ゴールデンウィークのおすすめ旅行

この記事は14分で読めます

ゴールデンウィークに世界遺産を見る

みなさんは、ゴールデンウィークにどこへ行くか、もう決めていますか?
連休の長さには、会社によっても違いますし、業種によっても違いますよね。
どれだけお休みできるかは、個人差があるようですが、有給などを上手に絡めて、長期でお休みを取る方も多いと思います。
長くお休みが取れる方ですと、思い切って海外へ行くことも出来ますよね。
せっかくの長期連休でしたら、日本国内で一泊や二泊の旅行では、もったいないと思いますし、海外で訪れてみたい場所がある方でしたら、そのような機会に行っておくべきでしょう。
海外旅行も場所によっては、歳を取ったらいけなくなるところもありますし、将来的に、お給料がカットされ思うように旅行も出来なくなることもあります。
ですから、体力やお金があり、行けるうちは、どんどん海外旅行にも行くべきだと思うのです。
ゴールデンウィークなどにおすすめの場所は、やはり、一度は見ておきたい、世界遺産がある土地でしょう。
世界でもっとも注目されている遺産としては、マチュピチュや、エジプトのピラミッド、アンコールワットなどがあげられます。
これらは、世界遺産の3強と呼ばれている場所で、旅行にもおすすめです。
マチュピチュは、よく写真などでは見かけることがありますし、テレビ番組でも特集されていますよね。
天空の都市とも呼ばれていますし、太古のロマンを体で感じられる場所です。
雲の上に浮かんだ古代遺跡はとても神秘的ですし、他では見られないものですから、海外旅行に行くなら、是非、一度は見ておきたい場所だと言えるでしょう。

スポンサードリンク

ゴールデンウィークに世界遺産を見る続き

また、多くの方がご存知のピラミッドも、どうやって建築されたのかを考えれば、とても神秘的なものです。
自分の目でその大きさを確かめ、体感することで、ゴールデンウィークの旅行のなかでも、忘れられない場所になると思います。
そして、アンコールワットと言えば、好きな方は何度でも行きたくなる場所だそうで、ゴールデンウィーク以外の連休でも、とにかく長期休みが取れたらアンコールに行くという方もいらっしゃいます。
遺跡としても、ほかのものとスケールが違いますし、壮大さに心を打たれることでしょう。
この三箇所は、一般の方でも「一度は訪れてみたい」と思う人が多いメジャーな場所でもありますが、旅人や旅行業界関係者など、玄人的にもおすすめの場所です。
アンデスの山々と一体化したマチュピチュの景観も素晴らしいですし、アンコールワットも文化遺産に興味がある方や、自然遺産に興味がある方、どちらにもおすすめ出来る場所です。
世界遺産は、ご存知の通り、世界中にありますが、日本国内にもありますよね。
例えば、屋久島などがあげられますし、知名度も高く、国内の世界遺産のなかでもおすすめです。
こうした日本にある世界遺産は、海外の遺産を見てきた方ですと、余計に日本の遺産の素晴らしさもわかるようになると言われています。
時間があれば、日本を含め世界遺産を見て回る旅行が出きたら素敵でしょうね。
壮大なスケールの世界遺産をその目で見ることができたら、それまであなたが持っていた価値観さえも変えてしまうかもしれません。

海外ならローマがおすすめ

みなさんは、海外旅行がお好きでしょうか。
好きな方ですと、ゴールデンウィークやお盆休みなど、まとまってお休みが取れる度に海外へ出かけている方もいらっしゃいます。
世界は広いですから、色々な場所に行き続けたとしても、なかなか世界中を制覇することは難しいですよね。
また、海外旅行にあまり行ったことがない方ですと、ガイドを見たり、パンフレットを見たりして、どこへ行こうか迷ってしまうと思います。
国内旅行はいつでも行けますから、ゴールデンウィークなど、せっかくの長い休暇が取れたのなら、海外旅行もおすすめです。
例えば、ローマなどはいかがでしょうか。
いろいろな旅行会社がある中、ワールドツアーと言う旅行会社はローマツアーも充実しています。
ネットでも見られますので、みなさんの中にはご存知の方もいらっしゃると思いますが、ローマへの旅行も候補にあるのなら、ワールドツアーのスケジュールもチェックしてみることをおすすめします。
飛行機も、成田発着だけではなく、関空、大阪、名古屋発着などもありますので、便利ですよね。
ローマと言えば、有名なものは古代遺跡です。
遺跡を中心として街が栄えているローマは、歴史も深く、街のあちらこちらに名所があります。
例えば、有名なところで、スペイン広場や、映画に出てくるトレビの泉、それから、フォロロマーノやコロッセオもありますよね。
遺跡がそのまま町並みになっていることから、まるで、古代にタイムスリップしたような気持ちになれます。

海外ならローマがおすすめ続き

ローマは、映画の舞台にもなっている場所が多いため、あの有名な映画のシーンで使われた場所を実際に見たいという方も多いですから、映画好きな方にもローマはおすすめです。
それから、グルメを堪能したいという方にも、イタリアは食に関してもレストランが豊富でおしゃれなお店が多いので、おすすめです。
さらに、イタリアでは、お買い物を満足いくまで楽しむことが出来ますので、女性にはおすすめの観光地でしょう。
厳粛なムードを味わいたいのなら、カトリック総本山であるヴァチカン市国もあります。
次のゴールデンウィークには、ヨーロッパ旅行の中でも、定番の観光地、ローマに是非、行ってみて欲しいと思います。
ワールドツアーが提供しているプランの飛行機は、指定しないことも出来ますし、アリタリア航空やKLMオランダ航空などを指定することも出来ます。
だいたいの予算ですが、7日間のフリー旅行で、燃油サーチャージ別として、90000円から13万円くらいです。
6日間で 86800円から120000円くらいのコースもありますが、ゴールデンウィークやお盆休暇中ですと、これより若干、高くなる可能性もあります。
どちらも観光に立地が良いホテル、フィレンツェではホテルヴァサリとか、ローマではホテルタオルミナなどが宿泊先となります。
フリープランですと、比較的、安くてよいですし、ワールドツアーでしたら、激安でもないため、ホテルも飛行機もわりと良いものがセットされています。
もし、ローマに初めて旅行する方でしたら、観光地に行くことがパックになっているセット旅行もおすすめです。
ゴールデンウィークにローマ旅行はいかがでしょうか。

旅行ならモルディブがおすすめ

みなさんは、お仕事で疲れたときなど、どこか旅行先でゆっくりしたいと思うことはありませんか。
日本人の多くは「温泉でも浸かってゆっくりしたい」と口癖のように言いますよね。
温泉ももちろん良いのですが、まとめて休暇が取れることがあれば、是非、南の島のリゾート地で骨やすめをしてほしいと思います。
ゴールデンウィークなどは、平日と比べて、料金も高く設定されてしまいますが、連休も取れやすい時期なので仕方ありません。
ゴールデンウィークの旅行先を検討されている方、南の島、モルディブなどはいかがでしょうか。
カップルなどには特におすすめのリゾート地ですし、実際に新婚旅行でモルディブを訪れるという新婚さんも多いですよね。
美しい島として世界的に有名な、モルディブですが、昔からその美しさは、真珠の首飾りと例えられるほどです。
透明度の高い海は素晴らしく、ダイビング好きな方にはさんご礁も堪能できるのでおすすめです。
モルディブは、世界でも人気のビーチリゾートですし、高級リゾート地というイメージもあり憧れている方も多いのではないでしょうか。
また、モルディブは、1200も島があり、そのなかの200の島に人が住んでいて、さんご礁では世界的に有名な国です。
日本人にとっては、新婚旅行として行きたいリゾート地のアンケートなど、必ず人気ランキングにランクインしている場所でもあり、旅行の番組やガイドブックなどで、その名前が知られていると思います。

旅行ならモルディブがおすすめ続きその1

モルディブの特徴としては、1つの島に1リゾートを作るという原則で開発されていますので、ゴールデンウィークなど、連休中であっても、とにかく滞在中はのんびりできること間違いなしです。
ゴールデンウィークには、日本の雑踏を離れて、こうしたリゾート地で命の洗濯をすることもよいでしょう。
また、ひとつのホテルに長く滞在するので、いろいろなオプショナルツアーを使って、レジャーを楽しむことが出来ます。
例えば、定番のダイビングはもちろんのこと、モルディブでは、ナイトフィッシングなども楽しめます。
また、首都であるマーレの周辺を観光することもおすすめですし、海でのんびりしたり、街を見たりと、長期滞在でも飽きることがありません。
特にモルディブは、マリンスポーツが好きな方には特におすすめの場所でしょう。
モルディブは、海抜が最高で2.4メートルしかないため、わりと平坦な土地です。
そのため、海面が上昇してくる現象と、珊瑚礁などが死滅することによって、国土そのものが消滅してしまう危険性があると言われています。
もし、1メートルほど海面が今より上がれば、モルディブの国土の8割が消失するそうです。
ですから、将来的にはなくなってしまうリゾート地かもしれません。
そう考えると、モルディブがあるうちに一度は行っておきたいですから、次のゴールデンウィークの旅行先として検討してみてはいかがでしょうか。
盆休み、ゴールデンウィークなど、長いお休みが取れる方で、リゾート地でゆっくりしたいという方でしたら、海外ではモルディブはおすすめですが、実際に旅行する場合、物価はどうなのでしょうか。

旅行ならモルディブがおすすめ続きその2

たとえ物価が安い国であっても、リゾート地では観光人価格になっていて商品が高く設定されている国が多いです。
特にモルディブの場合、離島ですから、物資の運搬に経費がかかっているため、水を買うにも高い値段となっています。
アイスクリームひとつでも500円とか600円とか、それくらいの高値になっています。
アルコールのドリンク類も一杯あたり1000円とか、日本のちょっとしたバーと同じような価格です。
外で食べるよりも宿泊先で食事を取る方が多いので、ホテルは三食付で予約を受けているところが多く、モルディブは比較的、お金に余裕がある方が行くリゾート地だと思います。
マリンスポーツを楽しみたい方で、もっと格安に旅行費用を抑えたい方は、別のリゾート地のほうがおすすめです。
ゴールデンウィークなど旅行の繁忙期をずらしても、極端に格安になることはあまり期待できないでしょう。
また、日本人が旅行する際に、とても気にする方が多いのが治安のことですが、モルディブはわりと治安がよいことで知られています。
ひとつの島にホテルがひとつしかないため、他の人が島に来るということもあまりありません。
ですから、初めての海外旅行をする方でも、モルディブは、おすすめですし、新婚旅行など2人で安心してのんびりしたいというカップルにもぴったりでしょう。
また、平均気温も26度から33度くらいなので、暑いくらいですから、薄着やTシャツで過ごせます。
ゴールデンウィークにお出かけになる方でしたら、日本を出るまでは薄めの上着が一枚あれば、現地では夏服で十分でしょう。
荷物が少なくて住むことも助かりますよね。

旅行なら福岡へ

連休中にどこへ出かけようか、毎年、悩む方も多いでしょう。
ガイドブックなどを見て、今、一番、ホットな場所はどこか、探している方もいらっしゃると思います。
ゴールデンウィークなどは、外国へ旅行することで、非日常を楽しむ方も多いと思いますが、意外と日本にもまだまだ素敵な場所はたくさんありますし、知っていたつもりの場所であっても新たな楽しみが見つかる場所もありますから、国内旅行もおすすめです。
そこで、最近、観光地として注目されているのが、日本で言うと、福岡です。
福岡の魅力が再認識され、特に海外では、おすすめの観光地として紹介されたり、報道されたりする機会が増えているそうですが、みなさんはご存知でしたでしょうか。
海外の新聞で福岡が紹介されていたのですが、なんと、日本のリバプールとして福岡が紙面に登場していたのです。
これは、イギリスの高級紙である、ガーディアンに掲載されていたということですから、福岡も知名度も一気に上がったことでしょう。
リバプールと言えば、ビートルズを生み出した有名なイギリスの町ですが、福岡に注目しているのはイギリスの新聞だけではありません。
例えば、アメリカの有名な新聞である、誰でも知っている、ニューヨークタイムズでも、福岡を絶賛する記事が掲載されました。
内容は、日本で行きたいところ、見ておきたいところが、福岡には全部揃っているということなのです。
このような記事は地元、福岡の方々も驚いたことでしょうし、こんな記事が掲載されたとなると、ゴールデンウィークなど連休も関係なしに、海外からの観光客が増えることでしょうね。

旅行なら福岡へ続きその1

旅行で訪れたことがある方はご存知でしょうが、福岡に親富孝通りというストリートがあります。
これが、イギリスのリバプールで言うと、マシューストリートに当たるそうです。
マシューストリートと言えば、あのビートルズのファンでしたらご存知の通りで、ファンにとっては聖地担っている場所です。
福岡のこの通りは、居酒屋や、クラブや、ライブハウスが多いです。
博多と言えば「めんたいロック」ということで、音楽関係のお店も多くなっています。
海外の新聞では、親富孝通りには、夜な夜な、音楽業界で成功を目指すミュージシャンが大勢、集まってくると書かれていました。
さらに、ニューヨークタイムズ紙も、日本の福岡には、おしゃれなショップや、かっこいいバーが多いと報道されています。
価格帯も広いので安く楽しめるお店も多いということですが、確かに、値段も安いけれどおしゃれなバーなど、コスパがよいという点では、福岡はおすすめの繁華街でしょう。
そして、食材も豊富で、美味しいお店が多いですよね。
ゴールデンウィークなどは、旅行で訪れる方も多く、繁華街は、観光客でにぎわっています。
また、ちょっと路地に入った場所は地元の人が集う飲み屋さんも豊富ですし、ゴールデンウィークなどの連休関係なしに、平日から賑わっている場所もあります。
それから、博多と言えば、グルメな方にもおすすめしたいのが、中洲の屋台です。
さらに、近くにはビーチもあり、海浜公園なども訪れてみたい場所として有名ですし、お散歩にはおすすめの海岸です。

旅行なら福岡へ続きその2

東京や京都比べて、海外の方に福岡のウケが良いのは、それほどごみごみしていないというところかもしれません。
日本の文化に触れたいという方には、福岡の大宰府の神社、または、禅寺の庭園などを訪れても良いでしょう。
海外の方でしたら、日本の家電製品などにも興味があるでしょうから、天神でしたらショッピングも楽しむことができます。
それに、工芸品でしたら、糸島半島がおすすめです。
人口が140万人ほどという、ちょうどよい密度ですし、福岡は都会ながら東京ほどごみごみしていません。
範囲もそれほど広くはないので、周囲をぐるっとめぐりやすいという点も旅行者にはおすすめなのでしょう。
日本の良いところがぎゅっと詰った場所として、海外からも人気があります。
確かに、東京の混雑ぶりや、地下鉄の複雑さなどを考えたら、福岡のほうがよいかもしれませんよね。
そして、都内ですと、ゴールデンウィーク期間中の観光地などは、恐ろしいほどに込み合います。
もちろん、神社仏閣について言えば京都のほうが有名ですが、世界中の人が集まるために、拝観時間に制限があるなど、福岡のほうが観光客に優しい配慮がされています。
このような理由で福岡は海外から絶賛される観光地となっているわけですが、そう考えると日本人の私たちも、改めて福岡に行ってみると新たな魅力を発見できそうな気がしますよね。
次のゴールデンウィークあたり、海外ではなく、国内旅行に目を向けてみることも良いでしょうね。

ゴールデンウィークには富士山を見に行こう

ゴールデンウィークの連休には、富士山を見に行こうと考えている方も多いと思います。
富士山は日本の代表的、また、シンボルにもなっている山であり、海外からもたくさんの人がいらっしゃいますし、外国人の旅行先としておすすめスポットにもなっています。
また、日本人も富士山を好きな方が多いので、ゴールデンウィークともなると登山を楽しむ方で混み合います。
そして、富士山が見える周辺の地域は観光地として有名なところが多いですから、連休や週末には多くの旅行客が訪れることでしょう。
富士山に登ったり、見えるところで宿泊したり、ふもとで楽しんだり、富士山を目当てに来る方にも、それぞれの楽しみ方がありますよね。
私は登山に興味がないので、やはり、富士山の見える温泉宿などに宿泊したいですし、富士山周辺おすすめの温泉などを旅行ガイドなどでチェックすることが好きです。
また、登山が趣味という方でしたら、周辺施設よりも、富士山に登ることがメインとなるでしょうから、車で行って、登山して帰宅するという方もいらっしゃいます。
富士山の楽しみ方は人それぞれですが、最近では、「ダイヤモンド富士を見に行く」という旅行も流行っています。
ダイヤモンド富士とは、山頂から太陽がのぼるとき、または、夕日が沈むときに、山際がダイヤモンドのように輝くことです。
このような現象は「ダイヤモンド富士」と呼ばれていて、その芸術的な瞬間を捉えようと、多くのカメラマンが撮影スポットに詰めかけるのです。

ゴールデンウィークには富士山を見に行こう続きその1

日の出や、日の入りのとき、富士山の山頂と重なり合い、太陽が輝く神秘的な景色、ダイヤモンド富士は、田貫湖などでも見られます。
また、身延山からもダイヤモンド富士を撮影することが出来ますので、写真好きな方にはおすすめポイントです。
ですが、何処へ行けば必ず撮影できる、必ず見られるというものではありません。
日の出や、日の入りの位置、また、時間が毎日、若干、変化してくることや、お天気にもよりますし、ダイヤモンド富士を見ることはちょっと難しいのです。
ですから、ゴールデンウィークの旅行目的として「ダイヤモンド富士を見る」と決めても、お天気に恵まれなければどうしようもありません。
ダイヤモンド富士を見に行く旅行の日程を組むときは、お天気予報もしっかりと確認したいですね。
また、ダイヤモンド富士が見られる場所は、いくつかの候補地をネットで知ることができますのでおすすめです。
例えば、国道交通省が発表している、富士見百景などでは、どこでダイヤモンド富士が拝めるか、場所を掲載しています。
場所や時間、時期などの目安が掲載されているので、日程を合わせての旅行計画が必要ですし、あらかじめチェックしておくと良いでしょう。
意外とみなさんのお住まいの近くでも見ることが可能かもしれません。
例えば、千葉の幕張の海岸でもダイヤモンド富士が拝めることもあるのです。
千葉県に住んでいる方でしたら、ゴールデンウィークの混雑時に、わざわざ富士山の近くへと旅行に行かなくても、千葉県内で見るチャンスがあることはラッキーでしょう。

ゴールデンウィークには富士山を見に行こう続きその2

家族連れでゴールデンウィークにお出かけや旅行でしたら、富士山が見えるレジャー施設、富士急ハイランドがおすすめです。
富士急ハイランドと言えば、自慢のジェットコースター、その名も「フジヤマ」がありますよね。
この手のコースターはゴールデンウィークなどには、行列しますが、平日でしたら、比較的、好いていますので混雑が苦手な方は平日が断然おすすめです。
また、「ドドンパ」や、「ええじゃないか」、「トーマスランド」などもあります。
絶叫マシーンが大好きと言う方、また、カップルの方でしたら、富士山を見に行くことも兼ねて、旅行なら富士急ハイランドがおすすめでしょう。
「鉄骨番長」では、乗りながら富士山が一望出来ますので、富士急ハイランドならではの景色だと思います。
また、「トンデミーナ」という乗り物は、振り子のようになったアトラクションで、ここでもお天気がよければ富士山を見ることができるのでおすすめです。
逆さまの状態で、富士山が見えるので、びっくりしますよ。
それから、遊園地と言えば、観覧車ですよね。
富士急ハイランドの大きな観覧車、「シャイニングフラワー」でしたら、富士山もたっぷり拝めるでしょう。
夕焼けと富士山など、とてもロマンチックですから、カップルには特におすすめですので、ゴールデンウィークなどにおでかけしてみると楽しいと思います。
また、富士山と言えば、千円札や、古い五千円札の裏面に印刷されていますが、これは、身延町にある本栖湖畔から見えた富士山です。
旅行の目的としてお札にのっている富士山を見に行く、ということも乙ですね。

ゴールデンウィークには昇仙峡へ

みなさんは、まとまったお休みが取れたとき、例えば、ゴールデンウィークなどは、遠出をしますか?
休日に出かけると疲れてしまうので、なるべく家でゆっくりしたいという方もいらっしゃいますし、映画をみたり、ショッピングしたり、都心で楽しみたいという方もいらっしゃるでしょう。
また、自然と触れ合うことが大好きという方は、お休みのたびにあちらこちらへ旅行をしている方もいらっしゃいます。
アウトドアも楽しいですから、お天気に恵まれれば登山やキャンプなども楽しいですよね。
このように休日の過ごし方、また、ゴールデンウィークなどの連休の過ごし方は、人によって様々ですが、やはり、連休をすべて旅行に費やしてしまうと、普段の疲れも取れにくいと思います。
お休みの日の最後は、たまった疲れを取ることもおすすめです。
例えば、海外旅行や新幹線、飛行機に乗って出かけるような国内旅行などは、遠出することで、気持ち的にはリフレッシュするでしょうが、それだけでお休みを消化してしまうと、疲れたまま、会社に出勤することになりかねませんよね。
ですから、理想的なのは、まとまった連休でしたら、前半は遠出して、後半はうちでゆっくり休むなどの、メリハリがあることではないでしょうか。
連休中をすべて外で過ごすと、帰宅してグッタリしてしまうものですから、すべての連休で、旅行や外出をするのではなく、自宅で過ごす日程も考慮しておくことをおすすめします。
実際に、連休中の最後の一日や二日は家にいるという方も多いですし、私も最後の数日間は家でゆっくりしたいタイプです。

ゴールデンウィークには昇仙峡へ続きその1

楽しい旅行であっても、やはり出かけるということは疲れが伴うものです。
連休が長くとれれば、どこにでも遠出が出来るでしょうが、あいにく、休みが数日しか取れなかった場合、また、合間に他の予定が入ってしまった場合などは、旅行するにもやはり近場がおすすめです。
例えば、都心からも近くて、日帰り、または、1泊でも十分に楽しめる場所はいくつもありますよね。
私が気に入っている場所のひとつが、甲府の昇仙峡周辺ですが、いろいろな楽しめるスポットがあり、短いお休みでも十分に楽しめるのでおすすめです。
昇仙峡と言えば、観光地としても有名ですので、すでに行ったことがある方も多いと思います。
ゴールデンウィークには、自然が豊かな山梨県でリフレッシュしてみることもおすすめでし、カップルでもご家族でも楽しむことが出来るでしょう。
お子さんがいらっしゃる場合は、愛宕山こどもの国など、いかがでしょうか。
やはり、お子さんは広々とした場所で、思いっきり遊びたいものですから、こどもの国の広い園内は、元気いっぱいのお子さん達にぴったりです。
たくさんの遊具も用意されていますから、晴れた日なら、こどもの国がおすすめですので、日帰り旅行にも良いですね。
また、ゴールデンウィーク期間中は、イベントなども開催されていますので、大人も子どもも楽しめることでしょう。
それから、昇仙峡周辺でおすすめのスポットは、豊富シルクの里公園も遊具があり、お子さんと一緒に遊ぶことが出来ます。

ゴールデンウィークには昇仙峡へ続きその2

豊富シルクの里公園には温泉もありますので、日帰り旅行でも温泉を楽しむことができます。
それから、中央市の玉穂ふるさとふれあい広場にも遊具があり、レンゲの花が美しい場所ですから、カメラが趣味という方にもおすすめのスポットです。
また、ゴールデンウィークに、多くの家族連れが訪れる動物園が、遊亀公園です。
なんと、ここは日本国内で4番目に古いという歴史ある動物園であり、現在は、レッサーパンダやゾウが人気です。
ほかにも曽根丘陵公園、ドラゴンパークなど、広い芝生や遊具など、お子さんが喜んでくれそうな施設が昇仙峡の周囲にはたくさんあります。
もちろん、昇仙峡付近を歩くことは、美しい景観を眺めながら、リフレッシュできて、大人にとっては楽しいでしょう。
ですが、お子さんはあまり興味がない方も多いと思います。
旅行中は、出来たら、公園や動物園など、このようなお子さんが楽しめる施設にも立ち寄ってあげたいですよね。
また、せっかくのゴールデンウィークに雨が降ってしまったら、がっかりでしょうが、昇仙峡の周囲には、雨の日であっても遊べるスポットがあるので安心です。
お天気予報を見て、ちょっとあやしいなと思ったら、雨天でも楽しめる場所をチェックしておきましょう。
例えば、山梨県立科学館を見ても良いでしょうし、こどもの国でしたら、室内スポットがありますのでお天気が悪い日でもおすすめです。
それから、影絵の森美術館は、世界一としてギネスブック94に掲載されている美術館です。

ゴールデンウィークには自然を満喫しよう

ゴールデンウィークが近づいてくると、今年はどこにお出かけしようか迷う方も多いと思います。
ゴールデンウィークは暑くもなく、寒くもなく、季節的にもお出かけや旅行にぴったりの時期ですよね。
さあ、今年の連休はどこへお出かけしましょうか。
都心でおしゃれなデートも良いでしょうが、自然の中に身をおけば、普段、忙しい方も現実逃避が出来ます。
また、澄んだ空気を体いっぱいに吸い込むことで気分もリフレッシュできますから、旅行することでストレス解消となりますよね。
首都圏から日帰りで行ける場所で、自然を満喫できるところと言えば、清里や、韮崎、南アルプス周辺は特におすすめです。
観光スポットがたくさんある中で、特におすすめしたいのはハイジの村です。
山梨県立フラワーセンターも併設されていて、ゴールデンウィークの時期には、なんと25万本のチューリップを見ることが出来ます。
ちょうど連休中には満開となるタイミングですから、毎年、このチューリップを楽しみにしている方も多いでしょうね。
それから、フィオーレ小淵沢の花パークでは、広さ16ヘクタールもある園内に、500種、50万株の花が咲いています。
広大な土地に、様々な高原の花々は気持ちを癒してくれることでしょう。
そして、尾白の森名水公園べるがは、これまた広大な土地、総面積が約15ヘクタールという規模の大きな公園です。
公園の中には、名水百選の水がどのような形態なのか知ることが出来る「水の庭園」があります。

ゴールデンウィークには自然を満喫しよう続きその1

清里や韮崎、南アルプス周辺ですと、おすすめスポットとして、森の生態に実際に入り込むことが出来る「散策路」があります。
そして、森や川などの歴史を学ぶことが出来る「展示館」もあり、実際に触れながら自然を学ぶことが出来ますので、お子さん連れにもおすすめです。
県立まきば公園は、動物たちと直接、触れ合うことができる施設ですので、こちらも家族連れに人気があるスポットです。
昆虫が大好きというお子さんには、北杜市オオムラサキセンターがおすすめです。
世界中のカブトムシや、クワガタなど、貴重な昆虫もいますから、一緒に写真撮影も出来て旅行の良い記念になることでしょう。
ゴールデンウィークは特に、いろいろなイベントを企画しているので、この時期に合わせて行けば家族みなさんで楽しめる場所でしょう。
それから、やまねミュージアムは、日本で唯一のヤマネの博物館です。
ヤマネの生態を見ることが出来ますので、旅行の途中で是非、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
そして、釣りがお好きなお父さんには、川俣川渓流釣場もおすすめです。
気軽に渓流釣りを楽しめますし、自然の中でリフレッシュした時間を過ごすことが出来るでしょう。
また、バッファロー砦は、四輪バギーを浸かって自然の中のコースを走ります。
ここはアップダウンが多いコースとなっていて、大人でも十分におもしろいですし、ゴールデンウィークでしたら時期的にも気持ちよく、爽快感が最高です。

ゴールデンウィークには自然を満喫しよう続きその2

ゴールデンウィークの旅行と言えば、どうしてもお天気は気になってしまうものでうしょね。
もしの雨天のときは、室内で楽しめる観光スポットをおさえておきましょう。
清里、南アルプスあたりですと、例えば、ホール・オブ・ホールズがおすすめです。
萌木の村博物館にあるのですが、オルゴールの音色が楽しめる素敵な空間ですので、カップルにもご家族にもよいでしょう。
ホール・オブ・ホールズには、時代を感じさせるアンティークオルゴールなどもあり、また、自動演奏楽器、自動人形などもあります。
さらには、日本の伝統的な食器も見ることが出来きますし、このコレクションでは、安土桃山時代から昭和初期ごろまでの初期、30000点を所蔵しています。
ですから、オルゴール以外でも、様々なものを楽しむことが出来るようになっている、オルゴールミュージアムなのです。
例えば、1900年に行なわれたパリ博の名作と言われている「リモネール1900」、モーツァルトが自動楽器を演奏させるために書いたという、幻の名曲「モーツァルトパレルオルガン」などが演奏されます。
ホール・オブ・ホールズの周辺には、ショップも多いですから、ゴールデンウィークが雨だったとしても、ショッピングを楽しむことができますし、大人の方でしたら、地元のビールなどもおすすめです。
旅行の途中に寄ってみてはいかがでしょうか。
それから、えほん村では、絵本の世界で遊ぶことができますので、雨が降っても降らなくても、是非、お子様と立ち寄っていただきたいスポットです。
また、美術に興味がある方におすすめしたいのは、中村キース・へリング美術館です。
プライベート美術館ですが、雨の日などにはぴったりの場所でしょう。

ゴールデンウィークには露天風呂付き部屋で

ゴールデンウィークにはゆっくり温泉にでも行きたいという方、けっこういらっしゃると思います。
私もそうですが、毎日、仕事に追われている方ですと、連休中は何もかも忘れて温泉でゆっくりしたいですよね。
温泉旅行と言えば、美味しいものと、お風呂と景色でしょう。
出来れば、お部屋に専用露天風呂があって、好きなときに入浴が出来て、そこから雄大な自然を眺めることが出来れば最高ですよね。
ゴールデンウィークは遊びに行くというよりも、自分を癒しに行く時間にしたい方でしたら、露天風呂付きの旅館に泊まりましょう。
温泉三昧、美味しい食事、後は部屋でゆっくりするのもよいでしょうし、近くをお散歩することも良いでしょう。
なにもしない時間を過ごすことは、リフレッシュするためには大切なことなのです。
ただ、ひとつだけ問題点は、露天風呂付き客室の値段が高いことです。
二食付きでしたら、一人3万円くらいは覚悟しなければなりません。
ですが、雄大な景色を諦めて、せめて外が見られれば良いとか、それくらいの妥協をすれば、宿泊料金は半額くらいに済ませられるでしょう。
連休中などはわりと宿泊料も高いですが、平日にもし出かけられるのであれば、もっとやすく13000円くらいでおさえられそうです。
そんな夢のような料金でサービスを提供しているのが、箱根にある一の湯グループです。
このグループの旅館は、露天風呂付き客室が比較的、安い値段で利用できますのでとてもおすすめです。
お料理も高級なものばかりとは言えませんが、旅行のメインが温泉と考えれば、休日料金でも15000円くらいで宿泊できれば、とてもリーズナブルな旅館でしょう。
温泉好きな方には是非、一度、利用して欲しいおすすめの旅館です。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2016 02.01

    京都と桜

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ