ハロウィンの子供の衣装

この記事は16分で読めます

ハロウィンは好きですか

「ハロウィン」ご存じですか。
近年、日本でも当たり前のようにハロウィンのイベントが開催されるようになりましたので、多くのかたはご存じのことと思います。
そうです、10月の末日、仮装をして街を練り歩く一種のお祭りです。
本来のハロウィンの起源はと申しますと、古代ケルト人に遡ります。
秋の収穫祭に、悪霊を追い出すという一種の宗教的意味合いを込めた行事でありました。
それが現代に入り、アメリカでは民間の行事として定着したものです。
お祭り好きな日本人が真似をしてもおかしくない、とても楽しいお祭りですよね。
クリスマスは当たり前のイベントとしてかなり以前から定着しているので、ハロウィンの定着は、むしろ遅かったと言っても良いかもしれません。
日本人は、もともとあまり自己主張を好まない民族でしたから、仮装をすることにより、普段の自分ではない自分になるのが思いのほか楽しかったのでしょう。
小さな子供からいい大人まで老若男女問わず、自分好みの衣装を身に着けて楽しんでいる姿は、大変微笑ましいですね。
批判的なかたもいらっしゃるようですが、街を歩くにしても、他人に迷惑がかからない範囲で楽しむのは良いのではないでしょうか。
毎年たった1回のハロウィンを楽しみにしている人々は多いですからね。
すでに定着した感がありますが、小さな子供のころからハロウィンに参加して仮装などをしていますと、その子にとりましては、我が国でも当たり前にあるお祭りということになりますから、あと数十年もすればクリスマスやバレンタインデーと同等のイベントになることでしょう。
そのうち参加してみたいと思っているかたも多いのではないですか。
あなたにその気がなくとも子供たちは参加したいと思います。
子供はどんな仮装をして楽しみたいのでしょうね。
衣装を用意するのはご両親はじめご家族のかたです。
ご一緒に考えてみませんか。

スポンサードリンク

子供にとってのハロウィン

海外ではどちらかと申しますと、大人よりも子供の方が喜ぶハロウィンですが、日本ではむしろ大人のほうが仮装して楽しんでいる様子が毎年のように目立っていますね。
子供は、そんな大人たちを見て自分も仮装してみたいと思うのでしょうし、両親や兄、姉がいろいろと世話を焼いて仮装のための衣装を用意してくれる場合もあるでしょう。
基本的に子供たちにとっては楽しいイベントですから、喜んでいる子供が多いとは思いますが、現代のハロウィンの本場であるアメリカのように、各家庭でハロウィンパーティーを開いたり、カボチャをくりぬいて作るジャック・オー・ランタンをみんなで作って飾ったり、さらには「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ)」と口々に言いながら家々を訪ねてお菓子を貰って周るというようなことまでは、広く行われていないようです。
ごく一部では行われているようですが、日本におきましては、あくまでも仮装がメインとなっているようです。
そのため、ハロウィンが近づきますと、デパートや百貨店、雑貨店などでは仮装のための衣装やグッズが飛ぶように売れています。
その中には当然、子供用の衣装やグッズもあり、ご家族皆さまで楽しめるようにもなっています。
トリック・オア・トリートと言いながら、お菓子を貰って歩くのも楽しい催しではないかと思いますが、それがなかなか広まらないのは、色々な事件性を考慮してのことなのでしょうか。
確かに、都会では問題も多数、出てくるかもしれません。
各家庭でも、いつ子供たちがやってくるかわからないので、お菓子を大量に用意しておかなくてはなりませんし、そういった習慣まで日本で根付くかどうかは難しいですね。
根付くとしても、まだしばらく先のことになるのでしょう。
普段はなかなか難しい、地域の中での大人と子供の交流が容易にできる催しでもありますので、そのようなメリットもあると思います。

ハロウィンの仮装

海外においてのハロウィンの仮装は、大人であっても子供であっても基本的には「怖い」とされているものに変身するのが特徴です。
たとえばですが、悪魔や魔女、狼男、ドラキュラ、フランケンシュタイン、ゾンビ、ゴースト等々のようなものです。
それは、ハロウィンという行事が悪霊を追い払うためのものであるため、悪霊を怖がらせるという意味があるからでしょうね。
日本では、多くのかたがハロウィンという行事の背景も知らないまま、ただ仮装をするイベントだと思っていらっしゃるかたも多いですから、仮装はどのようなものにでもなります。
そのあたりが、海外のハロウィンと日本のハロウィンの違いのひとつでもありますね。
ただ、このところは、海外のかたも映画の主人公になりきった仮装をしてみたり、ディズニーなどさまざまなキャラクターに扮するかたがたも多数出てまいりました。
日本の仮装に近くなってきているようですね。
しかも、以前の仮装は子供がメインであったのに、近年は大人も仮装して楽しむようになりました。
日本では、小さな子供よりも大人のほうが夢中にも見えますが、ご家庭内や町内、地域で楽しむぶんには子供もどんどん参加させてあげると良いですね。
子供用の衣装も迷うくらいたくさん販売されていますし、あるもので工夫しての衣装づくりもとても楽しいものです。
親子で工夫して作れば、イベント当日だけでなく、前々から一緒にワクワクできて良いと思います。
ところで子供が好きな仮装はどのようなものなのでしょう。
やはり、アニメのキャラクターなどが多いように思いますが、子供たちも仮装して楽しいハロウィンを過ごしてもらうために、子供の仮装について考えてみましょう。

子供の衣装で注意すべき点(1)

ハロウィンが近づいてまいりますと、デパートや百貨店、雑貨店などにハロウィンの仮装のための衣装やその他グッズが並び始めます。
あれを見てしまいますと、仮装したい気持ちなどぜんぜんなかったかたでも、ちょっと気持ちが揺らいだりすることもあるのではないでしょうか。
まして、子供さんならすぐに欲しくなってしまうことでしょう。
子供は子供でも、まだ小さすぎて特別好きなキャラクターもいないなどという場合は、ご両親が可愛らしい仮装の衣装を見つけて着せてあげることになるでしょう。
その際、気をつけることとして、小さな子供はまだ自分の意志表示を言葉で上手く説明できませんから、嫌だったら泣くという方法をとる以外にありません。
しかし、気に入ったものはちゃんと喜んでくれますから、喜んでくれるような衣装を選びましょう。
悪い衣装の例といたしましては、身体のどこかを締め付けるものや、ゴム部分がきつすぎるもの、色落ちしやすいものなど、大人でも嫌だなと思うようなものですから、だいたいわかりますね。
また、せっかくのハロウィンの衣装ですが、小さな子供はなんでもすぐに口に入れたがりますから、口に入れたくなるような大きさの飾りが付いているものは、見た目が可愛らしくても避けるべきでしょう。
たとえば、ミッキーマウスの耳のように、頭に着ける飾りならば大丈夫かもしれませんが、そのようなタイプのものでも、頭に違和感を感じて取ってしまう子供もいるかと思います。
着ぐるみのような形のもので、動物系に変身できる衣装などはお勧めですよ。
もう少し成長すれば、自分の意志で好きな衣装が選べるようにもなりますので、小さいうちはシンプルで可愛らしいものがおすすめです。

子供の衣装で注意すべき点(2)

ハロウィンに限ったことではありませんが、大概、子供の衣装はご両親のどちらかが選ぶものですよね。
小さな子供であれば、どのような衣装であっても、親が選んだものを着るしかありません。
まだ、洋服に対する好き嫌いもないのですから、親が選んだものをおとなしく着て喜んでいるさまは、非常に可愛らしいものですよね。
しかし、幼稚園の年長さんや小学生になるころには、もうそれなりに自分の好みというものが出来上がってきます。
とくに女の子は、洋服の好みが早くからある程度は出来上がっています。
その好みは当然のことながら、仮装するための衣装にも反映されてきますから、親がよかれと思って選んだ衣装では喜ばないという事態が発生することもしばしばです。
親が見て可愛らしいと思ったものと、子供が見て可愛らしい、着てみたいと思うものは異なることが多いのです。
なので、まるでクリスマスプレゼントかなにかのように、当日もしくは前日になってから、「あなたのハロウィンの衣装よ」と言ってプレゼントしてあげても、「こんなの嫌。これだったら着ない!」ということになる可能性が多々あります。
子供もガッカリですが、そんなことを言われるご両親もひどくガッカリですよね。
そのようなことにならないために、仮装衣装のサプライズはやめておくのが無難です。
子供からの明確なリクエストがあれば大丈夫でしょう。
さもなければ、一緒にショッピングに出かけて選びましょう。
そして、お財布と相談しながら購入するのが良いですよ。
普段の衣装とちがって、1年に1度着るだけの衣装ですからね。
翌年のハロウィンにはすでにサイズが変わっているでしょうから、1年に1回のお楽しみと思っていれば間違いありません。
翌年も着られたらラッキーというくらいの気持ちで選びましょう。

子供の衣装で注意すべき点(3)

「もうすぐハロウィンなんだけれども、仕事があるから仮装の衣装をなかなか買いに行く時間が取れなくて」とおっしゃるかたも多いですよね。
せっかく仮装をするのでしたら、やはり気に入った衣装を選びたいですし、子供にも気に入ったものを選んでもらいたいという気持ちは、みなさま同じです。
そのような時にはぜひ、オンラインのショップをご覧になってみてください。
家でくつろぎながら、たくさんの仮装衣装を見比べて選ぶことができます。
もちろん子供も一緒に、これがいい、あれがいいと楽しく選ぶことができます。
ただ、オンラインのショップは在庫を大量に抱えていない場合が多いですから、多くのかたが可愛いと思って欲しがるような衣装は、あっという間に売り切れになってしまいます。
そして、大概はそれっきり仕入れることもないので、売り切れの表示がでていたらもう手に入らないと思ったほうが良いですね。
中には、引き続き仕入れてくれるショップもあるでしょうが、1年に1回かぎりの商品ですから、それこそ大量に仕入れるということはしないのが普通です。
ですから、ハロウィンには仮装しよう!と思い立ったらすぐに、オンラインショップであたりを付けることが大事です。
そして、ある程度いろいろ見てまわった後、もっとも気に入ったものを早めに購入してしまったほうが良いです。
売り切れの表示が出ていましたら、もう後悔先に立たずです。
子供の衣装は、なおさらそうでしょう。
多くの子供が欲しがる衣装は、似たようなものですからね。
その年に流行ったキャラクターの仮装衣装などがあれば、すぐに売り切れてしまいますよ。
欲しい衣装が決まっているのなら、早め早めが肝心です。

男の子に人気の衣装(1)

男の子も仮装は大好きなようですね。
憧れのヒーローにさえも変身できるのですから、当然かもしれません。
年齢によってその憧れのヒーローも変わってくると思いますが、子供にも大人にも人気が高い仮装は、やはりハロウィンっぽい雰囲気がいっぱいの「ドラキュラ」ですね。
ドラキュラの仮装は衣装によってほとんど決まるようなものですが、比較的お手軽で簡単であるのに本当にドラキュラらしく決まりますので、仮装はしたいが、どのような格好をすればよいかわからないという子供さんにも非常におすすめです。
すでに手持ちの衣装を何点か利用することで、購入代金を抑えることも可能です。
それでは、最もシンプルなドラキュラの衣装をご紹介してみましょう。
まずは、白いシャツに黒のパンツ、できれば黒いベストもあったほうが良いですね。
そして、黒のマントに黒の靴、アクセントに赤い蝶ネクタイ、これだけで、即席ドラキュラの出来上がりです。
ドラキュラの仮装をするかたが多いので、ハロウィンが近づいてきますと「牙」も仮装グッズとして売っています。
それを着ければさらにドラキュラらしいですね。
赤のメイクグッズなどで、口元や牙などを赤く染めれば完璧でしょう。
マントを持っているかたは、ほとんどいらっしゃらないでしょうから、これは購入したほうが良いですね。
簡単ですから手作りもおすすめです。
マントがあるのと無いのでは、ドラキュラらしさが違ってきますので。
子供でも大人でも似合うドラキュラ。
今年のハロウィンには、子供さんとご一緒に是非あなたもお試しください。

男の子に人気の衣装(2)

今回も男の子供さんにおすすめのハロウィン仮装衣装ですが、実際には大人の男性も喜んでなりきっている仮装です。
大人気アニメ「ワンピース」の主役である「麦わらの一味」の仮装です。
ワンピースというアニメの主人公は、「モンキー・D・ルフィ」と申しますが、そのルフィが率いる海賊団を、麦わらの一味といいます。
麦わらの一味は、現在のところルフィを含めて男性7人、女性2人から成り立っていて、それぞれ個性的なメンバーですので、仮装にはもってこいです。
衣装も、これといってお金のかかるような特別なものでなく、ありふれた衣装がほとんどですので、仮装しやすいのも人気の秘密かもしれません。
とくに、主人公のルフィーは麦わら帽子をかぶっていますから、その麦わら帽子と似たような赤いシャツ、ジーパンを短く切ったもの、そして目の下に傷を描けば完成です。
シャツのボタンをあけて、胸にも傷を描けば、誰が見てもルフィですね。
ルフィというのは、小さな子供がそのまま大人になったような人ですから、子供の仮装でもまったく違和感ないでしょう。
ほかにも麦わらの一味の男性たちは皆、非常に個性が強いですから、仮装は比較的簡単に出来ることと思います。
仲間内で分担してそれぞれの仮装をし、麦わらの一味としてハロウィンに参加するのもとても楽しいのではないでしょうか。
ルフィだけで参加するのも良いですが、両親や兄弟姉妹、もしくは一緒に仮装するお友達がいらっしゃるのなら、そちらのほうを強くおすすめします。
ハロウィンのパレードに参加しても、身内のパーティーでもどちらでも似合う仮装です。
ただ、ルフィや麦わらの一味の衣装を着ていても、ワンピースというアニメを見たことがないかたにとっては、なんの仮装なのかが分からないのが残念ですね。

男の子に人気の衣装(3)

男の子はいつの時代もヒーローが大好きです。
一昔前であれば、戦隊もののヒーローに憧れる子供も多かったのですが、最近は戦隊もののヒット作がないせいか、大人がハロウィンのときにする仮装となってしまったようです。
では、子供が仮装したがる最近のヒーローとは、いったいどなたなのでしょう。
つい先ごろ映画で世界を賑わせた「スター・ウォーズ」のキャラクターが今年は来そうですね。
と申しますのも、子供世代はスター・ウォーズの過去のエピソードを知らないわけですが、親世代や祖父母世代が知っていますので、子供にはスター・ウォーズのキャラクターの仮装をさせたいというのはあるでしょう。
あれほど世界中にファンを持っている映画もそう多くはありません。
しかも、スター・ウォーズの目立つ登場人物の多くは、仮装しやすい衣装や被り物を身に着けていますので、それほどお金もかからずに完成できると思います。
お金がかかりそうなキャラクターも確かにいますが。
それでいて、世間の注目度も高いので、今年のハロウィンでは一押しですね。
スター・ウォーズの最新作が公開される以前は、スパイダーマンやバットマンの仮装も人気が高かったです。
あの独特な衣装は、誰もがすぐにスパイダーマンとわかってくれますし、体型がスリムならカッコイイですよね。
ご自分で作るのが難しい衣装ですので購入することになるでしょうが、男の子はとにかくカッコイイ系のキャラクターになりたいものなので、購入してあげると喜びますよ。
また、少し前の映画ですが、こちらも話題になりました「パイレーツ・オブ・カリビアン」。
この映画の主人公「ジャック・スパロウ」の仮装も、子供、大人両方に人気が高いです。
ジャック・スパロウも海賊で、衣装やヘアスタイルがカッコイイですからね。
その年に話題になった映画やアニメなどからも、仮装の人気者が出てきますが、今年のハロウィンはどうなるのか楽しみですね。

男の子に人気の衣装(4)

ハロウィンが近くなりますと、小さな子供用としてディズニー系の仮装衣装も店頭に並び、よく売れています。
お母様が、ディズニーキャラクターのファンで、そういった衣装を子供に着せたいということなのでしょう。
中でも男の子用で人気が高いのが、ピーターパン、ミッキーマウス、ドナルドダック、アラジン、フック船長などですね。
ディズニー系の衣装は、思っているよりも簡単に作れると思いますので、洋裁が苦手というかたでなければ、チャレンジしてみてはいかがでしょう。
ミッキーマウスなどは、耳を着けるだけでも、その雰囲気が出来上がってしまいますから、とてもラクに仮装することができますね。
とくに奇を衒うでもなく、普通に動物系の仮装でも可愛らしいのではないでしょうか。
また、アニメ系では、ワンピースのほかに「ドラゴンボール」の仮装もとても人気がありますし、先ごろ世界を賑わせた「ポケモン」の仮装も、今年のハロウィンでは流行りそうです。
小さな男の子供さんは、ポケモン世代ではないでしょうが、衣装がとても可愛らしく似合いそうです。
他には、幅広い世代に人気のゲームキャラ「スーパーマリオ」や、「仮面ライダー」シリーズの衣装も売れ筋ですので、人気があるようですね。
少し難しい仮装と思われるかもしれませんが、ハリーポッターの衣装も販売されています。
その衣装を身に着けて、よく似たメガネをかければ、だいたいハリーポッターに見えますよ。
男の子供さんはある程度成長しますと、お母様のおすすめ衣装が気に入らなくなると思いますので、まだ、自分の好みが無い小さな時期に可愛らしい衣装を着せてあげると良いと思います。

女の子に人気の衣装(1)

女の子の仮装衣装は、男の子に比べても種類が豊富なのではないかと思います。
世の中に溢れているアニメや映画などを拝見していましても、ヒーローよりはヒロインのほうが圧倒的に多いですし、女性のほうが仮装していても見映えしますよね。
それは、大人だけでなく子供でも同じです。
ですから、女の子供さんの仮装には、それほど困ることはないと思います。
いえ、数多いヒロインやキャラクターの中から何に仮装しようかと迷ってなかなか決められないのは、唯一困ったことかもしれません。
しかし、多くの女の子は、ごく小さなうちから自分の好みがハッキリしています。
いつの時代でも、ほとんどの子供が「お姫様」のような格好をしたいと思っているものです。
また、アニメなどに影響されて、あんな衣装を着てみたいというのがハッキリしています。
それを考慮しながら、選んであげると良いですね。
ですが、ハロウィンというイベントでもありますし、女の子の仮装として一番人気なのは「魔女」です。
男の子は「ドラキュラ」が一番でしたが、ドラキュラは男の子のほうが格好がつくので、女の子は魔女という結果になっています。
子供用の衣装もいろいろと販売されていますし、魔女風のとんがり帽子と魔女が持っていそうな「ほうき」があれば、衣装は手作りでもなんとかなりそうですよ。
衣装の色としては、やはり黒をメインにすべきでしょうね。
しかし女の子ですから、魔女は魔女でも可愛らしい魔女にしてあげたいですね。
もちろん、ドラキュラが良いという女の子には、ドラキュラの可愛らしい衣装もあります。
ハロウィンを楽しく過ごすためには、着てみたい仮装をするのが一番です。

女の子に人気の衣装(2)

男の子でも女の子でも、ハロウィンの子供用仮装衣装は、「ディズニー」が良く売れているようです。
ディズニー映画は女性のヒロインが非常に多いですし、しかも世界中で大ヒットしますから、どなたがご覧になっても何の仮装をしているのかすぐに分かりますよね。
毎年のように、新作映画が公開されますから、旬の仮装でも良いでしょうし、古くから有名なストーリーのお姫様でも良いでしょう。
お姫様のようなドレスを着ることができるチャンスでもありますから、子供さんのほうも大喜びでしょう。
さて、そのディズニーキャラクターの中でも、最近のハロウィンでよく見かけるのは「アナと雪の女王」のエルザ、「不思議の国のアリス」のアリスなどが多いですね。
また、定番とも言えそうな、白雪姫、シンデレラ、ティンカーベル、ミッキーマウスのお友達のミニー、美女と野獣等々、どなたでもご存じのヒロインが勢ぞろいです。
女の子供さんに似合いそうな可愛らしい仮装ばかりですね。
洋裁が得意なお母様でないと、これらの衣装を自分で作るのはちょっと難しいのではないかと思います。
普段、身に着ける衣装ではないので、見よう見真似で作れるかたはそれでも問題ないと思いますが。
販売されている衣装は、子供用とはいえ、きちんと裁断して縫製して作られていますので、サイズさえあえば翌年のハロウィンでも着られると思いますし、妹さんがいらっしゃればおさがりにも利用できます。
子供のほうの意見としては、毎年違う仮装をしたいでしょうから、翌年も同じというのは有り得ないかもしれません。

女の子に人気の衣装(3)

女の子もやはり、人気のアニメや映画のキャラクターに変身してみたいと思う子供が多いようです。
小さなころには、アニメのキャラクターや映画の主人公は憧れの存在ですから当然であるとも言えましょう。
そんな憧れの存在に変身できるハロウィンは、子供にとっても大人にとっても大変、待ち遠しい日となりました。
女の子が仮装してみたいアニメや映画の主人公とは、どなたなのでしょう。
圧倒的に人気のディズニー以外では、「魔女の宅急便」のキキの衣装がとても人気が高いですね。
たしかに、頭に着ける真っ赤なリボンが非常に可愛らしいので、小さなお子様から、中学生くらいまでの年齢まで、とてもよく似合いそうです。
同じ魔法系で「魔法少女まどか☆マギカ」というアニメも人気がありますので、そちらの衣装も女の子には人気があります。
小さな女の子にもとても似合って可愛いですね。
1990年代に女の子に絶大な人気を誇りました「セーラームーン」の衣装も未だによく売れているようです。
セーラームーンは、セーラー服風の衣装を着た可愛らしい女の子でありながらも戦士であるというカッコ良さも兼ね備えていたのが、大きな魅力だったのでしょう。
個性的なセーラー服ですから、それとヘアスタイルを真似するだけでも、大概のかたはセーラームーンとわかってくれるでしょうね。
洋裁が得意なかたでないとこの衣装を作るのは難しいと思います。
今年のハロウィンには、親子でセーラームーンの仮装をするのも楽しいかもしれませんよ。

女の子に人気の衣装(4)

子供は漫画が大好きですし、漫画がアニメ化され、さらにそのアニメが映画化された映画も大好きですよね。
それにアニメはゲームになることもありますから、漫画、アニメ、映画、ゲームとそれらの中からたくさんの好きなキャラクターが出てくるのは必然とも言えましょう。
もちろん、漫画単独、アニメ単独、映画単独、ゲーム単独であっても仮装してみたい憧れのヒロインはいるものです。
今年、期待されるハリウッド映画「スーサイド・スクワッド」のヒロインの仮装が、今年のハロウィンでは流行りそうですが、年齢的に申しますと、子供というよりは若者の年齢になるでしょうか。
しかし子供でも、カッコカワイイ女性に憧れる女の子なら、着てみたいと思わせるような衣装です。
CMを見ていても子供は憧れのキャラクターを見つけるようで、今流行りのケータイ会社のCMに出てきます「乙姫様」は女の子に大人気です。
こちらも今年のハロウィンでは、見かけるのではないかと思います。
まだ、自分の好みもハッキリしていないほど小さな女の子には、お母様が衣装を選んであげることになりますが、そういう場合は動物の着ぐるみや食べ物の着ぐるみだけでもとても可愛らしいですね。
兄弟姉妹で、ミッキーマウスとミニーちゃんの衣装などもとても可愛いですし、注目も集めそうです。
耳を付けるだけで、それらしくなりますので簡単で良いですね。
耳といえば、女の子にはバニーガールも可愛らしいです。
ディズニー関連の衣装でしたら、乳幼児用も多数、販売されていますので、いろいろ迷って決められない場合には、お店で実物の衣装を見て決めるのも良いと思います。

乳幼児向け衣装(1)

子供といっても、年齢の幅はかなりありますよね。
20歳で成人ということなので、0歳から19歳までが子供ということになるのでしょうが、「子供服」ということを考えた場合には、中学生くらいまでを子供と考えるのではないでしょうか。
だいたい、女の子ですと早くて3歳くらいから、自分が着る洋服の好き嫌いが出てくる子供がいます。
男の子はもう少し遅めなのが普通ですね。
両者ともに、2歳までは洋服の好みはとくにないようですので、ハロウィンに仮装させるかどうかも、お母様の気持ち次第ということになるでしょう。
仮装させることになれば、衣装もお母様の好みで選ぶことになりますが、どのような衣装をお考えですか。
よくあるのは、ご自身の仮装とお揃いの仮装を子供にさせるというケースですね。
お母様の自己満足でもあると思いますが、親子のペアルックはとても可愛らしいので、けっこう人気があります。
また、お母様は仮装には興味がなく、子供だけ仮装させるケースというのもありますよね。
そのような場合には、やはりハロウィンらしさを出した衣装が良いと思います。
たとえば、ジャック・オー・ランタンの着ぐるみや、コウモリの着ぐるみなどは、乳幼児ならではの可愛さが引き立ちます。
ドラキュラや、魔女用の小さな衣装も、ちゃんと販売されていますし、ベビー服にちょっと手を加えるだけでも、それっぽくなりますので、可愛らしい仮装の衣装を着せてあげてくださいね。
さらに、乳幼児ですと、小道具もちゃんと持っていられないでしょうが、帽子くらいならおとなしく被っていてくれると思います。
そのような小物を活用して、ハロウィンっぽい仮装を楽しめると良いですね。

乳幼児向け衣装(2)

乳幼児でも、アニメなどをいつも見ていますと、好きなキャラクターが出来てきます。
だいたい、よく目にして、印象に残りやすいキャラクターを好きになりますので、もし、そのようなキャラクターがいるようでしたら、ぜひともその仮装をさせてあげてください。
とても小さな子供たちは、多少、不恰好な衣装であっても文句を言ったりしませんので、お母様の手作りでも充分だと思います
どうしても手作りでは面倒なものは、購入してあげてください。
乳幼児用の衣装も、かなりの種類が販売されています。
もちろん、それだけの需要があるからなのです。
小さな子供がよくテレビなどで見る大好きなキャラクターは、男の子ならば「アンパンマン」、「どらえもん」、「くまのぷーさん」、「トイストーリー」、「シュレック」、「ファインディング・ニモ」、「ファインディング・ドリー」、「モンスターズ・インク」、「ハリーポッター」、「スーパーマン」、「バッドマン」、「スパイダーマン」、「スター・ウォーズ」、「スーパーマリオブラザーズ」等々。
女の子なら「セーラームーン」、「キティちゃん」、「シンデレラ」、「リトルマーメイド」、「白雪姫」、「不思議の国のアリス」、「ラプンツェル」、「赤ずきん」、「アナと雪の女王」等々。
小さな子供も、少し成長した子供も、仮装したいキャラクターは、あまり変わりませんね。
また、乳幼児の仮装であっても、せっかくのハロウィンですから、「ドラキュラ」や「デビル」、「ミイラ男」、「ゾンビ」、「フランケンシュタイン」等々の衣装を着せられている場合もあります。
笑いを誘ってなかなか楽しいものですよ。
動物や、青虫やミノムシ、てんとう虫、蜘蛛などの虫系の仮装も、意外と多いです。
ハロウィンの仮装ですから、年齢を問わずなんでもありと思って良いと思います。

小物を利用する

毎年、ハロウィンが近づきますと、仮装のための衣装が良く売れはじめますが、それと同時に小物もよく売れ始めます。
やはり仮装を完璧にするには、小物までしっかりと利用したいということでしょう。
小物と申しますのは、たとえば魔女の仮装をするときには、衣装だけでなく、いかにも魔女風のとんがり帽子や、ほうきといった小物類を身に着けることにより、一層魔女っぽさが増しますよね。
そのような意味の小物です。
小道具と言っても良いでしょう。
実際、魔女の仮装をするには魔女っぽい衣装を着るわけですが、あのとんがり帽子とほうきがなければ、魔女かどうか見てすぐにわかるかたは少ないと思います。
小物が非常に大きな役割を果たしているということになります。
それが、帽子でなくてウイッグの場合もあるでしょう。
ヘアスタイルや、カラーによっても印象は大きくかわりますから、本気の仮装には小物類も必須アイテムです。
ただ、子供の仮装の場合には、帽子やウイッグならまだ良いでしょうが、ずっと手に持っていなければならない小物などは、たぶんすぐに飽きてしまって手放すことになるでしょう。
ハロウィンのパレードに参加するのでない限りは、それも仕方ありません。
持っているところを写真に撮っておけば大丈夫でしょう。
ウイッグは難しいですが、それ以外の小物類は、衣装に比べても作るのが簡単ですから、あまりお金をかけたくないかたは手作りしてみてください。
きれいに作ろうとしなくても、パッと見でそれに見えれば良いのですから。
家族何人かで毎年違う仮装をするとなると、経済的にもずいぶんかかります。
子供の分だけでも、手作りできるものは手作りしましょう。

仮装の衣装を手作りする(1)

洋裁がそれほど得意ではなくとも、針に糸を通して縫うことができ、ミシンも少しばかり使えるのでしたら、子供の衣装くらいは作ることが出来ますよ。
ハロウィンの日に1日だけ着るくらいであれば、しっかりとした縫製ができなくとも大丈夫です。
着ている最中に、次々とほつれてくるようでは駄目ですが、普通に雑巾などが縫える程度の技術でも作ることができます。
販売されている衣装も、とても可愛らしいのですが、お金がかかることや、他の人とかぶってしまうことも避けられません。
安上がりで可愛く、そしてオリジナリティーを出すには手作りしかありません。
とても簡単な衣装の作り方をご紹介いたしましょう。
では、男の子に一番人気のドラキュラになれる「ドラキュラのマント」はいかがですか。
マントがあるだけで、グンとドラキュラに近づきます。
女の子が魔女や女吸血鬼に仮装する場合にも、マントは必須ですよね。
まず生地選びですが、ドラキュラっぽさを出すには、普通の木綿の生地よりも光沢があるサテンをおすすめいたします。
色もちろん黒ですが、凝りたいかたは裏地をワインレッドなどにすると、さらに雰囲気が出ます。
では作り方の説明です。
1、最初に生地の周り(四方)がほつれてこないよう、3つ折りくらいにしてミシンで縫います。
2、首回りにひもやリボンを通して身に着けるようにするため、リボンを通す部分を作ります。
3、四方のうちの1辺の端を、7?8cmくらいのところで、中表に折り曲げ、縫いやすい用にマチ針で固定します。
4、折った端から1cmくらい内側をミシンで縫い、もう1か所、その部分から2cmくらい上のところも縫いますと、そこがヒモ通しになります。
5、ヒモかリボンを通して、子供の首周りにあわせてリボン結びにしてみてください。
エリにあたる部分は、立てておきます。
いかがですか。
とても簡単にドラキュラのマントができましたが、ハロウィンで是非使ってみてください。

仮装の衣装を手作りする(2)

ドラキュラのマントは、ハロウィンでのいろいろな仮装に使えると思います。
男の子だけでなく女の子に一番人気の「魔女」にも使えますので、子供が女の子であったなら、魔女の衣装のほうを手作りしてみましょう。
子供の魔女ですから、あまりおどろおどろしい衣装ではなく、可愛らしい魔女が良いですね。
たとえば、お姫様などの仮装でも使える「チュチュ」をひとつ手作りしてみませんか。
生地はオーガンジーかチュールを用意し、ウエスト周りで使用する幅が広めのゴムも必要です。
魔女で使用する場合には、黒が理想的ですが、紫や赤でもコーディネート次第で充分、魔女っぽくなります。
女の子が好きなピンクでも良いと思います。
また、色をミックスしても素敵です。
子供自身でも作ることが可能なくらい、とても簡単な作り方をご説明いたします。
本格的に作れる方は本格的に作ってくださいね。
1、前準備として、オーガンジーかチュールを2?3cmくらいの幅に細かく切っておき、ゴムは子供のウエストサイズで、きつくない程度にしっかりと結んでおきます。
2、2?3センチ幅に切った生地を二つ折りにして、見た目が逆V字型になるように手で持ってください。
3、輪になったゴムの一部(どこでもかまいません)に、逆V字のちょうど折れ曲がっている先端部分を重ね合わせ、逆V字の下の方のひらひらした2本の部分を先端の△の部分に通して、ゴムにしっかりと結びつけます。
4、それを、ゴム1周分、切ったすべての生地で行うだけでボリュームのあるチュチュの出来上がりです。
お好きなボリュームにするために、生地を増やしたり、減らしたりしてください。
生地の長さによって、短いチュチュでも長いチュチュでも簡単に作ることができますね。
チュチュが1枚あるだけで、仮装の衣装がグンとそれっぽくなったり、可愛らしくなったりしますので重宝しますよ。
女の子も大喜びすると思います。
ハロウィンの衣装を、なるべくお手軽に作りたいというかたにおすすめです。

楽しいハロウィンをお過ごしください

年々、ハロウィンのイベントは盛大になり、パレードの参加人数も増えています。
渋谷で行われるパレードは、比較的若いかたがたが中心ですから、小さな子供さんと参加する場合には押しつぶされないように注意が必要です。
子供から目を離さないようにしてください。
また、渋谷でなくとも、日本全国、地域での小さなパレードやイベントが増えているようです。
そのような地域のイベントであれば、小さな子供連れであってももっと気楽に参加できるのではないでしょうか。
親しいもの同士が集まって、ホームパーティーのような形でハロウィンを楽しむかたも多いです。
それでしたら、子供が迷子になったり、押しつぶされたりの心配もなく楽しめますよね。
ただ、せっかくの衣装を、もっと多くの人に見てもらいたいと思うお母様やお父様もいらっしゃることと思います。
また、少し成長した子供さんであれば、自分の衣装をお友達や、多くの人に見てもらいたいという気持ちが芽生えていても、おかしくないでしょう。
そういたしますと、パレードに参加したがる子供さんも出てきますよね。
その場合には、もし、ご両親が仮装に興味がなかったとしても、子供さんと一緒に参加してあげましょう。
大勢が集まる場所ですから、子供になにかあっては大変ですからね。
衣装の用意をするのも楽しいので、面倒くさがらずに子供目線で一緒に遊んでみてください。
子供さんが小さすぎてイベントに参加できない場合などには、家で簡単な仮装をして、ハロウィン風の飾りつけをし、ジャック・オー・ランタンなどを作って楽しむのも良いですよ。
くりぬいた中身で、かぼちゃのケーキやお惣菜を作ってみたりと、工夫次第でいくらでも楽しむことが出来ます。
今年のハロウィンは、ご家族やお友達同士で楽しい時間をお過ごしください。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ