で乗れるし色々なメリットもあるでしょう。
とても便利で助かるシステムです。
しかし、場合によっては、契約途中でも車が不必要になってしまったとなるとこともあるでしょう。
そんなとき契約中ですしどうなるか心配でしょう。
生活環境は常に変わります。
状況次第では、車の購入を考えたくなったとか病気で長期入院、転勤などで予想外の出来事が発生することもあるでしょう。
契約上はどんなことがあろうとリース契約は始まっているので払い続ける義務は発生していますが、時と場合にもよるようです。
リース会社も不運な事や状況を説明することで色んな対応に応じてくださいます。
途中解約は通常ダメですが、そのような状況なら応じてくださいますが条件はあります。
途中で解約をすり場合、その時点での残存価値精算をすることになります。
車の返却では済まないのが現実です。
色々な状況になってしまった事情はあると思いますがリース会社との契約上のことなのでしょうがないですね。
リース中の車で交通事故による車の故障や盗難で車が無くなったなどのケースも同様で支払い義務は発生します。
ただし一部リース会社では、中途解約できるプランを設けている企業もあるようです。
その手段は企業さんにとっては迷惑な話になります。
どうしてもの最終手段としてお考えください。
契約した以上は自分の車だと思っていただきたいです。

カーリース審査のコツ

自動車購入時、自動車ローンを組まれた経験がありますか?書類作成や必要書類の提出、審査待ちなど結構な時間と手間がかかります。
カーリースを利用するときも、ローンと同様な申し込みをしてその後、もちろん審査はあります。
ローンとリースでは若干の審査基準が違うようです。
月々ローンと同じように支払いをしなくてはいけません。
購入ではないものの、リースですが責任を持って契約したいものです。
毎月の支払いができるか審査を通過しなくてはいけません。
リース契約にも条件はあります。
最低年収や債務整理歴、連帯保証人が必要など条件がつく場合いがあります。
債務を抱えているとなかなか通らなくなります。
銀行などの借金が原因と思われるかもしれませんが、月々の契約で支払いをしているような習い事や分割払いの商品購入なども債務として見られてしまうこともあります。
基準はある程度決まりはしていますが、その方の状態、状況によるようです。
条件をクリアするためのとっておきですが、リースではあまり聞かれないでしょうが、頭金を入れるとリース契約もしやすくなります。
単純なことで、支払い総額が少なくなることで、月々の支払い金額も下がる効果です。
その効果で年収が少ない方からみても審査に通りやすくなります。
契約上、車庫証明も必要です。
購入と同様、自分が乗っている車なので車庫証明は必要です。
警察署で手続きを行いましょう。
リースといってもちゃんとした車の維持をしましょう。

レンタカーよりマイカーリース

レンタカーとマイカーリース良く似ていますね。
所有者はレンタル会社で契約者の持ち物ではないところまでは良くにていますが、大きく異なる面ももっています。
レンタカーリースではすでに用意されている車の車種の中から選ぶことになります。
レンタカーリース会社にある車でも先に借りられている車や、予約が入っている車を契約することはできません。
しかし、マイカーリースでは自分が乗りたい車をリース会社がディーラーさんから購入します。
この時点でレンタカーとマイカーリースでは大きくちがいますね。
それだけの責任がマイカーリースの契約者にはあるのです。
現在のマイカーリース店では、国内自動車ディーラーさんすべての企業すべての車種に対応可能です。
一部の企業では、海外メーカーにも対応可能なところもあります。
希望車種のグレード、色の選択まで対応してくださるので、ほとんど新車購入と同じ気分を味わえます。
レンタカーのナンバーを皆さん見たことがありますか?ナンバーのひらがなですがレンタカーは、わナンバーになっています。
レンタルの車という証拠です。
しかし、マイカーリースでは普通に購入された車と同じようにナンバープレートのひらがな指定はありません。
購入時に希望ナンバーを指定できることをご存じですか?それもマイカーリースでは可能なのです。
車を借りるといういみではレンタカーとマイカーリース良く似ていますが、一部違った部分もあるということは覚えておいたほうが良さそうです。

リース業界

リースとはお客様が必要とされているものを、期間を決めて貸し出す業務です。
レンタルと違う部分がリースは長期契約になります。
レンタルは短期なのに比べリースは複数年単位での契約になります。
この業界で進んでいるのが、銀行との競合激化が進んでいます。
この業界は、大手リース会社が他メーカー系列会社を買収することが続きました。
この動きによって統合構想など大きな動きが目立ちました。
このリース業界ですが、トップを走る企業オリックスさんなんか勢いがすごいです。
同業での売り上げトップの上、就職希望企業としても上位、なんと就職偏差値まですごいです。
ほかでは三井住友ファイナンス、三菱UFJリースなどトップ3です。
この大手企業トップ3は売り上げ、偏差値、業界トップです。
入社も、ものすごく難関なのでしょうね。
やはり強いのが自動車製造業界と金融業界がトップをしめていることがわかります。
リース業界はこの大手企業が展開を図っていることがわかります。
今からの動きに注目なのが日立キャピタルです。
アジアはもちろん海外展開の勢いがすごい企業です。
この業界は着実に前進しています。
大きく業界に影響したのが災害や震災です。
各被災地復興の為にトラックや建設機械の需要が増えたことがリース業界にとっては大きな成長に影響しています。
自然災害を復興させるための重機など大活躍のリース業界。
大手企業各社確実に売り上げアップを成功させ成長しています。

マイカーリース中の事故

車の衝突事故は、いつ起こるかわかりません。
自分は注意していても相手が誤って衝突してくることも多々あるでしょう。
どんなに優れたドライバーでもゴールド免許のベテランさんも運転をお仕事とされているプロのドライバーさんも一瞬の気の緩みや不注意が絶対起きないわけではありません。
いつだれでも交通事故を起こす可能性はあります。
ご自分の契約車で事故を起こしたり巻き込まれたら自動車保険会社からすべて対応してくれますね。
マイカーリースでは、毎月の利用料金にすべて含まれると説明があると思いますが、少し違っている部分があります。
ここは良く知っていた方がいいですね。
まず、普通に乗っていて通常に使われる分での車のトラブルによる修理、これはリース料金内の対応になります。
あくまで消耗品の交換がメインです。
自損事故、相手との衝突事故などは対応外なのです。
リース料金には自賠責保険には加入しているため、相手との衝突事故で相手側への賠償金は対応してもらえます。
ただし自賠責保険の保険料以上の請求にはご自分の負担になってしまいます。
こうなるともちろんご自分が契約した車も自分で修理することになります。
このようなことを想定してリース時でも自動車保険には加入しておくべきです。
確かに最初の契約時にすべてお聞きしていたつもりでもきき落としや、聞きそびれたなどあるでしょう。
しかし、契約した以上は責任が発生します。
良く聞き良く調べてからご検討ください。

カーリース申込みから納車まで

リース契約の申込みから納車までの流れをお話しします。
まずリース料金に含まれるものですが。
車体本体価格、登録時手数料、登録時車検整備費用、納車陸送費、クリーニング費用、重量税、自賠責保険、自動車税など料金に含まれます。
プラン選択から申込みを始めます。
リースができるか審査に入ります。
審査基準を満たしたら車両の選択です。
車種、年式、走行距離、色など選びます。
その後リース契約に入ります。
契約書類、登録書類など準備が必要です。
書類完了したらいよいよ納車になります。
契約申込み完了から2?3週間で納車がされます。
契約書が成立してからはキャンセル等できません。
気を付けましょう。
納車されたら大切に扱いましょう。
乗り出し時にオプションをよく選択してください。
リースは初めに自分が納得いくように設定しておいたほうが後々かかる料金もないですし手間もはぶけます。
後から自分で何か付けようとして失敗したとか、つけたことが原因で車自体に不具合が発生したなど問題になりかねないです。
リース車なので納品されてから返却までは同じ状態で使用したいですね。
最終的に契約終了時譲り受けるつもりなら良いでしょうが。
最終的に返却する予定の方は、契約中大切に乗りましょう。
返却時に傷などで請求が来たらがっくりします。
申込みを考え中の方は細かく調べプランの選択や取扱い業者の特徴など調べておく必要があると思います。
保障や保険など完璧な契約をおねがいします。

小規模法人・個人事業主はリースがお得

小規模法人会社様と個人事業主様は経費、費用から考えて社用車のリース化がおすすめです。
すべての社用車を購入し維持していくのは大手企業様や順調に売り上げを上げておられる企業様にとっては簡単な事かもしれません。
しかし資金取りに苦労されておられる企業様も少なくないと思います。
そこで企業様は購入とリースどちらがおとくか、そしてリースにすることによりどのようなメリットがうまれるのか考えます。
まず一般の方と同じようにリースする際の月々の金額は一定なので安心です。
個人だから、企業様へのリースだからと金額が上がるようなことはありません。
ここまでは普通の個人さんと同じですが、企業を持たれていらっしゃるかたにとって資金で苦労されている企業さんも少なくありません。
そんな企業様にとってはうれしい話なのではないでしょうか。
売上にばらつきがでてしまう業種さんもいらっしゃるでしょうから、経営側からするとうれしい話です。

とっておきの一番嬉しい話が、リース費用は全額、経費処理ができます。
これは小規模の法人会社様から個人事業主様は法律上許可が出ております。
資産計上しなくてもいいのです。
経費として計上するだけです。
ちなみに、会社所有車で購入した場合、資産に該当しますので、減価償却することとなります。
これは課税の対象になりえます。
危険と隣あわせのお仕事や確実に乗りつぶしてしまう位、走行距離が増えてしまう企業様には向かない話にまりましたが、個人企業様は一度お考えいただいても良いのではないでしょうか。

マイカーリース保険について

みなさん自動車保険には加入されていらっしゃるでしょうか。
車を所有されて運転をする以上必ず交通事故を起こさない保証はありませんよね。
たまにいらっしゃるのが、事故を起こさないから保険に入っていないといわれるかたも皆さんの近くにいらっしゃるのではないでしょうか。
自分の運転技術に自信があるのは良いことですが、他人に迷惑をかけてしまっては迷惑な話です。
そんな方が皆さんの近くにいらっしゃったら是非保険加入をすすめてください。
カーリースでは、任意保険の加入はリース料金に含まれていたり、一部含まれていたり、あくまで任意は任意であったりとまちまちです。
でも、実際のところ加入していないと、自賠責保険だけでは高額な賠償金には足りません。
そこでご案内なのですが、カーリース会社と契約する際、リース会社で取り扱いされている任意保険会社を紹介していただくとか、担当者から案内を受けたら是非お願いするなど真剣にかんがえましょう。
任意保険はあくまで任意ですが、入っていないと本当に困ったときどうすることもできなくなります。
一番良いのはリース契約時、任意保険もリース料金とセットで見積もりをだしてもらうのが良いとおもいます。
なぜなら個人で任意保険に入り万が一事故を起こすと翌年の保険料金があがります。
しかし、リース会社のリース料金にそこの取り扱い任意保険を組みこむことで万が一の事故後でもリース料金に任意保険がセットの為、翌年の保険料はあがりません。
事故をしないことが一番ですが、保険は自分を守るためにも加入しましょう。

中古車リースしってますか

マイカーリースは主に、ディーラーさんからリース会社が購入し、リース依頼者へ渡る流れがほとんどですが、実は中古車リースというものがあります。
その名のとおり中古車のリースになります。
これは個人、法人問わずリース可能です。
リースしたいけど新車はちょっとと思われたり、リースはうれしいけど新車だからリースでも自分には料金が高いなど条件が合わない方もいらっしゃったでしょう。
中古なので金額もびっくり価格が存在します。
走行距離が多かったり、年式が古かったり、多少の傷があったりとあるのですが、その辺をふまえてもとにかく満足な金額でのリースができると思います。
ただメリット、デメリットはちゃんと把握しておきましょう。
メリットは料金が新車からすると格段に安い。
先ほどもありましたが、あくまで中古車なので金額的にはお安くなりますね。
企業さんでは税金の節税ができる。
個人事業主様、小規模の法人様はリース料金を資産計上しなくてよいので税金面でも助かります。
短期で契約が可能なとこもメリットではないでしょうか。
数か月契約からできるところもあるようで本当に短期で利用したいかたは助かりますね。
デメリットですが、リース期間が短いのがメリットにもなり長期望まれるかたにはデメリットにもなります。
あと金利がかかるなどデメリットも当然あります。
最終的にリース期間終了時に思わね追加料金が発生しないともかぎりません。
状態面や走行距離は良くみられます。

マイカーリースのメリット、デメリット

メリットですが、まずなんといってもコスト削減ですね。
年間平均なリース費用だけです。
メンテナンスもおまかせなので安心です。
購入後のローンに比べると断然月々安い面がメリットですね。
考えておきたいのがデメリット、いいことばかりであればいいですが、知っておきたいのがデメリットです。
え、と思うこともあるかもしれませんが、知っておいてください。
中途解約できません、解約金が発生してしまいます。
どんな事情があろうと契約期間内は契約中なのです。
どうしても解約しないといけないときは、残りのリース料金の一括返済となります。
改造好きには厳しいですが、ドレスアップも制限があります。
レンタル開始の時点でメーカーがオプションでやってくれるようなドレスアップは認められます。
しかし、レンタル開始後にご自分で改造やドレスアップをされる際は注意してください、レンタル終了で返却時はレンタル開始の状態で返却しなければいけません。
長距離など遠出が多い方は注意、走行距離が予想をはるかに超えている場合、追加の費用がかかることがあります。
契約時に走行距離を決められていることもあります。
良く聞いておきましょう。
又、走行距離を決められるプランもあるようです、遠出が多い方は注意してください。
運転中の事故や、駐車場での盗難などあった場合のリスクが高いことも考えないといけません。
最悪全損事故になった場合、リース料金の残りが一括請求するように言われることもあります。

トラックリースしってますか

皆さんは普通車や軽自動車のリースをご存じですか?家庭用で使われている方も多いのではないでしょうか。
それと同じように実はトラックなどの大型車もリースが存在します。
一昔前の運送業では大型車を購入し業務にあたるのが一般的なことでした。
しかし今では、リースを利用する企業、業者さんも増えてきています。
企業、業者さんの長期レンタルということになります。
では詳しく説明します。
トラックリースではバン、平ボディ、ウィング車、冷凍車、冷蔵車、保冷車、トレーラー、ダンプ、タンクローリーなどたくさんの種類が対応できます。
バスでは、観光バス、マイクロバス、路線バス、コミュニティバスなどです。
さらにさらにタクシーまであります。
ジャンボタクシーやハイヤーも対応できます。
大手ディーラーやメーカーでは塗装、特装車も依頼が可能です。
このような特殊な契約をしても、一般車を社用車として契約したときと同じように、企業では経費での処理ができます。
トラックも登録諸費用や自賠責保険もリース代に含まれます。
なお、所有権も取得必要ありません。
しかしながら、さすがに企業用の大型トラックですので、料金は家庭で使われる車からすると高額になります。
実際大企業の運送会社などはあまり縁のない話かもしれません、しかし代打でどうしても数台足りないときなどは便利だと思います。
中小企業では購入するよりもリースで済ませたほうが、出費が少なくなる場合も多々あるのではないでしょうか。

車の購入とリースを比較

大まかに考えます。
購入は一括とローン。
リースはレンタル費用を払います。
購入となると安い車は一括で購入できますが、高級な車はローンになります。
ローンを組むと金利がついてきますね。
この辺の知識は皆さんお持ちだと思います。
問題はリースです。
マイカーリースは、まだ浸透していないかもしれません。
年間契約をし、年数にともなったレンタル料がきまります。
もちろん車種でも変わります。
購入すると頭金や初期費用、自動車税に自賠責など一気に考えないといけません。
その代り自分の持ち物なので、自由に扱えます。
かすり傷を作ろうが、色を変えようが自由です。
リースだと、そうはいきません。
借り物として扱わないといけないので、その辺は大変ですね。
高級な車に一度乗ってみたいなど一時的な夢をかなえるにはいいのかもしれません。
レンタルを5年ほど続けるのは購入するよりお得かなと個人的には思いますが、これが10年も15年も続くなら、ローンで購入してローン終了でには支払いが何もない状態にした方が良さそうです。
あまり車に興味がなく一時的に車が必要な方にはとっては、とてもいい話しでしょう。
しかし改造好きの方や小さいお子さん、まだ良く汚したりするくらいの子供さんがいらっしゃるご家庭には、不向きじゃないかと思います。
私が一番に思うのは、ローンはいつか終わり、車は自分のものになります。
リースは契約年数間、借り物。
自分のものにはなりません。
状況に応じていい方を選びたいですね。

自動車リース活用法

とにかく上手く活用したいのが自動車リース。
購入と異なる点がいくつもあります。
車に乗れると考えるだけならどちらも変わらないでしょう。
ただ車を持つということは、確実にお金がかかります。
ローンを組み月々の支払いを安くしようとすると、頭金を多く入れないといけなくなったり、年間2回のボーナス払いまで組まないと月の支払いを抑えることができないなど問題がでてきます。
さらに月々を意識しすぎてローン回数を増やし本当は3年で終わらせたいところ、5年に延長するとその分の金利が加算されますね。
少しでも出費を抑えたい、無駄なお金は使いたくないのは皆さん同じです。
ではうまく活用することによってどのくらい上手な乗り方ができるでしょうか。
高級車までいかなくとも手ごろな新車リース、または新車でもグレードを落とすことで出費を抑えるとか、さらに抑えたい方は中古リースも考えてみてください。
新車リースからすると中古車リースは格段に安いです。
少々古めの年式や走行距離、かすり傷ぐらいなら気にしない方なら金額を大きく抑えることに成功します。
高級志向の方でも、とにかく新車をコロコロと乗り換え高級な気分になりたい人にもオススメできる方法があります。
それは新車を通常より短期契約するということです。
満期がきたら車を返却し次の車を契約する方法です。
これだと永遠に支払いは終わりませんが、常に新しいものを求める方にはいいかもしれません。
これは何回も繰り返してしまうと無駄がおおくなりそうです。
ご自分にあった方法で利用しましょう。

マイカーリースの仕組み

お客様が車の所有者になるのではなく、所有者はあくまでファイナンス会社になります。
簡単に説明するとレンタカーを長期間継続するようなものになります。
ファイナンス会社はディーラーさんから車を購入し、それをお客様にリースとして提供しているのです。
レンタカーとリースはとても似ています。
ほとんど同じですが、契約が長期なのか短期なのかの違いでしょう。
どちも乗り出してからかかる費用は、レンタル料とガソリン代くらいです。
リースは車の希望ナンバーを選択することもできます。
契約時にオプションの選択や希望の車種など選べます。
また価値の下がらない装備を個人でつけられるぐらいはOKですが、くれぐれも価値の下がるような改造はしないでください。
リース料金に追加料金として加算される場合があります。
違法改造など絶対にしてはいけません。
なんといっても乗り出しに頭金、自動車収得税、登録手数料、重量税、納車費用、自動車税、車検費用すべてリース費用に含んでいるので、一切このような費用はかからないのは最高です。
では、申込みから契約までの流れについて説明します。
乗りたい希望メーカー、車種を選択します。
リース料金の見積もりを依頼してください。
見積もり結果がでたら、審査に移ります。
審査に数日かかりますが、通過された方は、次に申し込みの再確認を依頼されます。
確認後、必要書類を準備し最終の登録手続きにうつります。
必要書類ですが住民票など必要です。
車庫証明も必要になりますので確認してください。
登録手続きが終わると後は納車を待つばかりです。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 04.21

    犬の口臭

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ