ゴルフの基本的なルール

この記事は14分で読めます

ゴルフのルールについて

ゴルフをやったことがない人はそのルールについてほとんど知らないでしょう。
もちろん、カップに入るまでに何回ボールを打ったかを数えるスポーツがゴルフと言うことぐらいはわかっているかもしれません。
ただ、正式なルールに基づいてゴルフを行おうとするといろいろな細かいルールが決められていることがわかってくるのです。
初心者のうちは大目に見てもらうこともできるでしょうが、競技会などの公式な場合は厳格に適用しなければなりません。
また、ゴルフ特有のことですが、一緒に周っている人たちで打数を数えていくと言う審判がいない特殊なスポーツなのです。
極端なことを言えば、みんなで口裏を合わせれば、どんなスコアでも出せることになります。
もちろん、それは現実的なことではありません。
ただ、基本的なルールを知っておかなければゴルフをすべきではないと心得ておきましょう。
初心者は熟練者の指示に従って打てばいいのですが、ペナルティなどについては機会ある毎に聞きながら覚えることも大切です。
事前にルールブックの主なところを読んでおきましょう。
インターネットなどでもルールに関する情報はたくさん掲載されています。
スイングの方法ばかりに集中して、ルールをおろそかにすることはマナー違反と考えましょう。
上達したいと思っているなら、ルールに関係しないような状況を作ることが一番です。
フェアーウェイのど真ん中ばかりに飛ぶようにすればいいのです。
池やラフ、バンカーにつかまらないようにしてください。

スポンサードリンク

人気のゴルフとルール

ゴルフの人気は衰えることがないようですが、実際にプレーしている人のレベルは様々です。
ゴルフのルールはおおよそのことがわかっていれば、それで十分と考える人が少なくありません。
もちろん、その場の状況で規定されたルールを知っておけばいいからです。
基本的には少ない打数でカップに入れた方が勝ちです。
ただ、OBや池など、続けて打つことができないところにボールが飛んでしまうことも少なくないでしょう。
そのような時にルールが重要となるのです。
ペナルティをカウントすることでトータルの打数が変わります。
それが勝敗につながっていくのです。
ゴルフは気持ちよく打ちたいと思っている人が多いのですが、試合となるとそれほど単純ではありません。
技術的な面はしっかりと練習しなければなりませんが、ルールはまた別の意味で理解しておかなければならないのです。
バンカーショットの打ち方だけではなく、バンカー内でやっていいこと、いけないことを理解しなければなりません。
ルールブックをいつも持っているのは現実的ではありませんが、迷った時には熟練者に聞くことが大切です。
それが結果的に自分のスコアを伸ばしていくことになるのです。
ペナルティにならないような打ち方をするにはペナルティの意味を知っておかなければなりません。
具体的なゴルフのルールはインターネットで検索すればすぐに出てきます。
ただ、それを読んでいるかどうかに関わってくるでしょう。
くれぐれも一緒にプレーする人を不愉快にさせてはいけません。

ゴルフのOB

OBはゴルフ用語ですが、よく聞く言葉でしょう。
ゴルフのルールを知っている人には常識レベルことです。
具体的な説明をしましょう。
OBとはアウトオブバウンズつまり、場外です。
ゴルフのプレーができる範囲は決められており、その外に飛んで行ったボールをOBと呼んでいるのです。
整地されたところにラインが引かれているわけではなく、目印となる杭が立てられています。
多くの場合、その外はやぶや林になっていて、クラブを振ることができない状況です。
さて、それでルールについてですが、1打罰となります。
実質的には2回余分に打ったことになります。
1打目のティショットならば、もう一度ティショットを打ちますが、その時点ですでに3打目を打つことになります。
セカンドショットの場合は、最後に打ったところにボールを落として、そこから打つことになります。
初心者の時にはOBを何度も打ってしまうことも少なくないでしょう。
OBを出すことで、他のメンバーに迷惑をかけてしまうことになりますから。無理に遠くに打たなくても小さく確実にカップに近づくようなプレーをしたいものです。
それから遠くからではOBかどうかわからないケースもあります。
この場合には暫定球と言うルールがあります。
これはボールに近づくまでプレーが止まってしまうことを避けるためのルールです。
暫定球は何度打ってもカウントされませんから、スロープレーを防ぐためにも積極的に利用したいものです。
プロの試合でも打っているはずです。

ゴルフのルールとマナー

ゴルフはルールも大事ですが、マナーを守るスポーツでもあります。
ただ、どこまでがマナーなのか、ルールはどうなっているのかを知らなければ何もできません。
一般的なことからいくつか紹介しましょう。
まずは、ゴルフは打つのは個人ですが、コースを周るのはグループです。
スタート時間に遅れないことはゴルフ以前のマナーと言えるでしょう。
渋滞などで遅れそうなら早めに連絡しておくことです。
それから、プレーをしている人の邪魔をしないことです。
アドレスに入っているのに大声で隣の人と話している人が時々いますが、プレーしている人にとっては非常に耳障りなはずです。
スロープレーも避けなければなりません。
都心に近いゴルフ場では多くのプレイヤーがいますから、自分がスロープレーをすると多くの人に迷惑をかけてしまうことになります。
慌てる必要はありませんが、適度にスピードアップを心がけましょう。
初心者のうちはそのプレッシャーで落ち着いて楽しむことができない場合も少なくありません。
アドレスに入ってから急ぐのではなく、次に打つクラブを選んでおくとか、どこに打つかを頭の中でイメージしておくだけで、プレーのスピードはかなり違います。
グリーン上でのマナーもあります。
ルールとして決められているわけではありませんが。他のプレイヤーのラインを踏まないことです。
誰でも自分のプレーを邪魔されたくないものです。
また、プレイヤーの近くに立たずに少し距離を置きましょう。

ゴルフの空振り

ゴルフの初心者の時には力いっぱい飛ばそうとして、空振りをしてしまうことが少なくありません。
そこで重要なのがゴルフのルールです。
空振りはボールが動かなくても1回打ったものと見なされるためカウントされます。
そして重要なのは空振りの後のプレーです。
初心者は周りの視線が気になって、非常に焦っています。
そこで落ち着くことができるかどうかが、その日の成績に大きく関わってくるでしょう。
空振りをしてボールが動いても動かなくても、そのままボールに触らずに次を打たなければなりません。
それを手に持ってしまうと、さらに1打罰となるのです。
経験者ならそれは常識なのですが、意外と知らない人もいます。
練習の時は空振りを何度もやってください。
それで上達すると説明する指導者もいます。
ただ、本番では空振りは避けたいものです。
止まっているボールを打つのだから、他のスポーツよりも簡単だと思っている人が少なくありません。
しかし、止まっているからこそ、余計に焦ってしまうのです。
グループで周るスポーツですから、一人のプレーが遅れると周りの人に迷惑をかけてしまうのです。
それが初心者にはプレーッシャーとなります。
平常心でプレーできるかどうかがゴルフのレベルとなるのかもしれません。
空振りをしても堂々としていてください。
ちょっと冗談ぐらい言えるようになりたいものです。
ただ、ルール自体はしっかりと守らなければなりません。
準備段階の素振りと空振りは明確に違います。

ゴルフのおすすめルールブック

ゴルフのルールは先輩などに聞いて、何となく理解しているかもしれませんが、できるなら公式のルールブックを購入したいものです。
おすすめのルールブックはゴルフ規則と言う書籍です。
日本ゴルフ協会が発行していますから、公式ルールブックと言えるでしょう。
価格も600円ですから初心者なら購入しておくことをおすすめします。
もちろん、ルールを知らなければゴルフができないわけではありませんし、技術レベルがアップするわけでもありません。
ただ、周りの人の話や用語についていくための基本的な部分と言えます。
毎年、必要に応じて改定されていますから、あまり発行日が古いと問題でしょうが、一般の人が考える範囲のルールはほとんど変わりません。
プロになるつもりでなければ、そこまで考える必要はないでしょう。
次にはゴルフのレベルアップのための書籍です。
最近は書籍よりもDVDの方がたくさん販売されているでしょう。
どのような媒体でも構いませんから、いろいろと目や耳からゴルフの知識を入手する気持ちが重要です。
そして、後は実践あるのみです。
打ちっぱなしに出かけて、早速打ってみましょう。
簡単に見えても、意外と難しく感じるはずです。
ゴルフはボールが止まっているから簡単だと思っている人は少なくありませんが、それは大きな間違いでしょう。
ゴルフを始めたばかりの時は思ったように打てないし、ルールもわからないことがあるでしょう。
それを我慢して乗り越えることができれば、後は上手くなっていくだけです。

ゴルフと年齢

年齢とともに体のいろいろなところが弱ってきます。
それはスポーツの結果に如実に表れてきます。
ゴルフも例外ではありません。
よく聞く話ですが、歳を取って飛距離が伸びなくなったという人が少なくありません。
ゴルフでは腰のバネを利用してボールを飛ばしています。
年齢とともにバネが弱ってくるのです。
ただ、高齢になってもゴルフを続けることはできます。
スコアが少し落ちたとしても初心者に比べると格段にレベルは高いはずでしょう。
また、長年ゴルフをやっていればルールはすべて頭の中に入っています。
若い時からゴルフを始めた人よりも30代から始めた人の方が多いですから、50代くらいでも多くの人がプレーしています。
ゴルフはお金持ちのスポーツと言うイメージがあるからでしょう。
また、仕事の関係でゴルフを始める人も多いようです。
いわゆる接待ゴルフです。
ゴルフはコースを周るだけでもかなりの距離を歩いています。
高齢になればそれだけでも十分な運動になるのでしょう。
無理をして遠くまで飛ばそうとするのではなく、自分の体力に合わせてプレーを楽しんでください。
ルールやマナーは体に染みついているでしょう。
ゴルフ以外のスポーツをやっている人もいるでしょう。
若いバリバリの選手には勝てないでしょうが、それでも自分が満足できるプレーをすればいいのです。
それがスポーツの楽しみ方です。
ゴルフは自分のペースでいいでしょう。
仕事を辞めたならば、平日で人が少ない時間帯を狙って楽しみましょう。

ゴルフのマーク

ゴルフのルールについて少し説明しましょう。
ゴルフのカップがある周辺はグリーンと言います。
芝生がきれいに整えられており、ゴルフのプレーの中で一番集中しなければならない場所です。
ゴルフの基本的なルールは何回打ってカップに入れることができたかを競うことです。
もちろん、ペナルティなどでカウント数が増える場合もあります。
グリーンでは他の人のボールも集まってきますから、邪魔にならないようにマークをします。
これは芝生上で自分のボールがあった場所に印をつけるものです。
もちろん、小さいですから他の人の邪魔にはなりません。
具体的にはボールを動かさずにマーカーを置くことだけです。
少しでもカップに近いところにマークしたいと思うのが人情ですが、せこい真似をしていると他の人から白い目で見られることでしょう。
ゴルフは紳士のスポーツなのです。
最近はこのマーカーがいろいろなデザインになってきました。
ポケットに入れるだけではなく帽子のキャップにつけたり、ネックレスにしたりできるマーカーが人気を集めているのです。
デザインも様々です。
若い人向けにアニメのキャラクターなどが描かれているタイプもあります。
男性向けの定番はゴルフ用品メーカーのマーカーでしょうか。
ブランド力が注目を集めるのです。
他のスポーツでも道具のブランドはこだわりを持っている人が少なくないでしょう。
ただのマークですが、それでも自己主張したくなるのです。
後はプレーのレベルが付いていくようになることです。

ゴルフのバンカーでのルール

ゴルフのルールの中でバンカーに関する項目はたくさんあります。
いくつか紹介しましょう。
そもそもバンカーとはゴルフコースの中に設けられた障害物です。
砂場ですからゴルフボールを出しにくくなっているのです。
ただ、ボールがバンカーの中にあるのですから、自分もバンカーに入らなければなりません。
その時にどのような入り方をするかもルールの一つです。
砂は高いところから低いところへ落ちていきますから、入る時には低いところから入ります。
遠回りになっても、それが重要なことです。
そして、次が重要なルールですが、アドレスする時に砂にクラブを付けてはいけないと言うことです。
2打罰のペナルティとなります。
基本的な考え方としては障害物である砂を乱さないようにして打たなければならないと言うことです。
同じように木切れや葉っぱなどが落ちていたとしてもそれを取り除いてはいけません。
これもルールです。
そして、打った後のマナーです。
砂の部分がクラブや靴の跡で乱れています。
それをきれいにならすことがマナーです。
次の人たちのためです。
バンカーでのルールを知ることは重要ですが、それと同時にどうやって打つかを考えなければなりません。
ゴルフのレッスンでもバンカーショットの打ち方を教えてくれるでしょう。
もちろん、思った通りに打てれば何も苦労はしません。
たくさん練習しなければうまくならないでしょう。
ゴルフのコースに出たら、どこかでバンカーにつかまる可能性は高いですから、しっかりと練習してください。

ゴルフの注意すべきルール

ゴルフにはいろいろなルールがあります。
知らないうちにルール違反をしているケースもありますから注意が必要です。
まず、ゴルフクラブについてです。
ラウンド中に同伴の競技者からクラブを借りたらペナルティです。
自分がバッグに入れているつもりだったら、実は忘れていた場合、あなたはどうしますか。
知人と一緒に周っているとつい借りてしまいそうになることでしょう。
しかし、これはルール違反なのです。
そこで慌ててクラブハウスまで取りに帰ったとします。
それでも全体のプレーを遅らせることになり、ペナルティです。
また、同伴者にアドバイスをしたり、されたりすることもペナルティとなります。
これらのゴルフのルールを見ていると、紳士のスポーツと言う表現が間違っていないことがわかります。
紳士としてやってはいけないことがペナルティなのです。
ただ、クラブの貸し借りはだめですが、ボールの貸し借りは問題ありません。
また、キャディはプレイヤーと同一と見なされるため、キャディのアドバイスを受けても問題とならないのです。
ここで説明したルールはラウンド全体に関係しているものです。
この他にティーショットの時、バンカーの時、ラフで打つ時など、いろいろなケースでのルールが決められています。
友人や会社の人たちとのゴルフの場合と、競技として行われているゴルフではルールの適用方法が違っているでしょうが、基本的なルールについては知っておかなければなりません。

ゴルフのルールを知る

ゴルフのルールを知るためにはどうすればいいでしょうか。
もちろん、ルールブックやインターネットでたくさんの情報を収集することができます。
ただ、実際の場面に直面しなければ、わかりにくいことも少なくありません。
ルール違反をしてペナルティを受けなくて済むように、その状況をイメージしておくことが大切です。
ゴルフは月に1回とか、2か月に1回程度の頻度でしょうから、なかなか覚えきれないこともあります。
ゴルフが楽しみで仕方がない人なら、毎日でもゴルフのルールブックを読んでいるかもしれません。
しかし、会社の付き合い程度と割り切っているなら、ルールなど気にないのでしょう。
ただ、ゴルフが楽しいものになる前に嫌にならないようにしたいものです。
レクレーションとしてのゴルフと競技は違います。
厳格なルールの適用が求められるからです。
自分のゴルフがどのレベルにあるかを考えてみましょう。
それがルールを知る第一歩でしょう。
難しく考える必要はありません。
自分にとってのゴルフとルールがどういう意味なのかを考えるだけです。
それができるようになれば、ゴルフの楽しみ方がわかってくることでしょう。
グループで一緒にコースを周っていると、いろいろな状況に出くわします。
そこで知らないルールに出会うのです。
自分がペナルティを受けたルールなら、その後は忘れないでしょう。
そうやってだんだんとうまくプレーできるようになるのです。
正に体で覚えていくのです。

ゴルフ初心者のためのルール

ゴルフの初心者はルールのことがよくわからないでしょう。
少ない打数で上がった方が勝ちと言うことだけはわかっているとしても、それは一番基本のルールです。
ゴルフではペナルティを受けないようにすることがルールを知ることにつながるのです。
ここでは初心者が失敗しそうなルールをいくつか紹介しましょう。
まずは空振りです。
ボールを打つ動作のことをアドレスと言いますが、その態勢に入ってからのスイングはすべて打ったことと同じです。
つまり、空振りは打ったけれどもボールが動かなかった状態となるのです。
そのため打数はカウントされます。
そこで初心者が注意しなければならないのは、慌ててもう一度打とうとしないことです。
落ち着いて深呼吸をしましょう。
もちろん、それができるなら初心者卒業です。
それから、木切れや葉っぱなどの障害物への対応です。
地面に落ちているものはすべて触ってはいけません。
ボールの上に葉っぱがあっても、そのまま打たなければならないのです。
自然の中で行うスポーツですから当然のことなのかもしれません。
ゴルフの楽しみを覚えた人は、これらのルールも微笑ましく感じることでしょう。
ルールを作った人の気持ちがわかるからです。
ゴルフを始めたばかりなら、そこまで気が周るわけはありません。
ルールを知るだけで精いっぱいなのです。
ただ、ラウンドに出る前にできるだけルールを調べておくことは初心者として当然のことです。
初心者だから大目に見てもらえるわけはないのです。

ゴルフのローカルルール

ゴルフのルールはルールブックにすべて書かれているはずです。
しかし、実はローカルルールと言うものが存在します。
それぞれのゴルフ場で決められているルールです。
いくつか紹介しましょう。
ただ、ローカルルールと言っても、ゴルフ場が思い付きで決めているルールではありません。
ゴルフ規則の中で、ゴルフ場毎のコースの違いによって生じる制限を設けることができることになっているのです。
具体的なローカルルールを紹介しましょう。
一つ目はコース内の特定のエリアをコースの境界に設定することができます。
芝が気候などの影響で傷んでいる場合、その保護のためにコースの境界を設定することができるのです。
それから、同じように若木の保護のために境界を設定する場合もあります。
いずれも自然の中で行うゴルフだからこそ設けられるルールと言えるでしょう。
また、大雨が降った後など、土壌が荒れている場合も同じです。
注意しなければならないのはこれらのローカルルールはすべてが公式に認められるわけではないことです。
もちろん、レクレーションとして楽しんでいる人たちは問題ありませんが、競技が行われている場合は厳格なルールの適用が求められます。
それがローカルルールです。
地面にボールが食い込んでしまった場合には土壌の状態によりますが、ペナルティなしでボールを拾い上げることができます。
自然を相手にしているため、いろいろなケースがあるのです。
それもゴルフの楽しみと言えるでしょう。

ゴルフのペナルティ

ゴルフのルールとはペナルティをどれだけ受けるかと言うことに尽きます。
それは他の人の得点になるというスポーツではないからです。
ゴルフが自分との闘いであると言われる理由でしょう。
相手との直接的な戦いが多いボールを使ったスポーツですが、ゴルフだけが違うのです。
さて、ゴルフのルールではいろいろなことが決められており、ある行為がペナルティを受けると1打罰、2打罰など打数が加えられます。
少ない打数でカップインすることが上位になるための条件となりますから、ペナルティを受けると勝利から遠ざかることになるのです。
もちろん、競技として行われている状況と知人同士での楽しくやっている状況ではルールの適用は少し違ってくるかもしれません。
ただ、ルールそのものを知らないことはゴルフを真の意味で楽しめないことになります。
しっかりとルールを調べておきましょう。
もちろん、めったに出会うことがない特殊なルールもあるでしょう。
しかし、多くの場合はよくあるパターンなのです。
自分がラウンドに出て、戻ってくるまでをイメージしてみましょう。
ゴルフは自然の中で行う数少ないスポーツです。
コースは人工的に作られており、バンカーもあります。
しかし、芝生の目や伸び具合、葉っぱや木切れなどもルールの一部となっているのです。
それを理解すればゴルフの楽しみ方がわかってくるでしょう。
高齢になればボールの飛距離は伸びなくなります。
それでも自分なりの楽しみ方ができるはずです。

ゴルフのロストボール

ゴルフでは自分で思いっきりボールを飛ばすことができます。
ただ、思ったところに飛ぶ保証はありません。
日頃の練習の結果がゲームで出るだけなのです。
そこで時にはボールがどこに行ったか分からなくなるケースもあります。
それがロストボールです。
ゴルフのルールではロストボールの処理が規定されています。
ウォーターハザードのようにボールがある場所はわかっても、それを打つことができないケースもあります。
いずれにしてのその具体的な処置は前に打ったところに戻って、1打罰で打ち直すことです。
ただ、前に戻ることになるため、スロープレーが心配されます。
そこで2打罰として前に進んで、そこから打つという処置を取るケースもあります。
しかし、厳密なルールの解釈ではそれはできないことになっているのです。
ゴルフでは小さなボールを拾いフィールドで打ちますから、どのような状況になるか予想できないことも少なくありません。
そこでどのような状況であってもプレーを続けられるように、1打罰を付けて前の場所に戻ればそこからやり直すことができるという基本ルールとなっています。
それがロストボールに適用されるのです。
ただ、ロストボールになるまでは何とかして探したいと思うでしょう。
探す時間は5分以内と決められています。
それ以上になるとあきらめなければなりません。
一人でやるスポーツなら日が暮れるまで探すこともできるでしょうが、それは現実的ではないのです。

ゴルフのスコア

ゴルフのスコアは一緒にコースを周っている人たちが協力して記録していきます。
ゴルフは紳士のスポーツと言われることがありますが、審判による判断ではなく、その場にいる人たちで自己申告することがルールなのです。
極端な話をすれば、メンバーが口裏を合わせればどんなスコアでも可能となります。
もちろん、そのような行為をする人はとても紳士とは言えません。
例えば、バンカーでクラブヘッドを砂につけてはいけないルールになっていますが、それを見ているのは自分と周りのメンバーです。
誰かが指摘しなければ1打罰にはならないのです。
スコアを自分たちで記録するスポーツは他にはありません。
すべて中立な立場の審判がいるのです。
これがゴルフを特殊なスポーツにしている理由でしょう。
あなたがこれからゴルフを始めたいと思っているなら、ルールを学ぶことは当然ですが、ゴルフの精神と楽しみ方も覚えてください。
もちろん、うまく打つためのテクニックも重要です。
止まっているボールを打つことが意外と難しいことを知るでしょう。
ゴルフのコースに出るのはお金がかかります。
一般の人なら気軽にできません。
数か月に1回の頻度でしょう。
初心者の時はルールもよくわからないかもしれません。
熟練者たちと一緒に周ることで会話も弾みます。
会社間の付き合いとして利用されることが多いスポーツでもありますが、楽しみ方を知っていればいいのです。
今度コースに出る時には、自分なりの楽しみ方を見つけてください。

ゴルフの楽しみ方

ゴルフが楽しいと感じている人の多くは自分なりの楽しみ方がわかっている人でしょう。
何とかしてルールを守りながらいいスコアを出すことばかりを考えているとちっとも楽しくありません。
初心者やほとんど練習をしない人がうまく打てるはずがないからです。
レベルの差があり過ぎる場合にはお互いの競争になりませんから、ゴルフではハンディキャップと言うルールがあります。
これは初めからスコアに差をつけてプレーをすることです。
初心者と上級者が対等なゲームを楽しむための仕組みなのです。
もちろん、プロの試合などではハンディキャップはありませんが、趣味としてゴルフをする人にはよくできた仕組みとしてとらえられています。
広いフィールドでゴルフを楽しむことは健康にいいですから、高齢になっても続ける人たちも少なくありません。
平日の午前中からプレーできるのは会社を退職した人たちばかりなのです。
コースを周るとそれなりの距離を歩くことになります。
それだけでも十分な運動量なのです。
激しいスポーツではありませんが、有酸素運動のスポーツなのです。
1打目だけはしっかりと思った場所に飛ばせるようになりたいと思っている人は少なくないでしょう。
そのために打ちっぱなしで練習しているのです。
その成果がコースで出せるように頑張るのです。
正に自分との戦いです。
ただ、周りの人のスコアに動揺してしまうこともよくあります。
平静さを保つことも好スコアの条件なのでしょう。

ゴルフの技術とルール

ゴルフの技術とルールについて考えてみましょう。
まず、技術を磨くためには練習が重要です。
もちろん、初心者がすぐに上達することはありませんから、コースに出る前に練習場である程度経験を積むことになります。
ただ、練習場ではルールを学ぶことはできません。
ゴルフのルールはコースに出た時に適用されるからです。
事前にルールブックなどを購入して一読しておくことがマナーでしょう。
もちろん、ルールのすべてを覚えておくことは難しいですから、初心者のうちは熟練者についていくだけです。
ただ、練習をどれだけやっても、実際のコースとは雰囲気が違います。
焦りや緊張感から思った通りに打つことができないのです。
ゴルフは止まっているボールを打つのですから、自分でタイミングを計ることができます。
これが他のスポーツと大きく異なる点です。
ただ、そのタイミングは自分の気持ちを表しているため、平常心を保つことができなければうまく打てないのです。
ゴルフのレッスンを受けたりビデオを見たりすれば頭の中では打ち方を理解できるでしょう。
ただ、それが体で理解できているかは別のことなのです。
ゴルフが精神のスポーツだと言われる理由もここにあります。
メンバーと一緒に周っているのですが、実際に戦っているのは自分自身なのです。
自然の中でのんびりとゴルフを楽しめるようになるのはある程度経験を積んでからでしょう。
ゴルフは高齢になっても歩くことができる限り続けられるスポーツです。

ゴルフと性格

いろいろなスポーツを楽しむ人が多いですが、プレーを見ているとその人の性格が表れることが少なくありません。
ゴルフはそれが顕著なのでしょう。
複数人で周っているとしても、実際に戦っているのは自分だからです。
少しでも少ない打数で周れるかどうかは自分の状態にかかっています。
それだけが頼りなのです。
もちろん、日頃から練習をして来たとしても、コースに出て平常心でいられるかどうかわかりません。
相手との競技であれば、相手の調子によって試合の流れが変わります。
しかし、ゴルフはそれがないのです。
もちろん、横で打っている人の調子が良ければそれが気になってしまうでしょう。
それも含めて、性格と考えるべきでしょう。
性格を変えることはできませんが、ゴルフのプレーで実力を出せる予9にすることを心がけるべきです。
それが表に現れる実力なのです。
ルールはいろいろと決められていますが、周りの人に迷惑をかけなければたいていのプレーは問題ありません。
ただ、自分のミスショットにいらついて、周りの人の雰囲気を壊すことは避けなければなりません。
楽しむことが重要だからです。
実力以上のスコアを期待してはいけません。
ルールをまずしっかりと理解してください。
熟練者でも改めてルールブックを眺めてみましょう。
どのような状況が想定されているのでしょうか。
そこで自分はどのようなプレーをするだろうかとじっくりと考えるのです。
それがイメージできれば、コースでも落ち着いてプレーできることでしょう。

ゴルフの無罰

ゴルフのルールではいろいろな場面でペナルティを受けなければなりません。
もちろん、単にルールを知らなかったために受けなければならない場合もありますし、ボールが飛んだ場所が悪かった場合もあるでしょう。
いずれにしても所定の打罰が決められています。
ただ、似たような状況でも無罰となるケースも知っておきましょう。
例えば、同伴者にアドバイスをもらうことはペナルティですが、キャディにアドバイスをもらうことは無罰です。
これはキャディがプレイヤーと一体と考えられているからです。
プロのゴルフではキャディが重要な役割を果たしているのでしょう。
それから、同伴者にゴルフボールを借りることは無罰ですが、クラブを借りることはペナルティです。
ルールを知らないとうっかりとペナルティを受けることになるでしょう。
プロの試合ではしっかりと理解しておかなければなりませんが、友人同士でプレーしている時は大目に見てもらえるかもしれません。
ゴルフは楽しまなければ意味がないからです。
ゴルフの後の食事が楽しみと言う人も少なくありません。
それは決して悪い事ではなく、ゴルフを続けて行く理由になってもいいでしょう。
ゴルフ人口は少しずつ増えていると言われていますが、若い人たちにはあまり人気がありません。
熟練者がルールを教えるとともに楽しみ方を教えなければなりません。
何打罰になるかと言うことを重要視するのではなく、どうすれば楽しめるかを考えてください。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ