ドローンの基礎知識

この記事は14分で読めます

室内でも遊べる

最近の子供たちはどうしても室内での遊びが増えていますから、どんどん外へ出かけてもらいたいのですが、昔と比べると色々な分野の機械が進化していることから、ゲームなどの機器が発達しています。
このゲームが子供たちが外へ出なくなった原因の一つには間違いありませんが、このような機器が発達することは非常に大切で、ゲームが進化している分、その技術はさまざまな分野でも活躍していることになります。
このようなジャンルの進化は必ず必要なものですから、ゲームをすることがいけない事だとはいいませんが、一年中はいけませんね。
このような進化の中で、飛行物体の進化も進んでいます。
今話題のドローンを聞いたり見たことがありませんか?ドローンは広い外はもちろんの事、とても狭い室内でも操作することができるくらいの小さい機体があることはもちろん、その機体を操縦することが可能となる操縦性に優れた技術も発達しています。
特徴はその機体にあります。
飛行機かヘリコプターの二つが今までのメインとなって活躍してきましたが、ドローンが作られてからさらに幅が広がっています。
遊びに関してもそうです。
狭い室内でも、大人が夢中になるほどの操縦技術を楽しむことができるドローンで、思う存分遊んでみましょう。
広い外で思いっきり飛ばすのも楽しいですが、雨の日など外に出れない日でも、自宅の室内で飛ばせる小さい機体のドローンを持っていると、操縦の練習にもなりますし、とにかく楽しいこと間違いありません。

スポンサードリンク

ドローンとは

男性なら子供から大人まで夢中になれるものにラジコンがありますが、これは子供のころから男の子を中心として人気がある遊びですが、これがここ最近ではものすごい進化を遂げています。
車のラジコンが主流の中、ヘリコプターのラジコンも人気がでていました。
 このヘリコプターに似たラジコンでドローンを聞いたことはありますか?このドローンは操縦性に優れ誰でも簡単に操縦することが可能です。
ドローンとは、ミツバチのオスを意味しています。
この意味にも負けない動きを再現しています。
ドローンには、ヘリコプターと違い複数のプロペラがついています。
その複数のプロペラを自由自在に操り、今までではありえない動きを再現することができます。
そのプロペラの数から安定した飛行が可能となり、プロペラの数を上手く使うことで、今まででは再現することができなかった小さな動きや、微妙な操作ができるドローンはとても素晴らしく、UFOの様な動きにも見えてしまうほどです。
この奇妙な動き方は色々な分野で活躍することとなりました。
今まででは撮影が不可能だった場所での動画撮影や、よりリアルな動画撮影ができる機械として、すでに活躍していますし、今後も必要とされることでしょう。
人命救助や監視システムなどに今後必ず必要とされてくるドローンからは目が離せませんし、活躍することは間違いありません。
遊びから本格的な使い方までできるドローンには、今後楽しませてもらえそうですね。

どこで買うのか

人気のドローンは一般人でも買うことはできるのでしょうか。
どこで買うことができるのかなども紹介していきます。
まず簡単に購入できる場所に売られているドローンは、誰でも使うことができます。
どこの売っているのかということですが、使いやすく買いやすい金額のものはおもちゃ屋さんにもあります。
子供でも使えるレベルの商品となっていますから、ご家庭の皆さんで楽しむことができます。
さすがにおもちゃ屋さんにおいてあるドローンは、結局おもちゃですが本格的なドローン顔負けの機能を搭載しているものもあります。
おもちゃ屋さんでも安いドローンから高額なドローンもあります。
少しレベルアップすると、電気屋さんやおもちゃの専門店には、大型なドローンもあります。
前文で紹介したおもちゃ屋さんはあくまでショッピングセンター内の様なおもちゃ屋さんです。
今回はおもちゃ専門店となりと、取り扱うレベルが高くなります。
専門店には、超本格的なドローンもあります。
プロ顔負けの機能搭載品など購入することができます。
しかし,取り寄せとなる商品もありますから、カタログでの案内になることもあるでしょう。
また、大変便利な通販での購入が可能となっています。
この通販では本当にびっくりです。
3000円程度のドローンから100万円近いドローンまで紹介されています。
低価格なドローンなら気軽に通販でも購入する気になりますが、100万ともなると考えものですね。
高額ドローンは購入方法に迷いそうです。

ドローンの特徴

ドローン。
その機体の特徴とは、便利さと楽しさをすべて兼ねそろえた魅力につつまれています。
ドローンのもっとも良いところは、その価格にもあると思います。
安価なおもちゃとして使えるものから、高価な本格的撮影などに使うプロ使用のものまであるというところにあります。
プロ仕様の物を家庭で使う分けがありませんし、金額も高額なので、そんなドローンなら購入する家庭は無いでしょう。
しかし、1万円代で十分楽しめるドローンが発売されています。
大人な買い物での趣味としても楽しことができますし、子供へのプレゼントとしても活躍しそうです。
男の子や男性は一度は飛行物体を操縦してみたいと夢を描いたことがあるのではないでしょうか。
その夢が実現できるチャンスなのです。
いままでは飛行機のラジコンやヘリコプターなのがありましたが、これらはどうしても操縦が素人には難しいという難点がありました。
この難点を克服したドローンは、そのプロペラの数から運動性能を上げているのです。
細かい動きから、安定感までプロペラの数は非常に大きな役割をになっています。
この運動性能の進化は、本当にすごく見たことのないような動きをしますから、初めて見た方はビックリされることでしょう。
色々な使い方ができますから、楽しみ方も無限大といったところでしょうか。
現在では、家庭用や撮影用が主流な使い方となっていますが、今後はさまざまな分野での使い方がはじまりそうです。

どんなことに使えるの?

今話題のドローンは、おもちゃ屋さんに売っていますから、おもちゃと認識されていらっしゃるかたもいるのではないでしょうか。
もちろんおもちゃとして販売されているドローンもありますが、それだけではありません。
ドローンは最新の技術で作られていますから、おもちゃだけではもったいないと思いませんか?そうなのです、ドローンは専門分野の手助けとして活躍しています。
どのようなことに役だっているのかといいますと、ドローンには安定した飛行が可能となり、狭い場所や危険な場所まで潜入することができます。
そこの映像を撮影することにとても役にたっています。
映画業界や映像のお仕事の分野には、すでに使われていますが、これ以外ではいまだに活躍を見せていないのが現状です。
ですが、これからの活躍は確実だと思います。
検討中の企業や、検討中の業界など考えたり話が進んでいることは確実です。
ドローンは今の活躍の幅で終わるようなものではありません。
今後の話が出ているのは、農業での活用やマーケティング調査、生態系の観察など人ではなかなか踏み込めない所へ踏み込むことに話が上がっています。
これに成功すれば、人は楽になり、不明だった調査範囲での情報が入ってくることになります。
人間がやっていた事の手助けになるだけでなく、新しい情報が入ってくる助けとなれば、ドローンの力は十分に発揮されていることになるでしょう。
今後は使える幅、活躍の幅が広がることは間違いないようです。

おもちゃのドローン

今話題のドローンには、高価な専門的な機体と、おもちゃサイズの機体があります。
200グラム程度のおもちゃとなると3000円代から10000円未満での購入が可能となります。
しかし、子供におもちゃとして与えることは危険と考えた方が良いでしょう。
このドローンは、小さいからおもちゃのように扱われるかと思いますが、ドローンには撮影機能などついているものがあります。
これが勘違いを招いてしまうことになってしまうことが可能性としてあります。
ただ飛ばして楽しんでいるだけでも、勘違いされたらたまったものじゃありません。
このようなことには十分に注意して楽しみましょう。
しかも、このくらいの価格のドローンは、機能としても完璧なものではありません。
コントロールできる範囲に制限がありますから、この範囲を超えてしまうと操縦不能となり、どこかへ飛んで行ってしまうことになります。
なくなってしまっては、残念でもありますが、ドローンはいまだマイナスイメージが残っています。
拾われたりしたらあまり良いイメージは受けないでしょう。
ドローンの作りとして、プロペラが多いことが特徴となります。
このプロペラは、飛行にとってはとても重要な役割を担っていますが、時に凶器となってしまうことも考えられます。
特に子供は十分に監視しての使用をさせましょう。
プロペラの回転は、非常に早く大けがの可能性だってありますから、使い方や監視には親が十分な気配りをしましょう。

ありえない動き

飛行物体は動きに限界がありました。
運動性能の問題で不可能な動きというのがあったのですが、現代の技術では不可能を可能にしてしまうほどの技術があります。
その一つを代表するドローンがあります。
このドローンには今後の期待がものすごく高まっていて、正直何にでも使えてしまいます。
その動き方というと、本当に自由です。
自由な動き方が可能になってしまう時代がきました。
3次元の動きができるということです。
今まででは、横に動ける飛行物体はヘリコプターは近いですが、ドローンでは瞬間的に移動することができます。
ドローンを使ってでも、この動きをさせる為には訓練が必要となりますから、練習は必ずしないとできません。
ただし、練習すると曲芸のような動かし方ができますから、練習のやりがいは非常にあります。
練習方法として、円運動です。
円を描いて同じ高さで移動させる練習方法です。
これができたら、四角形移動の練習です。
円運動を応用して、四角になるようにメリハリをつける練習をしてみましょう。
これも同じ高さで行うことが重要な練習となります。
最後に8の字移動の練習をします。
ここまでできたらドローンをある程度、自由に操作することができることとなります。
これらの基礎的な動きをマスターすることだけでも、今までの飛行物体ではできなかったことです。
体験したことのない動きを、自分の手で操作してみることはとても新鮮ですし、貴重な体験となるでしょう。

安いドローン

最新の技術が集結しているドローンは、今やどの業界からも注目を集めている最新技術の塊となっています。
価格は高額なものから安価な商品とさまざまです。
その中でも、高額になるドローンは趣味の範囲で購入できる金額ではありません。
最新技術を搭載したドローンは、色々な事に色々な場所での活躍に期待されている最新技術マシーンです。
普通の人がこのような高額になるドローンを買うわけもないですから、安価なドローンを購入されるでしょう。
この安価なドローンでも相当な技術を搭載したものになっています。
3000円程度から購入できる商品があり、初めて体験してみるにはお手頃な価格での購入が可能となっています。
とても小さくビックリするくらいの小ささには絶対に目を疑ってしまいます。
ドローンは、現在映像の世界で大活躍しています。
狭い隙間からのありえない映像や、到底到達できないような場所の映像など今まで簡単に撮影できなかった場所の映像を簡単にとることに成功しています。
これは非常に素晴らしいことで、いままでよりもさらにリアルな映像がとれるなら、こんなにすごいことはありません。
それが簡単にとれてしまうのですから、いいことばかりなマシーンです。
安くても動きは素晴らしく、今までのラジコンのような動きだと思っていたら大間違いです。
とんでもない体験をすることとなるでしょうから、十分な覚悟が必要です。
空中での移動の仕方は恐ろしいくらいで、映像を見ているかの体験となるでしょう。

高価なドローン

話題の飛行物体ドローンは、安価なものから高額となるものまで様々です。
今回は高価なドローンについてご説明していきたいと思います。
初めに購入するとなると操縦に慣れていない事から、墜落させてしまったり激突させてしまったりとなる可能性がありますから、いきなり初めに高額なドローンを購入しても、壊してしまう可能性もあります。
これではもったいないですから、初めはほどほどの金額の物で良いと思います。
これで練習をして操縦をしっかりと覚えたら安価なドローンでは不満が出てくるかもしれません。
そうなると性能として十分ではないと感じ始めたら、この時に高価なものを購入するとタイミングとしては良いと思います。
練習をしていますから高価なドローンを下手にぶつけたり墜落させたりとミスが少ないでしょう。
高額な物になるとカメラ機能がついたり操縦の幅が広かったりと上級者向けになってきます。
プロが使える機能が搭載されているともちろん高額にもなります。
雑に扱うドローンではない金額ですから、大切に取り扱うようにしましょう。
高いドローンは連続飛行時間も安いものからすると長時間になります。
そうなるとより高度の高い所まで撮影することもできますし、より遠くへ飛行させる事もできるので、素晴らしい風景やビックリ画像などの撮影ができます。
ドローンには操縦できる距離が決まっていますから、この距離を保っていかないと操縦不可能なところまで飛ばしてしまったらドローンは行方不明となります。
高額なものになるとこの幅も広がります。

撮影に使える

写真や映像に興味のあられる方は、カメラやビデオカメラなどこだわりを持っておられることでしょう。
もちろん高価なカメラで撮影すると、画質としては上等なできになるでしょう。
必ず高価な撮影機器を使えば出来の良い写真や映像、動画が撮影できると考えられるでしょうが、最近はこれだけが撮影のすべてではないようなのです。
ドローンが撮影の幅を広げてくれる活躍を見せているのです。
静止画や動画の撮影の幅は、ドローンで驚くようなことになっています。
今まで踏み込めなかった場所の撮影が可能になると、新しい映像や画像が採れることになります。
これは様々なジャンルの方が興味をもち、すでに期待されています。
極端な話では、無人島で誰も踏み込んでいない場所に、いきなり人間が踏み込むことは非常に危険ですね。
しかし、人が踏み込まなければ映像は撮影できませんでした。
これが変化しているのです。
ドローンでの映像を監視し、操縦することで人が踏み込むことをしなくても撮影が可能となるのです。
更に、ヘリコプターなどの大きな燃料を使っての撮影をしてきたことが、ドローンの小さい機体を使うことで、少ない燃料費での撮影もできるというメリットもあります。
ドローンの特徴的な飛行で、撮影する映像も美しいと話題となっています。
高い場所や狭い場所だけでなく、超低空飛行での見ることのできない映像もドローンの特徴です。
例えば動物の目線などの映像を見ることで、新たに知ることもあるでしょう。
これがドローンなのです。

ドローンはラジコンなのか

噂を聞いた事があるでしょうか。
ヘリコプターの様で少し違う飛行物体があります。
ドローンという飛行物体があります。
これはヘリコプターの様なプロペラが複数ついていて、これが沢山ついていることによって安定した飛行が可能となっているものです。
簡単に言うとラジコンですが、ラジコンよりも性能としては数段上のものになるので、ラジコンとは違うとお考えください。
非常に似た特性を持っていますから、間違われたり同じと思われることがよくありますが、同じ性質ももち、更に違う特性も兼ねそろえているのがドローンと考えていただくと良いでしょう。
ここで少しラジコンとドローンの特徴についてお教えしておきましょう。
まずラジコンですが、ラジオコントロールといいます。
無線での操縦ができるヘリコプターのことになります。
これもおもちゃのラジコンもありますが、性能の良いものになると農業などに使う産業用や軍事用として、高額ですが素晴らしい機能を搭載しているものもあります。
次にドローンですが、これはラジコンと少し違うのはすでに分かったと思いますが、実はロボットの種類にも入ります。
ドローンが開発された当初は、軍事用ロボットとして生まれています。
小型無人航空機とし、様々な分野で活躍することとなりました。
どちらも空中を飛び企業や軍事などで活躍していることも、非常に似ているので違いが分かりにくいでしょうが、細かく違いを見つけると機械としてはラジコンとロボットと区別されています。

ドローンを作ることはできるのか

ドローン人気は今や普通ではないくらいに人気が高まっています。
これを自分で作ってしまうことはできるのかとお思いの方がいらっしゃるようです。
この疑問を今回解決しようと思います。
結論から言うとドローンは自分で作れます。
作るといっても完全に一からという分けではありません。
パーツごとに購入できるのでパーツを組み合わせて作り上げることが可能となっています。
自分で作り上げることで、安く済むかというとこれは別問題です。
自分で作り上げる喜びを感じたい方にはおすすめしますし、自分オリジナルドローンを作り上げたい方にもおすすめですが、安く済ませるようにとお考えの方は間違えない様にしてください。
個人的な考えですが、最低限のパーツのみを購入して、作れる部分は自分で作る作業をしてみても楽しいと思います。
ステーなどを使い、ホームセンターで数百円で購入できる原材料を使って、作ってみるとかいう楽しみかたができます。
このような工夫をしてみることで安く仕上げることは可能となるでしょう。
ここまで来ると、安さだけでなく作りの仕上がり具合いなどにもこだわりを持つことになるでしょう。
これもまた、ドローンの自作での楽しみ方ではないでしょうか。
本気で作ってみたドローンが空に舞い上がると感動をも覚えるでしょう。
作る楽しみと飛ばした時の感動は、忘れることのできない思い出になります。
本気で自作してみると思っていたよりも金額が高くなってしまうかもしれませんが、自慢の一品が作れることにはなるでしょう。

大型ドローン

ドローンを知っていますか?注目を集めているドローンには、家庭で楽しめる小型のドローンもあれば、産業や軍事用の超大型ドローンもあります。
いきなり凄い情報をいいますと、最大で500キロ程の重さの物を運べるドローンがついに開発されました。
500キロの重量物を運ぶとなると、ドローン自体どれだけ大きいのかと想像されることでしょう。
軍事用の小型戦闘機やセスナの様なヘリコプターとあまり変わらない大きなさのドローンができてしまったのです。
無人での飛行物体でこんなことができてしまうドローンは、注目を集めないわけがありませんね。
無人でこんなに大きな物が飛ばせる上に、操縦ができるのですから、ロケットも無人がありますが、また違う凄さを感じます。
大型のドローンになればなるほど、機能面に優れることとなります。
更に、機能が優れることで、より高画質な映像の撮影が可能となります。
ですが、さすがにこのサイズのドローンは誰でも購入し操縦することは不可能ですが、なんと通販でも中型よりももう少しサイズダウンしますが、とても大きなドローンを購入することも可能です。
しかも一般人でも購入することも可能ですから、夢が膨らんできます。
おもちゃが大きくなった様な使い方ができるくらいのドローンで遊ぶと操縦士になったかの気分を味わえることでしょう。
小型で値段も安いドローンもありますから、興味のある方は数千円から購入できるドローンでお試しください。

ドローンの音

最新技術がつまったドローンは、注目の的となっています。
今後様々なシーンでの活躍も検討されているとっても話題性に優れたドローンですが、問題点などはないのでしょうか。
今回はドローンの注意点や問題点を探っていきたいと思います。
ドローンは安全なものかというとそうでもないようなのです。
プロペラの数が非常い多いですから、危険度は増します。
これは小型でも大型でもどちらでも言えることです。
大型ならその分危険度も高くなるでしょうが、小型は子供も扱うことができるので、不注意などによるケガも注意しておくことも必要になります。
今回特に注目しているのが、ドローンの騒音問題です。
飛行機の様に住民騒音問題までの問題とはなりそうにありませんが、ドローンの音も非常に大きな音がしますから、どこでも飛ばせると思っていたら間違いのようですね。
高度な技術で作られれいますから、音もそんなにうるさくないものだと思われていらっしゃる方が多いようですが、実はそうでもなさそうなのが現実です。
ドローン自体あれだけのプロペラがついていますから、ヘリコプターよりも当然音がうるさくても不思議ではありません。
ここまでの改善までに至っていないこともこれからの課題となりそうです。
これが、小型のドローンであっても音はやはり大き目のようで、小さいから絶対に静かなものとはなっていないのも現状です。
小型だからと住宅街で飛ばしていると苦情になる可能性もありそうです。

とっても便利

活用方法がとっても興味深い無人航空機ドローンに注目しています。
まだあまり知られていないドローンにすでに注目している方もいれば、全然知らない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は注目のドローンは今現在と今後どのような活用方法があるのかをお教えしていきます。
知っている方の間では有名な話なのですが、リアルな映像が撮影できることは有名な話です。
この撮影力などをどのように生かすかで、様々な分野で活躍することとなっています。
災害救助にも役立っています。
ドローンなら人が入れない場所や、大きなヘリでの確認作業ができない場所で活躍することは間違いありませんから、海や山での人命救助に役に立ちます。
農業の世界でも大活躍です。
広大な畑や田んぼなどでは、中心部分の確認ができないことがあります。
この部分を映像で確認することができるのです。
テレビの映像でも活躍していて、スポーツの試合や練習風景の撮影にも大活躍です。
試合の反省点や練習風景の撮影で改善するべき点を見つけることができます。
これらの様に、活躍の場を着実に増やしているドローンは、これからまだまだ活躍の場を広げていくことは間違いないでしょう。
今回紹介した活用法は一部です。
これら以外も今現在活躍していることもあります。
犯罪や危険な事案から人を守ってくれることも今後できてしまうようになるでしょうから、ドローンの技術の進化には注目しておきましょう。
ドローンは地球を救うかもしれません。

おすすめのドローン

ドローン人気が高い今だからこそ、当然ドローンの人気ランキングなどがあります。
ドローンの人気ランキングでの上位に入っている商品を一部紹介と、おすすめのドローンを選ぶためのチェックポイントもご案内いたします。
人気ドローンの中に、なんと2000円を下回って1900円ほどで購入できるドローンがあります。
こんな金額のドローンでも、高性能、操作性どちらをとっても不満のでるようなドローンではなく、満足のいく作りに納得している人が多くいらっしゃいます。
このような金額の物から少し金額が上がると、当然性能も良くなりますし、外面の作りもしっかりと頑丈になっていきます。
安すぎるものには、当然リスクはあります、作りの素材や構造の違いから壊れやすかったり、少し見た目に安さを感じたりと違いはでてきます。
これらが気になるような方は、5000円以上の商品を使うことをおすすめします。
これくらいの金額を出したドローンなら、性能も見た目も、とてもカッコよく十分に使えます。
更にカッコよさを求めるかたには、1万円代のドローンをおすすめです。
1万円代になると、不満が全くないでしょう。
さまざまな機能もついていますから、オールラウンドでの使用ができます。
これらを見分けるポイントですが、まず飛ばすことが第一ですから、操作性を調べましょう。
飛ばしやすいのかというのは、ドローンにとって重要なポイントですからチェックが必要です。
次にカメラを重要視しましょう。
撮影目的でもあるドローンはカメラ性能も重要とお考えください。

ドローンの価格

趣味の範囲や大きな企業までもが期待しているドローンは、今まで体験したことのない機体の動きや撮影を可能にしてしまったものです。
これを体験したいと思っても高額すぎては購入することもできませんし、実用性もないのと同じことになります。
ですが、ドローンには価格の幅が幅広くありますから、色々なシーンでの使い分けができそうな価格設定にもなっています。
もちろん軍事用や企業の活用に用いるドローンは数百万から数千万する価格になります。
これくらいの最強クラスのドローンになると、機能はもちろんですがドローンで物を運ぶことまでできてしまいます。
その総重量もびっくりする重さのものまで運ぶことを可能にしていますから、それに見合った高額商品となります。
超大型から少し小さくすると映画や撮影などに使う中型のドローンもあります。
これくらいのサイズは撮影をメインとしたドローンとしては、最適なサイズといえます。
中型では数十万円から数百万円のドローンがありますから、機能やサイズで金額もさまざまであります。
使いたいだけの機能がついていれば十分と考える方や、それ以上の機能を求めていらっしゃるかたまで、幅広く選ぶことができます。
一番小さくなると、数千円からのドローンもあります。
ちょっとした使い方で良く、商売や本格的な撮影に使わないならこのサイズで十分ではないでしょうか。
ドローンといってもこれだけの幅がありますから、色々な使い方ができそうですね。

小型ドローン

ドローンには超小型ドローンがあります。
小型といっても思っている以上の小型です。
こんなに小さくてちゃんと作られているのかと不安を抱くほど小さいですから驚くこととなるでしょう。
小さい子供の手の平に乗ってしまうほどのドローンがあります。
これで飛ぶのかと私も思いました。
しかし、これが飛んでしまうのです。
しかも、とっても安く購入できてしまいます。
子供のおもちゃで使わせるには、非常にもったいないくらいの性能でできています。
とってもわかりやすく説明しましょう。
小さいカブトムシを自分で操縦している感覚だと思っていただいていいと思います。
感覚としてはこんな感じです。
小さくなると、もちろんバッテリーは小さくなりますから、長時間の飛行はできませんし、操縦できる範囲も限られてきます。
あまりに遠くへ飛ばしてしまうことができないので、自分で飛ばせる範囲をしっていないと取り返しのつかないこととなってしまいます。
飛んだ場所から操作ができないと、自分のところへ戻ってくる操作ができないということになります。
面白く伝えると操作できないところから、さらにどこかへ飛んでいってしまいさようならになってしまいます。
残念な結果になります。
これが小型ドローンのデメリットですから、注意点に気を付けて使うようにしましょう。
一番良いのは室内で使うことをおすすめします。
次にお庭での使用です。
自分が簡単に目の届く範囲で使う位なら、小型ドローンで十分楽しめることとなるでしょう。

自作ドローン

頑張ってドローンを作ってみませんか?ドローンとは、無線で飛ばすことのできる飛行船です。
これが自分で作れるのかと思いますが、作れてしまうのです。
最低限のパーツをパーツごとに購入することが必要になりますが、これでなんとか自作することができます。
最低限必要になるパーツですが、機体フレーム、分電盤、バッテリー、フライトコントローラー、モーター、アンプ、プロペラ、送信機、受信機などこれだけあればなんとか動くドローンができあがります。
当然高性能のドローンを作るとなると、用意するものも全く別物です。
性能の良いカメラや送信機などが必要になりますから、追加で購入しなくてはなりません。
安全性を高めるために、機体発見ブザーやバッテリー充電器などもあれば、より快適にドローンを楽しめます。
これらを作成するためには工具が必要です。
ドローンの作成に当たり、あると便利な工具を調べ準備しておきましょう。
ここまででわかるように、最低限動くようにするパーツを揃えることと、より性能を上げるパーツ、安全性を高めるパーツ、便利な工具などに用意する項目がわかれてきます。
説明していたらものすごくたくさんの種類に分かれてしまいましたが、これをいっぺんに準備する必要もありませんし、必ず全てが必要という分けでもありません。
自分なりに考え削ってもよさそうなものは、削っていただいて結構です。
初めての方なら、一項目づつ終わらす感じで進めていくと良いと思います。

メーカーが作るドローン

今回注目しているのは、ドローンを作成しているメーカーの紹介です。
世界3大ドローンのメーカーとして注目を浴びているのが、3D RoboticsやParrotにDJIとなります。
今回この3企業の紹介をしてみたいと思います。
3D Roboticsですが、代表的なドローンはsoloがあります。
この機種の特徴として、自動飛行機能に対応していることが特徴です。
黒いボディーで赤いセンサーを搭載している為、とにかくカッコいいので人気があります。
次にParrotの紹介ですが、この会社は無線技術を得意としている企業です。
ですから、ドローンを初めとして、このような分野を得意としていることから色々な製品にかかわっている企業なのです。
この企業では、Discoという製品に力をいれています。
最大時速80キロまでの速さがでますし、連続飛行時間は45分間の飛行が可能となります。
また最大の特徴は、宙に放り投げると自動での離陸をすることができます。
最後にDJIの紹介ですが、この業界では世界NO1といわれている最大手の企業です。
この企業のおすすめドローンは、Phantomです。
ドローン界ではもっとも信頼の厚いもので、動画に向いたモデルとなっています。
これらが世界3大企業になります。
ここの製品を使うと間違いなく性能が高いことになりますから、おすすめのメーカーといえます。
もちろんこの他のメーカーも沢山ありますから、おすすめ機種はまだまだ沢山あります。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 04.12

    毛穴とパック

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ