クーラーボックス おすすめは・・・

この記事は14分で読めます

クーラーボックスとは

クーラーボックスは多くの人が持っているかもしれませんが、携帯用の保温箱です。
プラスチックケースを断熱材で囲った箱になっています。
冷たいものを屋外などで保存する時に使用します。
さなか釣り道具の一つと考えている人もいるでしょう。
おすすめのクーラーボックスはどのような用途に使用するかによって変わってきます。
人数によってサイズも選ばなければなりません。
クーラーボックスは簡単には壊れませんから、一度購入すれば10年以上使用できると考えていいでしょう。
したがって、あまり安い買い物をするよりも高くていいものを選んだ方が賢い選択となるかもしれません。
ただ、クーラーボックス自体の重量も無視できません。
サイズが大きくなれば、その分重量も重くなりますから、持ち運びのことを考える必要があります。
大人2人で運ばなければなりません。
大きなサイズではキャスター付きのタイプもあります。
これなら一人でも運ぶことができるでしょう。
大人数の屋外パーティーなどではクーラーボックスは必需品でしょう。
自分が飲みたいものを満載にしておけばいいでしょう。
自動車の電源を使用して冷やすタイプのクーラーボックスもあります。
安価なものでは発泡スチロール製の魚箱を使用している人もいますね。
壊れやすいですが、空っぽにすると軽いですから、帰り道を考えるとおすすめでしょう。
まずは用途を絞り込みましょう。
ただ、子どもたちの運動会で使用するために購入する時に、その後のことまで考慮するのは現実的ではありません。

スポンサードリンク

クーラーボックスの価格

クーラーボックスはサイズも用途も様々ですから、どのくらいの価格が適正かはわかりにくいでしょう。
あなたが必要としているクーラーボックスを選ぶところから始めましょう。
おすすめのクーラーボックスは片手でもてる程度の小さなサイズでしょうか。
もちろん、イベントの人数によってサイズは変わってきます。
大人数になると、キャスター付きがおすすめです。
持ち運びに便利です。
かなりの重量でも女性一人で運ぶことができます。
価格は1万円未満です。
メーカーによって価格の差はありますが、性能的にはどれも同じでしょう。
片手で持てる程度の小さなサイズのクーラーボックスは3,000円未満です。
リーズナブルな価格ですから、思い立った時に購入しましょう。
必要だと思えば、その時に買わなければなりません。
数年後のことを考えて、大きなサイズを選ぶ人もいますが、大は小を兼ねるのではなく過ぎたるは猶及ばざるが如しでしょう。
利用しやすいサイズを選んでください。
大小を持っていても、使わない時は押し入れになおしておけばいいでしょう。
自分だけで使用することはほとんどありません。
家族や友達と一緒に利用しましょう。
業務用のように大きなクーラーボックスもあります。
通販サイトではいろいろなサイズがあるのですね。
それでも2万円程度です。
長く使うことを考えれば、かなり安いと思ってしまいます。
子どもが小さな時は小さなサイズ、大きくなるにしたがって、大きなサイズを購入しましょう。
そしていずれはリサイクルです。

おすすめのクーラーボックス

おすすめのクーラーボックスはインターネットで調べてみましょう。
もちろん、どのような使い方をするかによってクーラーボックスに求める容量や性能は違ってきます。
一般的には容量を重要視する人が多いでしょう。
クーラーボックスは大きく分けて、ソフトタイプとハードタイプがあります。
ソフトタイプは中身が空っぽになれば小さく折りたたむことができます。
ハードタイプは箱型の頑丈な作りになっています。
行きはジュースやビールなどを満載にしてクーラーボックスを持っていき、帰りは空っぽで小さく折りたたむことができるソフトタイプは人が運ぶ場合に便利です。
夏場にクーラーボックスを使用することが多く、冬場は仕舞っておくことになりますから、ソフトタイプの方が収納は便利でしょう。
ハードタイプは作りが丈夫ですから、中に入れた飲み物などが潰れる心配がありません。
車で移動するなら、その大きさは問題にならないでしょう。
屋外では椅子の代わりにしてもいいかもしれません。
日常生活の中でクーラーボックスを使用することはありませんが、イベントなどで屋外に出かける時は重宝します。
おすすめのクーラーボックスは断熱効果が高いタイプです。
ソフトでもハードでも断熱効果がなければ意味がありません。
商品の価格を見ると同じようなクーラーボックスで価格に大きな開きがある場合があります。
これは保冷効果の差によると考えていいでしょう。
安物を買って失敗しないようにしてください。

クーラーボックスの用途

子どもができて家族でキャンプなどに出かける時のおすすめアイテムがクーラーボックスです。
アウトドア用品店やインターネットで調べてみると、たくさんのクーラーボックスがあります。
どれを選べばいいか迷ってしまうことでしょう。
クーラーボックスの使い方を考える時に、用途を明確にしてください。
キャンプなどでは食材を冷やしておく冷蔵庫代わりです。
保冷性能が高くなければ意味がありません。
4人家族で2泊する場合、容量は50リットル程度を考えてください。
もちろん、子どもの年齢などによって容量は変わるでしょう。
屋外でどのようなイベントをするとしても、クーラーボックスは冷蔵庫の代わりです。
キャンプ場に付いたら日陰に置くことが大切です。
中に氷などを入れておけば、かなりの冷却効果がありますが、氷はいずれ溶けてしまいます。
保冷効果がどのくらいの時間持てばいいかを計算しておきましょう。
日中の暑い時間も持たなければならないなら、中に入れる食材よりも保冷材などを多くしなければなりません。
キャンプに慣れている人なら、クーラーボックスの使い方は上手でしょう。
工夫することで非常に便利な道具になりますが、何もしなければただの箱です。
おすすめの50リットルのクーラーボックスはかなり大きいと言うイメージがありますが、キャンプでの食材やジュースを入れるとすぐに満杯になってしまいます。
意外と小さいことに気づくのです。
当日になって小さいことに気づくよりも、前もってどの程度の容量が必要かを試してみると言いでしょう。

クーラーボックスの情報

クーラーボックスのおすすめ情報を紹介しましょう。
アウトドア用品ブランドとして有名なロゴスのクーラーボックスです。
キャリーカート付ですから、中身が満載でも楽に運ぶことができます。
折り畳み式のソフトタイプで、使用しない時は小さく畳んでしまっておきましょう。
容量は25リットルですから、あまり多くのものを入れることはできませんが、ジュース類なら十分入る大きさでしょう。
ソフトタイプのクーラーボックスはジッパー部からの熱の侵入が問題となります。
保冷効果が弱まってしまうのです。
ロゴス製のクーラーボックスはジッパー部にも断熱材を取り付けています。
全体は厚さ10mmの断熱材で囲まれていますから、保冷力は十分でしょう。
アウトドア用品の情報はインターネットでたくさん収集することができますが、夏休み前の6月くらいが一番豊富な品揃えになるようです。
キャンプの日程が近づいてから購入するのではなく、早めに購入しておくことをおすすめします。
おすすめのクーラーボックスから売り切れてしまうのです。
どれくらいの容量が必要かわからない人もいるでしょう。
ポイントはちょっと大きめを選ぶことです。
大きすぎて困ることはほとんどありませんが、小さくて困ることはよくあるからです。
価格的にもサイズによる差はほんのちょっとです。
家族が増えればそれだけクーラーボックスも大きいタイプが必要になります。
クーラーボックスの中の冷たいジュースを飲みながら、楽しいキャンプにしたいものですね。

クーラーボックスの口コミ

どのクーラーボックスを購入するかで悩んでいるなら、口コミサイトで情報を集めましょう。
使った人の意見は確かでしょう。
いくつかの口コミサイトを読んだポイントを紹介しましょう。
まず、保冷効果が低いクーラーボックスは全く意味がありません。
買って損をしたと感じている人が多いようです。
ソフトタイプとハードタイプではどちらも悪くありません。
使わない時に小さく畳んでおけるソフトタイプは人気です。
ブランド品のハードタイプはかなり丈夫ですから、10年以上も問題なく使用されているケースもあります。
ソフトタイプで10mmの断熱材の効果はかなり高いようです。
購入前に断熱効果を確認するには断熱材の厚さを見ればいいでしょう。
ロゴスのハイパー氷点下クーラーはかなりの冷却効果が期待できます。
価格は少し高めですが、ブランド品にはそれなりの品質の高さがあります。
安いものよりもちょっと高価なクーラーボックスを長く使用することがおすすめでしょう。
冬場など未使用時のことを考えるとソフトタイプがおすすめです。
ただ、ハードタイプでも本体が意外と軽い商品もありますし、屋外では椅子代わりにしてもいいですから、その点はハードタイプがおすすめでしょう。
価格は数千円から2万円程度です。
必要なサイズで選ぶといいでしょう。
一度購入したクーラーボックスは長く使うものです。
少し大きめのサイズを選ぶべきでしょう。
釣りなどに出かけることが多い人は、丈夫なボックスを購入してください。

クーラーボックスのデメリット

クーラーボックスは価格に応じた性能があります。
あまり保冷効果を期待していないなら安物でも構いませんが、それではクーラーボックスの意味がありません。
クーラーボックスは便利なグッズですが、よく考えて購入しないとデメリットもあります。
まずサイズです。
どのくらいのサイズが自分の目的に適しているかを判断することは難しいでしょう。
大きめを購入することになりますが、無駄な大きさになる可能性は否定できません。
サイズに応じて価格も高くなります。
無駄な出費とならないようにしたいものです。
もちろん、家族が増えればその分クーラーボックスに入れるものも増えていきますから、将来を見越してサイズを考えることは無理でしょう。
一般に保冷効果と価格ははっきりと関係があります。
安いクーラーボックスは保冷効果がないと思っていいでしょう。
業務用や災害時に使用するような高性能のクーラーボックスも販売されていますが、個人で購入するには高すぎる価格です。
ただし保冷性能は半端ではありません。
家庭用やちょっとしたレジャー用であれば、小さなソフトタイプがおすすめでしょう。
本体だけなら軽くて小さく折りたためるからです。
空のクーラーボックスは邪魔になるだけです。
頑丈なボックスタイプは保冷効果も高いですが、本体だけでも重くなります。
保冷効果と重量も比例するのです。
このようにクーラーボックスのデメリットはありますが、保冷が必要なわけですから、おすすめのクーラーボックスを購入することが一番でしょう。

クーラーボックスの選び方

釣りをする人はその成果を持ち帰るためにクーラーボックスを持っていきます。
どのようなクーラーボックスを選べばいいでしょうか。
釣りを楽しんだ後は、それを賞味することが大きな楽しみとなります。
鮮度を保ったまま持ち帰らなければなりません。
クーラーボックスは一番おすすめですが、重くてかさばります。
また、価格も高くなります。
最近のおすすめはクーラーバッグでしょうか。
断熱材でできたソフトバッグです。
ポケットなども付いているため、釣り用のアイテムを入れておくこともできます。
何よりも本体が軽いことが大きなメリットとなります。
大容量タイプ、中容量タイプなどサイズは様々です。
大きくても重くなることはありません。
中に保冷材や氷を入れておくことになりますが、保冷効果は十分でしょう。
ソフトタイプのクーラーボックスは折り畳めるタイプと畳めないタイプがあります。
どちらもおすすめですが、釣りの成果をどれくらい持ち帰るかによって選ぶことが重要でしょう。
大型であればクーラーボックスとほぼ同じ容量を確保することができます。
注意したいのは、クーラーボックスを日向においておくと、さすがに保冷効果が低下します。
できるだけ日陰やシートを被せるなどの対策を取ってください。
釣りを楽しんで夕食に自分で釣った魚を食べるのは釣り人として最高の喜びでしょう。
そのためにはクーラーボックスが必需品となります。
夏場だけではなく秋口も気温は高く、生ものはすぐに悪くなってしまいます。

クーラーボックスの使い方

クーラーボックスの使い方について考えてみましょう。
まず、クーラーボックスに何を入れるかと言うことです。
野菜やジュースなどの冷蔵庫代わりとしてなら、たいていのクーラーボックスは対応できるでしょう。
しかし、アイスクリームなどを入れる冷凍庫として使用するなら、かなり慎重に選ばなければなりません。
一般的にクーラーボックスに氷を入れて保冷剤としますが、徐々に溶けていきます。
国内メーカーよりも外国メーカーの製品の方が性能は上です。
インターネットの通販サイトなどでの表現を見るよりもメーカー名を確認した方がいいでしょう。
確実な保冷性能を求めるなら低価格品はおすすめできません。
安い分だけ性能が落ちると考えて間違いないでしょう。
もちろん、どの程度の保冷効果を求めているかによって、クーラーボックスの選び方は変わってきます。
つまり、使い方を考えることです。
キャンプなどでアイスクリームを食べたいと思うのが無理ではないでしょうか。
肉など冷やしておかなければ悪くなるものだけをクーラーボックスに入れておくことを考えましょう。
また、ふたを開けるたびに冷気が逃げていきますから、できるだけ開閉回数を減らす工夫をしましょう。
クーラーボックスが二つあれば、一方をジュース専用にして、もう一つに肉などを入れておくことをおすすめします。
どうしてもアイスが食べたければ、高性能のクーラーボックスを準備しましょう。
小さなタイプでアイス専用にすればいいのです。

イベントとクーラーボックス

家庭用のクーラーボックスなどは個人的なキャンプに使用するには最適ですが、模擬店などのイベントでは大型のクーラーボックスがおすすめです。
もちろん、個人で購入するわけではなく、レンタルが一般的です。
ジュースやビールなどが200本程度入れられるクーラーボックスがレンタルできます。
ただ、上部が開いているため保冷効果はあまり期待できません。
それでも氷の量で温度を調節できますから、気軽に使用できるでしょう。
大型のクーラーボックスで冷やしておいて、店頭にはイベント用のクーラーボックスを置くことがおすすめです。
効率よく冷やすことが重要です。
夏場のイベントならぬるくなった飲み物は不評を買ってしまいます。
楽しんでもらうための工夫が必要なのです。
大型のクーラーボックスならキャスター付きがありますから、準備をする時に楽でしょう。
学園祭などで女性だけのスタッフなら重いものを楽に運ぶことを考えておきましょう。
大型のクーラーボックスでも保冷性能をあまり求めないなら安価な商品もたくさんあります。
消耗品として考えておけばいいでしょう。
ふたの開閉回数が保冷効果に大きく影響しますから、できるだけ閉めたままになるような店舗の運営を考えてください。
楽しいイベントは子どもたちも喜びます。
アイスクリームの場合はもっと保冷効果の高いクーラーボックスが必要になります。
価格よりも性能重視ですね。
事前に考えておくことはたくさんあります。
クーラーボックスの種類をしっかりとチェックしてください。

季節とクーラーボックス

どんな商品でも1年の中で季節によって需要が高くなる時期があります。
クーラーボックスの場合はいつ頃が品薄となるのでしょうか。
一般的には夏前にクーラーボックスを購入する人が多いようです。
夏休みに子どもたちとキャンプに出かけるからです。
釣りをする場合は冬場が多いのですが、夏から始める人の方が多いのでしょう。
一度購入すると、当分購入することはありません。
ただ、メーカーもそのような傾向は把握しているため、1年を通して需要と供給バランスはうまく保たれているようです。
釣具店やアウトドア用品店などでクーラーボックスが販売されていますが、2か月に1度くらいのバーゲンを実施しています。
購入するなら、そのチャンスを狙いましょう。
できるだけ安く購入することが重要ですが、その前にどの商品を購入するかを決めておくべきでしょう。
店頭で安いものを選ぶのではなく、自分が選んだ商品が安くなるのを待つのです。
クーラーボックスのおすすめは外国製です。
日本製よりも確実に保冷効果は高いと評判です。
もちろん、使用用途によって性能を選べばいいのですが、思ったほど冷えないと買った後で後悔している人も少なくありません。
インターネットのカタログだけで選ぶのはおすすめできません。
口コミサイトなどが参考になるでしょう。
また、必要なサイズを予想することは難しいですから、店頭で現物を見て確認しましょう。
断熱材がありますから、サイズに対して中に入れられるものは意外と少ないと感じることが多いのです。

クーラーボックスとレジャー

楽しいレジャーは夏休みでしょう。
それならば冷えたジュースとビールが必需品です。
クーラーボックスを準備しましょう。
おすすめのクーラーボックスはキャスター付きです。
大型のクーラーボックスが格安セールで販売されていることが多いようです。
インターネットをこまめにチェックしておきましょう。
夏休みになる前の5月や6月がねらい目でしょう。
夏休みになると品薄状態となり、安物だけが残ってしまいます。
一度購入したクーラーボックスは10年以上持ちますから、購入は一度きりと考えておきましょう。
そのためにはじっくりと選ぶことが大切です。
一般的には高い保冷効果を求めるなら、外国ブランドがおすすめです。
少し価格は上がりますが、長い目で見ればいい買い物になるでしょう。
インターネットで販売されているクーラーボックスの価格が意外と安いことに驚く人もいるかもしれません。
ただ、価格の分だけの保冷効果であると認識しておくことが大切です。
安い商品に高い性能を求めるのは無理があるのです。
サイズについては、家族構成によって変わりますから、一概には言えません。
実物を見て確認することをおすすめします。
サイズだけではどれくらいのものが入るかわからないからです。
クーラーボックスの周囲は暑い断熱材で囲まれていますから、内寸は意外と小さいのです。
すでに購入している人の意見を聞くこともいいでしょう。
ネットの口コミサイトも参考にしてください。
夏休みを楽しみましょう。

ソフトクーラーボックス

ソフトクーラーボックスは柔らかい素材できたクーラーボックスです。
小さく折りたたむことができますから、持ち運びや片づけに便利です。
これまでのソフトクーラーボックスは箱型のクーラーボックスと比べると保冷効果が劣っていましたから、ちょっとしたレジャーなどだけで使用されてきました。
しかし、最近のソフトクーラーボックスはおすすめです。
保冷効果が高くなってきたからです。
ロゴスのソフトクーラーボックスは氷点下の保冷効果を維持します。
ソフトタイプの問題点はジッパー部分です。
この部分からの熱の侵入が保冷効果を弱めていたのです。
この部分を改善することで、大きな保冷効果を上げることができました。
ソフトクーラーボックスの価格はハードタイプと比較して、特に安いわけではありません。
それだけメリットがあり、人気も高いと言うことでしょう。
ソフトクーラーボックスでもキャスター付きの商品もあります。
キャンプ場へは引いていけばいいですから、女性でも簡単に運ぶことができます。
たくさんのメーカーがソフトクーラーボックスを販売しています。
ネットでおすすめ商品を探してみましょう。
コールマンのソフトクーラーボックスも人気です。
サイズも大型から、小さなバッグまで様々です。
肩掛けのひも付き、手提げベルトなど好みのタイプを選びましょう。
売れ筋ランキングを参考にするのもいいでしょう。
売れていると言うことは多くの人が愛用していると言うことです。

人気のクーラーボックス

人気のクーラーボックスはたくさんありますが、どれを購入するか迷ってしまうでしょう。
ネットの質問コーナーでもたくさん質問されています。
用途に合わせたクーラーボックスがおすすめです。
飲み物を入れておいて、昼に飲むのであれば、ソフトクーラーボックスがおすすめです。
空になれば小さく折りたたむことができるからです。
自分だけのクーラーボックスなら、小さい弁当箱ぐらいのものもあります。
おしぼりなどを冷やしておくのに重宝しますね。
家族でキャンプに行くなら、2日分くらいの食材を入れておくことになります。
特に肉などを入れるならば保冷に注意しなければなりません。
どの程度の保冷効果を求めているかによって、購入するクーラーボックスは変わるのです。
メーカーによっても保冷効果が違います。
価格が安いからと購入して、後で後悔している人も少なくありません。
じっくりと選んでください。
アウトドア用品店でセールをしていることが多いのですが、価格だけで飛びつかないようにしましょう。
クーラーボックスよりもソフトバッグがおすすめです。
クーラーボックスは意外と入らないのです。
ソフトバッグは無理すれば押し込むこともできます。
クーラーボックスの中敷きに銀シートを入れておくとさらに保冷効果が高まります。
いろいろと工夫をしてみましょう。
飲み物の保冷であれば十分ですが、アイスクリームなどを冷やすことは難しいでしょう。
保冷効果抜群の商品もありますが、価格が高くなります。

クーラーボックスの注意

クーラーボックスを使用すれば、どんなものでも冷やすことができると思っている人は多いのですが、必ずしもそうではありません。
おすすめのクーラーボックスでも冷蔵庫のような冷え方はできないからです。
保冷材や氷を入れて冷やしますが、徐々に温度が上がってきます。
ただ、保冷効果はクーラーボックスによって異なりますから、すべてのクーラーボックスが同じ傾向になるわけではありません。
外国製のクーラーボックスは全般的に保冷効果が高いと評価されています。
その分だけ価格も高くなります。
あなたがクーラーボックスを購入する場合に、どのような効果を期待しているかによっておすすめが変わってくるのです。
運動会やキャンプなどでジュースを冷やすだけなら、安価なクーラーボックスでも十分でしょう。
仮にちょっとぬるい状態になっていたとしても、大した問題ではないからです。
釣った魚や生肉を入れておくならば、しっかりと保冷できる商品を選ばなければなりません。
クーラーボックスは空になっても意外と重いものです。
持ち運びを考えるならできるだけ軽いタイプを選びましょう。
ソフトクーラーボックスなら、小さく折りたたむことができます。
周囲に断熱材がありますから、外側の寸法と内部の寸法は大きく違います。
大きさの割に意外と入らないと感じる人も多いです。
現物を見てから購入を考えるべきでしょう。
インターネットのカタログだけではよくわかりません。
注意すべき点はたくさんあります。

クーラーボックスのサイズ

クーラーボックスを購入する時に注意したいのがサイズです。
外側のサイズではなく内側のサイズをチェックしなければなりません。
クーラーボックスの性質から断熱材がありますから、内寸はかなり小さくなります。
高い保冷効果を求めるなら断熱材も厚くなるのです。
ペットボトルなどを何本入れたいかを考えてみましょう。
正確な内寸がわかれば、すぐに計算できます。
おすすめのクーラーボックスのチラシを見るとペットボトルが何本入ると表記されている場合もあります。
また、多くの人が質問サイトでクーラーボックスのサイズで悩んでいます。
その回答を参考にするとよいでしょう。
家族だけでキャンプをする場合、大勢でキャンプをする場合で必要なクーラーボックスのサイズは変わってきます。
基本的に大は小を兼ねます。
大きめを選んでおけば間違いないでしょう。
ただ、クーラーボックスは中身がなくても場所を取ります。
その点ソフトクーラーボックスであれば、小さく折りたたむことができますから、メリットは大きくおすすめでしょう。
夏休みに子どもたちを連れてキャンプなどに行くことを考えているなら、クーラーボックスは必需品です。
暑いところで冷たい飲み物が欲しくなるでしょう。
サイズによって保冷効果も違ってきます。
小さいと保冷剤を入れることができなくなるからです。
いろいろなものを入れたくなりますが、保冷剤や氷を減らしてしまうと、肝心の保冷効果が期待できなくなります。
店頭で現品を見ながらチェックしましょう。

クーラーボックスと保冷剤

クーラーボックス本体は冷えることはありませんから、保冷材や氷を入れることになります。
クーラーボックスを購入した時に保冷剤が添付されている商品もあります。
ただ、ジェル状の保冷剤は意外と保冷効果が高くありません。
それよりもバラの氷がおすすめでしょう。
冷えていないペットボトルをクーラーボックスで冷やすつもりなら、バラの氷に埋めてしまうのが一番です。
すでに冷えているものを入れる場合は、塊の氷でもいいでしょう。
氷が解けるスピードが遅い分だけ、保冷時間が長くなります。
プラスチックケースに入った保冷剤もたくさん販売されています。
保冷材のメリットは何度も使用できることです。
ただ、保冷剤も場所を取りますし、重くなりますから注意が必要でしょう。
内容物の種類の違いで保冷効果にも差が出ます。
安いものを買っても、あまり意味がない場合も少なくないのです。
クーラーボックスの大きさと保冷材の大きさを考えておきましょう。
氷の方が冷えますが、溶けて中が水浸しになる可能性が高いでしょう。
氷は新聞紙に包むと溶けにくくなります。
できるだけ解けないような工夫をしておきましょう。
おすすめのクーラーボックスはふたの開閉が小さくできることでしょう。
外気の入れ替えを少なくすることで保冷効果を高めることができます。
同じようなサイズでもメーカーの違いによって保冷効果は随分と違ってきます。
購入する前に性能をチェックしておくことが大切です。
せっかくの食材が使えなくなってしまうと大変です。

クーラーボックスの重量

クーラーボックスは屋外でのキャンプなどで使用することが多いですが、大きなサイズは重量が無視できません。
最近の商品は全体的に軽くなってきましたが、中にジュースなどを入れるとかなり重くなります。
大型のサイズなら一人では持てないでしょう。
そんな時におすすめのクーラーボックスはキャスター付きです。
引いていけばいいだけですから、女性でも運ぶことができます。
保冷効果は重量に関係しません。
断熱材は軽いからです。
小さなクーラーボックスでもキャスターが付けられるようになっているタイプもあります。
ペットボトルを数本入れれば、20kgくらいになってしまいます。
この重量をしばらく持つことはちょっと大変でしょう。
小さなクーラーボックスに小分けすると言うアイデアもありますが、それだけクーラーボックスを購入するのは現実的ではありません。
おすすめはソフトクーラーボックスでしょうか。
中身がある時はキャスターで引いていきます。
空になると小さく折りたたむことができるのです。
ボックス自体の重量も軽いです。
大型になるとその分だけ重量だけではなく価格も高くなります。
中身をどれくらい入れるかを考えてクーラーボックスを選んでください。
クーラーボックスに入れるのは飲み物が大半ですから、それを飲んでいけば軽くなります。
アウトドアでは行きだけのことを考えておけばいいのです。
帰りは氷を捨てれば、空っぽになります。
男性がいる場合はキャスターなしでも二人で運ぶことができるでしょう。

クーラーボックスを探す

コールマンのクーラーボックスは性能はいいのですが、価格が高めです。
しかし、長く使うことを考えれば、おすすめの商品と言えるでしょう。
サイズもいろいろと揃えられています。
コールマンの場合は、小さなサイズよりも大型のクーラーボックスが人気のようです。
ネットで探せばたくさん出てくるでしょう。
コールマンはアウトドア用品メーカーとして有名です。
国産ではありませんが、人気の高いメーカーです。
コールマンのくらーボックスのパーティスタッカーは大容量タイプですが、何段も重ねられるように形が工夫されています。
天板部分がへこんでおり、重ねてもずれることがないのです。
価格は5,000円以下です。
保冷性能もそれなりですから、一般の家庭であれば十分ではないでしょうか。
一つで足りなければ2個購入すればいいのです。
両側にハンドルが付いていますから、持ち運びは問題ありません。
サイズ違いがいくつかありますから、ネットで調べてみましょう。
アウトドア用品店に行くと、クーラーボックスはたくさん販売されています。
しかし、いいものは釣具店でしょう。
生魚を入れますから、保冷効果は確実な商品ばかりが揃えられています。
釣りをしないとしても店頭でチェックしてみることをおすすめします。
もちろん、インターネットで注文できるショップもあります。
釣り人に人気の高いクーラーボックスを選ぶと間違いないのでしょう。
一つの家族で1個持っておけば十分ですから、購入する時は十分考えてください。

クーラーボックスのメリット

クーラーボックスがある場合とない場合を考えた時に、どれくらいのメリットがあるのでしょうか。
飲み物を冷やすためにクーラーボックスを使用することが一般的ですが、その目的に合致した商品を購入しているかどうかをチェックしなければなりません。
保冷効果は断熱材の違いによりますが、それがそのまま価格の違いにつながります。
また、保冷効果を高める要因として密閉度があります。
つまり、クーラーボックスのふたにすき間があれば、そこから冷気が逃げてしまうのです。
おすすめのクーラーボックスは密閉度が高い商品です。
国産よりも外国ブランドの方が保冷効果は高いと言われています。
キャンプ用と釣り用のクーラーボックスは同じだと思っている人もいるでしょうが、それぞれに求めるメリットが違いますから、商品としては棲み分けられているのです。
キャンプ用は大容量で価格が安いタイプ、釣り用は価格が高くても保冷効果が高いものとなります。
キャンプではジュースを冷やすことがメインですから、保冷効果はある程度あれば十分です。
しかし、釣りの場合は生魚を入れますから、しっかりした保冷が期待されます。
最近はインターネットでおすすめのクーラーボックスを簡単に見つけることができるようになりました。
これから購入を考えている人は、しっかりとチェックしてください。
サイズを選ぶか、性能を選ぶか、または両方を選ぶかと言うことです。
どこにいてもクーラーボックスがあれば非常に便利です。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ