バイクでレインコート

この記事は14分で読めます

バイク用レインコートの特徴

いろいろなタイプのバイク用レインコートが通販サイトなどで販売されています。
もちろん、価格帯も幅広くなっています。
ただ、バイク用レインコートとして必要な機能がなければ意味がありません。
どのような特徴があるでしょうか。
まずは、体に密着していることです。
強い風を受けますから、それでバサバサとはためいてしまうと、走行の邪魔になるだけではなく、安全上も問題となります。
ズボンとジャケットに分かれていますが、チャックでしっかりと留めることができます。
頭はヘルメットがありますから、襟部分がヘルメットの中に入るように作られています。
また、腕はハンドルを握っていますから、袖部分から雨が入り込まないようにゴムで締められています。
メーカーによっていろいろと工夫している商品もありますが、基本的な部分はほとんど変わらないでしょう。
運転中はポケットに手を入れることもありませんし、同じ姿勢のままですから、特別な工夫は必要ないのです。
それでは価格で選ぶことになるのでしょうか。
雪国でバイクに乗っている人には雨天用よりも防寒用として利用されていることでしょう。
外部への熱の放出をできるだけ抑える工夫が必要なのです。
色やデザインも若い人向け、中高年向けとあります。
また、夜の走行を考えるとできるだけ明るい色を選びたいものです。
それによって安全が保たれる場合もあるのです。
あなたはどのようなバイク用レインコートを持っていますか。
破れなどがないかチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

バイク用レインコートを買う

インターネットの通販サイトでバイク用レインコートを買ったことがありますか。
いろいろな色がありますが、どこのメーカーでもほとんど同じように見えることでしょう。
バイクに乗る時に使用するのですから、基本的な作りは同じになってしまうからです。
価格帯は幅がありますが、おおよそ5千円から1万円弱が妥当なところでしょう。
極端に低価格のバイク用レインコートを購入すると、粗悪品を買ってしまうことになるでしょう。
自転車用とバイク用レインコートも基本的な部分は同じですが、価格にかなりの違いがあります。
その理由は実際に購入してみるとすぐにわかります。
生地の厚みや動きやすさ、雨の沁み込み具合などが全く違うのです。
もちろんバイク用レインコートの品質は高くなっています。
メーカーのブランドで販売している商品もありますが、そこは特に品質には関係ないようです。
後、注意しなければならないのは冬と夏では下に着る服の厚みが全く違うことです。
少し太り気味の人は十分な余裕をもってサイズを選びましょう。
伸縮性がほとんどありませんから、パンパンになって動きづらい雨具になってしまうのです。
また、サイズ表記はされていても、メーカーによって実際の寸法は違います。
3Lならどれも同じだと思って購入すると後悔することにもなります。
いずれにしても、十分検討してから購入することが重要です。
また、新品の時はいいのですが、次第に雨が沁み込んでくるようになります。
これは経年劣化ですから避けることはできません。

バイク用レインコートの利用

バイクに乗っている人にとって、バイク用レインコートは必需品です。
もちろん、女性でも男性でもセパレートタイプが一般的です。
パンツとジャケットに分かれています。
使用されている素材によって価格は異なります。
高い商品ほど長持ちすると考えていいでしょう。
ただ、経年劣化によって次第に湿気が内部に入ってくるようになります。
5年くらいが一つの寿命の目安と考えておけばいいでしょう。
もちろん、バイクに乗って移動する距離や使用頻度によって、傷み具合は異なってきます。
できるだけ大事に使いたいものです。
一番傷みやすいのは裾の部分でしょう。
アクセルやギアなどペダルを操作する部分が地面と擦れたりするのです。
バイクに乗らない人にとってはバイク用レインコートのことがよくわからないことでしょう。
自転車用でもいいのではないかと思ってしまうのです。
しかし、実際に自転車用でバイクに乗ってみれば、バイク用レインコートの良さを理解できるのです。
スピードが違うため、雨の沁み込み具合が全く異なります。
自動車は鉄でできていますから、水が入ってくることはありません。
しかし、バイク用レインコートは単に密閉するのではなく、通気性を保ったまま水の侵入を防がなければなりません。
長年、バイク用レインコートを作っているメーカーがおすすめです。
すでにバイクに乗っている人なら、自分でいろいろ試していることでしょう。
メーカーのカタログだけではわからない部分もありますから、しっかりと選ぶことが大切です。

バイク用レインコートの価格

新しくバイクを購入した時にはバイク用レインコートも購入しておかなければなりません。
雨が降った時にバイクに乗るには必需品だからです。
通販サイトを見れば、バイク用レインコートの価格がわかります。
ただ、いろいろな商品がありますから、価格差と商品の違いがどこにあるかを確認しましょう。
まず、バイク用に限らずレインコートは完全な密閉構造ではありません。
ある程度の通気性がなければ、内部にどんどん熱気が溜まってしまいます。
夏場は汗だくになってしまうことでしょう。
また、袖や襟、裾の部分は雨ざらし状態になりますから、低品質のバイク用レインコートとの差はすぐにわかるでしょう。
通気性を保ちながら雨が侵入しない工夫が必要なのです。
その工夫とは二重構造にすることです。
バイク用レインコートのカタログを見るとわかりますが、裏布ありとなしの表示があるでしょう。
その差は品質の差となり、価格の差にも関係しているのです。
おおよその目安として5千円未満のバイク用レインコートは裏布なしと考えてください。
通気性が悪いのです。
また、通常の服の上にバイク用レインコートを着ますから、サイズは一般の服よりも一回り、二回りも大きくなければなりません。
通販サイトの口コミを見るとサイズ違いを買ってしまった人が少なくないようです。
着られないほど小さいわけではありませんが、パンパンになってしまうのです。
裾部分、胴回り、肩幅などしっかりとチェックしておきましょう。
価格ばかりを見ていると失敗します。

人気のバイク用レインコート

人気のバイク用レインコートはどのような商品でしょうか。
高い商品と安い商品を見比べてみればわかります。
もちろん、人気のバイク用レインコートはデザインがいいわけではなく、商品を身に着けて雨の中を走った時にわかるでしょう。
ポケット部分に面白い加工をしている商品があります。
貫通ポケットです。
つまり、バイク用レインコートの下に履いているズボンのポケットに手を入れることができます。
もちろん、雨が入らないような工夫も施されています。
バイクと言ってもスクーターに乗っている場合、足を上げて乗る必要がありませんからパンツとジャケットに分かれたタイプでなくてもいいでしょう。
通常の女性用レインコートと同じ形なのです。
これは女性用として人気ですが、男性も愛用している人が少なくありません。
脱いだり着たりする時に簡単だからです。
バイクはスピードが出ますから、安い自転車用レインコートでは不十分です。
バイク用レインコートは品質が違うのです。
人気の商品は少し価格が高いと感じても、それだけの理由があると思って間違いないでしょう。
毎日バイクに乗るのであれば、人気のバイク用レインコートがおすすめです。
ただ、デザインもチェックしておきましょう。
かっこよくオートバイに乗りたいものです。
ダサいデザインよりも人気のデザインや色を選びましょう。
雨を避けるための仕組みはレインコートメーカーがいろいろと考えています。
厳重に締め込むのではなく、ゆったりとしたサイズで濡れないようにできているのです。

バイク用レインコートの傾向

普通の服と同じようにバイク用レインコートも流行があります。
最近の傾向はどうでしょうか。
まず、基本的には男女兼用です。
色によって好みが分かれることでしょう。
ただ、ポイントは通気性と防湿性です。
これはバイク用レインコートに限ったことではありませんが、一番重要な機能でしょう。
価格が高くても基本機能がなければ役に立ちません。
通気性を保つためには裏生地がメッシュの素材になっているものが多いようです。
これにより通気性を確保することができるのです。
その時代によって新しい素材が開発されていますから、薄くて丈夫なバイク用レインコートになっています。
薄手になることで持ち運びも楽になりますし、いいことばかりですね。
つまり、これからバイク用レインコートを購入するつもりなら、一番新しく作られた商品を選ぶ方がいいと言うことです。
スポーツウェアのようなデザインになっているバイク用レインコートとワンピースタイプのレインコートがあります。
どちらを選んでもいいのですが、スピードを出すオートバイに乗っているならセパレートタイプを選ばなければならないでしょう。
強い雨の中で濡れないことが基本条件だからです。
雨の日でも気分爽快にバイクで通勤したいものですが、それほど簡単なことではありません。
どれだけいい素材のバイク用レインコートが販売されたとしても、雨の中を進むのですから湿気が全くないことはありえません。
できるだけ人気の商品を選ぶことが重要です。

バイク用レインコートのポイント

これからバイク用レインコートを選ぶポイントについて考えてみましょう。
基本機能として湿気の侵入を防ぐことと通気性を保つことが上げられます。
もちろん、この機能は価格帯や商品の作りによって大きく変わってきます。
自転車用レインコートはバイク用レインコートよりも安く販売されていますが、その分だけ品質も違っているのです。
ただ、デザインよりも実用性を考えておくことをおすすめします。
また価格だけで選ぶことは避けるべきでしょう。
注意しなければならないのはサイズです。
自分の体形と通常の服装よりも一回り以上の余裕を持っておかなければなりません。
通常のレインコートタイプの場合は胴回りだけを確認しておきましょう。
できるなら購入する前に一度試着してみたいところですが、バイク用レインコートの試着は期待できないでしょう。
これまで持っていたバイク用レインコートがあるなら、同じメーカーを選ぶ方が無難です。
サイズの表記はメーカーによって異なっていますから、記号だけを見てもわからないのです。
裏生地がメッシュになっていれば、通気性は十分です。
また、裾は一番擦れやすいため、パンツとジャケットのタイプを購入して、パンツだけを買い替える手もあります。
いずれにしても、長く使っていると湿気が内部に入ってきやすくなります。
これはどれだけ品質が高くても避けられないでしょう。
5年ぐらいで買い替えるようにすべきです。
自分の年齢によってバイクも買い替えるでしょうが、バイク用レインコートも買い替えましょう。

バイク用レインコートと事故

雨の日に事故を起こした場合、バイク用レインコートを着ていたことが原因となることがあるでしょうか。
もちろん、きちんとボタンを留めていなかったり、中途半端な着方をしていたりした場合は運転者の責任が問われます。
また、バイクの事故は加害でも被害でも怪我の度合いは大きくなります。
相手に怪我を負わせるだけではなく自分も大怪我をしてしまうのです。
バイク用レインコートは保護材ではありませんから、摩擦でボロボロになってしまうでしょう。
ただ、きちんと着ていれば、視界を遮ることもありませんし運転に支障はありません。
バイク用レインコートを選ぶ時に雨のことや価格のことだけではなく、運転のしやすさも考慮しておかなければなりません。
ヘルメット部分にはレインコートがありませんが、通常よりも視界は確実に悪くなります。
安全運転を心がけましょう。
また、ポンチョタイプのバイク用レインコートも販売されています。
見た目がいいと思ってもスピードを出していると、風であおられてしまいます。
安全性には問題があると考えるべきでしょう。
自分の身は自分で守ることが原則です。
そのためにどのようなバイク用レインコートを選べばいいかはしっかりと考えてください。
デザインや価格ばかりを気にすべきではありません。
実用性の高いバイク用レインコートなら、雨や雪の日でもしっかりとハンドルを握ることができます。
もしそうでなければ、低速走行をおすすめします。
事故が起きてしまえば、大きな問題になります。

バイク用レインコートの種類

市販されているバイク用レインコートにはいくつかの種類があります。
大きく分けるとワンピースとセパレートタイプです。
ワンピースには通常のレインコートに似た商品とポンチョがあります。
動きやすさを求めると、だぶだぶになりますからバイク用レインコートとしては不向きになるでしょう。
風であおられてしまい、安全性が損なわれる恐れが出てくるのです。
バイク用レインコートは安全性を確保したものでなければなりません。
それが嫌なら、雨の日はバイクに乗らない方がいいでしょう。
雨で視界が悪くなっている上に、風ではためくレインコートではバイク用レインコートとは言えないのです。
自分の運転技術を過信することは非常に危険です。
もちろん、晴天の時にどのような運転をしているかによって、雨の日の運転も想像できます。
バイク用レインコートを着た時だけ安全運転をすればいいわけではないのです。
自転車用レインコートはバイク用よりも価格は安くなっています。
それでもいいと思っている人もいるでしょうが、その素材や作りの違いは体感してみるとすぐにわかります。
通販サイトの口コミなどにも書かれています。
バイク用レインコートのコストパフォーマンスはかなり高いのです。
ただ、メーカーや製品によって差がありますから、どれを選ぶかはしっかりと考えましょう。
インターネットの通販サイトでおおよその仕様はわかりますが、実際に着てみなければわからないこともいろいろとあります。

アマゾンのバイク用レインコート

通販サイトのアマゾンでバイク用レインコートを検索してみましょう。
たくさんの商品が出てくるはずです。
バイク用レインコートはバイクを通勤手段に使っている人にとっては必需品です。
数年すると擦り切れてしまいますから、定期的な買い替えが必要なのです。
もちろん、女性用、男性用、または兼用などがありますから、自分が使いやすいと思う商品を探しましょう。
アマゾンではいろいろな販売先から購入することもできます。
それぞれは同じ商品でも販売価格が違いますから、一番メリットのある買い方をしてください。
また、写真や動画などでバイク用レインコートの詳しい仕様がわかります。
サイズについてはメーカーによって実際の寸法が違います。
できるだけ数字を確認するようにしましょう。
裾周りや袖回りなどが大きすぎると湿気が入ってきますし、小さいと着用がしづらくなります。
アマゾンでは購入した人のレビューを読むことができますから、それを参考にしてください。
いろいろと役に立つことが書かれています。
また、参考にできる情報も同時に掲載されています。
通販サイトをよく利用している人はアマゾンの仕組みがよくわかっているはずです。
バイク用レインコートだけのためにアマゾンを利用する人は少ないでしょう。
いずれにしても、自分がバイクに乗る時に利用しなければならない商品です。
しっかりと自分の目で確認することをおすすめします。
ただ、入手できない情報は他の人の意見を参考にすればいいのです。

バイク用レインコートの通販

いろいろな買い物をする時に通販サイトを利用している人は少ないでしょう。
ただ、通販サイトでの購入は注意しなければならない商品もあります。
バイク用レインコートがその一つです。
仕様や価格は通販サイトの説明書きを読めばわかります。
注意するのはサイズです。
2L、3Lなど、一般的なサイズと思っているかもしれませんが、メーカーやブランドによって微妙に寸法が違うのです。
バイク用レインコートを着る場合、雨が降っていますから、着やすく脱ぎやすいことが重要でしょう。
しかし、少し小さめのサイズだと非常に大変な思いをしてしまうのです。
バイクにまたがってしまえば、アクセルとクラッチだけの操作ですから何とかなるでしょう。
自分に合ったサイズを見つけるのは意外と難しいのです。
もちろん、体型が変わったならばそれはもろに影響を受けてしまいます。
久しぶりにバイク通勤を始めた時には選び方に注意です。
通販サイトではなく店頭で購入する場合なら、店員さんに確認したり、袋からと出したりすることもできるでしょう。
サイズ違いで返品するだけで送料が取られてしまう通販サイトがほとんどです。
それでも上質なバイク用レインコートを見つけるようにしてください。
適当なサイズだと、安全面で心配が出てきます。
雨の日のバイクはリスクが高いですから、不安要素はできるだけ少なくしておきたいものです。
雨が沁み込まないことばかりを考えてバイク用レインコートを選ぶのは避けたいものです。

バイク用レインコートと天気

天気が悪くなってきた時にバイク乗って通勤するのは大変です。
そのため早めにバイク用レインコートを羽織っていることでしょう。
夏場はそれだけで汗をかいてしまうことでしょうが、冬場は防寒着として利用できますから、あまり問題はありません。
いずれにしても、雨が降り出してから慌てて路肩でバイク用レインコートを着ても、すでに濡れてしまっていることでしょう。
最近のバイク用レインコートは品質が良くなったと言われています。
通気性がよくてかつ湿気が入ってこないのです。
もちろん、完全ではありませんから、ある程度は我慢しなければなりません。
毎日の通勤にバイクを使っているなら、その時の天気をチェックしておくことは常識です。
急に雨が降ってきて困るのは自分だからです。
冬場は防寒を兼ねて毎日バイク用レインコートを着ているドライバーも少なくありません。
上質なレインコートなら、動きやすく湿気が籠ることもないのです。
バイクに乗るのですから基本的に動きやすい服装です。
レインコートを着ても、それは変わりません。
通販サイトなどでいろいろなタイプが販売されており、自分が使いやすいものを選ぶことが大切です。
人気のバイク用レインコートが必ずしもいい選択とは限らないのです。
価格も十分にチェックしましょう。
安いだけで選んでしまうと、再購入する羽目になるかもしれません。
雨を避けることは基本的なことですから、それ以外の機能をチェックしてください。

バイク用レインコートと安全

バイクは自動車よりも危険です。
ちょっとした路面の凸凹でも転倒するからです。
雨が降っているならばそのリスクは何倍にもなります。
そのためバイク用レインコートは安全性を考慮して選ぶことが重要です。
インターネットで検索してみると、いろいろなタイプが販売されています。
実際に着てみるとわかりますが、かなり動きにくくなります。
バイク用レインコートはパンツとジャケットに分かれたタイプとワンピースになっているタイプがあります。
どちらを選んでもいいのですが、スクーターに乗るならワンピースでもいいでしょう。
いずれにしても、安全運転できる状況を確保することが大切です。
もちろん、それはバイク乗りなら常識かもしれません。
注意しなければならないのは、新人として入社してバイクで通勤することにした人です。
これまでバイク乗りが不慣れた上に、出勤ですからのんびりとできません。
慌ててしまうとさらに危険性は高くなります。
安全は日頃の心構えで大きく差が出てきます。
バイク用レインコートを買う時に、どこまで考えているかなのです。
ただ、あまりバイクに乗りたいと思っていなければ、雨の日はバイク用レインコートなど使わずに、歩いていくことをおすすめします。
雨でも乗りたいと思っている人は安全のことはしっかりと自覚しているはずでしょう。
自覚していれば難しいことではありません。
視界を確保することはヘルメットでできます。
運転中にチャックやボタンが外れないようにしておきましょう。

バイク用レインコートのデザイン

ファッションの一つとしてバイク用レインコートを考えている人がいます。
特に女性は雨の日でもスマートにバイクに乗りたいのでしょう。
オートバイではなくスクーターに乗っているなら、ワンピースタイプのバイク用レインコートがお似合いです。
女性だけではなく男性でもバイク用レインコートを着こなしています。
ただ。女性向けの柄をあしらったバイク用レインコートはほとんどありません。
雨の中で走るのですから、デザインよりも機能性を重視するからです。
価格的も決して安くありません。
耐水性と通気性を兼ね備えたバイク用レインコートがおすすめですが、そのためには二重構造の生地になっていなければなりません。
その分だけ価格は高くなるのです。
バイク用レインコートにこだわりを持っている人は普通の服装でもこだわっているはずです。
つまり、一つのファッションとしてとらえているのでしょう。
自分がどのような服装をしていて、それを見たらどう感じるかが気になるのです。
もちろん、雨が降っていますからバイク乗りのことはほとんど視界に入りません。
それでも、かっこよく乗っていたいと思うのです。
女性ならスマートに乗りこなしたいものです。
雨の中でも自分のスタイルをしっかりとキープできる人はほれぼれすることでしょう。
あなたはどうでしょうか。
これからの雨の日にもかっこよくバイク用レインコートを着てみませんか。
それによって価値観も変わってきます。
きっと雨の日が他の日より楽しくなることでしょう。

バイク用レインコートとブーツ

バイクに乗る時にはブーツは必需品でしょう。
もちろん、スクーターなら革靴でも乗ることはできます。
ただ、雨の日はバイク用レインコートを着ていますから、靴も雨が入ってこないようにブーツを履くのです。
ブーツとバイク用レインコートをセットで購入する人はほとんどいませんが、バイク用レインコートを選ぶ時に裾の部分がどうなっているかをチェックしましょう。
パンツを履いた後にブーツを履くでしょうが、脱ぐ時は逆です。
その時に靴下が濡れないようにしたいものです。
もちろん、ブーツは安全性も重要なポイントです。
靴底が滑らないようになっていることは基本的なことでしょう。
バイク用レインコートとブーツのデザインも合わせたいと考える人が少なくありません。
女性用のブーツなら色が何色もそろえられています。
また、バイクから降りた時には普通の靴に履き替えるでしょう。
スムーズに履き替えられるようなバイク用レインコートを選んでおきましょう。
いずれにしても、自分がどのような使い方をするかによって、チェックしなければならないかを考えるのです。
バイク用レインコートのことを考えていると、その関連の物も気になってくるでしょう。
ブーツはその一つなのです。
雨の日のバイクが楽しくなることでしょう。
今度雨が降った時にはお気に入りのブーツを履いて、バイク用のレインコートを着ていきましょう。
もちろん、安全な運転ができるかも確認しください。
ただし、必要以上のスピードは出さないようにしてください。

バイク乗りのレインコート

バイク乗りの人は雨の日も当然バイクに乗るでしょう。
そのためのバイク用レインコートは非常に重要なアイテムなのです。
スクーターに乗っている人とオートバイに乗っている人では、バイク用レインコートも違うかもしれません。
スクーターの場合はワンピースタイプのレインコートでも十分です。
しかし、オートバイではジャケットとパンツに分かれたタイプでしょう。
いずれにしても、必要な機能は雨が入ってこないことと通気性がよく汗をかかないことです。
価格帯も気になりますが、バイクの必需品と考えれば、高くても我慢しなければなりません。
他の部分で節約するのです。
人気のバイクの価格は低価格の普通自動車並みです。
決して安い買い物ではないのです。
ただ、バイク用レインコートは高くても1万円弱ですから、高い買い物ではないのです。
バイク用レインコートを選ぶ時には、それぞれの色やデザインのチェックは当然だとしても、自分がバイクに乗った時のスタイルをイメージしてください。
バイク用レインコートが似合っているでしょうか。
スポーティーなスクーターなら、ちょっとかっこいいバイク用レインコートがいいでしょう。
色も合わせてみてはどうでしょうか。
女性ならちょっとかわいいタイプで、しっかりと雨を防いでくれるレインコートを選びましょう。
通販サイトではいろいろなタイプのレインコートが販売されていますから、きっと自分に合ったものが見つかることでしょう。
雨が待ち遠しくなりますね。

バイク用レインコートの着こなし

雨の日だけ利用するバイク用レインコートですが、これも一つのファッションと考えてください。
着こなしが重要なのです。
天気のいい時のバイクならさっそうと乗っているかもしれませんが、雨が降った途端に野暮ったいバイク用レインコートではちょっといけませんね。
特にあなたが若いドライバーなら、雨の日こそかっこよく乗りこなしたいものです。
バイク用レインコートはどれも同じだと思っていることでしょう。
それは大きな間違いです。
スクーター用のバイク用レインコートやセパレートタイプのレインコートがあります。
どちらを選んでもいいのですが、雨をはじいて湿気が内部に入らないような構造になっているレインコートを選ぶことが基本です。
通販サイトの価格表示だけで選んでいる人も少なくありません。
もちろん、安い方がいいに決まっていますが、それよりも機能が重要なのです。
バイク用レインコートの着こなしのポイントとしてはサイズです。
通常の服の上に着るのですからサイズは2段階ぐらい上を選ぶことが基本です。
また、メーカーによって実際の寸法は少し違います。
サイズ表示だけでは判断できないのです。
試着してみることも難しいですから、少し大きめのサイズを選ぶことがポイントです。
かなり大きいと思っていたらちょうどよかったというケースはよくある話です。
バイク用レインコートを着たら、後は機敏な動きをしてください。
もこもこしたままだと、動きが鈍くなってしまうのです。

バイク用レインコートの色

身に着ける服はいろいろな色が販売されています。
誰でも自分の好みで選んでいることでしょう。
ただ、バイク用レインコートは雨を防ぐことが重要ですから、あまり色のバリエーションがありません。
その上、夜の雨の日は車からも気づきにくいような暗い色が少なくありません。
できるだけ明るい色を選ぶことをおすすめします。
スクーターなどで使用するバイク用レインコートの場合は2重構造になっていることが少なくありません。
風に裾をなびかせて、かっこよく走っている人を見ることもあるでしょうが、裏地がありますから雨で濡れることはないのです。
女性専用のバイク用レインコートも販売されていますが、多くは男女兼用です。
サイズがほとんど変わらないからです。
体にフィットするサイズではなく、上着の上から着るものですから、サイズは通常のコートよりももっと大きなサイズになっているのです。
色を選ぶ時にはできるだけ明るい色を選ぶのですが、裾の部分などは一番早く痛む部分です。
擦り切れてしまいますから、その時点で買い替えと判断してもいいでしょう。
長年着ているバイク用レインコートだと、少しずつ湿気がしみ込むようになります。
生地がだんだんと薄くなっていくのです。
メーカーによってバイク用レインコートのデザインは異なりますが、基本的な構造は同じですから、あまり差はないと考えるべきでしょう。
価格とデザイン、そして品質を確認してから購入することをおすすめします。

バイク用レインコートの素材

バイク用レインコートで重要なのは浸透性と耐水性です。
浸透性とは体から出る汗を外に逃がす性能であり、耐水性は外からの雨を防ぐ性能です。
いずれもバイク用レインコートの素材と密接に関係しています。
浸透性と耐水性はJIS規格として数値化されています。
結果がいいほど、素材として上等だと言えるでしょう。
もちろん、両方の性能が高い方がいいのですが、それは高級なレインコートになってしまいます。
市販されているバイク用レインコートを選ぶ時にはそれぞれの機能の数値を比較してみることをおすすめします。
素材だけではなく表面をコーティングしている製品もあるでしょう。
人気の高いバイク用レインコートはそのコストパフォーマンスが高いのです。
もちろん、レインコートを着てみなければ実際の性能はわかりません。
素材を選ぶことはできませんから、市販されているバイク用レインコートを選ばなければなりません。
実際に試着してみての感想などをブログに掲載している人も少なくありません。
それらを参考にするとかなりの有効な情報になるでしょう。
時代とともに素材も新しいものが出てきます。
昔のバイク用レインコートよりも現在販売されている商品の方が確実に品質は高いでしょう。
後は価格との折り合いをどこでつけるかと言うことです。
自分がバイク用レインコートとして購入できる限界を考えてください。
もちろん、どのような素材でもだんだんと劣化していきます。
同じ性能ではなくなっていくのです。

バイク用レインコートと汚れ

バイクに乗ると車体からの油などで汚れてしまうことがあります。
できるだけ汚れないようにしたバイクはスクーターです。
スクーターでも大型の車種もありますから、好きな人が多いのでしょう。
バイク用レインコートを着てもスクーターなら問題なく乗ることができます。
ただ、バイク用レインコートは雨の日に着るものですから、どうしても汚れを防ぐことができません。
足元の汚れはあきらめるしかないでしょう。
もちろん、天気のいい日にバイク用レインコートを洗ってきれいにすることはできます。
ただ、汚れとして付いた油はその部分を拭き取ることが重要です。
全体を洗ってしまうと、汚れが全体に広がってしまうのです。
バイクの油とはてんぷら油ではなくグリースです。
粘り気がありますから、通常の洗濯物のように簡単に洗剤で落とすことはできないのです。
バイク用レインコートの汚れはティッシュなどを使用して、部分的に拭き取る程度にしておきましょう。
あまり汚れが広がってしまったら買い替え時と考えなければなりません。
ただ、雨の日だけに着るものですからあまり汚れは気にならないものです。
周りの人にほとんど見えないのです。
しかし、きれい好きの人にはちょっと我慢できないかもしれません。
バイク用レインコートを着る時に下の服に汚れが移ってしまうからです。
バイクに乗ると、時には服が汚れてしまうことは避けられません。
それがバイクと言うものだからです。
あきらめた方がいいでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 08.02

    浴衣の選び方

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ