ディズニーランド周辺のおすすめホテル

この記事は16分で読めます

ディズニーランド ホテル

「夢と魔法の国」誰もが夢の世界へスリップできる人気のテーマパーク「東京ディズニーランド」。
「東京ディズニーシー」と合わせて「東京ディズニーリゾート」として一大テーマパークとなっています。
何度行ってもあきることのない素晴らしい夢の国としておすすめの場所で、リピーターも多く、年間を通して多くの人が東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを訪れています。
東京ディズニーリゾートには、いくつもの周辺ホテルがあります。
それぞれにいいところがあって、どれもおすすめのホテルとなっています。
多くの人が訪れる場所だからこそ、多くの人が快適に宿泊することができるように、ホテルの数も年々増え続けて現在の数となりました。

スポンサードリンク

パークに隣接した「ディズニーホテル」。
東京ディズニーリゾートの敷地内にある「オフィシャルホテル」。
新浦安地区などの周辺にある「パートナーホテル」。
お台場など近郊に点在する「グッドネイバーホテル」。
いくつもの周辺ホテルが、東京ディズニーリゾートを訪れるお客様をサポートしています。

「ディズニーホテル」は3つ・・・「東京ディズニーランドホテル」、「ホテルミラコスタ」、「ディズニーアンバサダーホテル」。
「オフィシャルホテル」は6つ・・・「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」、「ホテルオークラ東京ベイ」、「ヒルトン東京ベイ」、「東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート」、「東京ベイ舞浜ホテル」、「サンルートプラザ東京」。
「パートナーホテル」は5つ・・・「浦安ブライトンホテル」、「オリエンタルホテル東京ベイ」、「パーム&ファウンテンテラスホテル」、「ホテルエミオン東京ベイ」、「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」。
「グッドネイバーホテル」は12ヶ所・・・「京王プラザホテル」、「京成ホテルミラマーレ」、「第一ホテル両国」、「東京ベイ有明ワシントンホテル」、「東武ホテルレバント東京」。
「ホテルイースト21東京」、「ホテルグランパシフィックLE DAIBA」、「ホテルサンルート有明」、「ホテルスプリングス幕張」、「ホテル日航東京」、「ホテルニューオータニ幕張」、「ホテルメトロポリタンエドモント」。

ディズニーホテル

ディズニーホテルでは、ディズニーだからこと受けられるサービスが充実しています。
数あるホテルの中で、最もおすすめのホテルです。
東京ディズニーランドに行くのに、最もおすすめの周辺ホテルと言えばやはりディズニーランドに隣接している「東京ディズニーランドホテル」です。
東京ディズニーシーに行くのに、おすすめの周辺ホテルと言えば、ディズニーシーの敷地内にある「ホテルミラコスタ」です。
そしてキャラクターが食事をしているところにやってきてくれる人気のレストラン「シェフ・ミッキー」を利用したい人におすすめなのが「ディズニーアンバサダーホテル」です。

ディズニーホテルだからこそ受けられる特別な特典がいくつもあります。
・パークが近いこと。
・混雑時に入園制限がかかったとしても絶対に入園できる「入園保証」があること。
・東京ディズニーランド、東京ディズニーシーへ一般の人よりも15分早く入園できること。
15分早く入園することで、混雑するアトラクションにいち早く乗ることができますし、ファストパスの発券もすばやく行うことができます。
・ディズニーに登場するキャラクターたちをテーマとした部屋があること。
・部屋のアメニティーにディズニーのキャラクターがついていること。
・ミラコスタとディズニーランドホテルに関しては、モノレールの乗車券をもらうことができます。
・初日から両方のパークに入園することができるチケットを販売していること。
・舞浜駅からホテルまで無料で荷物を運んでもらえること。
・パーク内で買い物したものをホテルまで無料で運んでもらえること。

このようにディズニーホテルに宿泊するメリットはたくさんあります。

周辺ホテルのメリット

ディズニーランドのオフィシャルホテル、パートナーホテルなどその他の周辺ホテルに宿泊することで受けられるおすすめの特典について紹介します。
混雑時の入園保証を受けられるのは「オフィシャルホテル」です。
パートナーホテル、グッドネイバーホテルなどは受けられません。

オフィシャルホテルは、東京ディズニーリゾート内にあるモノレール「ディズニーリゾートライン」の駅前にあるため大変便利です。
東京ディズニーランドからは1駅でホテルのある「ベイサイド・ステーション」に到着します。
乗車時間は3分、駅からは目の前にホテルがあるため徒歩で行くこともできますし、ホテルと駅の間を無料のシャトルバスが運行しているため利用することもできます。
東京ディズニーシーからは3駅で、乗車時間は8分です。
パートナーホテル、グッドネイバーホテルに関しては、ホテルとディズニーランド、ディズニーシーの間を無料シャトルバスが運行しています。

オフィシャルホテル、パートナーホテルでは、ホテル内にてパークチケットを購入することができます。
パークへ着いてから窓口でチケットを買う列に並ぶという手間がないので、ホテルでの事前購入がおすすめです。

舞浜駅前からホテルへの荷物輸送に関しては、オフィシャルホテルは無料となっています。
パートナーホテルは有料で輸送してもらうことができます。
グッドネイバーホテルではできません。
このように、同じ周辺ホテルでもそれぞれ受けられる特典に違いがあります。
当然、宿泊費も違います。
宿泊費用、受けられる特典、利用目的などに合わせて選ぶようにするといいと思います。

東京ディズニーランドホテル

3つのディズニーホテルは、他の周辺ホテルと比べて豪華でディズニーの世界を存分に満喫するのにおすすめのホテルです。
中でも「東京ディズニーランドホテル」は、3つのディズニーホテルの中でも一番新しくて豪華なおすすめのホテルです。
東京ディズニーランドの目の前、ホテルを出れば目の前がパークなので、他の周辺ホテルより利便性にも優れています。
シンデレラ城をイメージしたような、豪華絢爛な佇まいはディズニーのテーマパークと一体化していて、テーマパーク内に泊まっているようです。

東京ディズニーランドホテルの一番の売りは、パークが目の前であること。
そして次にプリンセス体験ができることです。
「ビビディ・バビディ・ブティック」では、ディズニーのプリンセスたちが身にまとうようなドレスを着て、髪型やメイクまで施してもらうことができます。
わが子をプリンセスのようにかわいくしようと、多くの親子連れで人気となっています。
大変人気のサロンなので、事前予約がおすすめです。
予約は利用希望日の1ヶ月前から電話、ネットから行うことができます。

ロビー、エレベーターなどホテル内の施設はもちろんのこと、室内の装飾にもいたるところにディズニーのキャラクターがモチーフとなっています。
レストランの食事にもキャラクターをモチーフとしたメニューが登場します。
パークで遊んだ後も、ホテル内でディズニーの世界を満喫することができます。

ディズニーランドホテルに宿泊した人の特典として、宿泊者のみが購入できるホテルのオリジナル商品の販売も行っています。
宿泊の記念におすすめの一品です。

ホテルミラコスタ

東京ディズニーシーを利用するときにおすすめの周辺ホテルと言えば「ホテルミラコスタ」です。
周辺ホテルというよりも、ディズニーシーの敷地内にあり、ホテルから直接パーク内に入ることができるホテルです。
パーク側の部屋ならば、パーク閉園後も窓から東京ディズニーシーの景色を眺めることができて、ディズニー気分を味わい続けることができます。
また部屋からショーを見ることができるため、人垣の中ショーを観ることなく、部屋に戻って部屋の窓、テラスなどからゆったりと眺めることもできます。

ディズニーホテルに宿泊した人の特典として、東京ディズニーシーにも東京ディズニーランドにも開園15分前から入園することができます。
ご利用できるアトラクションとしては、東京ディズニーランドでは「モンスターズ・インク」、東京ディズニーシーでは「トイ・ストーリー・マニア」とどちらも大人気のアトラクションとなっています。
乗るのに何時間も待たなければいけませんし、ファストパスをとったとしても朝とって夕方、夜分しかとれない、ひどいときには朝一開園して数分でファストパスが完売してしまうこともあります。
そんな人気のアトラクションに開園15分前から入ることで、絶対に乗ることができます。

ミラコスタでは、「宿泊者専用のエントランス」があるため、パーク内から直接ホテルへ入ることができます。
小さなお子様連れの場合には、お子様が疲れたらパークから部屋に戻り少し休憩をしてから再び戻ると言うことも可能です。
お子さんが疲れてしまいパークに戻れなかったとしても、お部屋からショーや花火などを鑑賞することができるのでお子様連れにおすすめです。
ミラコスタは全体的に大人っぽい印象を受けるホテルです。
ディズニーキャラクターをモチーフにしたものがたくさんあります。
しかしイタリアの街並みを思わせる外観からしても、大人っぽい落ち着いた雰囲気の室内で、カップルにも人気があります。

ホテル内には、レストラン2つとラウンジがあります。
地中海料理のお店と中国料理のお店、そしてロビーラウンジです。
食事をしながらパーク内を眺めることができるため、ショーを見ながら食事をしたいという人におすすめです。
大変人気のため、ショーが開催される時間帯は早めに予約した方がいいと思います。

ディズニーアンバサダーホテル

「ディズニーアンバサダーホテル」は、ディズニーホテルの中で唯一パークに隣接、直結していないホテルです。
もちろん東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの横、東京ディズニーリゾート内にあるのですが、他のディズニーホテルに比べて多少距離があります。
しかし周辺ホテルと比較すれば、断然近い距離にあります。
ディズニーアンバサダーホテルからは、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーへシャトルバスが出ています。
ミッキーの形をしたバス、社内も吊皮がミッキーだったり、座席カバーにミッキー模様があったり、バス内のテレビにはディズニーランドなどの情報が流れています。

ディズニーホテルなので、周辺ホテルと大きく違う点は、ディズニーキャラクターをモチーフとしたものがホテル内にあふれていることです。
15分前にパーク内に入ることもできます。
ディズニーアンバサダーホテルの一番のおすすめは、やはり「シェフ・ミッキー」です。
ブッフェスタイルのレストランで、ディズニーのキャラクターたちがテーブルにやってきれます。
キャラクターに間近で会えて、一緒に写真を撮ることもできることから人気のレストランとなっています。
ブレックファストブッフェ、ランチブッフェ、ディナーブッフェとありますが、ブレックファストだけはホテルの宿泊者だけが利用できる特典となっています。
「シェフ・ミッキー」は、ディズニーホテルに宿泊予定の人は、宿泊予約が確定次第すぐに予約することができます。
ただしレストランだけを利用する人の場合には、利用予定日の1ヶ月前からしか予約することができません。
そのため周辺ホテルに宿泊する人は予約が取りづらいのです。

ディズニーアンバサダーホテルは、ディズニーリゾート内にあるショッピング施設「イクスピアリ」に隣接しています。
飲食店もたくさんあるため、食事をしたりショッピングをしたりするときにおすすめのスポットです。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ

「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ」は、東京ディズニーランドからモノレールに乗り1駅の周辺ホテルとして人気があります。
モノレールとは、「ディズニーリゾートライン」のことを言います。
モノレールは数分間隔で運行されているため、待ち時間も少なく、ホテルとパークの行き来が自由にできます。
ディズニーのオフィシャルホテルは、このモノレール沿線にあります。

周辺ホテルに宿泊するメリットは、開園と共にディズニーランドなどへ行きたいとき、近いから便利なこと。
そして疲れたら途中でホテルに気楽に休憩するために戻ることができることだと思います。
そのため小さなお子様連れの人におすすめです。

中でもシェラトンは、2008年に大規模な改装を行っているため、とてもきれいです。
ロビーは広々とした空間にして、ディズニーランドからほぼ同時刻に戻ってきてチェックインするため混雑するフロントを広くして16もの端末を配置することで、混雑緩和を目指しました。
ロビーで多くの人が語り合い、ゆったりと時間が過ごせるように座れるスペースをたくさん確保して、子供が退屈しないように、無料でネットゲームができる環境、熱帯魚のいる水槽を設置する、PC利用スペースを作るなどして快適な空間を演出しています。
ロビーに入った瞬間の解放感は最高です、広いためあちこち探検する楽しさもあると思います。

ホテル内でもくつろげるように、スパ、リラクゼーションルーム、フィットネス、プールなどもあります。
キッズランド、ゲームセンターもあり、大きなボールプールで遊ぶことができます。
小さな子供連れの家族にも大人にもおすすめのホテルです。

ホテルオークラ東京ベイ

周辺ホテルの中でも高級感があるのは「ホテルオークラ東京ベイ」だと思います。
おしゃれな雰囲気からすると大人、カップルにおすすめのホテルだと思います。
さらに小さな子供を連れた家族連れにもおすすめの理由があります。
周辺ホテルであるオフィシャルホテルの中で、小学生の子供の添い寝が許されているホテルは2つだけです。
それがこのホテルオークラ東京ベイ、そしてもう1つがシェラトン・グランデ・トーキョーベイなのです。
他の周辺ホテルでは、小学生は1人分の料金がかかってしまいます。
家族で行く場合、小学生の子供の料金がかかるのとかからないのとでは、かなり宿泊料金に違いが出ます。
オークラとシェラトンでは添い寝扱いにできるため、例えば大人2人と小学生2人ならば、添い寝にして大人2人だけの宿泊料金で泊まることができるわけです。
これは大きなメリットと言えます。

さらにホテルオークラ東京ベイのおすすめポイントがもう1つ。
大理石のバスルームがあり、さらにシャワーブースが別に設置されていることです。
ガラス張りになったシャワースペースで体や髪の毛を洗ってから、ゆったりと大理石のバスに浸かることができます。

ディズニーランド、ディズニーシーへ行くにも、モノレールですぐですし、モノレールの駅のほぼ目の前に位置しているため大変便利な場所にあります。
高級感のあるホテルで、ホテル全体が宮殿のようで、入口を入った瞬間、美しいロビーに圧倒されます。
ホテル内にあるレストランでいただく朝食ブッフェもおすすめです。
朝食がおいしいホテルとして選ばれただけあって、品数も豊富、味もおいしい、ホテル自慢のブッフェとなっています。

オフィシャルホテルだから受けられる特典も魅力的です。
ホテル内のカウンターにて、ディズニーランド、ディズニーシー、それぞれのチケットを購入することができます。
もちろん混雑時にも入園保証がついているため安心です。
遊んで疲れたら途中でホテルに戻って休むこともできますし、食事をとりにホテルへ戻ることもできます。

ヒルトン東京ベイ

「ヒルトン東京ベイ」は、老舗ホテルとして落ち着いた雰囲気のあるホテルです。
接客サービス、ホテルとしての知名度も高い安心して泊まれるおすすめのホテルです。
ヒルトン東京ベイのおすすめは、部屋からの景色です。
海側のお部屋では、東京湾と東京の夜景が美しく見えて、パーク側のお部屋では東京ディズニーランド、ディズニーシーを眺めることができます。
閉園後にも、部屋の中からディズニーランドなどの様子を見て、ディズニーにいる間隔を楽しむことができるわけです。
周辺ホテルの中では、モノレールの駅から少しだけ離れているので、歩いて行けなくもありませんが、無料で運行されているシャトルバスに乗ることをおすすめします。

お部屋はモダンな雰囲気で落ち着いた雰囲気です。
ディズニーホテルのように、キャラクターがいたるところにいるような派手さはありませんが、シンプルで過ごしやすい空間となっています。
広くてゆったりとした空間になっています。
ヒルトンの魅力の1つは、レストランです。
「フォレストガーデン」では、好きなものを選び、好きな量だけ食べることができます。
お客さんの目の前でシェフが調理をしてサーブしてくれます。
「アチェンド」は地中海料理のお店で、オープンキッチンになっています。
「王朝」は中国料理のお店で一流の腕をもつシェフが上海料理をベースとした中国料理を提供しています。
その他にバー、ラウンジがあります。

周辺ホテルに泊まったからには、パークも楽しみつつ、ホテルでおいしい食事も楽しみたいという人におすすめのホテルとなっています。

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

モノレールの駅から徒歩4分、周辺ホテルと駅を結ぶシャトルバスなら3分で到着する「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」。
東京ディズニーランドができた当初は、「東京ベイホテル東急」という東急ホテルズのホテルでした。
2010年10月から現在の東京ベイホテルズになっています。
南欧のリゾートをイメージしているホテルで、ホテルの壁も一面ピンクで、他の周辺ホテルと比較しても目立つ存在となっています。
ロビーに入ると、高い天井、開放的な空間、南欧の街並みを思わせるような雰囲気になっています。
キッズスペースもあるため小さいお子様連れにもおすすめのホテルです。
他の周辺ホテルよりも、カジュアルな雰囲気がするため、小さい子供がいるから格調高いところは避けたいという人にもおすすめです。
何よりも他の周辺ホテルよりも、低価格なのもうれしいポイントです。

オフィシャルホテルとしての特典も受けられるため魅力的なホテルとなっています。
ディズニーランドなどのチケットを購入することも、入園保証も受けられます。
舞浜駅前からホテルまでの荷物輸送サービスも受けられます。
ディズニーの最新情報を知ることもできます。

ホテル内にレストラン、ショップなどが充実しているため、ホテル内でもあきることなく楽しんで過ごすことができます。
口コミでは、室内に古さを感じるとかチェックインで待たされたといったコメントもありますが、やはり低価格でオフィシャルホテルに泊まることができるというメリットの方が勝るようです。

東京ベイ舞浜ホテル

大浴場のある周辺ホテルを探している人におすすめなのが「東京ベイ舞浜ホテル」です。
東京ディズニーランドなどで一日遊んだ後は、ゆったりと大きなお風呂に入って体の疲れをとるのが一番です。
周辺ホテルの中でも、大浴場のあるホテルは少ないです。
オフィシャルホテルの中では、東京ベイ舞浜ホテルだけです。
ディズニーランド、ディズニーシーに近い周辺ホテルの中で、貴重なスパを併設しているおすすめのホテルです。

スパには、お風呂以外にミストサウナ、ジャグジー、リラクゼーションコーナーなどがあります。
利用料が大人は2,100円、4才から小学生までは1,050円かかります。
宿泊費とは別途必要になります。
宿泊費と入浴料がセットになったお得な宿泊プランもあるため、スパを絶対利用したい人におすすめです。

ロビーに入ると、上層階まですべて吹き抜けとなっていて、開放的な空間となっています。
西洋料理を提供しているレストラン、ラウンジなどの他にベーカリーもあります。
焼きたてのパンを買うことができます。
朝食にも、小腹が空いたときにも気軽に食べることができるためおすすめです。

オフィシャルホテルとしての特典も受けられるため、ディズニーを満喫したい人におすすめのホテルとなっています。
パークチケットの購入、混雑時の入園保証、などもついています。
舞浜駅前からホテルまで荷物を無料で届けてくれるサービスもあります。
モノレールの「ベイサイドステーション」から無料のシャトルバスがホテルまで送迎してくれます。

サンルートプラザ東京

「サンルートプラザ東京」は宿泊料金が安いことが大きな魅力のホテルです。
ディズニーランドに近い周辺ホテルに泊まりたいけれど、予算は低めに抑えたいと言う人におすすめのホテルです。
よく旅行会社が企画する東京ディズニーランドへ行く格安ツアーなどの場合には、このサンルートプラザ東京に宿泊するプランが多くなっています。
周辺ホテルなので、ディズニーランドのすぐ隣という立地ですし、モノレールの駅からはシャトルバスが無料で送迎してくれるためなんの不自由もありません。
サンルートプラザ東京の場合には、これ以外に「JR舞浜駅」と「東京ディズニーランド」へ直接行けるシャトルバスも運行しているためディズニーランドへ行くのに大変便利です。

部屋がおとぎ話の世界をイメージしたものや、西部開拓時代をイメージしたもの、キャビンをイメージしたものなどいろいろあります。
子供連れの家族におすすめの部屋となっています。
ディズニーの夢の世界をホテルの部屋に戻っても感じることができるのです。
バスルームも洗い場付きなので、小さな子供がいる場合でも洗いやすくて便利です。
バス、トイレ、洗面台が独立しているためユニットバスとは違い快適に使うことができます。
ベッドはシモンズ製の快適なもので、ベッド同士をくっつけてもらうこともできます。
未就学児は添い寝ができます。

ディズニーショップ、レストランも併設されているため、ホテル内でも快適に過ごすことができます。
ディズニーランドのすぐ真横なので、部屋からの眺めも最高です。

ディズニーランドのオフィシャルホテルとして第1号になったのが、このサンルートプラザ東京です。
パーク側の部屋になれば、部屋の中からもディズニーランドに上がる花火を見ることができます。

浦安ブライトンホテル

ディズニーの周辺ホテルの中でも新浦安駅近くにある提携ホテルがパートナーホテルです。
ディズニーのパートナーホテルの1つが「浦安ブライトンホテル」です。
パートナーホテルからは、15分から20分ほどで東京ディズニーランド、ディズニーシーなどへ無料のシャトルバスで行くことができます。
車の人は東京ディズニーランドなどの駐車場は大変混雑するため、ホテルの駐車場を利用して、ディズニーランドへはシャトルバスで行くようにすると渋滞に巻き込まれることなくスムーズに入園することができます。
ホテルの駐車場は167台分あります。
パートナーホテルでは、パークのチケットも購入することができます。
混雑時の入園保証もあるため安心です。
舞浜駅前にあるディズニーショップの「ボン・ヴォヤージュ」で買ったものをホテルまで送ってもらうこともできます。
荷物2個までを500円で運んでもらえます。

浦安ブライトンホテルには、189室の部屋があります。
5階から21階までが客室となっています。
中でも20階、21階のプレミアムフロアーからは東京湾を一望できるようになっています。
宿泊者数によって部屋を選ぶことができるため、家族連れ、グループなどにおすすめのホテルとなっています。
新浦安駅にも直結しているため、電車を利用して訪れる人にもおすすめです。
新浦安駅周辺には、お店もたくさんあるため、ショッピング、食事にも便利な場所です。
周辺ホテルの中でも、駅に直結しているアクセスのいいホテルです。

オリエンタルホテル東京ベイ

新浦安駅に直結している周辺ホテルがもう1つあります。
それが「オリエンタルホテル東京ベイ」です。
新浦安駅周辺には、ショッピングセンター、病院、飲食店、銀行と揃っているおすすめの場所です。
小さいお子さんがいる場合には、旅行中、急に発熱することもあると思います。
病院が近くにあれば安心です。
東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを楽しみたい、しかしそれだけではなく食事はパーク外でのんびりしたい人、ホテルでのんびり過ごすためにいろいろ買いだししたい人におすすめの周辺ホテルです。

客室は、様々な人数、ニーズに応えられるように幅広く用意されています。
小さいお子様がいる家族におすすめの「ベビースイートルーム」や「キディスイートルーム」。
靴を脱いで上がれる部屋、床はコルク、ベッドをくっつけてあり、ベッドの高さも低いものにしてあるためお子様が落下する心配もありません。
誤ってお子さんが開けてしまわないように家具のボタンはプッシュボタン式になっています。
かわいい家具、安全な家具が配置されています。

4人以上のグループにおすすめの「グランデ6」。
4人から6人用の部屋で、バスとトイレが別になっているためゆったりとお風呂に入ることができます。
部屋の中央にはテーブルがあり、ベッドは2段ベッドになっています。

カップルにおすすめは、「ハリウッドツイン」。
ツインのベッドが2台くっついているタイプです。
部屋にはフットマッサージャーがあり、ディズニーランドでたくさん歩いて疲れた足を癒すことができます。

パーム&ファウンテンテラスホテル

パートナーホテルの中でも、ディズニーの周辺ホテル全体の中でも、料金が比較的安い、泊まりやすい家族連れにおすすめのホテルが「パーム&ファウンテンテラスホテル」です。
比較的新しくきれいで、広くて、安いのが魅力です。
日にちによっては1泊1人3,000円代から泊まれることもあり、かなり安く利用できるディズニーの周辺ホテルです。
パートナーホテルなので、ホテルでパークチケットを買うことができますし、入園保証もあります。
ホテルからは無料のシャトルバスで15分から20分ほど乗車すれば、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーへ行くことができます。
バスの本数も頻繁に往復していて数分間隔であるため、長い時間待たされる心配もありません。

パーム&ファウンテンテラスホテルは、「パームテラスホテル」、「ファウンテンテラスホテル」の2つからなっています。

パームテラスホテル・・・ホテルの壁全体がピンクで明るいイメージのするホテル。
中庭に椰子の木が並んでいてリゾート感あふれる空間となっています。
ロビーからは中庭が一望できて開放的な雰囲気となっています。
客室内は壁紙もベッドカバーなども明るい黄色をベースとしていて、部屋全体が温かみのある雰囲気となっています。

ファウンテンテラスホテル・・・フレンチコロニアン風のシックで落ち着いた雰囲気の外観。
中庭には噴水があり、開放的で優雅な雰囲気のあるホテルです。
客室内は壁紙もベッドカバーなども白やブルーなど全体的に落ち着いた雰囲気のある部屋にしています。

部屋には4台のベッド、ソファーベッドなどが設置されているのが通常の間取りになっているため、家族連れ、グループなどにおすすめです。
ホテルの1階にはコンビニもあり24時間営業しているため、買い忘れなど、ちょっとした買い物をしたいときに便利です。
ディズニーランド方面から帰ってきて遅い時間、他のお店は閉まっていてもコンビニがあれば大丈夫です。
キャラクターグッズもホテル内のショップで買うことができます。

ホテルエミオン東京ベイ

東京ディズニーリゾートのパートナーホテルの1つである「ホテルエミオン東京ベイ」。
ホテルから東京ディズニーランド、ディズニーシーへは、無料のシャトルバスで15分から20分ほどで到着します。
バスは数分間隔で頻繁に運行していますから、ディズニーランドへ行くときにも、ホテルへ戻るときにも長時間待つことなく利用できます。

小さなお子様がいる家族連れにおすすめのホテル、三世代で宿泊するときにもおすすめのホテルとなっています。
ホテルエミオン東京ベイは、周辺ホテルの中でも数少ない大浴場、しかも天然温泉のあるホテルです。
ディズニーランドで思いっきり遊んでたくさん歩いて疲れた体を温泉で癒したいという人におすすめです。
周辺ホテルの中でも特に小さい子供連れのお客様へのサービスを充実させているホテルです。
滑り台、大きいお絵かきボードなどがあるキッズルームがあり、客室は小さい子がいても安心して滞在することができるように畳スペースのある和室、和洋室を用意しています。
洋室をご希望の場合には、ツインベッドを2台くっつけてもらうこともできます。
三世代で宿泊する場合には、2つの洗面台があり、大きいブロアバスがあり、ゆったりと広い客室を用意しています。
お部屋についているお風呂も洗い場付きになっているため便利です。

ホテルには190台分の駐車場があります。
車でディズニーランドへ来る場合には、ホテルの駐車場を利用すると便利です。
駐車場代が1日1,000円とディズニーランドの駐車場へ止めるよりも安いですし、閉園後の渋滞に巻き込まれることもありません。
新浦安駅まで徒歩7分の距離なので、電車を利用することもできます。

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ

数少ないディズニーの周辺ホテルの中で大浴場のあるホテル「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」です。
パートナーホテルの中でも新浦安地区から奥の方にあるホテルで、パーム&ファウンテンテラスの斜め向かいにあります。
東京ディズニーランド、ディズニーシーへは約10分間隔で無料のシャトルバスが出ているため大変便利です。
所要時間は15分から20分ほどです。
途中休憩でディズニーランドなどからホテルへ戻るときには、昼間ならば道が空いているため10分強で着くこともできます。
ディズニーの周辺ホテルとして、パークチケットの購入もできますし、キャラクターショップもあるため、お土産をゆっくり選ぶこともできます。
ロビーにはコンビニもあり、24時間営業しているため、飲み物や夜食、生活用品などちょっとしたものを買いたいときにも便利です。
コーヒーやベーカリーパンなども置いてあるので、朝食におすすめです。
さらにコンビニの前には4、5台の電子レンジが置いてあり、買ったものを温めることができて、温かいものを食べることができるため大変便利です。
パークチケットの購入は、現金支払いのみでカード払いができないため、現金を用意されることをおすすめします。
ホテル内でチケットを購入しておけば、ディズニーランドで入場の列に並ぶことができて、チケットを購入する列に並ぶ必要がなくなります。
事前購入がおすすめです。

ホテルの最上階に、展望大浴場があります。
洗い場の数も多く、ディズニーランドから一斉に宿泊客が帰ってきて混みあう時間帯でも、多くの人が一度に洗えるため
ほんの少し待つくらいで利用できます。
お部屋も広めになっていて、バスとトイレは別々になっていて、洗い場があるため小さいお子様も洗いやすくておすすめです。

チェックインは15時からですが、朝6時から仮チェックインをしてもらうことができます。
ディズニーランドで一日夜まで遊んで疲れているときに混雑するフロントでチェックインの手続きをする手間がなく、ルームキーをスムーズに受け取ることができます。
口コミでもスタッフの対応、ホテルのサービスが行き届いていると好評です。

ホテルグランパシフィックLE DAIBA

東京へ遊びに来て、東京ディズニーランドだけではなくあわせて東京観光する人も多いと思います。
そんな人におすすめのディズニーの周辺ホテルが「ホテルグランパシフィックLE DAIBA」です。
東京の人気スポット、「お台場」に建つホテルです。
ディズニーランドで遊び、夜はお台場のレストランでゆっくりと食事をして、次の日にはお台場でショッピング、ゲームなどを楽しむことができます。
お台場には人気スポットとなっている「フジテレビ」もあります。
ホテルグランパシフィックLE DAIBAはフジテレビのすぐ横にあるホテルなので、観光に大変便利な場所にあるためおすすめです。

ホテルグランパシフィックLE DAIBAは、「グッドネイバーホテル」となっていて、ディズニーの周辺ホテルの1つとしても人気があります。
グッドネイバーホテルに泊まって、ディズニーランド、ディズニーシーへ行くと特典があります。
ホテルから東京ディズニーランド、ディズニーシーまで、無料のシャトルバスが走っています。
所要時間は30分ほどです。
事前予約制なので、利用する場合には、オンライン予約、電話予約にてシャトルバスの予約をしておくようにしましょう。
閉園後も、ディズニーランド、ディズニーシーにある駐車場からバスに30分乗っていればホテルまで連れて行ってもらえるので、自分で電車を乗り継いで行くことを考えれば断然楽に移動できます。

夏期には、ホテルでレンタサイクルを行っているため、お台場付近の散策におすすめです。
レストランもありますし、周辺には食事をする施設もたくさんあるため、ゆったりとランチ、ディナーを楽しむこともできます。

お部屋からの眺望も最高で、レインボーブリッジが見えるお部屋、東京ゲートブリッジが見えるお部屋、羽田空港が見えるお部屋など東京の美しい夜景が楽しめるお部屋となっています。
駐車場は1泊1台1,000円と、ディズニーの周辺ホテルよりもかなりお安いため、お台場に宿泊して無料シャトルバスでディズニーランドへ行くと、駐車場代がお得です。

ホテルニューオータニ幕張

「ホテルニューオータニ幕張」は、ディズニーのグッドネイバーホテルの1つです。
周辺ホテルの幕張に宿泊して、ディズニーランド、ディズニーシーへ遊びに行くプランをおすすめします。
ディズニーランドのパークチケット付きの宿泊プランなども充実しています。
グッドネイバーホテルなので、ホテルからディズニーランド、ディズニーシー、それぞれに無料のシャトルバスを走らせています。
予約定員制となっていて、パークからホテルへ戻るシャトルバスのみ1ヶ月前から予約可能となっています。
ホテルからパークへ行くバスについては、ホテルの1Fにあるベルデスクにて到着順にて受付を行っているそうです。
閉園後のシャトルバスは人気なので、早めに予約されることをおすすめします。

車で行かれる場合、駐車場代もかなりの負担となります。
ディズニーのすぐ近くの周辺ホテルに宿泊すると、駐車場代だけで1泊3,000円ほどかかります。
ディズニーランドの駐車場でも1日2,000円かかります。
ホテルニューオータニ幕張では、宿泊される人は滞在中、駐車場代が無料となります。
ディズニーランドへ無料で送ってもらえるため、車をホテルに止めておいて、バスを利用するのがおすすめです。

ホテルニューオータニ幕張では、様々な楽しみがあります。
幕張周辺を散策するのにおすすめなのが、レンタサイクル。
ホテルでレンタルすることができます。
テニスコート、プールもあるため、ホテルでゆったりと滞在して楽しむこともできます。
1日はパークで、1日はホテルで過ごす楽しみ方もあると思います。

ホテルサンルート有明

「ホテルサンルート有明」は、グッドネイバーホテルの中でも新しくておすすめのホテルです。
サンルートチェーン直営のビジネスホテルです。
2009年開業の比較的新しいホテルです。
利用者の口コミによる評価も高く、多くの人がおすすめするホテルです。
臨海副都心の有明地区にあるホテルで、東京ディズニーランド、ディズニーシー、お台場、羽田、成田など様々な方面へのアクセスが便利なホテルです。

ディズニーのグッドネイバーホテルなので、ディズニーランドへは、無料のシャトルバスにて送迎してもらうことができます。
シャトルバスの予約は、オンライン上から24時間受付しています。
完全予約制で、利用日の3ヶ月前から予約することができます。
電話での受付もできます。
電話の場合には、利用日の2ヶ月前から予約することができます。
ホテルからは、7時台、8時台、10時台に出発しています。
ディズニーランド、ディズニーシーからは19時台、20時台、21時台、22時台に出発しています。
所要時間は24分ほどです。
バスでパークの入り口まで24分で送ってもらえるため大変便利です。
周辺ホテルと違って、ホテルの部屋からディズニーランドを眺めるのではなく、臨海副都心の夜景を眺めることができます。

東京に人気観光スポットである、お台場、東京ビッグサイト、キッザニア東京などにも近いため、ディズニーランド以外にも東京観光をする人におすすめです。
駐車場代は宿泊すると1泊1,600円となっていて、周辺ホテルの半額近くで利用することができます。
お台場地区、ディズニーランド、両方楽しみたい人におすすめのホテルとなっています。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 05.07

    関西の朝市

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ