サーフィン初めてみませんか?

  • サーフィン初めてみませんか? はコメントを受け付けていません。

この記事は14分で読めます

サーフィンを始めるための道具

オリンピック競技としても候補に上がり、近年多くの人に注目を集めている「サーフィン」。世界中の人々が楽しみ、ルールをあまり知らない観客もテクニックの凄さに圧倒されます。とても魅力的で格好いいスポーツですよね。
そこで、自分もサーフィンを乗りこなしてみたいと思う方も少なくないのでは?しかし実際に始めると言っても、初心者が急に海に出てサーフボードに乗っては事故に遭いかねませんし、そもそも揃えなければならないアイテムもわからないという方がほとんどでしょう。
初心者の方向けに、サーフィンを始める上で最低限必要な物をご紹介します。
必要なものは、主に5つあります。
一つ目は、知っての通り「サーフボード」。これが無ければサーフィンは始まりません。長く続けていきたいのなら新品の物でも中古の物でも購入し、まずは試してみたいというのであればレンタルをするといいでしょう。
二つ目は、「リーシュコード」。耳にしたことがない人も多いでしょう。これは足とサーフボードを繋ぐ物で、これを使用しているため荒波に乗っても上に立つことができるのです。事故防止の為にも必ず着用しましょう。
三つ目は、「ワックス」。サーフボードの前足近くに塗ることで、滑り止めの役割を果たします。これが無いと足が滑ってしまい、技ができません。
四つ目は、「デッキパッド」。前足の方はワックスを塗るのに対し、これは後ろ足につけます。これで足が滑らないよう、完全に固定しておくのです。
五つ目は、「ウェットスーツ」。夏場なら水着のみで大丈夫ですが、それ以外の季節でもサーフィンを楽しみたいというのならウェットスーツは必需品です。
以上のこれら5つのアイテムを取り揃え、安全にサーフィンの世界に飛び込みましょう。

スポンサードリンク

サーフボードの賢い選び方

いざサーフィンを始めるにあたって、まずは必要な道具を取り揃えます。ワックスやウェットスーツ、デッキパッドなど、それなりに多くの物を集める必要がありますが、やはり1番必要なものは「サーフボード」ではないでしょうか?サーフボードは安くその場でレンタルをする事も出来ますし、長く楽しんでいきたいというのなら購入をお勧めします。
しかし、実際サーフボードを購入しようとなると、いくら中古でもそれなりにお値段は張ります。さらに想像も出来ないほど種類は数多く、サーフィン初心者にとってはどれを選んだらいいのかわかりませんよね。初めてサーフィンをする方にとっては、まずは値段が安いことが1番ではないでしょうか。
そこで、サーフボードを選ぶ際の、できる限り値段を抑えた賢い選び方をご紹介します。
まずはせっかくですから時代の流れに乗り、ネットで検索しましょう。詳しくサーフボードについて説明されているサイトもありますので、そこでサーフィンの知識をインプットさせておきます。
次に、サーフショップやスポーツショップに実際に足を運び、サーフボードを見てみましょう。店員さんに積極的にアドバイスをもらうと安心です。
ショップで情報を得たら、またネットで今度はサーフボードの価格や特徴を比較していきます。店舗で購入するよりもネットで購入した方が安く手に入れられるのでお勧めです。ただ、実際に店員さんの声を聞いて確実な物を手に入れたいという方は、ショップで購入する方がいいでしょう。
サーフボード購入する事において重視する点は人それぞれです。自分に合う方法で、賢くサーフボードを手に入れましょう。

サーフィンを始めるために

オリンピック競技として新たに導入されそうな雰囲気にある「サーフィン」。ルールをあまり知らなくても、圧倒されるテクニックは見ているだけでも楽しいですよね。オリンピック競技の候補に挙げられ、近年とても注目を集めているサーフィンですが、これを機にサーフィンを試してみたいという方も多いと思います。周りにサーファーがいれば尚更ではないでしょうか。サーファーの知り合いがいれば、その方に細かくサーフィンについてわからないことを聞けますが、初心者で誰も経験のある人がいないという場合、始めると言ってもどうすればいいのかわからないでしょう。サーフィンを始めるにあたり、サーフボードなどの必要な道具を揃えることはもちろんですが、揃えたらすぐにサーフィンをしていいわけではありません。
では、必需品を取り揃えたあとは何をすべきなのでしょうか。
まずネットなどで検索をして調べるなどをして、サーフィンをする上での知識を覚えましょう。サーフィンをするところは皆が平等に使い合う「海」です。公共の場ですから、好き勝手やってはいけません。サーファーはきちんとサーフィンのルールを守って楽しんでいます。必ずサーフィンのルールを頭に入れて行いましょう。
また、知り合いのサーファーがいればサーフィンを教えてもらうことができますが、誰も教えてくれる人がいない場合は1人でむやみに海に飛び込んではいけません。1人で始めるというときには「サーフレッスン」を受けることをお勧めします。トレーナーさんが丁寧に基礎を教えてくれるので、安心してサーフィンを楽しむことができます。
準備ができたからと焦らずに、安全にサーフィンを楽しみましょう。

サーフィン上達プログラム

近年とても注目を集めている「サーフィン」。世界中にサーファーが沢山おり、オリンピック競技として正式に登録される流れにあります。もちろんサーフィンにもルールはありますが、詳しく知らない人でもサーファーのテクニックを見て楽しむことができることも魅力の一つです。サーフィンに興味を持っている人も多く、サーファーも増加傾向にありますが、「初心者でどうしたらいいのかわからない」という方や「なかなか上達しない」という方も多いのではないでしょうか。そんな方に是非オススメしたいのが「サーフィン上達プログラム」です。
これは、現役トッププロでアジアチャンピオンの小川プロが監修したもので、なかなか上達しない方向けに組んだプログラムです。
サーフィンの基礎や練習方法、体の土台をつくる体幹トレーニングなどがまとめてあります。自己流にどれだけ練習しても伸び悩んでいた方も、このプログラムを実施したところ飛躍的にテクニックが上がったり、あまり転ばなくなったりしたそう。
サーフィンの指導者は溢れるほどいますが、もちろんピンからキリまでいるのが実状です。しかし、サーフィン上達プログラムを監修した小川プロは、これまで1000人以上のサーファーを指導してきた指導のプロです。
サーフィンの上達に必要な技術をギュッと詰め込んだサーフィン上達プログラムを実施すれば、驚くほど目に見えて変わっていきます。もう自分には才能がないと卑下する前に、まずはこれを試してみませんか?

初心者にオススメのサーフィンサイト

オリンピック競技に新たに加わる候補として挙げられ、近年とても注目を集めている「サーフィン」。このことからサーフィンに興味を持ち、出来るようになりたいと思う方も多いのではないでしょうか。実際にサーフィンができたら格好いいですよね。でも、初心者が急にサーフィンを始めるといってもどうしたらいいかわかりませんよね。必要な道具や練習方法など、右も左もわかりません。周りに頼れるサーファーがいなければ尚更です。
そんな1人で始める初心者の方にオススメのサーフィンサイトがあるのです。
一つ目は、「サーフィン@マガジン」。最新のトレンドからサーフィンスクール、波の情報まで幅広く情報を発信しています。初心者などのアマチュアサーファー向けのサイトです。
二つ目は、「サーフィンレップス」。波の情報や、位置、プロのサーファーのランキングも搭載されています。サーフィン@マガジンよりも少しマイナーかもしれません。
三つ目は、「サーフィンスタイル」。facebookも対応しており、サーフグッズの販売や、波の情報、またプロのブログもアップされています。動画なども随時更新されているので、実際にサーフィンをしなくても波乗りの勉強をすることが出来ます。
四つ目は、「海上最強.com」。サーフィンサイトの中でずば抜けた動画量を誇ります。「わかりやすく」をモットーにした初心者向けサイトです。
五つ目は、「21SurfSpider」。これは少し珍しいオンライントレーニングのサイトです。初心者向けの講座も用意されているので、今までサーフィンをやったことのない人も安心して受けることが出来ます。
これらのサイトをしっかり閲覧し、サーフィンの知識をしっかり得た上で取り組みましょう。

湘南サーフィンスクールガイド

サーフィンを始めてみたいけれど、初心者で何をどうしたらいいのかわからない。自分にもサーフィンが出来るのか不安。これらのようなことで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。確かに、周りにサーファーがいても心配ですし、1人で始めるというのなら尚更不安でしょう。しかし、そのような方に是非オススメしたいサーフィンスクールがあるのです。
それが「湘南サーフィンスクールガイド」です。このスクールの特徴は、3つのコースが用意されており、自分に合うコースを選択できること。
一つ目のコースが「サクラサーフ&スポーツ」。大人向けのコースで、今までやったことのない大人デビューの初心者さんにオススメです。実力派のインストラクターが丁寧に教えてくれるので、安心して受けることが出来ます。大人だからこそできるような格好いいテクニックも習得できるかも。
二つ目のコースが「みつばちサーフ」。女性向けにつくられたコースです。1人で始めたい女性や、体力や運動に自信のない女性にオススメです。周りがみんな女性なので女性だからという劣等感もなく、楽しく参加することができます。
三つ目のコースが「G・L・A・D」。これは上級者向けのコースで、さらに技術を磨きたい方や本格的なテクニックを覚えたい方にオススメです。
どのコースにしても、経験豊富なインストラクターが最後まで面倒を見てくれるので、確実にサーフィンを上達させることができます。楽しくサーフィンを上達させたいという方はぜひ、湘南サーフィンスクールガイドで腕を磨いてはいかがでしょう。

3種類のサーフボード

最近巷で話題の「サーフィン」。サーフィンができるだけで夏の海では人気者になります。正式にオリンピック競技に加わる候補として挙げられ、世界中から多くの注目を集めています。しかし、実際にサーフィンを始めてみたいといってもどこから始めればいいのかわかりませんよね。サーフィンに必要な道具や知識、練習方法などいきなり始めようとしている初心者にはわかりっこありません。
サーフィンを始めるにあたり、おそらく多くの方がまず思いつくのは「サーフボード」を購入することではないでしょうか。サーフボードなくしてサーフィンは有り得ませんからね。サーフボードはレンタルできたり、中古や新品を購入できたりしますが、スポーツショップに足を運んでみると選びきれないほどの種類が並んでいます。その店舗の店員さんに初心者にオススメのサーフボードを聞くのも有効ですが、ある程度は自分で目星をつけておいた方がいいでしょう。そこで、大まかに三種類あるサーフボードの特徴についてご紹介します。
一種類目が「ショートボード」。1番多くの人に使用されているサーフボードのタイプで、思い浮かぶイメージもおそらくこのタイプでしょう。幅、長さ共に短いので浮力が弱く、慣れるまでに少々時間がかかります。
二種類目は「ファンボード」。ショートボードよりも少し長く、浮力も強め。そのため波に乗りやすく、初心者の方に向いています。
三種類目は「ロングボード」。元祖サーフボードで、他の二種類は最近になって登場したものです。名前からもわかる通り長く、浮力が1番強いため波には乗りやすいのですが、長いぶんコントロールが難しくなります。
それぞれに特徴があるので、どれが自分に合うのか目星をつけてからスポーツショップに足を運んでみましょう。

ムーンジェリー

近年オリンピック競技の候補として挙がった影響から、急速に注目をあつめている「サーフィン」。さらにルールを知らない人でもサーファーの巧みなテクニックでたのしめるとあって人気急上昇中です。実際にサーフィンをしたいという方も増えてきているのではないでしょうか。最近は女性のサーファーも増加しています。女性サーファーの需要に伴い、様々な女性向けのアイテムが開発されてきていますが、サーフィンをする上で必要になるのが「ウェットスーツ」です。このウェットスーツにも女性専用の物が販売されているのです。
それは、「ムーンジェリー」が販売するウェットスーツ。ウェットスーツとビーチウェアの二つの要素を兼ね備え、普段着のように気軽に着れることをモットーに作られています。ドット柄やストライプなど、女性に人気のガーリーなデザインが多く、最先端のおしゃれを楽しむことができます。
また、ムーンジェリーとはミズクラゲの意味で、海に華麗に浮かぶ姿がブランドの名前の由来と言われています。ウェットスーツというと、無難な黒無地のデザインで、着ることに抵抗を覚える女性も多かったでしょうが、これからはムーンジェリーのウェットスーツで可愛くサーフィンに臨むことができます。
ムーンジェリーはレディースだけでなく、メンズのウェットスーツも取り扱っているため、男性でもおしゃれを楽しめます。仲の良いメンバーでお揃いにしてサーフィンを楽しむのもいいかもしれませんね。

サーフボードを選ぶポイント

最近、人気急上昇中のマリンスポーツ、「サーフィン」。波の上で華麗に滑る姿はとても格好よく、憧れてしまいますよね。オリンピック競技に加わるスポーツの候補としても挙げられたこともあり、関心を持っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、興味があってもなかなかどうすればいいのかわからないのが現状。取り揃えなければならない道具や練習方法など、初めてサーフィンの世界に飛び込む初心者にとっては全くわかりません。サーフィンを始めるにあたり、まずすべきことは道具を揃えること。サーフィンに必要な物と言って思い浮かべるのはおそらく「サーフボード」ではないでしょうか。しかし、サーフボードと1口に言っても、想像ができないくらいに種類があります。そんな中からどれかを1つ選ぶなんて、とても大変なことです。そこで、サーフィン初心者の方がサーフボードを選ぶ際に気をつけるポイントをいくつかご紹介します。
一つ目は、サーフィンのスタイルを決めること。サーフボードには、大きく3つ種類があります。動きがスピーディーで派手なテクニックを演出する「ショートボード」。動きがゆったりめで、自分のペースで波に乗れる「ロングボード」。それら両方を兼ね備えた「ファンボード」になります。自分がイメージするサーフィンの形に近いボードのタイプを選びましょう。
ハウツーなどを参考にすると、それぞれがおすすめするボードが違います。惑わされず、あくまで参考程度に取り入れるといいです。自分の目指すサーフィンスタイルに合ったサーフボードを購入しましょう。

サーフィンスクール

近年多くの注目を集めている「サーフィン」。老若男女問わず、世界中の人に楽しまれているマリンスポーツです。オリンピック競技として加入される候補としても上がっており、サーフィンに関心を持つ人も多いのではないでしょうか。
しかし、実際にサーフィンを始めるにしても色々不安を持っていることと思います。1人でというのなら尚更です。初めてサーフィンをするという方は、「サーフィンスクール」に参加することをオススメします。
サーフィンスクールといっても様々な種類がありますが、初心者向けを選びましょう。下は10代から上はなんと70代の人も参加する人がいるので、年齢は全く関係ありません。
だいたい体験コースが1回5000円ほどです。持ち物は水着、タオル、サンダルの3点になります。もちろんウェットスーツで参加しましょう。必要な人は日焼け止めを持っていっても構いませんし、その他に必要な物はレンタルをすることができるので3点は必ず持っていきましょう。
流れとしては指定の場所に集合後、受付を済ませてから更衣室で着替えます。
まずは準備運動を行い、その後サーフィンの道具の名称を紹介されます。さっそく海に出てサーフィンをするのは危険なので、始めは陸で練習をします。脳と体に動きをインプットさせてから海で実践します。それから少しずつテクニックを覚えていく流れです。
ちゃんとインストラクターがしっかり指導してくれるので、置いていかれるという心配はありません。サーフィンスクールで安全に基礎を覚えていきましょう。

AMPHIのビーチブラ

世界中の多くの人々が楽しんでいる「サーフィン」。老若男女問わず幅広い世代に親しまれています。また、オリンピック競技として新たに加わる候補としてサーフィンが挙げられ、関心を集めています。
この流れに乗り、サーフィンを始めてみたいという方も多いことでしょう。とても格好よく、夏の海では注目の的ですからね。サーフィンといえばウェットスーツを着ることがスタンダードですが、女性にとって黒の無地なデザインはあまり好ましくないでしょう。そこで、ぜひ女性にオススメしたいのが「サーフィン用スイムウェア」です。
サーフィン用スイムウェアの中でも特に人気なのが「AMPHI」の「ビーチブラ」です。これはノンワイヤーブラで、どれだけ激しく動いても体を傷つけることはありません。これは水着売り場へ行ってもあまり見ることがなく、ほとんどがワイヤー入りです。
また、ノンワイヤーブラの物があったとしても値段が高かったり、デザインがイマイチなものが多いです。しかし、AMPHIのビーチブラは値段、機能性、デザイン性共に優れており、高いコスパを誇っています。選びきれないほどの豊富なデザインがあり、上下を別々に選ぶことも可能なので、自分だけのコーデをすることもできます。1枚が約3000円?5000円の物がほとんどなので、上下セットでも1万円で購入できます。
これからサーフィンをする女性は、AMPHIのビーチブラでおしゃれも一緒に楽しんじゃいましょう。

サーフィンをする上でのヘアケア

近年とても注目を集めている「サーフィン」。オリンピック競技に新たに加わる候補として挙げられていることもあり、世界中から関心を持たれています。サーフィンはルールをよく知らない人でも楽しめるため、老若男女問わず幅広い世代に親しまれています。女性のサーファーも増えてきたことにより、デザイン性を意識したウェットスーツやビーチウェアなどが数多く販売されるようになりました。その中でも特に人気なのが、ヘアケア商品です。
サーフィンは海でするマリンスポーツです。海といえば海水。多くの塩分が含まれています。実は、この塩分は髪にとってあまり良くない影響を与えてしまうのです。海から上がってそのままにしておくと、パサパサの髪質になり、指が髪に通らなくなります。途中で引っかかってしまい、ギシギシと音を立ててなかなか元の髪質には戻りません。サーフィン初心者はそのことを知らず、髪がボロボロになってしまうケースが多いのです。
さらに塩分だけでなく、紫外線の影響も受けているため、髪にとって海は最悪な環境なのです。
しかし、そんなことを言ったってサーフィンは楽しみたいですよね。そこで、プロのサーファーの方々は「シースター」を愛用しています。
シースターとは、洗い流しの必要がないトリートメントで、海水や紫外線から髪を保護してくれます。さらに補修の効果もあるので、髪がもうボロボロだという人もこれを使えばサラサラな髪に戻すことが可能です。
使用するタイミングとしては、サーフィン前、サーフィン後が良いでしょう。髪のケアを十分に行って、海のサーフィンを楽しみましょう。

初心者がやりがちな三つの失態

誰もが憧れる格好いいマリンスポーツ「サーフィン」。オリンピックの影響もあり、近年急速に注目を集めています。実際に「サーフィンをやってみたい」と思う方も多いのではないでしょうか。
しかしサーフィンを始める上で、サーフィンの必需品を取り揃え、ルールを覚えた初心者が、サーフィンができる喜び故に犯してしまいがちな失態があるのです。せっかくの格好いいはずのサーフィンも、それで水の泡になってしまった人も少なくありません。取り返しがつかないことではありませんが、これからサーフィンを始めるという方は気をつけた方がいいでしょう。
初心者がやりがちな失態は3つあります。
一つ目は、サーフボードにステッカー貼りまくること。そもそもステッカーはおしゃれではありません。プロのサーファーが支援しているスポンサーのブランドの物を貼っています。そのため初心者がベタベタとステッカーを貼ってしまうと周りから上手でもないのに、と軽蔑された目で見られてしまいます。
二つ目は、デザインが奇抜なウェットスーツを着ること。プロのサーファーだって無難な黒を着ている人がほとんどです。周りのサーファーも黒のウェットスーツが大半を占めているため、そんな中に1人派手なウェットスーツがいると浮いてしまいます。初心者が目立っても恥ずかしいだけなので、無難に黒をチョイスしましょう。
三つ目は、日焼けサロンで肌を焼くこと。サーフィンが上手い人ほど日焼けしている傾向があるためか、わざわざサロンで日焼けをする初心者がいます。しかし上手く波に乗れず技術もないのに日焼けしていると、丘のサーファー認定されてしまいます。人工的に日焼けさせることは避けましょう。
以上の3つが初心者がしがちな恥ずかしい失態です。初心者は初心者らしく、謙虚な姿勢で挑むのが1番でしょう。

シーア

最近幅広い世代から高い注目を集めている「サーフィン」。オリンピック競技の候補に挙っているとあって世界中から関心を持たれています。世界中の人々に親しまれており、サーファーも増加しています。男性のイメージが強いサーフィンですが、最近は女性のサーファーも増えてきています。しかし、始めてサーフィンをする女性がまず抵抗するのが地味なウェットスーツ。それに対応して、女性をターゲットにした商品が多く開発されてきています。クールビューティなデザインが施されたものや、可愛いビーチウェアが販売されるようになりました。そんな女性向けのウェットスーツの中でも特に人気を集めているのが「シーア」のウェットスーツです。
今まではラッシュガードや水着を中心とした商品が開発されていましたが、今回の需要の高まりに応じてウェットスーツが開発されたのです。人気の1番の理由は美しいデザイン性と優れた機能性を兼ね備えていること。シーアの商品は露出が少ないことが特徴で、気にせずサーフィンを楽しむことができます。露出が少なくても大人ビューティなスラリとしたフォルムで色気も感じられる造りになっています。
シーアはカリフォルニア発のサーフブランドで、2012年にリリースをしてから頻繁に雑誌に取り上げられたり、有名ブランド会社とコラボ商品を作り上げるほど。ウェットスーツの需要の高まりに加え、社長自身がサーフィンをするためにデザインされた物なので、ちゃんとサーフィンをする条件にあったウェットスーツになっています。
可愛いデザインと機能性を両方とも兼ね備えているウェットスーツであれば、人気が出るのもうなずけますね。

女性専用みつばちサーフ

最近高い注目を集めている「サーフィン」。夏の海にサーフィンを披露すれば大人気になること間違いなしの、とても格好いいマリンスポーツです。サーフィンといえば男性がしているイメージが強めですが、近年は女性のサーファーも増えてきており、女性専用サーフィンスクールもあるほど。女性1人で始めるのは心配、今まで全くやったことがなく、スポーツも体力もまるでない、そのようなことでお悩みの女性におすすめのサーフィンスクールがあるのです。
それが、「みつばちサーフ」。受講者全員が女性であるため、置いていかれる心配もなく安心して受けることができます。また、店長が女性というところも魅力の1つ。
二つのコースが用意されており、一つが体験コース。1回のみの受講で、5000円で受けることができます。もう一つがしっかり5回コース。名前の通り、しっかり5回受講します。こちらは24000円になります。まずはお試しで体験コースをしてみて雰囲気を感じてから、しっかり5回コースを受けるのもいいでしょう。
サーフィンは見てもわかるようにとても難しいスポーツで、1回や2回では乗りこなすことができません。最低でも5回?10回の適切な指導が必要になります。
みつばちサーフは個人個人の実力に合わせて丁寧に指導を行ってくれるので、段階をふんで確実に上達させることができます。乗りこなせるまで面倒を見てくれるので、運動に自信がない人でも安心です。
サーフィンを始めたい女性はぜひ、みつばちサーフを受講してみてはいかがでしょう。

アラフォーのボード選び

オリンピック競技の影響で近年注目を集めている「サーフィン」。世界中の幅広い世代に親しまれているマリンスポーツです。サーフィンというと、波に乗って激しく動く若者向けのスポーツという印象を受けている人も多いことかと思いますが、どの年代も楽しむことができます。実際に70代のサーファーもいるくらいです。しかし、もちろん無理のないサーフィンのスタイルで行っているからこそ実現しているのです。そこで、今回はアラフォーの方がサーフィンを始めるときのサーフボードの選び方をご紹介します。
サーフィンにはスタイルがあります。それはサーフボードにより変わり、自分のしたいサーフィンのスタイルに合わせてサーフボードを購入しなければなりません。例えば、「ショートボード」。これは幅、長さが共に短く浮力が弱めなため、慣れるまでに少々時間がかかります。しかし小さいため、派手なテクニックや素早い動きをすることができます。このタイプはアラフォー世代の方がやるには少し体がキツイでしょう。また、初心者向けの「ロングボード」もあります。サーフボードの中でもゆったりめで優雅に波に乗れますが、年相応に見られたくないという人であればおすすめしません。
では、結局アラフォーの人は何にするのが1番いいのか。それは、この二つの中間にある「JJModel LC-3」。ミニバンにも乗せられるコンパクトタイプで、体にも負担がきません。見た目もおしゃれなため、若く見せることができます。
アラフォーの年代で初めてサーフィンをする方も、正しくサーフボードを選びましょう。

波乗りの練習方法

近年とても注目を集めている「サーフィン」。とても格好いいスポーツですよね。オリンピックの影響もあってか、サーフィンに興味を持ち出す人が増えており、女性サーファーも増加しています。しかし、実際に想像するような波に乗ってジャンプするなんてなかなか出来たものではありません。とりあえずやってみたけどある一定のところで伸び悩んでしまい挫折した、なんて方も多いことかと思います。ですが、サーフィンは正しい練習方法で基礎をしっかりとさせれば、誰でも初心者から抜け出すことができます。そこで、初心者向けの波乗りの正しい練習方法をご紹介します。
いきなり深い海に出て実践するのは危険なので、まずは浅瀬のインサイドでスープを狙いましょう。深さはだいたいお腹くらいまでのところで、脇にサーフボードを抱えます。そして、波が起きるのを待ちましょう。
波の先に白い部分がでるような力強い波が来たら、抱えていたサーフボードに飛び乗ります。そのまま波の流れに任せ、波に乗っている感覚を覚えましょう。これを何度か繰り返していくうちに感覚がしっかり掴めてきます。
これに慣れたら重心を傾けて曲がってみましょう。これでターンをするイメージが掴めてきます。
最後にサーフボードに立ち上がって見ましょう。流れのスピードが早くなるとサーフボードは安定してくるので、安定しているときにチャレンジしてみてください。ゆっくり立ち上がるよりも一気に立ち上がってしまった方がバランスが保てて簡単です。
以上の段階を踏んで、サーフィンをどんどん上達させていきましょう。

雨の日の注意点

誰もが乗りこなせるようになりたい「サーフィン」。オリンピック関連で取り上げられたりして、最近注目を集めています。関心も高まっており、サーファーが急増。女性サーファーや年配の方まで幅広く親しまれるスポーツになりました。そんなサーフィンですが、実は天候に左右されやすいスポーツなのです。雨の日は一段と気をつけて行わなければなりません。特に初心者の方は慣れておらず危険なので、必ず雨の日の対処法を覚えておくようにしましょう。
まず一つ目が、雨足が強い際は初心者は行わないこと。波の状況がよく見えないことが多いので、初心者がするには危険です。
二つ目は、いつもより暖かめのウェットスーツを着用すること。海に入ると陸に上がっている時より暖かく感じることがありますが、雨が降っている時は水温は感じている以上に上がりません。長く入っていると確実に体を冷やすので、防寒機能に優れたウェットスーツを着るようにしましょう。
三つ目は、波の状況が確認出来ない時は必ず陸に上がること。激しい雨だと濃霧のように視界が曇り、波の状況を確認することができません。危険ですので、その時は中断し、陸で波が確認できる状態になるまで待ちましょう。
四つ目は、雷がきたらすぐにやめること。金属のアクセサリーなどをつけていたら余計に危険ですので、サーフィンをする際は外すようにしましょう。
五つ目は、初心者は無理をしないということ。雨の日のサーフィンは想像以上に体力を消耗します。体力に余裕のあるくらいでやめるようにしましょう。
天候が悪い時は無理にサーフィンを行わず、安全第1で楽しみましょう。

初心者の悩み、テイクオフ

最近人気急上昇中のマリンスポーツ、「サーフィン」。世界中の人々に親しまれ、幅広い世代が楽しんでいるスポーツです。プロのサーファーのように格好よくできるようになりたいと思っている方がほとんどでしょうが、なかなか上達しない、と頭を悩ませている方も多いのでは?初心者の悩みで1位に上がったのは「テイクオフができない」こと。これは結構多くの人がぶつかる最初の関門です。
テイクオフができない原因として、サーフボードが安定するだけのスピードが足りていないことが挙げられます。サーフボードはスピードに乗れば乗るほどしっかりとバランスが取られていきますが、スピードが不十分だと波の上でグラグラと揺れてしまい、テイクオフなんて出来たものではありません。サーフィンの初心者はそれだけのスピードをつけるパドル力を備えていないため、サーフボードを安定させることが出来ないのです。
このパドル力を鍛えるためにオススメする練習方法は、筋トレです。特にサーフィンは普段使わない筋肉も動かすので、初心者は重点的に行った方がいいでしょう。筋トレは主に腹筋と腕立て伏せをします。陸の上でテイクオフの練習をすると自然と腹筋が鍛えられ、更にイメージも付きやすくなるのでオススメです。腕立て伏せもパドル力を上げるために欠かせません。
サーフィンの初心者は、波がない時でも楽しむことができる7以上のサーフボードが適します。レールを入れたサーフィンもでき、初心者にはうってつけのサーフボードです。
誰しもどこかで伸び悩んでしまう時がきてしまいますが、そこで諦めずに果敢に練習を重ねていきましょう。

サーフィンのマナー

近年とにかく話題を集めている「サーフィン」。世界中の人々に親しまれ、幅広い世代がサーファーとして楽しんでいます。オリンピック競技に新たに加わるスポーツの候補としてサーフィンが挙がり、日本でも関心を寄せられています。
その影響でかサーファーが急増し、女性のサーファーもどんどん増えています。サーフィンの初心者は準備が整ったらすぐに海へ出てしまう人も多いのですが、それではいけません。サーフィンを始める前に、初心者が必ず心得ておかなければならないことがあるのです。
サーフィンは波に乗っている人が優先されます。波の流れやライディングしているサーファーの動きを先読みして、邪魔にならないように心がけましょう。また、どれだけ横幅が大きな波でも、一つの波にはひとりが原則です。これはピークに一番近い人が優先的に乗るマナーがあります。もし、自分と同じくらいの距離にいるサーファーがいれば、先に立ち上がった方がその波に乗る権利を得るので、相手が自分よりも先に立ち上がった場合は潔く去りましょう。
しかし、どれだけ頭でわかっていてもミスは誰でも起こしてしまうもの。これらのマナーの原則を破ってしまったら、すぐに相手に謝りましょう。距離がある場合はジェスチャーで伝えても構いませんから必ず謝るようにしてください。そのまま知らんぷりをしてサーフィンを続けてしまうと喧嘩の原因にもなりかねません。
せっかくの楽しいサーフィンですから、きちんとマナーを守って、みんな平等に行いましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ