バレンタインチョコのデコレーション

この記事は14分で読めます

簡単!ペンシルデコレーション

新年を迎え、次にやってくるイベントといえば「バレンタイン」ですよね。
好きな男の子に、チョコと一緒に想いを伝える素敵な行事です。
最近は本命チョコよりも友チョコや義理チョコを渡す人が多いようですが、どれにせよお菓子作りで悩んだことがあるのではないでしょうか。
自分で食べるものなら見た目は気にしなくても良いのですが、やはり人に渡すものとなると見栄えは大事です。
でも、「そんな本格的なデコレーションも出来ないし、センスもない!かといって市販のチョコレートを渡すのも素っ気ないし気が引ける…」という人も多いことでしょう。

スポンサードリンク

そこで今回ご紹介するのが「ペンシル」を使ったデコレーションです。
ペンシルとは、いわゆるチョコペンです。
バーステーケーキのネームプレートに書かれている名前もチョコペンで施されています。
このペンシルはお絵かき感覚でデコレーション出来ちゃうため、何も特別なことをする必要がありません。
誰だって1度は絵を描いたことがあるでしょう。

絵のセンスに自信があるという人であれば凝ったデザインを描いてみても良いですし、あまり自信が無いという人でもただギザギザにラインを描くだけで十分オシャレに見えます。
目や口を描いて、動物に見せるのも遊び心があって可愛らしいですね。

ペンシルを使ったデコレーションは簡単なだけでなく、費用もかかりません。
何本入りか、何色入っているのかによりますが、100円均一にも売られています。
「お金がないけどオシャレに見えて、簡単にデコレーション出来るものが良い」という方にとてもぴったりな方法ですよ。

アイシングで本格デコレーション

あなたはバレンタインにどのようなお菓子を渡していますか?市販のチョコレートを渡しているという人もいるでしょうが、おそらく多くの方が手作りしていると思います。
本命チョコであれば尚更でしょう。

しかし、手作りだからこそ悩んでしまうこともあります。
自分ひとりで食べるぶんには味はともかく見た目にこだわる必要がありません。
しかし、人に渡すものとなると話は別。
できる限りおしゃれな見た目にしたいですよね。
そこで、今回は本格的なデコレーション「アイシング」をご紹介します。

そもそもアイシングとは、卵白や砂糖などを溶かして液状にし、お菓子の表面をデザインすることを言います。
色も自由につけられるため、簡単に可愛くデコレーションすることが出来ちゃうんです。
チョコというと、スタンダードな茶色やホワイトなどがイメージされますが、アイシングにかかれば水色や赤にすることも出来ます。
これを駆使することにより、まるで絵にかいたようなお菓子に仕上げられるのです。

もちろん、先程も話したように主原料は砂糖や卵白などなので、味に支障がくることはありません。
むしろ、新たな食感がプラスされて、より美味しくなることでしょう。

このアイシングはガトーショコラやブラウニーといったお菓子には使われず、クッキーやマフィンが一般的です。
プレーンの生地にチョコを混ぜこみ、表面をアイシングでデコレーションしちゃえば簡単にお店のようなお菓子が作れます。
デコレーションに悩んだら、是非一度試してみてください。

デコカップケーキ

女の子も男の子もドキドキするイベントといえば「バレンタイン」ですよね。
女の子は好きな男の子に、チョコと一緒に想いを伝えます。
男の子はチョコを貰えやしないかと1日ソワソワすることでしょう。

最近はこのような本命チョコよりも、義理チョコや友チョコが主流となってきているようですが、どのチョコにせよ手作りするという人も多いのでは?やはり感謝の気持ちや想いを伝えるために渡すのですから、市販のチョコレートよりも手作りの方が良いに決まっています。

しかし実際は、「お菓子作りが苦手」「見た目が地味になる」「時間が無い」などの理由で手作りを避けている人も見受けられます。
でも、そんな人にも大丈夫なバレンタインにぴったりの手作りお菓子があるのです。

それは、「デコカップケーキ」です。
名前の通り、カップケーキにデコレーションをしたもの。
やりようによってはとてもおしゃれなお菓子に大変身するのです。
カップケーキはプレーンでもチョコ生地でも構いません。
「ただデコレーションするだけなんて手抜きに見られやしないか」と不安に思う人もいるでしょうが、そんな心配は無用。
確かにナッツや粉砂糖をふりかけるだけでは質素に仕上がってしまいます。
ですが、そこをアイシングしてあげたり、チョコペンで顔を描いてあげたりすれば、それはもう立派なバレンタインスイーツになります。

時間に余裕があるという人はカップケーキから作ってみるのも良いでしょう。
ケーキを入れるカップからデザインにこだわると、まるでお店に売られているようなお菓子が完成しますよ。

粉砂糖のデコレーション

新年を迎えると、次に迫ってくる行事が「バレンタイン」ですよね。
学生時代にとてもドキドキしながら、気になる男の子にチョコを渡した経験があるのではないでしょうか。
近年は本命チョコではなく、友チョコや義理チョコなどが主流になってきています。

そんなバレンタインですが、チョコを使ったお菓子を手作りするという人も多いのではないでしょうか?チョコを使えば大抵のものは美味しくなりますが、味の他に大切なポイントは見た目、つまり「デコレーション」です。

デコレーションは色々ありすぎて、逆にどう手を施せば良いのかわからないという人も多いことでしょう。
そこで初心者でも簡単に、しかもオシャレにデコレーションができる方法をご紹介します。

その方法とは、ずばり「粉砂糖」を使ったデコレーション。
雪のように振りかけられているガトーショコラなどを見たことがあるのではないでしょうか。
これがあると無いとでは、見た目に雲泥の差が生まれます。
とても高度な技術なのではないかとイメージしがちですが、実際はふるいがあれば誰でもできます。
このひと手間だけでオシャレ感や高級感を引き出せるのです。

また、そこにハート形や星形などの型を乗せておけば、そこに粉砂糖がふりかからないためマークを描くこともできます。

デコレーションというと「なんだか大変そう」「不器用な人には無理」と避けてしまいがちですが、これなら低コストで綺麗に仕上げることができますね。
これからのバレンタインにぜひ活用してみてください。

クッキーをバレンタイン仕様に

あなたなバレンタインのお菓子を毎年作っていますか?近年は本命チョコよりも、上司にあげる義理チョコや、友人同士で渡し合う友チョコが主流のようですが、自分の気持ちを伝えるには手作りが一番でしょう。

しかし、手作りだとどうしてもクオリティーが低くなりがち。
毎日お菓子を作るパティシエではありませんから、なかなかお店に売られているようなオシャレで可愛らしいお菓子を作ることは出来ません。

でも、これはデコレーション次第で大きく変身させることが可能なのです。
「時間が無い!」という方も、少しの空き時間で仕上げることができますよ。

その具体的な作り方は、クッキーを使ってそこにデコレーションをしていくものになります。
バレンタインの王道とも言えるクッキーですが、わざわざ一から作る必要はありません。
もちろんそれでも構いませんが、ここで重視するのはデコレーションであって、クッキーは市販のもので十分なのです。

クッキーは様々な形があります。
丸や星形、人形や花形など、どれも可愛らしいですよね。
そのクッキーの表面に、アイシングやチョコをかけていきます。
それだけでもう手間のかかったお菓子の出来上がり。
アイシングは着色料でいくらでも鮮やかにできますし、チョコもホワイトチョコやストロベリーチョコにしてあげると素敵です。
人形のクッキーにチョコペンで顔を描いてみるのも良いでしょう。

このように、クッキーを使ったデコレーションはとにかくアレンジが効きます。
デコレーション初心者でも、まるでプロのようなお菓子に仕上げることができますよ。

ラッピングでオシャレに可愛く

女の子が1年の中で最もドキドキする行事といえば「バレンタイン」ではないでしょうか。
好きな男の子にチョコを渡す健気な姿は、いくつになってもときめいてしまうものです。

最近は本命チョコだけでなく、義理チョコや友チョコを渡す人も増えてきていますが、「なかなか綺麗な見た目にならない」と悩んだことはありませんか?味がどれだけ美味しかったとしても、見た目がぐちゃぐちゃでは台無しですよね。
そうなると、ポイントとなるのが「デコレーション」になるわけですが、「デコレーションって大変そう」「不器用な人には出来ない」とつい避けてしまう人も多いことでしょう。
しかし、そんな人にも簡単に、オシャレに可愛く見せることが出来るデコレーションがあるのです。

それは、「ラッピング」です。
デコレーションというと、チョコ本体にアイシングをしたり、ドライフルーツやナッツをトッピングしたりなどがまずイメージされると思いますが、ラッピングもデコレーションの内に入るのです。
ラッピングはこれらと違い、失敗するということがまずありません。
センスは多少問われるかも知れませんが、ネットで探せばいくらでもお手本となる画像は出てきます。

また、低コストで済ませられるところもポイント。
ドライフルーツやチョコペンなど、本体にデコレーションするものはどうしても値段が張りますが、ラッピングの材料は100円均一でもたくさん売られています。
「出来る限り費用は抑えたいけど、それに見合わないおしゃれな感じに仕上げたい」という方は、ラッピングにこだわってみてはいかがでしょう。

チョコがけデコドーナツ

あなたは「ドーナツ」というとどんなイメージを思い浮かべますか?茶色いプレーンのドーナツでしょうか、それとも穴の空いていないあんドーナツのようなものでしょうか。
ドーナツはお店により、とにかく種類が豊富ですが、実はバレンタインにも利用することが出来てしまうんです。

バレンタインは相手に思いを伝えるイベントですから、やはり手作りにこだわりたいところ。
しかし、手作りってなかなか大変ですよね。
味はもちろんデコレーションにも気合を入れなければいけません。
そこで、ドーナツがとても役に立つのです。

手作りは、まず材料から揃えて、これとこれを混ぜ合わせて…と慣れない作業ばかりです。
ですが、今回ご紹介するのはパパッとデコレーションするだけで完成。
時間も手間もかかりません。

なぜそのようなことが出来るのかと言うと、市販のドーナツを使うから。
プレーンのドーナツが良いでしょう。
その表面にチョコをかけていきます。
ミルクチョコレートの他、抹茶チョコレートやホワイトチョコレートをかけてみても楽しいですね。

あとは自分のやりたいようにトッピングしたりすれば良いのですが、おすすめは動物の顔にすること。
チョコをかけたところにアーモンドを左右に飾り、固まったら顔を描いていきます。
これだけで、可愛らしい犬のドーナツが完成しちゃうんです。
本命チョコとしても友チョコとしても渡せる、とても万能なお菓子が出来ます。
手作りは、何も1から作る必要はありません。
これからは市販のドーナツに可愛くデコレーションして、手軽に済ませませんか?

画像をお手本にする

恋する女の子が一番気合を入れるイベント、それは「バレンタイン」です。
これを機に告白をしたなんて方もいるのではないでしょうか。
また、本命チョコを渡したことはなくても、友チョコや義理チョコを渡す人も多いと思います。
むしろ、最近はそれらの方が多いようですね。

女の子ならば、誰もが料理上手に思われたいことでしょう。
味はもちろんのこと、ここは見た目にもこだわりたいですよね。
でも、見た目って味以上に難しかったりします。
色合いや配置など、自分のセンスが問われるところです。

日常的に食べる食事なら、さほどこだわりを持つ必要はありませんが、バレンタインのチョコとなると話は別です。
人にあげるものですし、それが気になる本命の男の子というのであれば尚更でしょう。
でも、先程も話したように、見た目を美しくするのはとても大変。
では、どうすれば誰でもオシャレに可愛くデコレーションすることが出来るのでしょう。

「お店に売っているようなデコレーションは難しそうだし、かといって簡単にできるデコレーションもわからない…」そんな方にまずやって欲しいのが、画像をお手本にすることです。
インターネットで「バレンタイン デコレーション」と調べれば、すべて見きれないほどの画像がアップされます。
何事もお手本があった方が上達が早いですし、作業も進めやすいでしょう。
そこで気に入ったデコレーションがあれば、やり方を調べて真似をすれば良いのです。

何かと難しく受け止めがちなデコレーションも、やりようによっては簡単に仕上がります。
ぜひ画像をお手本に、デコレーションに挑戦してみては?

クックパッドを参考にしよう

あなたは新たな料理に挑戦をする時、どのようにして調理を進めますか?料理本を参考にしますか?それとも独自に調理していきますか?何も参考にするもの無く自分で進めようとすると、どうしても失敗してしまいがちですから、やはり初めは何かをお手本にするのが賢いやり方でしょう。

これは、お菓子に施すデコレーションでも同じことが言えます。
恋する女の子が1年の中で一番張り切るイベント「バレンタイン」において、やはり見た目はとてもこだわる要素なのではないでしょうか。
味に自信はあっても、見た目がぐちゃぐちゃでは台無しですよね。

「でも、デコレーションって何だか大変そう」「色々なやり方がありすぎて、どれに手をつければ良いのかわからない」そのような考えをお持ちの方に、ぜひ参考にして欲しいサイトがあります。

それは、「クックパッド」です。
これは誰もが知っている大手料理サイトなのではないでしょうか。
プロの方から一般の方まで、おすすめの料理のレシピを投稿しています。

このクックパッドでは、デコレーションのレシピも多数搭載されています。
それこそ、どの書籍を見ても載せられていないような裏技を使ったデコレーションのやり方も紹介されているかも知れません。
種類も豊富で写真も一緒に搭載されているものがほとんどですから、自分のイメージする完成体に近いレシピを選ぶと良いでしょう。

タダでみんなの知恵を借りることが出来るのですから、これほど便利でお得なサービスはありません。
デコレーションに悩んだら、クックパッドを参考に解決していきましょう。

ポッキーで簡単にデコレーション

一年に一度、女の子が思い切って行動をするイベントといえば「バレンタイン」ですよね。
学生時代に一生懸命手作りお菓子を作り、勇気を出して渡した経験がある人も多いことでしょう。
近年は本命チョコよりも、義理チョコや友チョコを渡す人が多いようですが、どちらにせよお菓子作りに気合が入ります。

しかし、現代人は仕事や家事に追われ、「正直お菓子にかける時間がない!」という方がほとんどでしょう。
かといって市販のチョコを渡すのも素っ気ないですし、出来ることなら手作りが良いですよね。
そこで今回は、時間をかけずに、簡単でおしゃれなデコレーションをご紹介します。

これは、誰でも美味しく簡単にできる、時間に追われる現代人にぴったりな方法です。
この方法とは、「ポッキー」を使って可愛くデコレーションをしていくもの。
ポッキーは知っていますよね?サクサクのビスケット状の棒にチョコがかかった美味しいお菓子です。
このポッキーに、チョコペンでくるくると巻いていくようにデコレーションしていきます。
ピンクや白など様々な色がありますから、1本1本違う色にしていくと尚おしゃれです。

また、このチョコペンを接着剤代わりにして何かトッピングをしていくのも楽しいですね。
個人的にはアラザンなどがオススメ。
チョコペンをつけた後にどう乾かすかというと、スポンジにポッキーを立てます。
予め爪楊枝などで穴を開けておき、そこにポッキーを刺すと案外しっかり立ちます。
これで放置して完成です。
ポッキーで味はバッチリですし、見た目もアレンジが効く方法。
お菓子作りが苦手な人にもオススメです。

デコプチシュー

「あの人に気持ちを伝えたい」そう思った時、多くの女性がバレンタインを機に告白をします。
自分の手作りお菓子と共に、気持ちも伝える素敵なイベントですよね。
最近はこのような本命チョコよりも、友チョコや義理チョコを渡す人が多いようですが、どれにせよ手作りお菓子は簡単でオシャレに仕上げたいですよね。
でも実際、手間がかかっているものほど綺麗に仕上がっているもの
…。
そこで、今回はとても簡単に、かつオシャレに仕上げることが出来るバレンタインにぴったりのお菓子をご紹介します。

そのお菓子とは、ずはり「プチシューをデコレーションしたお菓子」です。
プチシューはコンビニにも売っているような、あの一口サイズのスイーツです。
どこでも手に入ります。
ここに、チョコをかけてデコレーションをしていくのです。
これなら味は元々美味しく出来ていますし、デコレーションも比較的簡単に施すできます。

すべて茶色のチョコだと映えませんから、ホワイトチョコやいちごのチョコをかけてみたり、チョコペンで顔を描いてみるのも可愛いですね。
ナッツやクランチをトッピングすれば、ザクザクの食感もプラスされてより美味しくなるでしょう。

好きにデコレーションした後は、そのまま乾かすだけ。
これなら誰でも簡単に出来ますし、時間もそうかかりません。
子供と一緒にやってみるのも良いでしょう。

お菓子は必ずしも手の込んだものの方が良いという訳ではありません。
プチシューを使って、簡単、オシャレなお菓子を作りませんか?

デコレーションいらずなチョコラスク

あなたはいつも、バレンタインのお菓子を手作りしていますか?本命のチョコではなくても、友チョコや義理チョコとして渡す人も多いことでしょう。
しかし、最近は仕事や家事などで時間に余裕がなく、正直お菓子作りなんかに時間をかけている暇がないという方がほとんどです。
そうなれば、簡単で美味しく、更には見た目もおしゃれなお菓子でなけれはなりません。
一から作ろうとするとなかなかそうはいきませんが、既製品を利用することによりそのようなお菓子作りが可能になるのです。

今回紹介するのは「チョコラスク」です。
パンを油で揚げた、ザクザクとした食感の美味しいお菓子にチョコをかけただけの、いたってシンプルなものになります。
「ただチョコをかけただけじゃ手抜きに思われそう」と感じる方もいるでしょうが、ここはデコレーションにひと工夫が必要です。
例えば、かけたチョコの上から更にチョコペンで絵を描いてみたり、カラフルにトッピングしてみるのも良いでしょう。
チョコ本体の色をそれぞれ変えるという手もあります。
通常の茶色いチョコ以外にも、ホワイトチョコや可愛らしいいちごのチョコも売られていますから、それらを組み合わせることによって鮮やかな見た目になります。

ラスクは元々売られているものでも、家にあるバケットを揚げても良いです。
ただ、ラスク自体が元々甘く味付けされていると、更にチョコの甘さが加わってくどくなってしまいます。
相当の甘党な方ならいいのですが、そうでなければ無糖のラスクを選んでください。
これからのバレンタインは、チョコラスクを手軽にデコレーションして、パパッと済ませてはいかがでしょう。

トッピングで高級感を

一年に一度、女の子が好きな男の子に想いを伝える「バレンタイン」。
これを機に付き合い出したというカップルも多いことでしょう。
このバレンタインに必須なものといえばチョコレートですが、やはり市販のものを渡すより手作りした方がずっと良いですよね。
相手に渡すものですから味と見栄えはとにかくこだわりたいもの。
しかし、「味はうまく調えられてもデコレーションが決まらない!」と悩みを抱える人がたくさんいるのです。

デコレーションは簡単なものから凝ったものまでありますが、今回はまるでお店に売られているような高級感溢れる方法をご紹介しましょう。

そのデコレーションとは、ずはり「トッピング」です。
「トッピングって、ただナッツとかを乗っけるだけじゃないの?」と言われそうですが、それでは高級感なんて出せませんよね。
トッピングはトッピングでも、これはカッティングしたチョコレートをトッピングしていきます。
ケーキの上に飾られているバラ形やリボン形のチョコレートを見たことがありませんか?乗せられているだけなのに、とても見栄えが変わりますよね。
そう、あれをトッピングするのです。

「あんなの難易度が高すぎて初心者には無理!」と避けがちですが、実際は結構簡単。
リボン形であれば、比較的手間取らずにパパッと出来ちゃいます。
市販のチョコレートがあれば作れるので、何かしら参考になるレシピを見つけてから挑戦すると良いでしょう。
これからのバレンタインはチョコレートのトッピングで、あっと言わせませんか?

ガトーショコラでバレンタイン

学生時代、ドキドキしながら本命チョコを渡した経験がある人も多いのではないでしょうか。
しかし、これも大人になると友チョコや義理チョコがほとんどになってしまいます。
「とにかく時間が無い」という方は市販のチョコレートで済ませても仕方がありませんが、余裕があるのならやはり手作りにこだわりたいところ。
そこでオススメしたいスイーツが「ガトーショコラ」です。

ずっしりとした濃厚な味わいが特徴のガトーショコラ。
好物という人も多いことでしょう。
ガトーショコラはなんだか作るのが大変そうなイメージを抱きがちですが、実際そんなことはありません。
もちろん、洋菓子屋さんのような本格的なガトーショコラを作ろうとすれば難易度はグンと上がりますが、それにこだわらなければ初心者でもとても簡単に作れちゃいます。

また、デコレーションが比較的お手軽に済ませることが出来るのも嬉しいポイント。
デコレーションが苦手ということで手作りを避ける人が多いですが、これなら臆することなく手作りに挑戦できます。
ただ粉砂糖をふりかけるだけでも映えますし、ココアパウダーをかけてもより濃厚になって美味しいです。
生クリームやラズベリーがあれば、ちょこんと飾ってあげてもおしゃれでしょう。

王道のクッキーやカップケーキとは違うバレンタインスイーツを作りたいという人に、とてもオススメです。
彼氏や旦那さんに限らず、お友達も自宅に招いてバレンタインを過ごしてみるのも良いかもしれません。

お皿のデコレーション

カフェやレストランで、サプライズとして運ばれるお誕生日プレート。
それでお友達に祝われたという人も多いのではないでしょうか。
チョコペンで、名前や筆記体のハッピーバースデーの文字が書かれており、とてもオシャレで可愛らしいですよね。

これは、バレンタインにも応用できます。
バレンタインにそのようなレストランに行くのではなく、自身でお皿のデコレーションをするのです。
「そんなの不器用な私には絶対できない!」との声が聞こえてきそうですが、そんな心配は無用。
ステップを踏んでいけば必ず書けるようになります。

まず、真っ白なお皿を用意しましょう。
角皿か、淵のない丸皿がオススメです。

チョコペンの固さですが、固まる速度が速いものだとすぐにガチガチにこびりつき、取れなくなってしまう恐れが。
固まりの遅いチョコペンを使用しましょう。
チョコデコレーション専用のペンも売られているので、それを使うと書きやすく便利です。

いきなり筆記体に挑戦せず、まずはシンプルなデザインから始めましょう。
ハートや花を、力を抜いて描いてみてください。
慣れてきたら筆記体に挑戦しましょう。

チョコペンで書けたら、次はスイーツを盛り付けます。

可愛いカップに入れたり、フルーツやミントで差し色を加えるとオシャレに見えます。

後は、チョコペンで描いた絵にフルーツソースで色を付けましょう。
これで可愛らしいプレートの完成です。

彼氏や旦那さんと自宅でバレンタインを過ごすという人は、お皿のデコレーションでびっくりさせてみるのも面白いですね。

まぶすだけのデコレーション

女の子がとにかくお菓子作りに没頭するイベント、それは「バレンタイン」です。
相手に自分の気持ちを伝えようと、美味しいオシャレなチョコのお菓子を作ります。
義理チョコや友チョコでない限り、市販のチョコレートを渡すという人は少ないでしょう。

でも、正直手作りってとても大変ですよね。
まず材料から揃えなければなりませんし、失敗もつきもの。
味も見た目も良くしなければなりません。
味はレシピを参考にすれば、比較的誰にでも美味しく作ることはできますが、デコレーションは別。
その人のセンスと手先の器用さが問われます。
こればかりはとにかく練習の積み重ねですが、そんな時間もないでしょうしお金も勿体無いですよね。

そこで今回ご紹介するのは、デコレーションが苦手な人にぴったりな「まぶすだけ」の方法。
通常デコレーションというと、アイシングやチョコペンを思い浮かべる人がほとんどだと思います。
でも、これらはデザインから考えなければならない上、絵が苦手な人にとっては地獄のような作業です。

この「まぶすだけ」というのは、これらの難点が全て解決された、不器用さんに嬉しすぎるデコレーションなのです。
まぶすだけというと、とても素っ気ないイメージをしてしまいますが、ココアパウダーやココナッツフレーク、アーモンドミールといった様々な粉をまぶすことにより、大人なお菓子に仕上げられるのです。
ラム酒を効かせたトリュフに利用すると、上司にあげても恥ずかしくないお菓子が出来上がります。
デコレーションが苦手という人も、この方法を使って手作りにチャレンジしてはいかがでしょう。

流行りのデコパケメッセージとは

あなたはバレンタインにお菓子を渡したことがありますか?たとえ本命チョコを渡したことはなくても、義理チョコや友チョコを渡した経験がある人がほとんどなのではないでしょうか。
手作りをする人もたくさんいるでしょうが、作り慣れていない人がすれば骨が折れる作業です。
まず材料から揃えなければなりませんし、その分お金もかかります。
かといって成功する保障もなく。
「そんなことをしている時間かない!」という方もいることでしょう。

そのような方を中心に今流行っているのが「デコパケメッセージ」というもの。
どちらかというと若者向けの方法です。

これは、お菓子を手作りするわけではなく、市販のお菓子のパッケージを可愛くデコレーションします。
自分の好きなようにデコレーションしていってOK。
そこに伝えたいメッセージも添えます。

市販のお菓子はポッキーが主流で、「デコパケバレンタインメッセージポッキーコンテスト」というものも開催されたほど。
流行に乗るのならポッキーにしておくとベストでしょう。

お菓子本体にデコレーションすると、時間との勝負になりますし、失敗も取り消すことができません。
しかし、デコパケメッセージでは付箋やシールを貼り付けたりするだけなので、自分のペースで作業を進めることが出来る上、付け外しも簡単。
少しの空き時間を利用すればすぐに終わります。

バレンタインというと、お菓子本体を重視しがちですが、大切なのは気持ちです。
時間が無いという人も、デコパケメッセージで可愛く気持ちを伝えませんか?

ピンクのポタージュで大人に決めよう

女の子も男の子もドキドキするイベント「バレンタイン」。
学生時代、勇気を出して気になる男の子に本命チョコを渡した経験がある人もいることでしょう。
バレンタインというと「チョコレート」ですが、何もそれにこだわる必要はありません。
気持ちを伝えるということが一番大切ですから、どのような形でも良いのです。

そこで今回は、チョコレートではなくピンクのポタージュで思いを伝える、大人なレシピをご紹介します。
彼氏や旦那さんと一緒に食事をする際は、ぜひ試してみてください。

ピンクの正体は「ビーツ」です。
ビーツ本体はとても赤黒い色をしていますが、これを牛乳や生クリームで加工することにより、綺麗なピンク色になります。
具体的なレシピは以下になります。

まず、ビーツ、じゃがいも、玉ねぎをバターで炒めていき、水とコンソメを投入して35分煮詰めていきます。
ミキサーにかけて濾し、牛乳でお好みの濃さになるまで伸ばしましょう。
あとはホイップクリームと万能ネギを飾って完成です。
ちょっぴりアクセントを加えるために、バニラやラム酒を効かせても良いでしょう。

いつもの食卓にビーツのポタージュを並べるだけで、特別な空間に早変わり。
チョコレートが無くてもバレンタインの雰囲気を楽しむことができます。

甘いものが苦手な人や、少し斬新なバレンタインにしたいという人にとてもおすすめのレシピです。
初心者でも出来る簡単な料理なので、ぜひ1度振舞ってあげてはいかがでしょう。

ハートの切り抜きでテーブルデコレーション

学生時代、ドキドキしながら渡した本命チョコ。
とにかく美味しい、おしゃれなお菓子を作ろうと必死に練習した人も多くいるのではないでしょうか。

大人になると、本命チョコよりも義理チョコや友チョコを渡すという人がほとんどだと思います。
彼氏がいるのなら別ですが、学生と比べると本命チョコを渡す人の割合は圧倒的に少ないのです。

バレンタインと言っても、特別チョコレートにこだわる必要はありません。
甘いものが苦手という人もいるでしょうし、毎回チョコレートではマンネリしてしまいます。

そこで今回は、ハートの切り抜きを使っておしゃれな空間に変身させる、「テーブルデコレーション」をご紹介しましょう。

バレンタインはお菓子にデコレーションするだけに限りません。
大切な人とテーブルを囲むのであれば、テーブルデコレーションもしましょう。
「テーブルをデコレーションするなんて想像もつかない」という人もいると思いますが、そこまで難しいことではありません。
ハートの切り抜きは折り紙でOKなのでお財布にも優しいですよ。

ピンクを基調としたテーブルに、赤色や薄紅色の切り抜きハートを並べれば、それだけでオシャレな空間に早変わり。
白の食器に料理を並べ、テーブルの中央にお花を飾ってあげればホテルのディナーをしているのような仕上がりになります。

格子型のハートや輪っかを描いたハートなど、切り抜き方で様々な形ができます。
これからのバレンタインはお菓子だけでなく、テーブルにもこだわってみてはいかがでしょう。

簡単!美味しい!チョコレートムース

あなたはいつもバレンタインにどんなお菓子を渡しますか?持ち運びが出来るカップケーキやクッキーを渡すという人が多そうですが、自宅に招くことができるようなら持ち運びのできないお菓子がベスト。
だからといってゼリーやアイスではバレンタインさに欠けます。
ここはちゃんとチョコレートの要素を取り入れた、豪華で美味しい「チョコレートムース」がオススメです。

チョコレートムースが苦手という人はあまり見たことがありません。
フワッとした柔らかい舌触りに濃厚なチョコレートが溶けるあの感覚は、もうたまりませんよね。
ムースの土台を作ってしまえば、あとはホイップクリームをちょこんと絞り、ベリーを飾れば充分オシャレなバレンタインスイーツが出来上がります。

ムースは思っている以上に簡単にできますし、自宅にあるようなマグカップやココットで作れるので、材料費もかかりません。

本格的にチョコレートムースを作ろうとするとゼラチンやラム酒が必要になりますが、そうでなくてもマシュマロを使うことによりふんわりとした美味しいムースを作ることができます。
時間もかからないため、その日に作っても間に合います。

「チョコレートムースに似たティラミスでも良いんじゃないの?」と思う人もいるでしょうが、ティラミスとムースでは材料に差が出ます。
チョコレートムースは究極、材料3つで作れるのに対し、ティラミスはスポンジやビスキュイも用意しなければなりません。

やりようによってはお豆腐でもチョコレートムースが出来るので、美容やダイエットを気にする方にもおすすめですよ。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ