ネットで動画で夏休み

この記事は14分で読めます

ビデオオンデマンドとは

ビデオオンデマンドの仕組みを紹介しましょう。
すでにビデオオンデマンドを利用している人も少なくないでしょう。
簡単に言えば、自分が観たいビデオコンテンツを好きな時に観ることができるネットサービスです。
通常のテレビ放送では番組表があり、決められた時間に観る必要があります。
これに対してビデオオンデマンドは希望の時間に観ることができるのです。
もちろん、この仕組みを作るためにはコンテンツを配信するための設備と機能が必要になります。
データを送り出すサーバーや通信回線は多くのユーザーに対応しなければなりませんから、通常のインターネットよりも高機能でなければなりません。
利用者側から見れば、好きな時間にレンタルビデオをネットで借りることができるサービスとなります。
その利便性は非常に高いでしょう。
ビデオオンデマンドを利用したいと考えている人は映画などを観たいと思っています。
夜遅く帰ってきてからのんびりと好きなビデオを観るための時間を確保したいと思うのです。
このためなら、一定額の費用を払うことは何の苦にもならないでしょう。
後はどこのサービスを選ぶかが重要になります。
サービス内容は同じだとしても、応答速度や選べる映画に違いがあります。
また、初めの数週間は無料サービスを提供している会社がほとんどです。
まずは試してみることをおすすめします。
自宅に準備するのはパソコンとインターネット回線だけですから、一般の家庭であればいつでもサービスを受けることができるのです。

スポンサードリンク

ビデオオンデマンドの特徴

ビデオオンデマンドの特徴とはいつでも自分が好きな時に番組を見ることができる点です。
通常の放送と違って巻き戻したり早送りしたりするのも自由です。
自分の家のテレビで録画番組を見ているのと全く同じ動作ができるのです。
これを実現するためには様々な技術が必要になります。
これまでビデオオンデマンドサービスが提供されてこなかった理由は技術的な背景が強いのです。
ただ、技術の進歩によって少しずつ障害がなくなってきました。
多くのユーザーに同時に別々のビデオを提供することができるようになってきたのです。
もちろん、インターネット回線では大きな負荷となりますから、常に最適な速度を維持できるわけではありません。
その影響を緩和しユーザーに不快感を与えないようにする仕組みも作られています。
人の目は残像を見ることができ、早すぎる映像にはついていけないのです。
そのことを逆に利用して、あたかもフルスピードで再生しているように見せることができるのです。
これからも技術は進歩していきます。
ビデオオンデマンドがどこの家庭でも普通に観ることができる時代はそう遠くありません。
ビデオオンデマンドサービスを提供している会社はたくさんあります。
また、それぞれのサービスは少しずつ違っています。
どこを選ぶか迷ってしまうことでしょう。
映画会社がビデオオンデマンドサービスを提供するケースが少なくありません。
それはユーザーが求めている映像をよくわかっているからかもしれません。

ビデオオンデマンドの仕組み

ビデオオンデマンドはサーバーに保存したビデオデータをユーザーの要求に応じて任意の時間に再生するサービスです。
高画質で途切れのない映像を提供するためには高機能な環境が必要です。
有料で提供されているサービスではその品質が重要視されますが、一般人が撮ったビデオを再生するだけなら画質も応答速度も適当でかまいません。
そのため、多くのサイトでビデオオンデマンドの機能が提供されています。
ただ、基本となる仕組みは変わりません。
また、提供される映像も一般の映画館で上映されている作品は有償で提供されます。
そのための費用も毎月の会費に含まれていると考えていいでしょう。
パソコンの場合、再生するためのソフトウェアはいろいろな種類が提供されていますが、すべて無料です。
自分のパソコンに合わせて準備するだけでいいのです。
ビデオオンデマンドで使用されているビデオのデータフォーマットをいくつか紹介しましょう。
まずはWindowsMediaです。
これはWindowsパソコンには最初から準備されている場合がほとんどです。
無意識のうちに使っている人も少なくないでしょう。
それからRealMediaです。
世界的な人気ではWindowsよりも優っていると言われています。
それからMacで使用されているQuickTime、ネット配信専用のFlashVideoがあります。
どれを使うかは現実的には問題になりません。
高画質ビデオの必要性がないからです。
また、再生のためにはパソコンの能力も重要となります。
ビデオオンデマンドを存分に楽しみたいなら、それなりの準備が必要です。

ビデオオンデマンドとインターネット

ビデオオンデマンドはインターネット技術と密接な関係があります。
現代はほとんどの家庭にインターネット回線が届いているのですが、ビデオオンデマンドのデータはその回線を利用しているからです。
もちろん、インターネット回線にはいくつかの種類があり、データ伝送速度が違います。
そのため、そこで提供されるビデオオンデマンドの品質はインターネット回線に大きく左右されるのです。
画像の解像度を下げたり、再生速度を遅くしたりすることによって回線に合わせたビデオ再生ができるようになっています。
もちろん、一般のユーザーが自分で撮った映像を流すにはそれで十分でしょうが、有料サービスとして提供されている場合には品質確保が重要な課題となります。
いかにして、一定速度で高画質の映像を提供するかが課題となるのです。
インターネット技術は日々進歩しており、数年前と比べると品質は格段に向上しています。
今後の技術革新についても、すでに計画されている部分もあります。
単独のメーカーだけで提供できるサービスではありませんから、多くの企業が技術を競い合っています。
一般ユーザーが利用するビデオオンデマンドは提供される番組やサービスの内容を比較するだけではなく。品質についてもチェックする必要があります。
ただ、高画質の映像を再生するためにはそれに対応したテレビやパソコンを準備する必要があります。
ビデオオンデマンドの普及により、自宅が映画館になる時代となったのです。

ビデオオンデマンドの魅力

ビデオオンデマンドをすでに楽しんでいる人はたくさんいるでしょう。
それだけ魅力的なサービスなのです。
その魅力について考えてみましょう。
一般のテレビ放送と比較することでわかってくることがあります。
まず、ビデオオンデマンドは自分が好きな時に好きな場所で観ることができる点です。
最近のテレビ録画装置も録画した番組をインターネットに接続されたスマホで観ることができるようになってきました。
これは明らかにビデオオンデマンドに対抗しようと考えられています。
自由な時間に自分が観たい番組を観ることができるのは大きな魅力なのです。
毎日、新聞の番組欄を眺めて、自分が観たい番組をチェックする人はだんだんと減少していくのでしょうか。
もちろん、リアルタイムに放送されている番組は別の役割があります。
情報源としての役割です。
例えば地震や大きな事件の報道です。
これはビデオオンデマンドに求めるべきサービスではありません。
ビデオオンデマンドはあらかじめ蓄えているコンテンツを再生することが基本だからです。
つまり、ビデオオンデマンドサービスがどんどん普及したとしても、テレビはなくなりません。
それぞれのコンテンツの特徴とメリットを活かしていくことが重要です。
また、利用者もそれを理解すれば、さらに楽しむことができるのです。
テレビと同じような番組をビデオオンデマンドサービスで観ることにほとんど意味はありません。
利用者も賢くなることが求められているのでしょう。

ビデオオンデマンドの利用

これからビデオオンデマンドの時代と言われていますが、どのようにして利用すればいいのでしょうか。
利用契約をするための具体的な手続きについて説明しましょう。
もちろん、すでにビデオオンデマンドを利用している人も多いことでしょう。
インターネットのサイトに張り付けられたビデオ映像は小規模のビデオオンデマンドと言えるからです。
ただ、一般的にビデオオンデマンドと言う場合には有料サービスのことを指しています。
TUTAYATVやHulu、WOWOWなどです。
これまでCATVや衛星放送を行ってきた会社もビデオオンデマンドに移行しつつあります。
つまり、提供されるサービスを選べる時代となったのです。
サービスを受けるためには毎月の使用料を払わなければなりません。
当然サービス内容によって金額は異なりますが、見たい番組を提供しているサービスを選ぶことが重要です。
申し込みは簡単です。
インターネットでユーザー登録をすればいいだけです。
もちろん、支払いはクレジットカードです。
メールアドレスとカード番号さえあれば申し込みは完了するのです。
ビデオオンデマンドの特徴はインターネットを利用している点です。
つまり、インターネットにアクセスできる環境であれば、どこでも好きな時にビデオを見ることができます。
また、最近の若者はスマホを持っています。
スマホでビデオを楽しんでいる人も少なくないのです。
もちろん、自宅の大画面で迫力ある映画を見ることもできます。
一つの契約で複数の端末で再生できるサービスが当たり前となっています。

ビデオオンデマンドのメリット

今インターネットを活用した技術で一番ホットな技術はビデオオンデマンドでしょうか。
すでにビデオオンデマンドの有料サービスを利用している人もいるでしょうし、サイトに張り付けられたビデオを特に意識せずに、そのまま利用している人もいるはずです。
ビデオオンデマンドで使われている技術は一般のテレビ放送と違います。
内容は同じだとしても、ユーザーが自分の好きなタイミングで再生できる点が大きな違いなのです。
ビデオオンデマンドのメリットはその一点に尽きるでしょう。
つまり、世界中の人が自分の好きなタイミングでデータを取り込み再生するのです。
このための基本的な技術はすでに確立していますが、実現するためには多くの課題があります。
そのため、有料サービスではいろいろな対策を講じています。
実際にたくさんの人がインターネットにアクセスすると、回線速度は極端に低下します。
ビデオ映像が途切れ途切れ状態となるのです。
有料サービスとして提供している以上、その事態は避けなければなりません。
会員数に応じて、利用できるインターネット回線を増強することになります。
また、データ転送の仕組みを高度化して、無駄のないデータ通信を行うことになります。
私たち利用者はインターネット上で行われているこれらの通信を意識することなく、ビデオを楽しむことができるのです。
インターネットはこれからも進化していきます。
したがって、回線速度も向上していくのです。
今は単純なビデオ映像の提供にすぎませんが、将来はさらにインタラクティブな仕組みも提供されることになるでしょう。

ビデオオンデマンドの費用

ビデオオンデマンドサービスは利用価値が高いと考えている人はすでに利用しているかもしれません。
これからビデオオンデマンドを利用しようとするなら、どれくらいの費用が掛かるか気になるところでしょう。
もちろん、サービスを提供する会社やその内容によって費用は異なります。
比較サイトなどもありますから、じっくりと確認することをおすすめします。
いくつか例を紹介しましょう。
一番低価格と言われているのがHuluです。
月額933円です。
これで好きな映画がいつでもどこでも見ることができます。
もちろん、端末の解像度に合わせて画像の質は変化します。
遅い回線を使っている場合は解像度も自動的に低下する仕組みです。
毎日は観ないけれど修一程度で観ると思うなら毎月933円払う価値があるでしょう。
それからU-NEXTは約1,000円です。
Huluとほとんど変わりません。
どちらを選ぶかは難しいところです。
ただ、注意しなければならないのはすべての番組が提供されているわけではないことです。
世界中の番組を観ることができるわけではないのです。
これは配給するためにはライセンス料が発生しますから当然と言えるでしょう。
支払う費用が高ければ、それだけ内容も充実するということです。
国内のサービス会社もたくさんあります。
NHKのビデオオンデマンドは過去の番組を観ることができますから、内容的にはかなり充実していると言えるでしょう。
どのような番組を観るかは好みが分かれるところです。
まずはどのような番組が提供されているかを確認しましょう。

ビデオオンデマンドの比較

ビデオオンデマンドサービスの比較してみましょう。
インターネットで検索してみるとたくさんのビデオオンデマンド業者がいることがわかります。
基本的な仕組みはほとんど変わりません。
比較サイトで何をチェックすればいいのでしょうか。
そのポイントについて説明しましょう。
まずは料金です。
これは安いほうがいいに決まっていますが、提供されている番組内容によって料金が異なる場合もありますから、金額だけを確認するのではなく、その内容をチェックしてください。
それから再生できるメディアの種類です。
スマホやパソコンで再生できるのは当然として、自宅のテレビやタブレットなどメディアを選ばないシステムがおすすめです。
そして、支払い方法です。
ビデオオンデマンドの中にはスマホユーザーをターゲットとしたサービスもあります。
この場合の支払いはスマホ料金と合わせて徴収されることになります。
現代の若者はテレビを観ている時間よりもスマホを握っている時間の方が長いのです。
スマホだけに限定しても十分な利益を上げられると考えられるのです。
大画面で観たい人には提供する番組もしっかりと揃えておかなければなりません。
要するに、どのようなユーザーをターゲットにするかで選ぶべきサービスが変わるのです。
インターネットの比較サイトのコメントを鵜呑みにするのではなく、自分がどのような利用方法をするつもりかを考えてください。
その中でできるだけ安価なサービスを探しましょう。
無料で視聴できる期間を比較している場合もありますが、これは一時的な特典ですから継続利用を考えている人には意味がありません。

ビデオオンデマンドサービス

ほとんどのビデオオンデマンドサービスでは初回登録時が無料ですが、その後は定額料金を払わなければなりません。
多くの人が無料という言葉に釣られて、ビデオオンデマンドを申し込んでしまうのです。
毎日映画などを観るつもりなら十分元は取れますが、時々見る程度であれば、メリットは微妙なところです。
ただ、現代のビデオオンデマンドサービスは内容が充実していますから、加入しておいて損はないかもしれません。
その仕組みを知る必要もありません。
スマホやパソコンなどインターネットに接続された機器なら問題なく視聴することができるはずです。
ただ、すべての機器で同じレベルのサービスが提供されているわけではありません。
つまり、小さな画面のスマホならスマホに適した画像を送り出してくれるのです。
インターネットの回線速度がどれだけ速くても、たくさんの人がビデオオンデマンドサービスを利用すると、一人当たりの速度は限界に達してしまいます。
有料サービスだけはなく、無料の動画サイトもたくさんあります。
もちろん、無料の場合は品質の保証はありません。
好きな時に好きな映像を観るためには、一人ずつに高速でテータを送る必要があるのです。
インターネットの回線速度は年々速くなっています。
その効果としてビデオオンデマンドサービスがたくさんの企業で提供されるようになってきたのです。
具体的なサービスの内容は会社毎に違いますし、同じ会社でも複数のサービスを提供している場合もあります。

注目のビデオオンデマンド

近年ビデオオンデマンドが注目されるようになってきた背景について考えてみましょう。
まず、技術の進歩によってインターネットの回線速度が向上し、ビデオオンデマンドを有料サービスとして提供できる環境が整ったことが挙げられます。
回線速度が確保できなければ、高品質のビデオオンデマンドを提供することができません。
無料ならまだいいのですが、有料サービスの場合の品質は重要なポイントです。
そのため、これまでサービスとして普及していなかったのです。
それから、もう一つの大きな変化はスマホの普及です。
若い世代ならスマホを持たない人はいないと言って間違いないでしょう。
つまり、若い世代を対象としたビデオオンデマンドサービスなら需要は高いと言えるのです。
ビデオオンデマンドで提供される映像は配給する会社によって決めることができます。
どの世代のユーザーをターゲットにするかによって、映像のジャンルを絞り込むことが可能になるのです。
ただ、インターネットで検索してヒットするビデオオンデマンドサービスの多くは、いろいろな番組を観ることができますと表現されていることが多いですから注意しなければなりません。
本当に自分が観たい映画が入っているかをチェックしてみましょう。
料金体系ばかりを比較しているサイトもありますが、それでは実際に利用する時に後悔することになるかもしれません。
無料視聴期間がありますから、そこで判断するのも一つの手でしょう。

ビデオオンデマンドのランキング

インターネットで今一番ホットなビデオオンデマンドのランキングを見てみましょう。
たくさんの企業がサービスを提供していますから、どこを選べばいいか迷ってしまいます。
費用的にも極端な差はありませんから、どのような視点で比較するかが重要となります。
ランキングサイトの上位を紹介しましょう。
第1位はdTVです。
質、量ともに優れたビデオオンデマンドサービスと定評です。
月額料金を低く抑えて、希望する番組をレンタルするシステムになっています。
個別に費用を払うのですから、提供される番組の種類は豊富になります。
提供する本数は実に120,000本と言われています。
その次にランキングされているのはHuluです。
アメリカで誕生した会社ですが、定額制のビデオオンデマンドサービスを始めた会社としても知られています。
2008年のサービス開始から高い人気を誇っています。
海外のコンテンツが多いのはやむを得ないですが、日本のコンテンツもかなり充実してきています。
第3位はU-NEXTです。
定額料金は少し高いですが、1か月間無料サービスやポイントサービスが魅力です。
映像コンテンツだけではなく電子書籍なども提供されていますから、利用者は幅広いと言われています。
第4位はAmazonプライムです。
オンライン通販サイトとして有名なAmazonですから、その信頼度には安心できるでしょう。
まだ、サービスとしては始まったばかりであり、コンテンツ数は少なめですが次第に充実していくことは間違いありません。
さあ、あなたはどこを選びますか。

ビデオオンデマンドのWOWOW

WOWOWは多チャンネルテレビとして多くの人が利用してきたかもしれませんが、現代はビデオオンデマンドサービスの会社としてシェアを広げています。
具体的にどのようなサービスが提供されているのでしょうか。
やはり、WOWOWが得意とするコンテンツはスポーツでしょう。
これまでも世界中で行われているたくさんのスポーツをリアルタイムに提供してきました。
現在のビデオオンデマンドサービスではリアルタイムではなく自分が好きな時間に再生することができるのです。
WOWOWの会員なら一定のコンテンツまでは無料でサービスを受けられる仕組みになっています。
もちろん、たくさんの番組がありますから、どれを選ぶかは難しいところでしょう。
WOWOWで提供されているコンテンツは大きく分けるとライブとそれ以外です。
たくさんの映画は世界中のコンテンツが集められています。
ジャンルはスポーツ、アニメ、音楽、ステージ、ドラマ、映画、バラエティ、ドキュメンタリーとほとんどの映像を観ることができます。
つまり、WOWOWのメンバーになれば、観ることができないコンテンツはないと考えていいかもしれません。
過去にテレビで放送された番組もあります。
特徴的なのは日本のコンテンツが豊富に集められている点でしょうか。
映画というとどうしても洋画を思い浮かべる人が少なくありませんが、日本の映画やテレビ番組も人気が高いのです。
テレビ放送でユーザーの嗜好をよく知っているWOWOWだからこそ、集められるコンテンツなのでしょう。

ビデオオンデマンドのHulu

Huluはビデオオンデマンドサービスをアメリカで始めた会社です。
定額制を始めたのもHuluです。
アメリカで始まりましたから、コンテンツとしてはアメリカの番組や映画が多いのですが、日本でビデオオンデマンドサービスが始まってから、徐々にコンテンツは増加しています。
いずれは他の企業と同じレベルになることは間違いありません。
多くの企業がビデオオンデマンドを提供していますが、どこを選ぶかは非常に悩ましいところです。
定額料金でどこまで観ることができるかをチェックするとともに、映像品質の確認もしなければなりません。
ただ、その品質はインターネット回線の速度に影響されますから、自分が持っている環境をチェックすることも必要です。
勘違いしないようにしたいのは、それがビデオオンデマンドサービスの企業とは関係ないことです。
会員登録後2週間は無料でコンテンツを観ることができますから、まずは試してみることをおすすめします。
実際のサービスは利用してみなければわかりません。
また、ビデオを観るメディアも重要です。
スマホと大画面のテレビでは必要となるデータ量が大きく異なります。
きれいな画像はデータ量が多いのです。
あなたはどのような状態でビデオを観るでしょうか。
無料期間中に実際の使い方を試してみてください。
Huluではインターネットに接続されるすべてのメディアで再生することができます。
これが一番大きな特徴となっています。
これからも提供されるサービスは充実していくでしょう。

ビデオオンデマンドの疑問

一般の人がビデオオンデマンドを利用するようになってから、いろいろな疑問が出てきているようです。
パソコンのことやインターネットのことをよく知らない人がビデオオンデマンドを利用してみたいと考えるため、疑問となっているケースが少なくありません。
利用者のための質問コーナーなどに書かれている内容では理解できないため、インターネット上の口コミサイトなどで質問しているのです。
これまでのテレビであれば専用の受信機をつなぐだけですからトラブルはめったに起こりません。
しかし、インターネットを経由して送られてくるデータですから、トラブルの原因がどこにあるかを特定することは容易ではありません。
これまで観ていたビデオオンデマンドがある日突然見えなくなる話もよく聞きます。
サービス提供会社に問い合わせをしても、インターネットの問題でしょうと言う一言で片付けられてしまいます。
利用者に対する対応でビデオオンデマンドの企業を選択するというのも一つの考え方です。
料金が安いのだから、ある程度の不便は我慢してくださいというところもあるでしょう。
これからの時代はインターネットなしで生活することは考えられません。
ユーザーもそのことを意識して、仕組みについて知識を得ることを考えなければならないのかもしれません。
それによってゆっくりとビデオオンデマンドを楽しむことができます。
いろいろなメディアで再生することができますから、利用法は無限にあります。

ビデオオンデマンドの口コミ

インターネットの口コミサイトを読んでいると、いろいろとためになる情報があります。
ビデオオンデマンドに関する口コミからピックアップしてみましょう。
もちろん、ビデオオンデマンドを否定する口コミはありませんが、どこのサービスがいいかと言う点では実際に利用している人の声を聴くことが重要となります。
Huluについては格安の見放題でいろいろなメディアに対応していることが一番の売りです。
画質についても非常に安定しており、他のサービスと一線を画しています。
もちろん、いいことばかりではありません。
提供されているコンテンツがいつまでも充実しないとか、急に配信停止になるといったことがあるようです。
登録の初期は一定期間無料となるサービスを提供しているところがほとんどですが、1か月くらい視聴しても悪いところは気づかないのです。
1年くらい観ているとだんだんとわかってくるのでしょう。
ただ、1年続けたいと思うサービスならそれは十分利用価値が高いと判断していいでしょう。
口コミサイトは有益な情報も多いのですが、個人的な評価がほとんどですから、その内容は参考にすぎないと考えておかなければなりません。
つまり、他の人にとってはメリットが別の人にはデメリットになることもあるのです。
自分がどのような利用を考えているかをもう一度整理してみましょう。
意外と、ビデオオンデマンドを利用しなくてもいいと感じてしまうかもしれません。
ただ、現代の流れであるビデオオンデマンドがなくなることはありません。

ビデオオンデマンドの楽しみ方

ビデオオンデマンドの楽しみ方について考えてみましょう。
すでに利用している人なら、自分なりの楽しみ方をわかっていることでしょう。
これから利用するなら、ビデオオンデマンドに関する情報を収集して、どこのサービスを利用するか考えてください。
まず、通常のテレビ放送と違うのは、定額でいろいろな映像を楽しむことができることです。
ビデオオンデマンドを提供している会社によって、そのコンテンツは大きく異なります。
洋画を中心に観たいとか、邦画の方がいいとか、過去のドラマ、アニメ、子供向けを観たいといった希望があるはずです。
その希望にマッチしたコンテンツが充実しているかを確認するのです。
国内で始められたサービスなら日本の番組や映画を中心にしているでしょうが、アメリカからやってきた企業の場合は日本語に対応していなかったり邦画がほとんどなかったりする場合もあります。
契約をしてから気づいても遅いのです。
もちろん、最初の数週間は無料となっているサービスがほとんどですから、お試し期間で判断するという考えもあります。
ただ、悪いところは短期間では気づかないものです。
また、有料コンテンツを購入してもテレビのように自分のローカルに録画して保存できるわけではありません。
ビデオオンデマンドの仕組みを理解しておくことが必要です。
質問サイトなどでビデオオンデマンドに関する質問もたくさんありますが、その意味さえ理解していない人も少なくありません。

ビデオオンデマンドと映画

映画好きの人なら毎週のように映画館に通っているかもしれません。
しかし、現代はビデオオンデマンドで映画を楽しめる時代となりました。
大きな違いは自分が好きな時に好きな映画を観ることができる点です。
上映時間を気にする必要もなく、昔の映画でも最近の映画でも選べるのです。
それも、家でソファーに座って観ることもできますし、電車の中でスマホを使って観ることもできます。
ビデオオンデマンドの登場によって、映画を観る機会は確実に増えています。
もちろん、封切りしたばかりの映画は映画館でなければ観ることはできません。
また、映画館のあの雰囲気が好きだという人はビデオオンデマンドよりも映画館をおすすめします。
いずれにしても選択肢が増えたことだけは間違いありません。
ビデオオンデマンドサービスを提供している会社はたくさんありますが、それらの違いについて確認しておくことが重要です。
提供されている映画のコンテンツが違うのです。
豊富なコンテンツを誇っている会社であれば、選択肢は広がりますが、あまりコンテンツが充実していない会社もあるのです。
その辺りが毎月の使用料に反映されていると考えてください。
自分が好きな洋画、邦画などがそろっているかを確認するのです。
もちろん、サービスを提供する会社は随時コンテンツを増やしています。
ただ、無限に増やすことはできませんから、一定期間だけ視聴可能と言ったパターンになります。
こうなると映画館と同じになってしまいます。

ビデオオンデマンドとスカパー

スカパーは衛星放送によるオンデマンドサービスを提供しています。
この表現がビデオオンデマンドと勘違いしやすいのです。
つまり、ビデオオンデマンドとスカパーは別物です。
これを詳しく説明しましょう。
スカパーが提供しているサービスはテレビ放送です。
チャンネル数がたくさんありますから、自分が好きな番組を選ぶことができます。
すポーチを中心としたチャンネル、音楽、映画、バラエティなどたくさん選択肢があります。
ただ、あらかじめ番組表が作られており、ある時間に観ることができる番組は決定しているのです。
これに対してビデオオンデマンドは自分が好きな時に好きな映画を再生する技術です。
つまり、隣で同じ映画を観ているとしても、観ているシーンが違うのです。
これは高速インターネット回線を利用することによって可能となったサービスです。
ただ、これまでのスカパーのサービスを利用してきた人は現在でもたくさんいて、今もスカパーに新規加入しています。
スカパーのサービスは魅力的だからです。
特にスポーツ番組は世界中のサッカーやプロ野球、テニスなどが実況中継されています。
これを観たいならスカパーしか選択肢はありません。
ビデオオンデマンドを提供する会社の場合、コンテンツが限定されています。
スポーツ番組などはほとんどないと言えるでしょう。
利用者のニーズに合わせてスカパーはサービスを提供することができているため、現代でも多くの加入者を確保しているのです。

ビデオオンデマンドの大画面

高速になったインターネット回線を利用して提供されているビデオオンデマンドサービスですが、テレビが大画面になるとそれに合わせてデータ量も増加します。
多くの人が大画面でビデオオンデマンドを利用するとインターネット回線がひっ迫してしまうことになります。
それでは今のビデオオンデマンドは破たんするのでしょうか。
実はそうなりません。
その理由は大画面で観る人はあまり多くないからです。
もちろん、自宅でビデオオンデマンドを観る時は大画面かもしれませんが、多くの若い人はスマホでビデオを観ています。
待ち時間や電車の中で観ているのです。
ただ、最近のスマホも高画質になってきましたから、データ量は増加する傾向にあります。
ビデオオンデマンドの技術は回線スピードに合わせて画質を調整することができます。
つまり、低速になると画質を粗くしてタイミングを自動的に調整するのです。
その内部の仕組みを理解する必要はありませんが、いつでもどこでも高画質でビデオを見ることができるとは言えないのだと理解しておきましょう。
もちろん、画質よりもストーリーを重視している人はほとんど気にしていません。
どのような場所でも自分が観たい番組を楽しんでいるのです。
ビデオオンデマンド技術は今後も進化していきます。
5年後、10年後にはもっと高速回線が普及して、画質も向上していることは間違いありません。
電車の中、町の中はインターネットの電波が飛び交っているでしょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ