スーツケースと車輪

この記事は15分で読めます

スーツケースの車輪について

旅行に行く際に欠かせない道具と言えば「スーツケース」だと思います。
このスーツケースには車輪が付いていて、この車輪が付いている事で楽に動かす事が出来る様になります。
ですからスーツケースには車輪は欠かせない重要パーツという事になります。
そんな車輪は大きい物も小さい物もありますが、一番大切な事はと言うと、車輪の耐久性ではないかと思うのです。
車輪はいつでも地面についている部分で有りますし、衝撃や摩耗が常にされている部分ですので、結構破損しやすい部分だと思うのです。
スーツケースを買い直そうと言うケースと言うと、スーツケースの本体が壊れてしまうと言うのもありますが、車輪を使い込みすぎて寿命になってしまうと言う場合もあるのです。
その割合は車輪の寿命の方が多く、ボディ自体は何ともないのに車輪が寿命になってしまったから買い替えなければならないと言う場合が多いと言います。
そんなスーツケースの重要パーツである車輪ですが、大きい方が良いと言う物ではありません。
強度や耐久性によって消耗度合いが変わってきますので、こうした点を見極めてスーツケースを購入する必要があると思います。
もちろん値段にも比例する部分があると思いますが、値段が高いからと言って必ずしも消耗しにくいのかと言うとそんな事も有りませんので、どのメーカーのスーツケースが長持ちするかなど、耐久性を含めてインターネット等で口コミで調べてみると良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

スーツケースのオススメの選び方

どういった事をポイントにしてスーツケースを選ぶと良いのでしょうか。
デザインだけで選んでしまっては、実際に使う時に使いにくいと言う事もありますので、これから挙げるポイントを是非参考にしてみてください。
先ずは「値段」です。
何かを購入する際、出来るだけ安い方が良いと言う考えもありますが、スーツケースの場合は安すぎるとやはり壊れやすいと言う場合が多いですので、選ぶ際には注意が必要になります。
もちろん高い方が丈夫かもしれませんが、そこまでスーツケースにお金をかける事も有りませんので、適度な値段の物を選ぶ様にしましょう。
次に「重さ」です。
スーツケースを飛行機に乗せる場合、重さや大きさに制限が設けられていて、車輪込のサイズで大きい物、規定重量を超えているスーツケースに関しては追加料金が取られる様になっています。
この追加料金が航空会社によって変わってきますが、数千円?数万円となる場合もありますので注意が必要です。
スーツケース自体の重さが軽い程、中に入れる荷物をたくさん入れる事が出来る様になりますので、スーツケースの重さも重要視する事がポイントになります。
また「大きさ」に関しても車輪込で3辺の長さが規定以内じゃなければ、追加料金となります。
ぎりぎりの大きさでも良いですが、サイズが大きいと壊れやすいと言うデメリットも出てきますのでその点を理解して購入する様にすると良いでしょう。
最後に「丈夫」という事も重要なポイントとなります。
破損しやすいスーツケースだと、いざ旅行先に行って困ることになったり、1回の旅行で使えなくなったりしてしまいます。
こうしたポイントを踏まえた上でスーツケースを選ぶ様にすると良いと思いますよ。

値段によるスーツケースの性能の違い

スーツケースにはたくさんの種類が有る為、値段もピンキリとなり、安い物は数千円と言う物から高い物は数十万円と言う物もあります。
この様にたくさんある種類の中で、値段によってどの様にスーツケースを判断する事が出来るのでしょうか。
基本的には値段が高い程、頑丈に作られている傾向にありますし、値段が安いと壊れやすいと言う傾向が見受けられます。
もちろん使い方次第で高いスーツケースでも壊れてしまう事も十分にあります。
サイズが大きい物が良い、車輪が大きい物が良い、車輪の大きさによって運びやすさが違ってくる等、色々有りますが、ここでは値段と性能の違いについて挙げてみたいと思います。
【1万円以下】
出来れば避けた方が良いスーツケースです。
運びにくい、壊れやすい等、デメリット部分が多い傾向が有ります。
【1?2万円】
安価な物よりは頑丈に作られていると思いますが、傷がつきやすい、ボディが凹みやすい等の傾向が見受けられます。
中には丈夫な物もありますので、選ぶ際の見極めは難しいかもしれませんね。
【2?3万円】
比較的このくらいの値段になると、使いやすいですし、車輪も大きいですし、頑丈になってくると思いますし、デザイン性にも持っていて楽しくなる物がたくさんあります。
一番オススメの値段帯ではないかと思います
【3万円以上】
性能面に関して言えば、文句の付けようが無いスーツケースとなります。
頻繁にスーツケースを使う方であれば、一番オススメの値段帯だと思います。
但し、装飾品によって値段が上がっていたりする場合もありますので、よく見極めて購入すると良いでしょう。

スーツケースの選び方【鍵】

セキュリティに関してもスーツケースを選ぶ際のポイントにしなくてはいけません。
スーツケースは常に自分達の手元に置いている訳ではなく、飛行機に乗せる際には預けなくてはいけないので手元から離す事になります。
選ぶポイントで車輪が大きい方が良いとか、強度が強い方が良いとか色々有りますが、こうした際に万が一と言う事態もあり得るので、スーツケースを選ぶ際にはセキュリティ面を含め鍵について考えていかなくてはいけません。
最近のスーツケースには色んなタイプの鍵が取り付けられています。
南京錠タイプ、カードキータイプ、ダイヤルロック式タイプ、シリンダキータイプとさまざま有ります。
どの鍵が付いているスーツケースが安全なのかと言うのは一概には言えませんが、絶対的に言えるのは鍵がかけられるタイプのスーツケースを購入するのが安心となります。
近年はアメリカに行く際には「TSAロック」と呼ばれるシリンダーロック形式の鍵が付いていないと入国できないと言うシステムも有りますが、基本的にはスーツケースの鍵は開けるまでの時間稼ぎをする為に有ると言っても良いと思いますので、ロックさえ出来ればいいと言う考えで良いと思います。
TSAロック形式のシリンダーロックの鍵は、鍵穴が有って鍵を使って開けるタイプの鍵になります。
また少し前までメジャーだったのがダイヤルロック式と言って、3?4桁の数字で暗証番号を作って、それを合わせる事でロックする事が出来るタイプの鍵も有ります。
その他にも鍵穴が無い、マグネットロックと言うタイプの鍵も有りますし、カードロックも有ります。
色々鍵のタイプが有りますが、スーツケースの車輪が大きい等の他にも、自分が旅行に行く場所なども考慮してスーツケースを選ぶ際に鍵やセキュリティ面にも目を向ける必要があると思います。

スーツケースの選び方【車輪の数】

ハードケースタイプとソフトケースタイプの2種類に大きく分けられるスーツケースですが、これらのスーツケースには車輪が2輪のタイプの物と、4輪のタイプの物が有ります。
スーツケースを選ぶ際に大きい物が良いとか小さい物が良いとか色々有ると思いますが、この車輪の数についても選ぶポイントとなるので覚えておくと良いでしょう。
先ずは2輪のタイプのスーツケースですが、車輪自体が1方向に固定されて取り付けられているので、スーツケースを傾ける様にして真っ直ぐ引っ張って歩くと言う場合に便利です。
また2輪の場合は4輪の場合よりも大きい車輪が取り付けられている事が多い為、比較的段差が有る場所など、悪路に使用する場合に適している車輪ではないかと考えられます。
対して4輪のタイプのスーツケースですが、安定性と言う面においては2輪と比較して抜群に良いと言って良いと思います。
4輪の場合はスーツケースを傾けなくても引っ張る事が出来たり、色んな方向に動かす事が出来る為、狭い所を引っ張る時に便利です。
また4輪の場合は腕に負担をかけずに引っ張ることが出来る為に、重い荷物を運ぶ時に便利です。
こうして考えてみると車輪の数が2輪であろうと、4輪であろうとメリット・デメリットがある事が分かる為、用途に応じて選ぶ必要があると思います。
比較的スーツケースを運ぶ機会が少ない様な旅行の場合は4輪タイプの物が良いでしょうし、スーツケースを常に持ち運びながら歩く旅行の場合は2輪タイプの物が良いでしょうし、用途に応じて選ぶ様にすると良いと思います。

スーツケースの選び方【サイズ】

様々なサイズのスーツケースが有ります。
2?3泊用の小さいサイズのスーツケース。4?5泊用の中位のサイズのスーツケース。1週間用の大きいサイズのスーツケース等、様々なサイズのスーツケースが有り、どのサイズを選ぶかはその人の用途によって違ってきます。
どのサイズのスーツケースでも車輪の大きさが違っていたり、引く部分が違っていたり、ボディの柔らかさが違っていたりと色々違いますので、そこは好みに応じて選んでいくと良いでしょう。
ちなみに旅行上級者は大きいサイズのスーツケースではなく、荷物を最小限にして小さいサイズのスーツケースを選ぶ傾向が有る様で、車輪を大きくして運びやすいタイプの物を選ぶ事も多い様です。
規定は国際線や国内線、それぞれの航空会社によって違いますが、スーツケースを預け入れる為のサイズの上限が決まっています。
平均的に車輪を含めた3辺の合計が160cmまでと言う所が多い様です。
それ以上の大きさのスーツケースの場合は、超過サイズによって超過料金を支払わなければなりませんので注意が必要になります。
ですから基本的にはこのサイズ以下のスーツケースを選んでおくと無難だと思います。
今は旅行鞄ショップには手荷物預け入れサイズ、機内持ち込みサイズと言う様に表記がされて販売されている事が多いですので、ポイントとして見ておくと良いでしょう。
ただし実際にスーツケースを目の当たりにしても、そのサイズが大きいのか小さいのか分からない場合が多いですよね。
その場合は、インターネットでスーツケースショップで出されている画像を見てみるとイメージが湧きやすいと思いますので参考にすると良いでしょう。

スーツケースの選び方【ハード・ソフト】

ハードタイプとソフトタイプ、大きく分けて2つのタイプがスーツケースには有ります。
ハードタイプは硬いジュシデ作られているスーツケースで、ソフトタイプは布地で作られているスーツケースになります。
イメージとしてソフトタイプの方が強度や耐久性と言う面でハードタイプより弱いのではないかと言うイメージが有りますが、現在はソフトタイプはより頑丈に、ハードタイプはより軽量に製造されている傾向に有る事から、強度や耐久性にはさほど差が無い様な感じとなっている様です。
その為、ハードタイプとソフトタイプのどちらのスーツケースを選ぶかは使う方の好みの問題になってくるかと思うのです。
比較的大きいタイプのスーツケースの場合は、ハードタイプのスーツケースの方が多く製造されている様ですし、小さいタイプのスーツケースにはソフトタイプのスーツケースもたくさん製造されている様に感じます。
車輪に関してもハードタイプとソフトタイプとでは変わらない車輪を使っていると思いますので、好みの物を選ぶと良いでしょう。
車輪が大きい程、耐久性と静音性が増すと考えられますので覚えておくと良いでしょう。
耐久性や強度はBodyが何で出来ているかと言うよりは、メーカーによって差が出てくる様に思えますので選ぶ際にはどのメーカーのスーツケースを選ぶかも考慮すると良いでしょう。
値段や軽量性と言う面ではソフトタイプの方が優位だと思いますので、その点もスーツケースを選ぶポイントとして覚えておくと良いと思います。

スーツケースの選び方【静音】

あの「ガラガラ」と言う音。
スーツケースを引く際に結構音が大きいなと感じた事はないでしょうか。
音を比較的小さくする方法としては車輪が大きい物、2輪のタイプの物を選ぶ様にすると良いと言われています。
しかし大きいスーツケースを持っていきたいと言う場合、2輪のタイプの物だと動かしにくくなってしまいますよね。
では音が大きくても4輪のタイプのスーツケースで我慢しなくてはいけないのでしょうか。
そこでオススメしたいのが「静音タイプの車輪」が付いているスーツケースを選ぶ事です。
静音タイプの車輪には音が出にくい様に車輪の中にスプリングが入っています。
これによって運ぶ時の衝撃が吸収され、音が出にくくなると言う仕組みになっています。
この静音タイプの車輪は比較的大きいタイプの車輪になりますので、安定感もよくなりますし4輪のスーツケースでも静かになると言う事になります。
近年この様に静音タイプの車輪が付いたスーツケースが多数販売される様になってきています。
もしも現時点でスーツケースのガラガラとした音が気になっている方で、今後新たにスーツケースを購入する場合は、こうした車輪が付いたスーツケースを選ぶのも良いですよね。
また通常の車輪が付いている物から静音タイプの車輪に交換できると言うスーツケースもあると思いますので、気になる方はメーカーに問い合わせてみると良いと思います。
音が小さくなるだけで、より快適にスーツケースを運ぶ事が出来る様になりますよ。

スーツケースメーカー【リモワ】

デザイン性も高く、高品質で高機能のスーツケースメーカーとして有名なのが「リモワ」と言うスーツケースメーカーです。
創業は1898年と100年以上も続いているブランドで、今でも旅行者の為により高品質で高機能なスーツケースを製造していく様に日々追求し続けているメーカーだと言えるでしょう。
その品質の高さから、上流階級の方々が好んで使っていた事や、長年愛され続けてきた事も有る事から、その品質が確かな物で有る事が伺えると思います。
リモワでは旅行者の為に常にスーツケースを追求し続けている事も有り、常に最先端技術を取り入れて開発しているそうです。
1930年代にはその頃の最先端だったアルミ素材を使い、2000年には今では定番とも言えるポリカーボネート素材を使ってスーツケースを製造しています。
大きいスーツケースから小さいスーツケース、車輪も大きい車輪から小さい車輪、静音タイプ等、幅広いタイプのスーツケースが取り揃えられています。
リモワの代表的な製品と言うとジュラルミン製のパーズシリーズのスーツケースで、一度は持ってみたいスーツケースとして憧れている人も多い様です。
近年ではより軽量化を目指すと言う事で、大きいタイプのスーツケースでも4kgに満たないと言う軽さのサルサシリーズと言うスーツケースも登場しています。
これは軽量素材のポリカーボネートを使用し、フレームは金具を使用しないでファスナーにする事で軽量化を実現させています。
こうした事からリモワのスーツケースはとても人気が高いメーカーとなっているのです。

スーツケースメーカー【サムソナイト】

「サムソナイト」は世界的に最も有名なスーツケースメーカーと言っても良いと思います。
サムソナイトのスーツケースを1度は使ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
大きいスーツケースから小さいスーツケースまで、車輪も色んなタイプの車輪も有りますので趣味に合わせて色々お選びいただけます。
創業は1910年となっていてアメリカのコロラド州で創立されました。
当初はとても丈夫なトランクを製作販売していたそうで、その他は小さい旅行鞄だけを販売していたそうなのです。
その後このトランクを元にしてスーツケースを販売する様になっていったそうです。
サムソナイトのスーツケースには最新の技術やデザイン、素材などをふんだんに使用し、世界中で人気のスーツケースを多々世に送り出しています。
現在のサムソナイトは2種類で展開されています。
1つ目はオリジナルのサムソナイトで、大きい物や小さい物、大人様な子供用と言った感じで豊富なスーツケースを取り揃えて販売しているそうです。
もう1つはブラックレーベルと言って、オリジナルのサムソナイトとは一線を画して高級路線を行くスーツケースとなっています。
高級な素材、高機能、最新技術を駆使したブラックレーベルは、サムソナイトの中でも特に憧れている人が多いラインだと思います。
しっかりしたスーツケースが欲しいと思っている方は、是非一度サムソナイトのスーツケースを見に行って試してみてはいかがでしょうか。

スーツケースの車輪が壊れた場合

どうしてもスーツケースは使用していると色んな所が傷ついてくると思います。
特に車輪は常に酷使されている部分でもありますので、壊れやすい部分だと思うのです。
また車輪だけではなくて、飛行機の貨物室に積み込むときに投げられたりして乱暴に取り扱われる事が多くて、ボディも鍵の部分も壊れてくることが多いです。
先ほど挙げた車輪部分ですが、擦り減ってきたり、破損してしまったりする事が多々あります。
これは車輪が大きい小さい関係なく、車輪の消耗度で破損度合いも変わってくると思います。
車輪が壊れてしまった場合、修理をすると直ります。
同じようにボディが壊れても取っ手が壊れたとしえも修理をすると直りますが、スーツケースのパーツはあまり一般的には売られていませんので、実際に自分で直すのは難しいと思うのです。
そう考えると車輪やほかの部分が壊れた場合、メーカーに問い合わせて直してもらうか、買い替えた方が良いと思います。
大手のメーカーのスーツケースの場合は、アフターフォローも万全な所が多いですので、一度聞いて値段を出してもらうと良いかもしれませんね。
またメーカーじゃなくても車輪を直してくれる業者と言うのも有りますので、一度調べてみると良いと思います。
近場に有る様であれば、買い替えるより安い値段で直す事が出来ると思います。
大きいスーツケース、小さいスーツケースと言うのは関係なく、車輪は壊れやすい部分だと思いますので、壊れた場合の修理方法は覚えておくと良いと思います。

スーツケースの選び方【開閉部分】

大きい車輪や大きいスーツケース等、スーツケースを選ぶポイントは人それぞれ違うと思います。
ここではスーツケースの閉まる部分についてどのような種類が有るか挙げてみたいと思います。
先ずはフレーム式のスーツケースです。
これはスーツケースのボディ部分と、蓋の部分にフレームが巻かれているタイプの物となります。
このフレームの多くはアルミ製の物で、スーツケースが受ける衝撃を緩和させてくれる働きが有ります。
とはいう物の、衝撃が大きすぎてしまうとフレーム自体が歪んでしまう為、ずれてしまい、閉まらなくなってしまう可能性が出てきます。
その為、フレーム式の物を選ぶ場合は幅が大きいタイプの物を選ぶ様にすると良いと思います。
次はジッパータイプのスーツケースが有ります。
スーツケースのボディをぐるっと1周回して開閉させるタイプのスーツケースになります。
このジッパーがしっかりしたメーカーの物でないと、途中で引っかかってしまって閉まらなくなってしまう可能性が有りますので、実際に購入する際にはジッパーの開閉をしてスムーズに開閉できるタイプのスーツケースを選ぶ様にしましょう。
フレーム式とジッパー式ではジッパー式の方がセキュリティ面に不安が有るのではないかと言う考えもある方が多いと思いますが、実際にスーツケースのジッパー部分を切り裂いて荷物を持っていくと言うよりは、スーツケース自体を持っていく人が多いと思いますので、セキュリティ面に関してはどちらも同じと考えて良いでしょう。
車輪や大きさだけでなくて、開閉部分についても選ぶポイントとして考慮する様にしましょう。

スーツケースをレンタルしよう

海外旅行や国内旅行等、旅行に行く際に多くの方が利用するのがスーツケースですよね。
スーツケースには大きい物から小さい物まで有りますし、車輪も4輪や2輪の物等、多種多様のスーツケースが有ります。
しかし大きいスーツケースが欲しい、車輪は4輪の物が欲しい等と思っていたとしても、住宅事情によっては買ったスーツケースの収納場所に困ってしまう事も多いと思うのです。
そこでオススメしたいのがスーツケースのレンタルサービスです。
ここではレンタルのメリット・デメリットについて挙げてみたいと思います。
先ずメリット面ですが、使わない時の収納場所を考えなくて良いと言うメリットが有ります。
使いたいときだけ借りてくれば良いのですから、収納場所を考える必要が無いため、場所を取らなくて済みます。
次にサムソナイトやリモワと言った有名スーツケースメーカーのスーツケースを格安で使う事が出来ます。
購入するとなると高いですけど、レンタルであればいつでもお気に入りの高級メーカーのスーツケースを格安で使えるのでお得ですよね。
次にデメリット面ですが、レンタルですので色んな人が同じスーツケースを利用しています。
その為、神経質な方の場合、レンタルする事に対して抵抗を感じる事が有ると言うデメリットが有ります。
またいくら買うより安いと言っても、ある程度のレンタル代がかかり、安いスーツケースであれば買えてしまうのではないかと言う位の値段になる事も有ります。
こうしたメリット・デメリットをよく考慮した上でスーツケースのレンタルを利用すると良いでしょう。

スーツケースの飛行機でのトラブルについて

機内持ち込み出来ない様な大きいスーツケースについては、必ず空港で預けなければいけません。
自分の手元から離して預ける訳ですから、そこには当然トラブルと言うのも存在してきます。
トラブルを避ける為には、大きいサイズではなく機内持ち込み出来るサイズのスーツケースを利用する様にして、常に自分から肌身離さず持って歩くのが理想です。
車輪が付いているスーツケースは移動させやすいです。
車輪も4輪であれば更に移動させやすいですので、トラブルを回避したい方にはオススメです。
ではどの様なトラブルが有るのか挙げてみたいと思います。
先ずはスーツケースが破損される可能性が有ると言うトラブルです。
スーツケースは基本頑丈にできています。
それを見越して従業員は預け入れのスーツケースを飛行機内に詰め込んでいきます。
この際、結構乱暴に扱われている様で、傷がついたり、凹んだり、車輪が取れてしまったりと言うトラブルが結構多いそうです。
次にこれは稀ですが、飛行機を降りて荷物をピックアップする際、自分のスーツケースが出てこないと言うトラブルが起きる事が有ります。
これは航空会社のミスで違う便にスーツケースを詰め込んでしまったとか、空港スタッフのミスで詰め込み自体を忘れられてしまったとか、そういった事情で起こる可能性が有るトラブルです。
こうした際は、預入時に預かったシールと航空券を持って空港内のカウンターで対処してもらいましょう。
こうしたスーツケースに関するトラブルは多々有りますので、対処法等を覚えておくようにしましょう。

スーツケースに入れる荷物を減らしましょう

いくら大きいスーツケースを購入したとしても、車輪が大きいタイプのスーツケースを購入したとしても、スーツケースの中に入れる荷物の量が多ければ重さが重くなってしまい、最悪の場合重量オーバーになって超過料金を払う羽目になってしまう事にもなりかねません。
車輪やスーツケースの大きさを考えるよりも、先ずはスーツケースに入れる荷物の量を減らす事を考えてみるのはどうでしょうか。
先ず、荷物の中で一番場所を取るのが衣類になります。
旅行日数分の下着や洋服を持っていくとなるとかなりの量になりますので、洗濯洗剤を持参して現地で洗濯をする様にすると少し衣類が減ることになります。
洗濯した後はタオルを使い、タオルの中に濡れた洗濯物を入れて踏みつけてみてください。これで脱水が出来る様になります。
その後にハンガーに吊るして干しておくと良いでしょう。
もしも洗剤を持っていかなかった場合は、ホテルに備え付けのシャンプーやボディシャンプーを使って洗っても良いと思います。
これだけでもかなり衣類が減りますが、更に衣類用の圧縮袋と言うのも有りますので、それを使う事で随分とスーツケースの衣類が占める割合は減る様になると思います。
衣類用の圧縮袋を使う場合は、皺になっても良い様な下着類を入れる様にすると良いと思いますよ。
この様にして少しずつスーツケースに入れる荷物の量を減らしていくと、帰りのお土産を入れるスペースがたくさん出来る様になると思いますよ。

スーツケースの選び方【TSAロック】

車輪が大きい小さい、車輪が4輪2輪、スーツケース自体が大きい小さい等、スーツケースを選ぶポイントは色々有ります。
新たにスーツケースを購入する場合、大きい小さいに関わらずTSAロックが付いているスーツケースを選ぶ様にした方が無難ではないかと思います。
記憶にある方も多いと思いますが、アメリカでは同時多発テロが起こり、多くの尊い犠牲者が出てしまいました。
その後、アメリカ国内の飛行機移動、アメリカ国内に入国する際にはセキュリティチェックが厳重となり、爆破物や危険物検査が行われる事となりました。
TSA職員が荷物の検査を行う際にスーツケースを開けて確認しているのです。
TSAロックはアメリカ運輸保安局で認可されている鍵の事で、このロックが付いているスーツケースの場合は、TSA職員が専用の鍵を使ってスーツケースを開ける事が出来るのでスーツケース自体に傷が付く事は有りません。
TSAロック以外の鍵がかかっているスーツケースに関しては切断、破壊をされて検査される事となり、国の取り決めによって、この破損に関してはアメリカ側は責任を負わなくても良いと言う取り決めがされている様です。
もしもTSAロックが付いていないスーツケースでアメリカ国内に旅行に行く際には鍵をかけないで預け入れると大丈夫です。
鍵をかけたいと言う場合にはTSAロックをしなくてはいけません。
これはアメリカ国内に旅行に行く場合だけに限った話になりますが、新たにスーツケースを購入する場合は、TSAロックが付いているスーツケースを選ぶと良いでしょう。

スーツケースの選び方【メーカー】

有名なスーツケースメーカーでも、無名なスーツケースメーカーでも、多くは海外で製造されているのが現状です。
多くの人が有名メーカーの方が安心として購入していますが、有名メーカーと無名の安価メーカーではどのような違いがあるのでしょうか。
有名メーカーと激安の無名メーカーではスーツケースを製造する為の原価にさほど差が出ない様です。
では同じような性能のスーツケースを製造した場合、有名メーカーは30000円、無名激安メーカーは9800円と言う値段の差が出てくるのでしょうか。
ここにはアフターサービス料、広告宣伝費料、販売店に対する利益料等が含まれていると言っていいでしょう。
これによって各メーカーや販売店は利益と言うのが出る仕組みとなっています。
逆に激安無名メーカーではスーツケース自体の値段を安くすると言う事は、利益が出にくくなると言う事になります。
だからと言って粗悪品のスーツケースを製造する訳にはいきませんので、利益を出す為に一工夫が必要になってくると言う事になってくるのです。
例えば車輪のグレードを低くしたり、各部品のグレードを落としたりすると言う事が挙げられます。
値段が高い場合は、車輪も良い物を作っているのでスーツケース自体を引っ張っても音が静かと言う様な特徴がありますが、激安メーカーではこうした静音性にはこだわらずに大きい音が出ても良いからグレードが低い車輪を使うと言う様な感じです。
また激安メーカーでは小売店を介さず、ネットショップを使う事で人件費や固定費をカットする事でコストを抑える事が出来ます。
こうしたことを考えると、無名だから激安だからと言って必ず粗悪品であるとは限らないと言う事になるわけです。
大きいスーツケースが欲しいと言う感じで、スーツケースを探す場合、メーカーの有名・無名と言う事だけでは選ばない様にする事も大切なのです。

スーツケースの購入場所

実際にスーツケースを購入する際、どこで購入するのが一番良いのでしょうか。
基本的には実際に見てスーツケースを購入したいと思う方が多いと思います。
車輪が大きいかとか、サイズはどの位なのかとか、実際に引いて歩いてみた感じはどうなのかとか色々自分なりに選ぶ基準はあると思いますので、それを見て体験して購入したいですよね。
しかし実際にスーツケースを取り扱っている専門店と言うのは少ない様に感じます。
大型のショッピングセンターに行くと旅行鞄専門店の様なショップが入っている事が有りますが、種類が少ないとかセール品で機能自体がそんなによくない物が置いてあったりとか、選びにくいかもしれません。
またそうした所で有名メーカーのスーツケースを購入するとなると値段が結構高い設定になってくると思います。
また、車輪の大きさを比較したいとか、気に入ったスーツケースの大きいサイズの物が欲しいと思っても直ぐに確認できない場合も多いですよね。
そこで、オススメしたい購入方法となるとやっぱりインターネットだと思います。
実際の店舗に行って実物を確認してみてから、お気に入りのメーカーを把握し、それをインターネットで検索してみるだけで、たくさんヒットされると思いますし、実際の店舗で見つける事が出来なかったスーツケースも簡単に探す事が出来るのです。
更にスーツケースの場合、送料が無料とされているネットショップも結構多い為、重い思いをして持ってくる事なく、自宅に無料で届けてくれると言うのも魅力ですよね。
この様に、お目当てのメーカー、車輪の大きさ、スーツケースの大きさ等をきちんとリサーチした上でインターネットを利用して購入するのが一番お得な購入方法ではないかと思います。

スーツケースのオススメの選び方【値段】

車輪が大きいスーツケース、サイズが大きいスーツケース等、色んなスーツケースの選び方があると思いますが、車輪や強度と言う様な物はパッと見ただけではよく分からないと言う事の方が多いのではないでしょうか。
一番簡単なスーツケースの選び方ですが、価格を見てみると良いかもしれません。
そんなにスーツケースを使う頻度が多くないのであれば、通常は1?2万円台のスーツケースを選ぶと良いと思います。
1万円以下のスーツケースになると、耐久性もそんなに無い物が多い為、ちょっと乱暴に扱われてしまうと破損してしまう場合が多い様に思うからです。
逆に3万円以上のスーツケースを購入する場合ですが、値段が高いからと言って絶対に壊れないと言う訳ではないからです。
もちろん値段なりの耐久性やデザイン性や機能性はあると思いますが、普通のスーツケースと比較すると耐久性が有ると言うレベルで、やはり大きな衝撃が加わってしまうと破損してしまう事となります。
もちろん破損してしまう場合は、それなりの衝撃が加わる事になりますが、こればかりは運次第と言うしかないかもしれませんね。
以上の事を踏まえて考えてみると、1?2万円台のスーツケースを購入すると言う事が一番オススメのスーツケースの購入の仕方と言って良いと思います。
その値段の範囲内で比較的強度が強い物、耐久性が良い物、スーツケースのサイズが大きい物等を選ぶ様にしていくと良いのではないでしょうか。

どんな車輪が付いたスーツケースを選べばいいのでしょうか

スーツケースを選ぶ際、車輪の耐久性等を考慮して購入すると良いと言う様に言われていますが、実際にどのような車輪が付いているスーツケースを選べばいいのでしょうか。
スーツケースを製造する際、個々のメーカーではボディと車輪は別のメーカーが製造しているそうです。
基本的なスーツケースメーカーはボディを製造していて、車輪などの付属のパーツ類は、それ専用のメーカーで作られていると言います。
従って、違うスーツケースメーカーのスーツケースでも、同じパーツメーカーの車輪を付けていると言う事も少なくないと言います。
また、同じスーツケースメーカーでも、スーツケースの種類によって使われている車輪も違ってきますので、一概にこのメーカーのスーツケースが良いとも言えなくなってきます。
よく大きい車輪のスーツケースの方が消耗も少なく、長持ちすると言われています。
例えば車輪が大きいとスーツケースが転がりやすくなるので、移動させやすくなりますよね。
また車輪が大きい事で段差等でも車輪が引っかかる事がなくなるので、動かしやすくなるメリットが有ります。
また車輪が大きいと地面と摩擦する回数も少なくなるため、消耗がしにくくなると言うメリットが挙げられています。
対して車輪が大きい事で色んな所にぶつけやすくなるので、破損しやすくなると言うデメリットもあると言います。
とはいう物の、最近は車輪の大きさでそこまで差がある物でもないみたいですので、自分で動かして試してみる等、実際に試すとか、口コミでどのメーカーのなんていう種類のスーツケースが良いのかと言う物を調べる方が良いかもしれませんね。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ