バーベキューBBQと道具

この記事は14分で読めます

バーベキューで準備するもの

子どもから大人まで大喜びのパーティーはバーベキューでしょうか。
屋外でのキャンプなどではバーベキューが定番となっています。
ただ、バーベキューをする時には準備が大切です。
必要な道具を揃えておかなければ、せっかくの楽しみが台無しになってしまいます。
普通はバーベキューをすることはほとんどありませんから、バーベキューの道具を持っている人は少ないのかもしれません。
もちろん、子どもがちょうどキャンプを喜ぶ年代なら家族で毎週のようにバーベキューパーティーをしていることでしょう。
道具もしっかりと買い揃えて、準備万端です。
道具だけではなく食材も重要ですね。
おいしい肉を購入するか、安くて量の多い肉にするのか迷うところですね。
ただ、どのような料理の仕方をしてもバーベキューなら失敗することはありません。
バーベキュー専用の道具は専門店だけではなく、ホームセンターなどで普通に売っています。
キャンプの時期になると店頭にたくさん積み上げられていることでしょう。
どのような道具が必要かは、店頭で品定めをすればいいでしょう。
まずはコンロです。
大きさは家族の人数にも関係します。
バーベキューは道具を揃えるところから楽しみが始まっているのかもしれません。
大人が使う道具、子どもが使う道具など購入するとよいでしょう。
火を使いますから、やけどなどをしないようにしなければなりません。
インターネットの通販サイトではバーベキューセットとして道具一式をまとめて購入することができます。

スポンサードリンク

バーベキューの食材

バーベキューの道具ばかりを準備して、食材を準備しないと片手落ちです。
どのような食材がバーベキューに合うのでしょうか。
定番の食材はもちろんですが、意外な食材も人気を集めることがあります。
バーベキューの食材ではなく、屋外で食べるところがいいのかもしれません。
バーベキューの道具だけではなく、鍋などを準備しておくと、バラエティーに富んだ楽しいキャンプになることでしょう。
さて、面白い食材を紹介しましょう。
これらは家で食べるのであれば普通ですが、バーベキューとコラボしているところがみそなのです。
チーズフォンデュは女子に人気の食材です。
バーベキューの肉の代わりに網の上で焼きます。
考えただけで美味しさが漂ってきますね。
それからフランスパンも好評です。
焼いた肉をフランスパンにはさんで食べます。
チーズフォンデュを付けるともっとおいしくなりますね。
バーベキューは子どもから若者、年配者まで年代を問わず、人気があります。
バーベキューが嫌いな人はほとんどいません。
マシュマロを串刺しにして、ほんのりきつね色になるまで焼きます。
これが意外とおいしいです。
気を付けておかないとすぐに真っ黒焦げになってしまいます。
肉ばかりでは飽きてしまいますから、時には魚を焼きましょう。
ぶりのカマやマグロのカマは値段も手ごろですが、炭火で焼くとかなりのうまさです。
毎回同じ食材ばかりを準備するのではなく、いろいろと工夫してみてはどうでしょう。
道具はバーベキューセットで済むものがいいですね。

バーベキューの道具

バーベキューをしたことがない人は少ないかもしれませんが、子どもの時には親がすべて準備してくれて、自分たちはおいしい肉を食べたことしか覚えていないでしょう。
自分がバーベキューをやることになって、初めて道具の準備に戸惑ってしまうのです。
もちろん、特別な道具が必要なわけではありませんが、バーベキューを始めてから道具がないことに気が付くとせっかくの楽しみが半減してしまいます。
道具を揃えて準備を怠らないようにしましょう。
さて、必要な道具を紹介しましょう。
その前に日本人が考えているバーベキューとは屋外での焼肉です。
外国の場合はちょっと違うかもしれませんが、そんなことは気にしてはいけません。
まずはバーベキューコンロです。
これがなければ始まりません。
それから、上に乗せる網、トング、火バサミです。
これだけで肉を焼く準備は完了です。
後は、パーティーの後片付けをイメージすればいいでしょう。
火を消すためのバケツ、ごみ袋、タオルやティッシュ、軍手なども忘れてはいけません。
もちろん、食器類も必要ですね。
最後に炭を忘れないようにしましょう。
山奥のキャンプ場についてから、忘れ物に気づいてもどうしようもありません。
子どもたちが楽しみにしていたバーベキューができなくなったらお父さんの信頼はガタ落ちです。
インターネットなどでしっかりとチェックしておきましょう。
バーベキュー道具を準備するチェックシートを作成している人もいます。

バーベキューの楽しみ方

バーベキューの楽しみ方を紹介しましょう。
屋外でやる焼肉だと思えばいいのですが、そのためには道具が必要です。
道具と準備を確実にすることが楽しみの大前提です。
忘れ物をして、肉を食べられないことがないようにしてください。
バーベキューの楽しみはどこにあるのでしょうか。
屋外での食事と言うだけで、誰でもがワクワクしませんか。
味よりも雰囲気が大切なのです。
みんなでワイワイと騒ぎながら肉を食べると、通常よりも断然おいしく感じるものです。
その楽しみの割にはお金が安くて済むところが、お母さんにとっては一番の魅力なのかもしれません。
子どもたちも手放しで喜んでくれます。
日頃は野菜を食べない子どもでも、網の上で焼いた野菜はおいしそうに食べてくれます。
毎日庭でバーベキューをしてもいいでしょう。
バーベキューのコンロで上手に焼けるようになると、ちょっと自慢したくなりますね。
誰が主導権を取るかは重要なことかもしれません。
バーベキューをする場所は公園やキャンプ場、海水浴場などがあります。
基本的にどこでもいいのですが、公共の場所ですから、後片付けなどをきちんとしなければなりません。
バーベキューをする道具ばかりに気を取られて、後片付けの道具の準備を忘れないようにしてください。
海水浴の後でバーベキューと言うシーンは定番ですね。
人数が多ければ、楽しさも倍増しますし、費用は半減します。
いいことばかりです。
もちろん、小さな子どもを連れていく場合は、火傷などに注意しておきましょう。

バーベキュー入門

バーベキューの道具はインターネットのショップで探せばすぐに見つかります。
道具一式が販売されており、それで準備は済んでしまいます。
ただ、バーベキューの仕方がよくわからない初心者のために準備の手順を紹介しましょう。
インターネットのブログには経験者の知恵がたくさん書かれています。
事前に検索してみておいてください。
前日の準備は出発する時間にもよりますが、車に乗せる大物の道具は前日から積み込みましょう。
こまごまとしたものまで忘れないようにしてください。
当日は食材だけを載せて終わりがベストです。
肉や野菜は出発前に準備しておくことが鉄則です。
屋外での食事ですから、野菜を切るためのスペースが確保されている保証はありません。
基本的には出発前にできることをすべてやっておくのです。
肉も焼肉のたればかりを使用するのではなく、下ごしらえをしておくと一段とおいしい肉になります。
バーベキューの前にテントを設営することもあるでしょう。
これはお父さんなど男性の仕事です。
男の子なら手伝わせるのもいいでしょう。
ただ、購入したばかりのテントの場合、組み立て方で戸惑ってしまうかもしれません。
これも前日に予行演習をしておくことをおすすめします。
バーベキューの料理自体は簡単なのですが、屋外で火を使いますから、火の管理には十分注意しなければなりません。
風が吹いて、火の粉が飛び散らないようにしてください。
いずれにしても、初めてのバーベキューでも意外と簡単です。

バーベキューの準備と費用

バーベキューを楽しむためには準備を怠らないことです。
もちろん、そのための費用も考えておきましょう。
すでにバーベキュー道具一式を持っているなら、食材だけを購入すればいいですから、かなり安く抑えることができます。
食材は肉中心にするか野菜中心にするかによって、大きく変わってくるでしょう。
一人当たりの予算を考えて、準備をしましょう。
バーベキューの道具はレンタルと言う方法もあります。
一人当たり500円程度を負担すれば、道具のレンタルは可能です。
参加人数にもよりますが、インターネットなどで価格を調べておきましょう。
食材は当日に購入するのではなく、前日までに切ったり、下ごしらえをしたりしておきましょう。
屋外での食事ですから、炊事場ないことを考慮しておいてください。
食材の価格は2,000円程度を見込んでおけば十分でしょう。
もちろん、高い肉を食べたいと思うなら、その分割増を考えておきます。
また、ドリンクは重要ですね。
大人ならアルコール、子どもにはソフトドリンクです。
年齢が高くなると水やお茶がいいかもしれません。
肉でもたれたお腹にはコーヒーがおすすめでしょう。
いずれにしても幹事が準備を忘れないようにしてください。
バーベキュー道具は定番ですから、迷うことはありませんが、忘れてしまうと当日が大変です。
誰でも子どもの時からバーベキューをした経験があるはずです。
楽しいパーティーにしてください。
公園などではなく、バーベキューを店内でできるところもたくさんあります。

バーベキュー道具の選び方

誰でも気軽に楽しむことができるバーベキューですが、その道具を選ぶ時に迷ってしまうこともあります。
道具を準備することはバーベキューにとって重要なことですから、選び方について考えてみましょう。
コンロがなければバーベキューは始まりません。
コンロには足付きタイプと卓上型があります。
テーブルがあれば卓上型で済みますが、屋外にテーブルがあることはほとんどないでしょう。
実際にバーベキューをする場所を確定させておかなければ、コンロの準備ができませんね。
人数が多い場合は足付きがおすすめです。
ゆっくりと座ったままでバーベキューをしている人は少なく、立って動き回るのがバーベキューパーティーと言うイメージがあります。
それから、コンロの上に乗せるのは網と鉄板です。
鉄板は焼きそばを作る時に使用します。
メニューが増えますから、参加者の好みに合わせて準備しましょう。
バーベキューでは火を使います。
炭をコンロの下でおこすのですが、この火おこしが重要です。
お父さんの腕の見せ所と言ったところでしょうか。
もちろん、最新の道具を使えば簡単におこすことができます。
屋外で電気がないところではボンベタイプのガスバーナーなどを使用するとよいでしょう。
着火剤も販売されています。
何度もバーベキューをした人なら、コツを覚えてしまうでしょう。
バーベキューの準備は人に任せて、自分は食べるだけと言う人もいます。
準備の段階から性格が表れるのがバーベキューかもしれません。

バーベキューの場所

屋外で自然を満喫しながら食べる食事の定番はバーベキューです。
屋外で火を使いますから、どこでもできるわけではありません。
ただ、ほとんどのキャンプ場ではバーベキューを楽しむことができます。
東京などの都会でも意外とたくさんのバーベキューの場所があります。
インターネットで調べて事前に準備をしておきましょう。
また、キャンプ場の場合はバーベキューの道具を貸してくれる場合もあります。
わざわざ新しく購入する必要がありませんから、食材と消耗品を持ってくればいいだけです。
手軽にバーベキューを楽しむことができる場所を確保しておきましょう。
バーベキューの楽しみ方は人それぞれですが、参加しているメンバーによって内容は変わるでしょう。
子どもたちと一緒のバーベキューでは子どもが喜びそうな食材をたくさん用意しましょう。
日頃はあまり食べない子どもが意外とたくさん食べるので驚いてしまうお母さんもいることでしょう。
バーベキューに使う道具はいろいろなタイプがありますが、場所に合わせることが大切です。
事前に調べておくことをおすすめします。
コンロや網、炭まで準備されている場合もあります。
バーベキューを使用と考えて、あわててインターネットで道具を購入したとしても使わないで終わることになりかねません。
どんな場所でバーベキューを楽しんでもいいのですが、守らなければならないマナーがあります。
後片付けはもちろんですが、ごみは持ち帰らなければなりません。
特に生ごみはきちんと指定のごみ袋に入れましょう。

人気のバーベキュー食材

バーベキューの定番食材は日本中どこでも同じかもしれませんが、同じような食材でも工夫することで別の料理となります。
参加している人の好みに合わせて工夫してみましょう。
肉の場合は事前にたれに付け込んでおくとおいしいですが、塩焼きを好む人もいます。
食べる人が好きなようにできるのがバーベキューの楽しみの一つですね。
誰がバーベキューの準備をしても、失敗することがないところも魅力です。
日頃は料理もしないお父さんでも道具と食材を準備すればいいからです。
家族だけといった少人数であれば、スーパーで食材を購入して、事前に準備しておくことも可能です。
しかし、大人数になるとその準備だけでも幹事さんは大変です。
最近はバーベキュー食材の配達をしてくれるところが出てきました。
配達サービスはバーベキューに必要な食材を切った形で配達してくれます。
道具を準備して、火をおこして待っておけばいいのです。
肉の味付けについていくつか紹介しましょう。
鶏モモ肉の塊に胡椒、料理酒で下ごしらえして、刻みタマネギを一緒にアルミホイルで包みます。
弱火で40分程度転がして焼いていきます。
食べる時にとろけるチーズを乗せるとさらにおいしくなります。
肉は大きな塊を豪快に焼くのがバーベキューの楽しみ方ですね。
肉と野菜を一緒にして約方法は子どもたちに野菜を食べさせることになりますから、おすすめですね。
たれの種類もいろいろと準備しておきましょう。
好みで味を変えられるからです。

バーベキューのこだわり

バーベキューはみんなで一緒にワイワイやるのが醍醐味です。
しかし、肉の焼き加減にこだわりを持っている人はバーベキューが嫌いな人が多いようですね。
肉を焦がしてしまうと腹が立ってくるのです。
もちろん、それは考え方の違いです。
ただ、おいしい肉を食べたいと思うならバーベキューに期待してはいけません。
バーベキューは雰囲気で食べるイベントだからです。
最近焼肉屋さんでも一人用のセットが人気だそうです。
自分のこだわりで納得のいく焼き方ができるからです。
これは性格の問題ですね。
どの食べ方がいいと言うことではありません。
ただ、バーベキューを一人でやるのは意味がありません。
それは道具と食材の準備まではバーベキューだとしても、本来のバーベキューになっていないからです。
それから道具にこだわる人もいますね。
自分用のトングを確保して、鍋奉行ならぬバーベキュー奉行となります。
焼き方にこだわっている人で、上手な焼き方で周りの人においしい肉をすすめてくれる場合は場を盛り上げてくれるのでいいですね。
大勢で食べていても、実質は一人で食べている人もいます。
人間の食事の摂り方で、その人の考え方が見えてくるのですね。
人間観察の場ととらえることも別の意味でバーベキューの楽しみ方かもしれません。
もちろん、アルコールが入ってくると、そんなことはどうでもよくなってしまいます。
気の置けない仲間たちとワイワイやるバーベキューを楽しみましょう。
誰が準備をするかも性格の表れでしょうか。

バーベキューを計画する

何事も事前の準備が大切です。
大雑把な料理と道具で誰でもできるバーベキューですが、計画を立てておくことをおすすめします。
まずはバーベキューに必要な道具の確保です。
自分で購入するか、レンタルするかを考えましょう。
頻繁にバーベキューをする場合は、購入した方が安上がりかもしれませんが、保管場所などを考えるとレンタルも有力な選択肢です。
キャンプ場などの定番のバーベキュー場所であれば、無料で貸し出してくれる場合もあります。
計画段階でしっかりと準備しましょう。
それから食材の購入と下準備です。
野菜は購入しただけではバーベキューができません。
どこでいつ切るかを考えておきましょう。
キャンプ場なら炊事場が確保されていますから、まな板や包丁があるでしょう。
海水浴場の場合は、事前に切った野菜を持ち込みましょう。
人数によって食材の量も変わります。
コンロも一つではなく、複数準備しなければならないかもしれません。
計画や準備段階から、みんなでワイワイやるのも楽しみです。
バーベキューの料理自体は簡単です。
適当に焼いて、適当に味付けをすればいいからです。
それでもおいしいと感じるところがバーベキューなのです。
焼き方にこだわっている人もいますが、それはバーベキューパーティーで考えることではありません。
アルコールが入ってくると、焦げや半生で食べなければならないこともあるでしょう。
それでも楽しい集まりです。
こんな時は計画をきっちりと立てないと済まない人と行き当たりばったりの人がいますね。

バーベキューと子ども

バーベキューは大人の料理でもありますが、子どものための料理とも言えます。
つまり、誰でも喜んで食べてくれるのです。
味を気にする人は少ないでしょう。
もちろん、肉の焼き具合にこだわりを持っている人もいますが、バーベキューパーティーでは何を食べてもおいしいはずです。
子どもは肉ばかりを食べることが多いですが、バーベキューでは野菜をどんどん食べさせましょう。
家庭では食べなくても野外では気持ちよく食べてくれます。
全体的に食べすぎるかもしれませんね。
しょっちゅうバーベキューをしている人はいませんから、1日食べ過ぎたぐらいでは気にする必要はありません。
子どもの時にはたくさん食べるべきです。
野菜と肉を程よく食べさせましょう。
準備する道具に鉄板がありますが、コンロにそれを敷けば、焼きそばを作ることができます。
これがまた子どもに人気のレシピです。
あなたの子どもの時はどうでしたか。
バーベキューはごちそうではなかったでしょうか。
現代の子どもたちにとって焼肉は日常的だと思っているかもしれませんが、バーベキューでは肉は質より量です。
ですから、バーベキューは安上がりなのです。
それでお腹いっぱいになります。
公園の近くでバーベキューをすれば、腹ごなしに遊んでくれるでしょう。
ただ、注意しなければならないのは火の管理です。
バーベキューには火が重要です。
大人はわかっていますが、子どもが火傷をしないように注意しなければなりません。
道具の使い方や準備の仕方を教えてやりましょう。
後は気にする必要はありません。
好き嫌いを言う子どもは無視してかまいません。
それも教育です。

バーベキューに必要なもの

バーベキューを食べるのは大好きだけど、準備はしたくないと言う人がいますね。
周りからは迷惑がられていることでしょう。
バーベキューの準備が大変だと思っているのかもしれませんが、意外と準備に時間はかかりません。
ただ、道具をきっちりと揃えておくことが大切です。
必要な道具を忘れてしまうと、バーベキューの場所からわざわざ買いにいかなければなりません。
そこでバーベキューに必要な道具、あったら便利な道具を紹介しましょう。
事前にリストアップして、チェックすることをおすすめします。
まずはコンロです。
これがなければバーベキューとはなりません。
購入するなら、ステンレス製の方が長持ちします。
そして、火種となる木炭や炭です。
高給な炭も売っていますが、あまりこだわる必要はないでしょう。
炭をおこすための着火剤は、いろいろなタイプがありますから、経験者にアドバイスをもらいましょう。
ライターやマッチも必要ですが、チャッカマンのように柄が長いと手が熱くならずに済みます。
トングは肉や野菜を網の上に乗せる時に必要です。
夏場の屋外でバーベキューをすることが多いですから、クーラーボックスがあると飲み物を冷やしておけますね。
火を使いますから、軍手も必需品でしょう。
後は、食事をする時に必要な食器や割りばしなど、自分がバーベキューをしている状況をイメージすればいいでしょう。
インターネットにもたくさんの情報があります。
いずれにしても準備万端にしておいてください。

ローソンのバーベキュー

ローソンでバーベキューができるわけではありません。
ローソンが販売している弁当がバーベキューチキンなのです。
バーベキューをしたいけど準備もしていないし、道具もないと思っている人におすすめのお昼の弁当です。
バーベキューチキンは炭火であぶったチキンですから、余分な脂が付いていません。
バーベキューはカロリーを抑えやすい調理法なのですね。
多くの人が肉ばかり食べていますから、バーベキューで太るのではないかと思ってしまうかもしれません。
しかし、フライパンなどと違って、脂が全部下に落ちてしまいますから肉は低カロリーなのです。
ただ、屋外でのバーベキューはついつい食べ過ぎてしまうのです。
現代は健康志向の人が増えてきました。
しかしおいしいものを食べたいと思います。
そんな消費者の嗜好をローソンが取り入れた弁当なのです。
おいしいだけではなくカロリーをしっかりとチェックできるようにしています。
日本では外国程肥満の人が多いわけではありませんが、メタボで指導を受けている人もたくさんいます。
おいしいものをたくさん食べても太らない体質になればいいのですが。
バーベキューの道具をしっかりと購入して、準備万端で出かけるキャンプもいいのですが、それは1年に1度くらいでしょう。
後はローソンのお弁当で我慢しましょう。
金額的にも安くて済みます。
みんなでワイワイ騒ぐことがバーベキューの楽しみの一つです。
味などどうでもいいと思っている人の方が多いのです。

バーベキューの注意

バーベキューは安くておいしい食事です。
楽しみもたくさんあります。
しかし、バーベキューでは注意しなければならないことがありますから、それをしっかりと押さえておきましょう。
準備や道具の購入ばかりに気を取られている人もいます。
一番の注意は火事です。
火を使いますから、風向きに注意して、コンロを設置しましょう。
もちろん、コンロの中から火の粉が飛び散らないことが大切です。
バーベキューを始めてから、風邪が強くなってきたら迷わず火を消して中止しましょう。
屋外の山の中での火の粉は山火事の原因となります。
毎年のようにバーベキューが原因の山火事が発生しています。
楽しかったパーティーが山火事で大変なことになります。
生命の危険性もあります。
また、小さな子どもは火傷に気を付けましょう。
道具を使って、火をおこしますが、子どもも火を見るのが大好きです。
厚いことを忘れてしまうのでしょう。
軍手をすればいいですが、大人用では逆に危ないかもしれません。
火の近くに寄らないように大人が監視しておくことが大切です。
特にアルコールが入ると注意力が散漫になります。
購入したコンロは組み立て式になっていると思います。
きちんと足を付けているかどうかチェックしておきましょう。
火が燃え始めてから倒れたりすると大事故になってしまいます。
バーベキュー禁止の場所でやっている大人を見かけることもあります。
これは注意以前の問題でしょう。
準備を怠らずマナーを守って、楽しいバーベキューをしてください。

バーベキューと肉

バーベキューは元々欧米の食文化です。
日本で一般的なバーベキューは欧米人のバーベキューと違うことを理解しておきましょう。
もちろん、使用する道具はほとんど変わりませんが、肉に対する考え方が違います。
欧米では準備として塊の肉に下ごしらえをして、それを炭火で焼くスタイルです。
時間をかけて焼きます。
焼き終わってからみんなで食事を始めるのです。
日本の場合は、焼きながら食べていますよね。
肉は薄く切っているため、すぐに焦がれてしまいます。
どんどん忙しく食べるのが日本のバーベキューなのです。
それが悪いわけではありません。
肉にこだわりを持たないので、安い肉でもおいしく食べることができます。
道具にこだわりを持っている人もいますが、どんな道具でも同じ味かもしれません。
肉の焼き方のこだわりを持っている人はバーベキューに参加したがりません。
人が焼いた肉を食べるより、自分の分だけしっかりと納得できる焼き方をしたいのでしょう。
準備に時間をかけるかどうかは人それぞれです。
どのような調理方法がおいしいかも好みだからです。
インターネットでバーベキューのやり方がブログに書かれています。
その通りにやる必要もありませんし、手本にしてもいいでしょう。
ただ、バーベキューのどこが楽しいかと言いますと、みんなでワイワイとやることです。
屋外ですから、多少大きな声を出しても迷惑になりません。
キャンプ場で火を囲む時間は子どもたちも大喜びでしょう。

バーベキューの口コミ

バーベキューは場所が重要です。
始めていくところなら口コミサイトを読んでから決めましょう。
ただ、屋外でのイベントとなりますから、天候によって大きく左右されます。
準備していかなければならないことや道具のことなどはしっかりとチェックしておきましょう。
バーベキューができる場所では道具のレンタルもできるところが多いようです。
もちろん、自分で道具を購入して、食材なども準備する方が安上がりでしょう。
都会でもたくさんの公園がありますから、バーベキューをする場所には困りません。
ただ、会社帰りにやるバーベキューは街中のビルの屋上などもあります。
ちょっと変わっていますね。
バーベキューをするために、どれくらいのお金を負担するかはバーベキューに対する考え方次第でしょう。
子どもたちを楽しませるためにバーベキューをするなら、近くに自由に遊べる公園があるところがいいでしょう。
大人だけならバーベキューと言っても宴会と同じような感じです。
味や焼き方にこだわりを持っている人も少なくありませんが、みんなの意見を事前に確認しておくことが大切でしょう。
まあ、お酒が入れば肉の味などわからなくなります。
気にするのは最初だけです。
バーベキューは昼間にやることも多いのですが、子どもたちと一緒のバーベキューも楽しいものです。
肉を自分で約体験をさせるのも悪くないでしょう。
肉だけではなく野菜もたくさん食べましょう。
炭であぶった野菜は意外とおいしいのです。
焼肉のたれを付けずにそのまま食べてみると野菜の本当のおいしさが実感できるでしょう。

バーベキュー調理のポイント

BBQマスターとはバーベキューのことを知り尽くしている人です。
わかりやすく言えば、バーベキューパーティーの幹事ですね。
道具の準備、場所の手配、食材の購入など幹事さんはやることがたくさんあります。
何も考えずに準備をするのではなく、どうすれば楽しいバーベキューになるかを考えながらやるのがBBQマスターです。
どこにでもいる幹事とは違います。
バーベキューのことでわからなかったらBBQマスターに聞きましょう。
まずは場所選びが重要です。
参加者集めよりも場所選びに重点を置きましょう。
そして、場所によって必要な道具も変わってきます。
準備の範囲が変わるのです。
それらの手配が終わったら、調理のための食材調達です。
バーベキューのメニューは決まっていると思っているかもしれませんが、より楽しむためには一工夫が必要です。
難しい調理ではなく簡単な調理のポイントでしょう。
肉や野菜を前日にカットしておくことがポイントです。
もちろん味付けをする必要はありません。
日本人のバーベキューは焼肉とほとんど変わりません。
屋外での焼肉がバーベキューだと思っている人も多いのです。
肉の量も重要ですが、野菜を大目にしておくと言いでしょう。
万が一余ったとしても翌日の食事に利用できます。
生肉は食中毒になる危険性がありますから注意が必要でしょう。
パーティーを始める時間によって食材の準備時間を考えなければなりません。
これらの準備を一人でやるのは大変ですから、みんなに協力してもらいましょう。
準備の段階からパーティーが始まっているのです。

バーベキューと若者

バーベキューを好んでやっているのはどの年代なのでしょうか。
子どもたちを楽しませようとしているお父さんとお母さんとの4人家族でしょうか。
それとも幅広い世代の会社のイベントでしょうか。
実は若者だけのバーベキューが河川敷でたくさん見られるのだそうです。
もちろん、日本全国のことではないでしょう。
不良になりたがっている若者たちがバーベキューのための道具を揃えて野菜を準備している様子はちょっと理解できません。
子どもの時に親と一緒にバーベキューをしたことをイメージしているのかもしれません。
河川敷でバーベキューをしたからと言って周りに迷惑をかけているわけではありません。
もちろん、犯罪でもありません。
ただ、道具一つにとっても面倒な作業ですし、野菜を切るなど、およそ料理をしたことがないような若者がどうやってスムーズにバーベキューの準備をしているのでしょう。
昔の若者と現代の若者が同じ考えなわけではありませんが、どこか社会に対する反感を持っている点では同じです。
大人の目から見ると若者の行動は理解できません。
自分たちが若者と呼ばれていた時と同じでしょう。
ただバーベキューのことはほとんどの世代に共通認識です。
昔のバーベキューと現代のバーベキューもほとんど変わっていません。
日本人にとっては普遍的な食事の一つなのかもしれません。
それは一種の社交場です。
あなたの子どもが友達と一緒にバーベキューをしているなら、安心していいでしょう。

バーベキューと季節

バーベキューの季節と言えば、やはり夏休みでしょうか。
気温的には4月ぐらいから10月後半までがバーベキューがやりやすいと言えます。
もちろん、寒がりの人に配慮しなければなりません。
バーベキューは基本的に屋外の自然の中でやるイベントです。
立ったままで食べて、お腹いっぱいになった子どもたちは周りで好き勝手に遊びまわるのです。
大人はゆっくりとビールを飲みましょう。
バーベキューの道具や食材の準備などは必要ですが、誰にでもできる準備です。
難しい料理ではないので、男性ばかりでも十分でしょう。
バーベキューの道具を購入してもいいですが、年に1度くらいしか使わないのであれば、レンタルで十分です。
キャンプ場などでは始めから準備しているところもあります。
キャンプにはバーベキューが付き物だからでしょう。
夏休みは海や山に出かけます。
昼間の浜辺でバーベキューも悪くありません。
もちろん、後片付けはきっちりとやりましょう。
それが最低限のマナーです。
多少の騒ぎ声は多めに見てもらいましょう。
バーベキューをする場所はたくさんあります。
都会の方が意外と場所が確保されているかもしれません。
自分が子どもの時は夏休みにバーベキューをした記憶があるでしょう。
お父さんやお母さんたちと一緒のバーベキューはごちそうです。
自分が大人になったら、今度は子どもたちのためにバーベキューを企画してください。
道具一式を購入しても、大した金額ではありません。
年に数回利用すれば元は取れるでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 04.04

    花見HANAMI 関東

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ