シミを防止する食べ物

この記事は14分で読めます

シミを消すために最も大切なこととは!?

シミができてしまったからと、放っておいてはいませんか!?
できてしまったシミは、できるだけ早く対処をすることがシミを消す秘訣なんです。
できるだけ早めにシミを消すためにできることをするのです。
そこで、シミを消すために大切なこととは何なんでしょうか。
みていきましょう。
メラノサイトが、メラニン色素を常に作り出すことにしてしまっても、解決方法があることがわかってきました。
それは、『もうメラニン色素を作らなくても大丈夫!』という状態を作る、ということなのです。
肌が改善されて、いい状態が 維持できれば、メラニン色素を作り続ける、という習慣に終止符を打つことができる!、というわけなのです。
肌に害を与えることを極力減らして、肌の状態を改善する、肌が喜ぶようなことをいつもする、ということです。
具体的には、 紫外線を避ける、肌にいい栄養素を摂り入れるなどです。
ビタミンCは肌が喜ぶ物質のひとつで、とても大切なものなのですが、摂るのが難しい栄養素でもあるのです。それは、ビタミンCがとても壊れやすい性質だからなのです。
ビタミンCの働きのひとつに、紫外線を浴びたあとの、 メラニン色素の過剰な生成を抑える、
というものがあります。
なんと、ビタミンCはシミを治すだけではなく、しわも改善してくれるってご存じでしたか!?
ミンCは、肌の張りを保つ、コラーゲンを作る働きもありますので、しわを予防・改善してくれるなんて女性にとっては、神のような存在ですね♪

スポンサードリンク

シミ対策にいい栄養素とは!?

シミを消したいと思った時に積極的に摂りたいビタミンC。
この栄養素は誰もが知っている代表的な栄養素ですよね。
シミにイイとされている栄養素は、実はビタミンC以外にも沢山あるんですね。
皆さんご存じですか!?
肌の代謝を高め、新陳代謝を正常にする作用がある栄養素である、ビタミンB2。
こちらはメラニンの排出をサポートしてくれますので、シミを薄くしてくれる効果が期待できるんです。
多く含まれている食材としては、豚のレバーや牛のレバーなどです。
レバーが苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、きれいになるためには頑張って食べたいものですね。
さて、引き続き肌の新陳代謝を正常化する作用のある成分である、L-システイン。
こちらの栄養素も聞いたことがある名前ですよね。
陳代謝を活発にすることで、メラニンの排出を促しますので、こちらもシミには効果的です。
多く含まれている食材としては、大豆やはちみつです。
大豆は美肌のためにもいいので、沢山摂取したいですね。
続いて、ビタミンEの100倍の抗酸化力を持つとされるリコピン。
こちらも聞きなれている栄養素です。
リコピンは、紫外線による肌ダメージを修復しメラニンの生成を抑制する効果があるといわれています。
多く含まれている食材としては、トマトやピーマンですね。
いろの濃いお野菜です。
次に、抗酸化作用の高い栄養素アスタキサンチン。
活性酸素を除去し肌の老化を防ぐ働きを持つ栄養素です。
多く含まれている食材としては、鮭やいくらなどです。

ビタミンCが豊富に含まれている食品

シミを消すために大活躍してくれるビタミンC。
しかし、ビタミンCと言われても、どんな食品なのかいまいちピンと来ない方も多いでしょう。
ビタミンCは色んな働きをしてくれるのです。
シミを消すことはもちろんですが、実はニキビにも効果的なんですよ。
ニキビの主な原因は、過剰な皮脂の分泌です。
ビタミンCは、皮脂の分泌を抑える働きがあり、ニキビを悪化させる 活性酸素も消去します。
ニキビ後の色素沈着も防いでくれるのですよ。
ビタミンCは肌のキメを整えます。キメが整っている肌は、肌の 皮丘(ひきゅう)がキレイに並んで、一つ一つがキレイな台形になっています。
肌が光を反射しますので、透明感があり、見た目にもとってもきれいな肌、というわけなのです。
肌のキメが整えられると、 毛穴も引き締まります。ビタミンCは、肌の代謝を促進し、肌の色を明るくし、くすみをとる効果が知られています。
そこで、ビタミンCを多く含む食品をご紹介したいと思います。
焼きのり、味付けのり
赤ピーマン、パセリ、芽キャベツ、ピーマン、モロヘイヤ、ブロッコリー
ゆず(皮)、レモン、柿、キウイフルーツ、いちご、パパイヤ、オレンジ、みかん
ハム、ベーコン
などが、ビタミンcを豊富に含んでいます。
ビタミンCは、1日に2000mgまではとっても大丈夫、と言われています。
積極的にドンドン摂りたいですよね。
しかし、注意点があります。
ビタミンCを摂る場合、その食べ物に含まれる物質の中に、体内に入ったあと紫外線を浴びると、 シミができやすくなる、という物質があるのです。「 ソラレン」という光毒性を持つ物質です。

シミ対策にいいビタミンCの効果的な摂取方法とは!?

シミに悩んでいる方に必見!
シミ対策に効果的だとされているビタミンCですが、効果的な摂取方法があります。
ただただ、ひたすら摂取すればいいというわけではないんですね。
ビタミンCはこまめに摂取することが大事なんです。
美白の定番成分といえばビタミンCですが、ビタミンCは水溶性なので摂取しても体外に排出されやすく、
体の中に留めておくことが難しい成分です。
なんと、ビタミンCは2?3時間で排泄されてしまうのです。
ですので、1度に摂るのでなく3食に分散して摂りましょう。
体の中からシミ対策を!と考えるのであれば、朝昼晩とこまめに摂取することを心がけましょう。
また、ビタミンCはL-システインと一緒に摂取することで相乗効果を得ることができるといわれています。
L-システインを豊富に含む、豆乳とはちみつにビタミンCを豊富に含むレモンを入れた
特製ドリンクなどを作ってみてはいかがでしょうか?
シミ対策ということは、実はビタミンCはエイジングケア効果(抗酸化作用)も期待できるのです。
お肌や体がサビるのを防いでくれるので、加工食品などにも、食品が腐るのを防ぐ
酸化防止剤として使用されていたりするんですね。
さらに、コラーゲンの生成力UP!
とくにコラーゲンを含むものと併せてビタミンCも摂るとさらに生成力を高めてくれます。
また、驚くことにストレス耐性を高める作用があるのです。
抗ストレスホルモンといわれる副腎皮質ホルモンの合成に関わります。
高ストレス下ではビタミンCの消費が増るので、ストレスが多い方は意識して摂りましょう。
その他、免疫力UP、貧血予防、骨の強化にも役立つのです。

シミができやすくなる食べ物って!?

シミやニキビや美肌美白などにイイとされている「ビタミンC」
お肌を綺麗にしたいという女性の方は積極的に摂取したいものですがが、
ビタミンCは、1日に2000mgまではとっても大丈夫、と言われています。
しかし、少し注意点があるんです。
それは、ビタミンCを摂る場合、その食べ物に含まれる物質の中に、体内に入ったあと紫外線を浴びると、 シミができやすくなる、という物質があるのです。
「 ソラレン」という光毒性を持つ物質です。
光毒性とは、紫外線に過剰反応をおこし、かゆみを起こしたり、赤み、シミなどを作ってしまうことです。
アロマテラピーの時に使用する、精油(エッセンシャルオイル)の中にも、
この物質が含まれていることがあります。
ただし、 夕方から夜にかけては食べたり、つけたりしても問題ありません。
ソラレンは、摂取したり、肌につけてから2時間後に、その作用がピークになり、
その後徐々に減退していくからです。
そこで、ソラレンを多く含む食品をご紹介します。
注意して摂取してみましょう。
レモンやオレンジなどの柑橘類、キウイ、イチジク
セロリ、春菊、みつ葉、パセリ、きゅうり、しそ、クロレラ、アセロラ
などです。
どれも栄養価が高いので、積極的に摂りたい食品ですが、注意が必要ですね。
よく、フルーツは朝食べるといい、という説はこういった理由だったのでしょうか。
夕飯の後にデザートとしてフルーツを食べたくなりがちですが、ソラレンが多く含まれている
フルーツは夕飯時ではなく、朝食や昼食に食べたいものですね。

夏のシミを防ぐ食べ物とは!?

冬になれば紫外線なんて怖くないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
夏ほどではないですが、紫外線は年中あるってことご存じですか!?
夏場よりは、紫外線対策をしなくても大丈夫ですが、冬の寒い時期もしっかりと日焼け止めを
したいものです。
さて、寒い冬が終わると春がきて、また紫外線が怖い夏がやってきますが、
実は今から食べておきたい、夏のシミを防ぐ食べ物があるのです。
食べ物の中に含まれる成分で、シミを予防する機能があるものがあります。
その成分とは、ビタミンCです。
とっても代表的ですね。
グレープフルーツ・オレンジ・ライムなどの柑橘類に多く含まれ、ほかにはアセロラ・
トマト・パセリ・ブロッコリー・レモン・ピーマン・柿・イチゴなどがあげられます。
ビタミンCと良質のたんぱく質の両方がバランスよく摂取できる食品は
卵、ささみ、牛乳、レバーなどが挙げられます。
あとは、ビタミンEですね。
代表的な食材としては、アーモンドがあります。
こちらはおやつにもおつまみにもなりますし、手軽に摂取できるタイプですね。
ただ、少し値段が高いのが難点です。
他には、カボチャ、アボカド、キウイ、鰻、たらこ、アジ、アーモンド、ピーナッツ植物油、ゴマなど。
うまくお料理をしてビタミンEを豊富に摂取していけるように工夫をしましょう。
そして、βカロチンも有名ですね。
βカロチンはニンジンや、ほうれん草、パプリカなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

みかんのビタミンCはシミにも効果大

シミにお困りの方は沢山いらっしゃるかと思います。
シミができてしまったら皆さんはどんな対処をしていますか!?
シミはできてしまうとなかなか消せないから、諦めている・・なんて方もいるかもしれません。
しかし、シミはできてしまったらできるだけ早めに対処をする方が消しやすくなるのです。
諦める前にまずやれることをしてみませんか!?
とはいうものの、高いお金を出してエステに通うというものでもなく、食品で
シミを消すことができるのです。
代表的な所だとビタミンCは美白や美肌などに大きな効果を発揮しますね。
そこでビタミンCというと思いつくこの時期美味しい「みかん」
こたつに入りながら食べると美味しいですよね。
実は、みかんの皮には、みかんの実の3倍のビタミンCが含まれているんです。
ビタミンCの働きをご紹介すると、
〇 活性酸素から細胞を守り、血液の流れを良くします
〇 メラニン色素を抑制しますので、シミを予防したり改善します
〇 免疫力を高めます。
〇 ストレスに対する抵抗力を高める効果もあります。
と、ざっとこんな感じです。
ビタミンCは欠かしたくないですよね。
そして、ヘスペリジンをご存知ですか。
ヘスペリジンとはポリフェノールの一種で、コレステロールの酸化を阻止して、
活性酸素の働きを抑えるという働きがあります。
ポリフェノールとは、植物の樹皮や表皮、種などに含まれていて、色素成分、苦味・渋味の成分でもあります。
植物はこのポリフェノールによって、紫外線から自分の身を守っています。

シミを作らないためにも摂取NGの食品とは!?

夏って本当に紫外線が大敵になりますよね。
夏ではなくても冬も紫外線がありますので、寒くても紫外線には要注意です。
特に夏の終わりころになるとこんなところにシミがなかったはずなのに・・ということ
皆さんには経験ありませんか!?
そんな思いをしないためにも、摂取しておきたい食品があるんです。
それは、代表的なところでは、ビタミンCですね。
冬場にはおいしいミカンにはたくさん含まれています。
現代人の食べ物は「添加物」だらけなんですよね。
だからお肌に悪いものを全て排除するのはムリなんです。
しかし、「3つのポイント」だけ押さえれば十分なんですよ。
それはというと、白砂糖、カフェイン、保存料なんです。
特に「白砂糖」を沢山とるのはダメ!
頬から耳のつけ根にかけてシミができることも。
そう、砂糖って直接シミを作ってしまうから恐いのです。
白砂糖ではなく、料理には黒砂糖を使うと健康にもバッチリですよ。
次に「カフェイン」もNG!!
お肌の中にあるメラニンを拡散させるから、お肌の広範囲にシミを作る危険性があるんです。
コーヒーも控えめにしなきゃいけませんね。
最後は「保存料」に気をつけてください。
悲しいことに、加工食品には100%使われてるんですね。
保存料には「リン」が大量に含まれているんです。
リンは人間の骨や筋肉を作るミネラルで体に必要なんだけど現代人は過剰摂取なのです。
だって私たちの食べ物って「加工食品」ばかりなんですから。
ハム、インスタント食品、調味料、ジュース、お菓子・・・
摂取のしすぎには注意が必要です。

シミや美白を意識した食べ物って!?

シミを予防したり美白を目指すためには、肌が健康であることが基本です。
そのためにはスキンケアのほかに、食事から必要な栄養素を摂取することが重要です。
食事が直接的に美白につながるわけではありませんが、美白を目指すための下地作りのためにも食生活には、気をつけたいものです。また、肌の健康だけではなく、体の内部の健康も重要になります。
インナーケアに有効な食事を摂ることで、シミのできにくい肌や美しい肌に一歩近づきます。
そこで、美白を意識した食べ物は何があるのか見てみましょう。
ビタミンCを多く含むフルーツ類としては、主にイチゴ、オレンジ、キウイなどです。
コラーゲンは美肌のためにもっとも重要な成分のひとつです。
ビタミンCは体内でコラーゲンが合成されるときに必要な成分なので、肌の健康のためには
十分な量を摂取することが重要です。
また、ビタミンCはメラニン色素を還元することによりシミを抑える作用もあります。
同時に紫外線に皮膚がさらされることで発生する活性酸素の無毒化も行うため、肌のケアに役に立ちます。
シミを消すためにはビタミンCが有効ですが、美肌を目指す為には、新陳代謝も活発にする
必要があります。
新陳代謝を活発にする香辛料としては、ショウガ、トウガラシなどが有名ですね。
ショウガやトウガラシなどに代表される香辛料を食べると体がポカポカとしていきます。
これはそれぞれに含まれるショウガオールやカプサイシンの作用により血流がよくなり、
新陳代謝が活発になるためと考えられています。
肌は約28日でターンオーバーにより、新しく生まれ変わるといわれています。
新陳代謝を活発にすることで肌のターンオーバーも活発になり、シミやくすみの軽減に効果的です。

シミができる原因の食品とは!?

女子って本当に甘いものが好きですよね。
買い物にいってもついつい甘いものに目がいってしまって、気づくと買い物かごにいれて
しまうなんてこと、しょっちゅうありませんか!?
甘いものは疲れているときなどに食べたくはなりますが、摂取のしすぎは要注意です。
というのも、シミに悩まされている方はとくに、白砂糖が入った甘いお菓子を食べすぎると
余計にシミができてしまうんですよ。
白砂糖は体を冷やしてしまうこともあるのです。
冷え性になれば代謝が悪くなり、お肌にもトラブルがでてきてしまうのです。
続いてコーヒー好きな方も多くいらっしゃるでしょうが、コーヒーにはカフェインが多く
含まれているため、こちらも注意が必要です。
カフェインはお肌の中にあるメラニンを拡散させてしまうので、シミを作る危険性があるんです。
あと、加工品や日持ちする食品には必ず入っている保存料。
こちらも注意が必要です。
お菓子にはこの3つが必ず入っていますから、食事を見直すだけでも
シミを減らしたり、作らせなかったりすることができますよ。
積極的に摂取したい食事とは、ほとんど加工されていない「ナチュラルフード」
これがシミができない食事の本質なんです。
甘い食べ物がほしいときは自然の甘みがあるドライフルーツが良いでしょう。
できるだけ加工されていないものを選ぶのがコツです。
あとスナック菓子が食べたくなったらアーモンドやナッツにメニューを変えるのです。
これらには「ポリフェノール」が豊富に入ってるので、健康にもバッチリですよ。

シミを消すために食生活を変えよう!

お顔のトラブルって本当になくならないんですよね。
お顔が何のトラブルもなく、パーフェクト!!って人はあまりいないと思います。
そこで、お肌のトラブルをなくすために皆さんが努力していることはありますか!?
ここでは、シミを消すためにできることをお話します。
今すぐにできることといったら、やはり身近なところで食生活の改善があります。
いきなりですが、整腸作用のある野菜や飲料はゴボウ、キノコ、食物繊維入り飲料などです。
一見、皮膚と関わりのないように見える腸ですが、実は皮膚に対して非常に大きな影響を与えています。
腸の健康が損なわれると皮膚にも悪影響を及ぼします。
便の排出や善玉菌の増殖に役に立つ食物繊維や難消化性デキストリンを摂取することで、
腸内フローラを整え、腸だけではなく、肌の健康も維持することができます。
ゴボウやキノコ類、難消化性デキストリン入り飲料などを積極的に摂取するとよいでしょう。
さらに、美白によいといわれる食べ物も摂り方や食べ方に注意が必要なんですよ。
レモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイなどの果物はビタミンCが豊富に含まれていて、
一見美肌を目指すのによさそうです。
しかし、紫外線への感受性を高めるソラレンという物質も含んでいるため、
朝食べてしまうと余計に紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。
きゅうり、セロリ、パセリなどの野菜にも含まれています。これらの食品を摂取するのは夜がよいでしょう。

シミを作らせないためには食事を見直すべし!

ダイエットしたい、きれいになりたい・・と口では言っていても、それに見合った
食事をしていますでしょうか。
ただ痩せたい、きれいになりたいといっていてもハンバーガーなどのファーストフードばかり
食べていたり、便利だからといってコンビニのお弁当ばかり食べているなんてことありませんか!?
たまにはいいのかもしれませんが、日ごろこれらを摂取していては体にもお肌にもよくありません。
お肌や体が喜ぶ食べ物を積極的にとっていきましょう。
中でもポリフェノールは抗酸化作用があってお肌の老化をストップしてくれるから嬉しいです。
つまり、シミを消す力を持った食べ物なんです。
あとカフェインもシミにはNGなので、カフェインが入ったコーヒーや紅茶や
白砂糖や保存料だらけのジュースを飲むのであれば、ローズヒップティーがおすすめ!!
ローズヒップティーはビタミンCが豊富でシミ消し効果があるんです。
それにノンカフェインのものが多いから嬉しいですよね。
ビタミンCは紫外線で発生した活性酸素をチャラにしてくれます。
メラニンは活性酸素をエサに作られるからです。
ただ、ビタミンCの欠点は体内で作れないことなんです。
だからビタミンCはこまめに摂取するのが効果を実感するためのコツなんですよ。
毎日の食事で対策するためにはシミを消したいという「強い意志」が必要!
お菓子を食べたい衝動にかられますが、強い意志をもって体の為にお肌の為に食生活を
見直してみませんか!?

シミに効く食べ物ってどんなもの!?

シミを消したいと思ってもなかなか消えません。
化粧品でなんとか外部からケアしようとしてもなかなか難しいものがあります。
外部からだけではなく、内部からもケアしてみませんか!?
ということで、シミに効く食べ物を紹介したいと思います。
できてしまうとやっかいなシミ。
時に顔のシミは人にも見られる部分なので、なんとか消したいと思うのが乙女心です。
スキンケアにシミ対策のモノを使われている方も多いと思いますが、内部からもケアをしたいですね。
できてしまったシミには内面から栄養を与え、ターンオーバーを活性化させ、
対策していく事も必要です。
シミに効く食べ物とはどんなものがあるのでしょうか??
シミを消す為に摂取しなければならない栄養素として代表的なものはご存知だと思いますが、”ビタミンC“ですね!
今回はシミに効く食べ物をしてビタミンCが豊富な食べ物をご紹介します。
ビタミンCが豊富な食べ物といえば野菜や果物。
野菜では緑黄色野菜がオススメです。
緑黄色野菜には、ビタミンCに加え、美容に効く成分が多く含まれている食べ物が多いからです。
代表的なモノをお伝えします。
まずは、トマト。
トマトには健康・美容に欠かせない栄養素が沢山含まれています。
ビタミンCだけでなく、抗酸化作用の高いビタミンEや、トマトの成分でお馴染みのリコピンも
抗酸化作用に優れています。
「トマトが赤くなれば医者が青くなる」ということわざがある程、トマトは高機能食材ですので、
積極的に摂取しましょう。

シミ対策には色の濃い野菜を!!

シミを消すためには、濃い色のお野菜をたくさん摂ることが望ましいってご存知でしたか!?
内面からキレイを心掛けるのであれば、絶対的に食生活を見直すべきです。
お菓子やコーヒー、自分が食べたいものだけを食べて生活をしてるようでは、
シミとはなかなかおさらばできません。
代表的なところでは、ニンジンがありますよね。
ニンジンは特にジュースにも使用されるほど栄養価も満点です。
あとは、人参と言えばβカロチンですね。
βカロチンには抗酸化作用はもちろんのこと、美容にはかかせないビタミンAを必要なだけ
体内に作ってくれる作用もあります。
続いては、年中おいしいかぼちゃ!
かぼちゃにはビタミンC、βカロチンの他にも老化を防いでくれるビタミンE,
抗酸化作用のあるポリフェノール、食物繊維も豊富です。
続いて、マヨネーズで食べるとおいしいブロッコリー!
ブロッコリーのビタミンC含有量はレモンの2倍もあるんです!
びっくりですね!!
その他、βカロチン、葉酸、ルテイン等、美容に良い成分もたっぷり!
特にルテインは網膜に対しての抗酸化作用がありますので、デスクワークの方、PCやスマホをよくお使いになる方は、目の老化を防ぐ効果も期待できます。
あとは、胡麻和えなんかでもいいですね!ほうれん草があります。
ほうれん草にはかぼちゃと同じ若返り成分がたっぷり含まれています。
また、ほうれん草には鉄分も豊富なので、貧血気味の女性は積極的に摂りましょう。

できちゃったシミ放っておいていませんか!?

お顔のトラブルって本当に悩みますよね。
お顔に何もトラブルがない人っているのかしら・・と思うくらい女性は特にお顔については
慎重になっていることと思います。
お顔のトラブルといえば、色々あります。
シミやそばかす、ニキビやニキビ跡、しわやたるみ、ハリ不足などなど・・
本当に色々あって、人それぞれ悩みも色々でしょう。
そこで今回は、シミについて少し学習してみましょう。
できてしまったシミを放っておいてはいませんか!!??
シミは一度できてしまったら消せやしない・・と思っている方。それは勘違いですよ!!
顔などにできたシミは、あきらめなくても大丈夫です。
なぜなら、私たちの肌は、日々生まれ変わっていますので、シミができたからといって
一生このまま、ということはありません。
早く対処すればするほど、シミは 消すことも可能です。
しかも、高いお金をかける方法ではありません。
今回は、肌の生まれ変わりを促して、シミを消す効果のある食べ物をご紹介します。
それは、お肌のつよーい味方「ビタミンC」です。
肌の健康を保つのは、なんといっても ビタミンCですよね。
「シミができたけど、ビタミンCを積極的に摂るようになって、消えた!」
なんていう人がいるくらいです。
シミを消すためには積極的に ビタミンCを含む食べ物を摂る必要があります。
特に喫煙者の方は喫煙することでビタミンCが破壊されますので、
非喫煙者よりも何倍もビタミンCを積極的に摂取する必要があるのです。

シミを消したい人にお勧めの食事とは!?

皆さん、お顔にできているシミに悩んではいませんか!?
シミは紫外線によってできてしまいますが、一度できてしまうとなかなか消せません。
高いお金を払ってエステでシミを消している人もいるかもしれませんが、
高いエステのお金はそう長くは続きません。
ということで、シミができにくくするお肌にするために、食事で解決できたらいいと思いませんか!?
食事を見直すということは健康にもつながりますし、一石二鳥です。
シミへのケアというと、美白コスメや美白サプリメントでのケアが頭に浮かびますが、
毎日の食事も白く美しい肌を維持するためには重要なポイントですね。
ですので、シミを消したい人にぜひ知ってほしい、シミ対策のための食事についてご紹介していきます。
シミを消したい人におすすめの美白食事として、シミ対策には美白コスメなどを使った外側からの
ケアも重要ですが、食事による内側からのケアもとっても大切。
体の内側と外側から同時にケアすることで、より美しい肌を実現することができるのです。
シミ対策におすすめの栄養素や食材は何があるのでしょうか。
まずは、美白というと代表作の「ビタミンC」
美白栄養素の代名詞。シミの原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用の高い栄養素で、
メラニンの生成を抑制する作用もあります。(含まれている食材:赤ピーマンや柚など)
続いて、肌の代謝を高め、新陳代謝を正常にする作用がある栄養素である、「ビタミンB2」
代謝を活発にすることでメラニンの排出をサポートします。
さらにシミを薄くする効果を期待することができます。(含まれている食材:豚レバーや牛レバーなど)

シミはどうしてできるの!?

シミってどうしてできるのでしょうか。
一般的には紫外線によってシミができるのだと思いますが。
紫外線の害が主な原因になってできる、 老人性色素斑 (ろうじんせいしきそはん)というシミは、
細胞の中にある 核を守るためにできるものなのです。
紫外線が肌に届くと、表皮の一番下にある基底層のメラノサイトという物質が、メラニン色素を作り出します。
これがいわゆる、褐色などの色がついたシミです。
このシミをバリアのようにして、紫外線が 真皮に届くのを防いでいるのです。
また、シミができてしまったからと諦めずにできたら、早めにシミを消すことが大事です。
肌は日々、生まれ変わっています。
今、一番上、表面にある肌も、垢となって剥がれ落ち、下からくる新しい細胞へと、
ドンドン入れ替わっていきます。
このサイクルは年とともに、遅くなってくるのですが、再び活発にすることで、健康な肌を
再生することができるのです。
できてしまったシミを放っておかずに、ビタミンCを積極的にとりできるだけ早くシミを消しましょう。
しかし、努力はしていてもいつまでもシミが消えない、ということがありますよね。
古い細胞がドンドン剥がれ落ちるなら、もう消えてもいいはず、なのに残っているのはなぜでしょう。
実は、メラノサイトが、メラニン色素を常に作り出すことになっちゃった、からなんです。
つまり、肌が紫外線を浴び続けたために、メラノサイトが、メラニン色素を作り出すことを日課にしてしまった、というわけなんです。

シミや美白には「ビタミンC」が絶対必要!

シミを消したい!美白になりたい!誰もが願うことですね。
皆さんはシミをなくしたり、シミを防止したりするためにどんな努力をしていますか!?
シミを作らない為に、ビタミンC誘導体なんていう化粧水もありますが、こういった外面からの
対策ももちろん必要ですが、内面からも綺麗にしていくためには、やはり食事を変えることが一番です。
美白にいいものというと、「ビタミンC」が代表的ですね。
さて、ビタミンCにはどんな働きがあるのでしょうか。
少しおさらいしてみましょう。
ビタミンCはコラーゲンの合成に必要であり、鉄の吸収を高める働きがあります。
また、抗ストレス作用を持つ副腎皮質ホルモンの合成を促進する働きもあり、抗酸化作用をしてくれます。
さらに、しみのもとであるメラニン色素の合成を抑えてくれますので、美白やシミにはもってこいの栄養素。
ビタミンCにはこんなにいいところがあるのです。
では、このビタミンCを摂取しないとどうなってしまうのでしょうか。
・肌のはりが失われ、様々な病気に侵されやすくなる。
・悪化すると歯茎や皮下から出血する壊血病。
・喫煙や寒冷ストレスにより、ビタミンCの消費量は高まる。喫煙者はビタミンCの補給が必要。
よくタバコを吸う人はビタミンCを人一倍摂らないとならない、なんて聞いたことありませんか!?
たばこを吸うことによって、ビタミンCが破壊されてしまいますので、喫煙者はより多くの摂取が必須です。
また、ビタミンCを過剰摂取しすぎると、こんなことになります。
サプリメント等で1日に10g以上ものビタミンCを摂ると、下痢、頻尿、発疹を起こす。(一過性)

シミを消すために今できること

シミを消すために今できることといったら何が思い浮かびますか!?
簡単にできることはやはり食生活の改善でしょう。
コラーゲンがお肌にいいとされていますね。
コラーゲンの体内合成にはタンパク質が必要不可欠です。
しかし、タンパク質を過剰に摂取すると腸内で悪玉菌が発生する原因となってしまいます。
腸内で悪玉菌が発生すると肌荒れにつながるため、タンパク質の摂り過ぎには注意しましょう。
さらに、食事は規則正しく暴飲暴食は避け、しっかりよく噛んで食べるようにしましょう。
暴飲暴食を続けると胃腸の不調を招きます。
胃も腸も、不調は相互に影響し合います。
よく噛むことで満腹中枢を刺激し暴飲暴食を避けることができるため、
バランスよく色々な食材をよく噛んで食べることを意識しましょう。
そして、食事だけではなくスキンケアもきちんと行いましょう。
美肌を意識した食生活を送っても、スキンケアを怠ったり、紫外線対策を軽視したりすれば
シミが発生してしまいます。
食生活だけではなく、スキンケアと紫外線対策をしっかりと行うことで
シミやくすみを予防し美肌を目指すことができます。
日頃のご自分の行動を思い起こしてみて、美肌や健康の為に怠っていたこと、
または、間違った食事の方法をしていないか今一度考え直してみましょう。
お肌が喜ぶことはイコール体も喜ぶことであり、健康にもつながります。
シミができてしまって、ただ悩んだり高い化粧品を使うだけではなく、今からやれる
身近なことをやっていきましょう。

シミやシワを消す方法ってあるの!?

皆さんはお顔にどんなトラブルを抱えていますか!?
お顔にはなんのトラブルがないって人はごく一部でしょう。
さて、シミやしわを消す方法ってあるのでしょうか。
シミやしわは強い紫外線を受けることで発生してしまいます。
日焼け止めや日傘、サングラスなどは有効ですが、体の中からも予防する必要がありますね。
そこで体の中からというと思いつくのが食事です。
しわやシミを予防してくれる主な栄養素といったら、ビタミンCやビタミンEが代表的です。
また、コラーゲンやコエンザイムQ10なんかも有効ですね。
あとは、ベータカロチンやレチノールなんかも有効とされています。
ビタミンCというのは、抗酸化作用といってメラニン色素の生成を抑えて沈着を予防する
働きがあったりしみやそばかすを予防して薄くしてくれる効果があります。
また、ビタミンEは実は「若返りのビタミン」なんて呼ばれてたりもするんですね!
老化の原因となる過酸化脂質をできにくくしてくれる作用があるんです。
女性ホルモンの分泌を促しシミやしわを予防する脂溶性のビタミンなんです。
ビタミンCと同時に摂取すると更に効果を発揮しますよ。
そこでシミやしわを予防する食べ物は何があるでしょうか。
果物ですと、キウイフルーツ、グレープフルーツ、いちご、みかん、ぶどう、柿、レモンなどなど
酸味のある果物には実は美味端Cが豊富に含まれているんです。
さらに熟したバナナには抗酸化成分がアボガドにはビタミンEが多く含まれています。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 08.02

    浴衣の選び方

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ