タイヤの保管

この記事は14分で読めます

マンションでもタイヤ保管できる

ご家庭に使っていないものはありませんか?小さいものならどこにでも置いておくことができますが、大きいのもとなると簡単にはいきません。
自宅にあまりに多くのものを置いておくと、見た目も悪くごちゃごちゃして気持ちが悪く感じます。
それがタイヤだった場合どうしますか?しかもマンションにお住まいの方はどうされるでしょうか。
普通に考えると無理と判断してしまいますが、どうしても保管しておきたい方は、ベランダしかありませんね。
いい方法があります。
ストッカーを使います。
ストッカーには小型から大型まであります。
その中で大きめの物ならタイヤも入ります。
これに入れて保管するとベランダにむき出しにしていたタイヤでも、ストッカーに入れて保管すればタイヤの劣化を少しでも防ぐことができます。
しかも、場所があれば室内に保管もできます。
ストッカーに入れることで納戸や押し入れにも保管できてしまいます。
このストッカーはお近くのホームセンターなどでも簡単に購入できますし、車で持ち帰りの際にも、トランクくらいのスペースがあれば十分に持ち帰れます。
しかも、大きいわりに持ってみるとものすごく軽いので、女性の方でも簡単に運べ移動も楽にできます。
価格もそんなに高いものではありませんので、ストッカーを屋外で使われている方も多くいらっしゃいます。
古くなると劣化してしまいますが、屋外に常に置いていても数年は軽くもちます。
大変便利なストッカーです。

スポンサードリンク

タイヤのメーカー

車のタイヤには、どれだけの種類があると思いますか?メーカーやその種類に分けると、とてつもない数になります。
その中でメーカーだけでも今回ご紹介したいと思います。
皆さんお気づきかもしれませんが、一番人気はブリジストンです。
世界第一位で他を寄せ付けない圧倒的な強さをほこります。
タイヤといえば最初に出てくるのは、やはりブリジストンで間違いなさそうです。
次に人気なのがミシュランです。
フランスのメーカーミシュランは高水準でバランスのとれたタイヤとして評価の高いメーカーです。
特にこれが優れているという部分も残念ながらありません。
しかし、この評価は普通じゃありません。
理由として安定しているということです。
この安定こそがタイヤメーカーとして高い評価を作り出しています。
次にグッドイヤーです。
アメリカ市場に絶大な人気を誇るグッドイヤーは、特にレースの世界で評価の高いメーカーです。
F1では信頼度の高いタイヤとして、このメーカーが主流となっています。
トップ3はこのようなメーカーがダントツで上位を勝ち取っています。
それにしても、国内のブリジストンが世界第1位というのは、まあ有名な話ではありますが、考えてみればすごいことですね。
日本の技術が世界に通用しているどころか、世界の1位ですからすごいことです。
ブリジストンは東京に本社を置き国内最大級の超巨大タイヤメーカーです。
これからもずっと世界のトップを走り続けます。

ストッカーを上手く使う

タイヤを保管するコツをお教えします。
一般のご家庭にタイヤを保管する場合は、とても大変です。
場所はとるし目立つし良いことがありません。
そのまま置いておいても邪魔になりますし、おいている場所の周りの掃除もいきとどきません。
綺麗に片付くようにどのように保管するかですが、アパートやマンションの様な場所には、ベランダでの保管が多くなります。
できれば屋根のついている部分においておければ雨を避けるには非常にいい状況にあります。
アパートやマンションでは狭いスペースを上手に使うように努力しなければなりません。
タイヤを置いている場所にシートなどを使いかぶせておくことで、だいぶ目隠しや保管状態はそのまま置いておくよりもいい状態で保管できます。
しかし、さらにいい状態で保管したい場合は、ストッカーというものがあります。
これを使うことで、目隠しになりますし雨や風でタイヤが傷むことから守れます。
さらに日差しからも守ることができますし、いいことだらけです。
もちろん戸建てでも十分つかえます。
広い戸建ての住宅には駐車場があり、広い庭があるお宅にはストッカーは必要ないかもしれませんが、これを一つ置いておくことでタイヤの数が増えてしまった場合に大変役にたちます。
整理整頓にもつながりますのでこれはおすすめです。
タイヤの保管で理想的な場所は風通しのいい場所なのですが、ストッカーでは十分ではありません。
その代わりにたまにストッカーから出して風に当てておくと状態が良く保管できます。

戸建てにタイヤ保管

一戸建てのお宅なら色々な方法でのタイヤ保管方法が提案できます。
駐車場での保管や、裏庭、その他あるようであればガレージやカーポートなど複数のポイントが選択できます。
しかし、そのような場所にそのまま置いていても邪魔になります。
保管方法を考えなければなりません。
その方法を提案していきます。
まず、駐車場や裏庭ですが、ここにそのまま置いていても雨や風にさらされ傷んでいきます。
そのような場所にはストッカーやシートを使うことでほこりや痛む原因から守ることができます。
次にガレージやカーポートですが、ココには屋根があるでしょうから雨をよけることは可能となっていますね。
そこで、このような立派な場所にはタナを設置することで、見た目も良く片付いているように見えます。
安くすませる方法として、鉄パイプを使います。
鉄パイプでやぐらを組み置きたい場所に設置するだけで簡単なタナができてしまいます。
これも高さや幅も自分で設計しておくことが肝心ですが、あらかじめ幅や高さを測っておき、ホームセンターなどで、足場用の組み立てパイプが売っています。
男性の方なら簡単に持てますし、簡単に組み立てまで可能ですので、おすすめのタイヤ保管場所が作れます。
雨をよけることが可能な場所なのか、それとも保管するだけの置き場所が必要なのかで少し変わってきますが、今回紹介した2パターンを覚えておくとその時が来た時にすぐに実行することができます。
覚えておきましょう。

タイヤの種類

タイヤには種類があります。
大きくわけ夏用冬用があるのは一般の知識の少ない方でもご存じだと思います。
メーカーもさまざまあることもご存じでしょう。
しかし、パターンがあるのはご存じでは無い方が多くいらっしゃいます。
このパターンというのは、タイヤの溝の向きをいいます。
この作りで運転がしやすいかどうかが決まってきます。
タイヤのトレッドも知らない方が多いです。
これは使うシーンに分けたタイヤの種類です。
細かく説明します。
まず、レーシングタイヤです。
これは一般の方は使うことはありません。
モータースポーツに使われるタイヤです。
一番多く使われるタイヤはオールシーズンタイヤです。
夏でも冬でも一年中使えるタイヤです。
市販タイヤの中でもエコタイヤやハイグリップタイヤ、コンフォートタイヤがあり、冬専用のスタッドレスタイヤがあります。
エコタイヤは人気があり、車の燃費が良くなることから低燃費タイヤや省燃費タイヤとも呼ばれています。
ハイグリップタイヤは、市販の車の中でスポーツタイプやパワーセダンに向いているタイヤです。
このタイプはタイヤローテーションが行えないものが多いです。
コンフォートタイヤは、大型の車向きです。
セダンやミニバンに良くつかわれています。
大きなタイヤでバランスが取れるように作られています。
最後にスタッドレスタイヤですが、冬限定のタイヤです。
積雪の場所や凍結している場所で活躍します。
タイヤは使い分けると大変走行しやすくなりますが、あまりに使い分けると保管場所にこまります。

タイヤは面倒

車のタイヤは大きくて家庭での保管は面倒です。
戸建ての家庭は駐車場や庭に一時的に保管しておくことは可能ですが、アパートやマンションでは置いておく場所がありません。
戸建てならば裏庭があれば一番いいですが、そんなにスペースが無いようなお宅だと戸建てでも厳しいでしょう。
そもそも車のタイヤはホイールとセットになっているため、個人で別々にされることはそうそうないでしょうから、ご家庭におかれている場合はホイールとのセットの状態と考えられます。
これは邪魔になりますね。
なぜ車についているはずのタイヤが、車と別としてあるのでしょうか。
これは色々な事情が考えられます。
車のタイヤ交換の際に、タイヤだけ購入しようとしショップにいきましたが、ホイールとのセットが目につき、そのホイールごと購入した場合におきます。
以前ついていたものと交換したら元々ついていたタイヤとホイルはどうなりますか?不要になってしまいます。
それを個人としてどうするかです。
購入先で買取をお願いすることもできたはずなのですが、知らない方は持ち帰ってしまうでしょう。
これとは別で、買取依頼したが査定があまりにも安すぎたために持ち帰ってしまう方もいらっしゃいます。
こうなると、持ち帰ったタイヤは自宅に置いておくことになります。
知り合いに譲るとかできればいいですが、できない場合は保管しておくことができないでしょうから、処分するか安くても買い取ってもらうしかなさそうですね。

タイヤラック

大切なものを大切に保管しませんか?今回は自宅やガレージを綺麗に整理整頓できる最高のアイテムを紹介します。
タイヤラックの紹介です。
タイヤラックとはタイヤ専用の棚のことです。
鉄や頑丈なパイプでタイヤを並べる棚を作ってしまうものです。
普段普通に使っているタイヤですが、タイヤは安いものではありません。
タイヤも数種類あるので使い分ける方にとっては、お金のかかった財産です。
貴重なものですから、丁寧に保管できるならそれに越したことはありません。
綺麗に保管しておけば次に使うときはいい状態で使えるというメリットがあるからです。
外で野ざらしにしたり適当に置いていたら最悪はボロボロの状態まで劣化が進んでしまいます。
タイヤのゴムも作られたものですから、使わなくてもいつかは限界がきてしまいます。
今回の様に頑丈なラックを準備したら見た目はすごくシンプルに頑丈な設備がととのいますが、かぜや砂ぼこり対策まではできていません。
タイヤラックは縦に綺麗に整え整理されますので、その上からシートをかけ頑丈に固定すると安心です。
これがガレージなど雨風受けない場所なら、シンプルにタイヤラックだけの使用で綺麗に仕上がります。
組み立てですが心配いりません。
極めてシンプルなものですから、女性でも簡単に組み立てることが可能です。
一つ一つのパーツも比重に軽く組み立て終らたら大きくなりますが、キャスター付きもあるので、持ち運びも楽にできます。

タイヤの交換時期

皆さんは車のタイヤ交換時期はわかりますか。
知っておかないと大変な事態を招いてしまうかもしれません。
少しお勉強しておきましょう。
この交換時期は必ず自分で知っておく必要があります。
というのが、すべてとはいいませんが、ガソリンスタンドの店員さんから声をかけられた経験はありませんか?タイヤ交換しないと危ないですよ、といわれませんでしたか。
本当にそうだった時ももちろんあるでしょうが、良くあるのがまだ使えるくらいのタイヤに対し交換時期ですね。
と営業トークできます。
悪いとはいいませんが、まだ使えるタイヤに対してはどうなのでしょうか。
もったいないですよね。
このトークに騙されないためにも自分で知っておく必要があるのです。
知っておくことで、自分のタイヤはいつごろが交換時期なのかを判断できることで、賢い使い方もできます。
ローテーションです。
前タイヤが傷んできたと判断したタイミングで後輪のタイヤと交換したり、この逆ももちろんあります。
減り方次第では左右の交換も有効です。
ローテーションを判断するには少し知識が無いと判断が難しいかもしれませんので、ショップの店員さんと相談してもいいでしょう。
このようなローテーションをすることで、タイヤの消耗を減らすことができ交換時期の延長につなげることができます。
危険な状態のタイヤとまだ使える状態のタイヤの見分け方を勉強し、学んでおくことで安全に安心して車に乗ることができます。

オートバックスサービス

どうしても自宅にタイヤの保管ができない方が多くいらっしゃいます。
特に雪の多い地域にお住まいの方は苦労されていることでしょう。
夏用と冬用の使い分けをしないといけないですから、それは大変なことでしょう。
使うだけならいいのですが、使わないどちらかのタイヤは保管しておかなければなりません。
自宅には邪魔になります。
このような悩みはないでしょうか。
これをオートバックスは解決してくれます。
タイヤ保管サービスといって、まだ使う予定があるが置き場所が無く困っている方のために、有料での預かりサービスがあります。
これを利用することで自宅の敷地が狭くならずに済んだり、盗難の心配もありません。
預かりまでの流れとしては、タイヤを持ち込み受付をします。
預かりの作業をしたのちに店員さんでの保管作業に移ります。
ただこれだけです。
手続きなど面倒なら考えものですが、そうではありません。
流れとしてはこれだけです。
逆に返してもらう時ですが、タイヤを返していただきたいことを伝えたり、使うタイミングがきたのでそのタイヤに交換していただきたいなど、あなたの自由に使えます。
電話での予約をしておくとすべてがスムーズに進みます。
この時に、持ち込んだ車を夏用から冬用に交換したとします。
今回夏用を取り外ししたので、今回は夏用を預けて帰ることができますから、これの繰り返しができます。
常にどちらかを置いておくことで、使い回しができるとてもいいサービスとなっています。

タイヤ館のサービス

タイヤ専門店のタイヤ館をしっていますか、ここではタイヤのことなら何でもしてくれます。
その一つのサービス内容としてタイヤ保管サービスがあります。
これは、ご自宅にタイヤを置けない、もしくは置きたくない方に提供しているサービスです。
タイヤの専用倉庫を持っているタイヤ館は、保管方法も完璧です。
タイヤのプロがついていますから間違いありません。
預かり方法も引き渡し方法もどちらも簡単手続きで楽々です。
シーズンでの交換を定期的にされるお客様には、特に有効的なサービスです。
自宅に狭い狭いと言いながら無理やり置いているタイヤはありませんか。
一度タイヤ館に預けて自宅をすっきりさせてみてはいかがでしょうか。
他にもこのようなサービスをしているお店や企業様も沢山いらっしゃいます。
その中で店舗の近さやサービスの違いに気づき、自分なりの判断で利用店を決められていいのではないでしょうか。
このサービス利用者の多くは、やはりシーズンによって使い分けるタイヤが必要な方々です。
日本は雪が降り凍結もする地域が多数あります。
日本北部は大雪がふります。
確実にタイヤの使い分けが必要ですし、南部でも山手にすまれている方は凍結時期が来ると冬用タイヤが必要になります。
日本は大変な国ですね。
使い分けることで安全を確保できているのですが、正直面倒だと思いませんか。
しかし、私たちの命はこのタイヤで守られ車で移動することが主流となっています。
タイヤのプロがいるお店にすべてお任せしたら安心ですね。

保管できないなら

どうしても置いておきたいもの、それが車のタイヤだった場合にどうする方法があるのかをご案内いたします。
自宅に保管しておきたいと思うのが普通ですが、そうもいかないことになる場合があります。
場所が無い。
これはどうすることもできません。
最悪を考えると処分するしかないと頭によぎります。
しかも処分するにもお金がかかります。
もったいないですね。
ころを避けどうにか考えたいところで、買取を依頼してみてはいかがでしょうか。
専門のカーショップは車に関するものなら何でも買取が可能です。
しかし、使える物に限ります。
ショップも廃棄物を処分する業者ではありませんから、販売可能な商品を買取されます。
タイヤの状態によりますね。
大きな傷が無いか、パンクしていないか、いつの製造の物なのか、メーカーやサイズ、溝の状態など査定に必要な情報を参考にし価格を決められます。
最悪買取不能といわれる場合がありますから覚悟しておきましょう。
どうしても保管場所がないなら、知り合いの敷地に置かせてもらい方もいますね。
しかし、これはどう考えても相手にとっては迷惑な話です。
できるだけこれは避けておきましょう。
また、実家に置く方も良くききますが、実家の方はいつ持って帰るのか、邪魔になってきたなど後からやはり言われます。
どちらにせよ自分の住まい以外の場所に保管することは迷惑になります。
周りに迷惑をかけることはいけません。
親しき仲にも礼儀を持って接しないといけません。

イエローハットのサービス

まだ使えるまだ使う予定のあるタイヤをお持ちの方はいませんか?そのようなタイヤはイエローハットがお預かりしてくれます。
イエローハットのタイヤ保管サービスです。
重たいタイヤや傷むことを避けたい、邪魔になるなどの悩みを持たれている方のためにイエローハットは保管サービスをしています。
こんなサービスがあったんだと皆さんびっくっりされますが、あります。
有料にはなるので料金はお問い合わせください、各店舗でのお問い合わせをお願いします。
便利なタイミングをいくつか紹介しますと、純正タイヤを使っていました、今回かっこいい社外のホイールがほしくなり購入しましたが、純正をいつか使いたくなることがあるのではないか、使わないといけない時が来るのではないかとの不安から。
保管しておきたいと考えていましたが、自宅に置き場がありません。
不要な様なら廃棄や買取サービスの利用も検討されたらいいと思いますが、今回は必要と考えています。
こんな時はこのサービスに行きつきます。
絶対に役にたちます。
自宅に広い倉庫がある方を見ると、とても羨ましく思えてしまいます。
特に車好きの男性はこの考えが分かられるのではないでしょうか。
男性の夢であるガレージなんかあると最高ですね。
この中に一日中いることができるくらいガレージという空間が好きな男性もいます。
男性の憧れです。
しかし、そんな条件のそろった方ばかりではありません。
このサービスを検討してみてください。

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤとは、積雪や凍結した道路を走行する専用タイヤです。
冬の専用タイヤとして頻繁に使われています。
昔は普通のタイヤにチェーンを巻いて走行していましたが、スタッドレスタイヤの人気によりチェーンは影を潜めています。
普通のタイヤとスタッドレスタイヤを比べると路面に当たる部分が大きな違いがあります。
溝が深くタイヤの面も複雑にできています。
これを見たらわかりますが、夏には向いていないと一目で分かるくらいです。
このタイヤは経歴でご説明すると、1982年にタイヤメーカーミシュランより発売されました。
今や世界を代表するブリジストンやダンロップやヨコハマタイヤまでがスタッドレスタイヤを発売しています。
今だからこれだけの信用があり必要とされているスタッドレスタイヤですが、過去には問題がありました。
この発売をきっかけに冬になるとタイヤを交換するかたが続出しました。
しかしです。
交換したものの雪道の交通事故は増加してしまったのです。
これには問題となりましたが、タイヤの中止までとはいきませんでした。
その理由として、事故は増加したものの死亡事故件数は減る傾向にあったからです。
これは明らかにタイヤの性能が機能して死亡事故にならないまでの一連の流れを作ったからでしょう。
雪道や凍結しているからスタッドレスタイヤなら安全だといくらでもスピードを出していいわけがありませんね。
タイヤも力を発揮する限界もあります。
安全な走行は人が心がけなければなりません。

タイヤの買取店

自宅に不要になったタイヤはありませんか。
邪魔で仕方ないタイヤはないですか?いらなくなったタイヤを手放すなら損して手放したくはありませんよね。
最悪自分で処分しなきゃと思った方いませんか?それは間違いです。
お近くの自治体では処分できません。
ではどのような処分方法があるか、どのような得を勝ち取る方法があるかご案内いたします。
まず仕方なく処分に踏み切った方は、先ほどお伝えしたように自分で処分することはおそらく不可能です。
最終手段としては、1本のタイヤを数百円で処分してくれる場所があります。
それがガソリンスタンドや不用品回収業者です。
ここなら数百円の処分料での廃棄を受けてくださいます。
そして高価買取を実現する方法としては、オークションでの販売です。
中間マージンがかからないオークションなら高額で売れる可能性は高いです。
これにはデメリットもつきもので、すべての作業を自分でしないといけない事です。
慣れていないと時間と手間が非常にかかってしまいます。
そこを考えるとやはりタイヤ買取専門店に売るのが一番いい方法かもしれません。
価格は期待できませんが、簡単に済みます。
タイヤを見てもらい査定が出るのを待つだけです。
ここでは最悪買取が不可能だった場合の無料引取りもあります。
どちらにしても一か所ですべて終わることを目的としていくなら、買取店へ持ち込んだ方が良さそうですね。
あなたの場合はどの方法が当てはまるのか、ご検討してみてください。

置き場所ありますか

お住まいのお宅は不要な物を置いておく場所はありますか?室内には沢山の押し入れやタンスなど荷物や衣類をいれる場所がありますが、室外には無いご家庭が多いでしょう。
外にも荷物を置ける場所があると大変便利ですね。
タイヤなど大きなものを保管する場合は、室外に置き場所を作っておくと綺麗に整理できます。
そんな置き場所を準備してみましょう。
まず、サイズを確認します。
土台になる寸法や屋根の寸法、全体の高さを調べておきます。
土台と屋根寸法は若干違いがありますので、注意が必要です。
次に置き場所のサイズも確認します。
置物自体のサイズより置き場所はさらに広くとりましょう。
ギリギリでの予定にしてしまうと開き戸がきれいに開かなかったりと後から問題が発生してしまいます。
次に値段と品質を確認して購入しましょう。
高すぎる値段の物でも使いたいタイプのものでは無いかもしれません。
安くて品質もよく使いたいタイプの物もありますから、しっかり比較することも重要です。
最後は中身の確認です。
棚板の枚数や幅、扉の開く広さの確認もしておきます。
これだけの確認をして物置を探し準備すると間違いのないものを確実に購入できるでしょう。
物置と置き場所の確認はとても重要になりますから、これを失敗してしまうとすべて台無しです。
サイズ次第では、大きなタイヤサイズを保管できるものもあるので、大きめを準備できるスペースのあるかたはオススメいたします。
これで綺麗に片付きますね。

使わないタイヤ

使わなくなったタイヤに困っていませんか。
手助けいたします。
保管できる場所はそう簡単にありませんね。
戸建ての自宅でも物があふれることを家族に反対されてしまいます。
庭があっても狭くなると反対されどこにも置き場所がなくなります。
自宅でも一人で住んでいるわけではありませんよね。
家族の同意も必要になります。
しかもこれが奥様の反対ときたらタイヤは処分しないといけない方向に向かっていきます。
そこでどうするかですが、きちんとした置き場所を作ることで、置いておくことを承知してくれるかもしれません。
おそらく室内に置くことは女性はいやがるでしょうから、屋外での対応となります。
タナを作るなりしっかりとしたケースに入れるなりすれば見た目も良く置けるかもしれません。
最悪ですが、業者に保管してもらうこともできます。
ディーラーやカー用品の企業は有料になりますが、保管サービスというものがあります。
専門の保管サービスになるので、傷んでいく心配はなくなります。
保管サービスの良い所は、自宅に置いていても盗難にあう危険性がありますが、ここではありえません。
しっかりとした管理のもとで保管されますから絶対に安心といえます。
使わないタイヤは処分してもらうのが一番いい様にも思えますが、まだ使える範囲のものだったら保管しておきたくなりますよね。
大切にする気持ちはとてもいいことです。
どのように保管するのか、どこに保管するのかよく考えてみましょう。

タイヤの寿命

車のタイヤには寿命があることを知っていますか?タイヤには確実に寿命があります。
溝の減り具合で最終的に寿命となること、これは確実に皆さん起きることです。
車に乗っていれば必ず溝は減っていきます。
大きな傷がついてしまった時は縁石などに軽くこすっても、タイヤには大きなダメージが残ります。
その傷の深さ次第では、今後使わない方がいいと判断されたることもあります。
傷は小さいが危ない箇所にある傷もよくあります。
特にタイヤの横の部分です。
地面にあたる部分はとても丈夫な作りですが、タイヤの横を良く触ってみてください。
案外薄い作りになっているのが分かると思います。
ここに傷が入ることで、非常に危険な状態になります。
あとはひび割れなどありますが、このひび割れは一番の曲者であまり使っていない車でもタイヤにはどんどん小さなひびが増えていきます。
これを見落として乗り続けていくとバーストやパンクの原因になります。
こんなに強そうなタイヤでも結局はゴムでできています。
限界はありますから、その限界を見落とさないようにしなくてはいけません。
今回のことを大きく分けると、使い過ぎによる溝の減り方、傷の深さ、劣化してしまった場合のヒビ、このあたりが寿命といえるようです。
寿命が早く来ないようにする方法としては、急激なハンドル操作は控えましょう。
また、女性に一番良く見る、停車中にハンドルを回す行為です。
これは大きな負担となります。
注意してみましょう。

保管方法

タイヤを保管しておく場所はありますか?タイヤの保管方法は知っていますか?タイヤ交換した際に処分料金をとられることがあります。
それを聞いてもったいないから持ち帰りますと返事をし、その後持ち帰ったけど置き場所が無く困っている方はいないでしょうか。
そんな方のために、タイヤを保管するならどのようにしたらいいのかを、少しご説明いたします。
まず、その外してきたタイヤは綺麗ですか?できれば綺麗に洗ってから保管しておきましょう。
外したタイヤにはもちろん汚れがついています。
さらにホイールについていたため油汚れもついています。
油汚れは洗剤でとれますから綺麗に洗って保管しましょう。
ホイール付ならそのままの状態でいいので、タイヤとセットのまま洗ってもらって結構です。
その時ですが、一つ気づくと思います。
ホイール付ならまだタイヤに空気が入っていますね。
その空気は半分くらいまで抜いておきましょう。
タイヤに空気が満タンに入っているまま保管してしまうと、空気圧の影響でタイヤは傷んでしまうからです。
タイヤはゴム製品ですから使わないと劣化していきます。
それをできるだけ避けるための方法です。
覚えておきましょう。
置き方としては、横向きに置いておくのが基本です。
縦置きだと必ず負担がかかってくる場所があります。
それをさけるためにも横向き置きが基本です。
最後は、シートなどで日陰を作ります。
日の照る場所に常に置いていても傷んでしまいます。

屋外に置いているけど

使わなくなったタイヤを部屋に置けないから屋外へ粗末においていませんか?置き方によっては今後使用することが不可能になります。
もちろん処分するつもりで置かれているなら問題ないでしょうが、今後使うかもしれないタイヤを雑においておくと使用不可となります。
屋外に置く場合でも方法を知っておけばまた利用するときにタイヤは活躍できる置き方もあります。
面倒くさく置いておいては使えませんね。
ではどのように屋外での保管をするかですが、簡単なことです。
保管するために使える材料がないなら、少し空気を抜いてシートをしっかりとかぶせ縛っておきます。
最低限これくらいはしておくと、なんとかなるものです。
さらにいい置き方となると、、物置はありませんか。
物置が無いようならタイヤの入るくらいの物置かストッカーと呼ばれる入れ物が売っています。
物置はさすがに高いですが、しっかりしたものが購入できます。
さらに安く済ませたいなら、やはりストッカーの出番です。
このストッカーは大変便利で、使わなくなることがほとんどありません。
その時のシーンに合わせ入れるものを変えると、つねに使い続けることになるます。
タイヤも入るサイズがありますから、そのサイズを一つ持っていれば、たとえタイヤで使うことがなくなっても不要になったものを入れることに使えます。
しかも蓋がついておりロックもかけられます。
持ち運びも便利ですから、これらを使い屋外で保管されることをおすすめします。

オールシーズンタイヤ

オールシーズンタイヤとは、別名夏タイヤとも呼ばれています。
その名の通り一年中使うことに向いているタイヤです。
極端に雪の降らない地域なら年中これ一本で走行可能です。
ある程度しか雪の降らない場所ならこのままでの走行も可能です。
地域でわかると思いますがオールシーズンタイヤで一年中大丈夫なのか、冬になるとスタッドレスタイヤに効果した方がいいのか判断は必要になってきます。
無理やりこのタイヤで雪道を走行しても効果が発揮できる限界があります。
自分の愛車をぶつけたりしないで済むためにもタイヤの性能が発揮できる範囲はしっておきましょう。
ちなみに取扱メーカーですがら、ブリジストンやダンロップ、ヨコハマタイヤ、ファルケンにグッドイヤーなど当然ではありますが、どのメーカーも販売されています。
それぞれのメーカー独自のパターンや性能はバラツキがあったり違いがあったりと、何故こんなにちがうのかとかこんなパターンがあるのかなど、各メーカーの商品を見ていると違いがわかったり新たな発見ができることも非常に楽しい一面です。
タイヤの進化は世界三大メーカーであるブリジストン、ミシュラン、グッドイヤーが最先端で活躍してきました。
この三大メーカーで今後も世に最高のタイヤを提供していくことになりそうですが、他メーカーも十分な力や技術をもっていますので、このトップ争いにも注目していきたい所です。
日本はまだまだ世界に通用するタイヤを送り出せる力をもっています。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ