カップルで行く関東の温泉

この記事は16分で読めます

カップルにおすすめの宿泊施設

宿泊施設というと、旅館、ホテル、民宿、ペンションなどがあります。
その違いは何だろう、と疑問になったこともあると思いますが、これらの名称を付ける設定は特に制限がなく、経営者が判断して付けられることになっています。

スポンサードリンク

そのため、規模の大きさ、経営の形態、洋式か和式かなど、特に決まりはないので自由に名乗って良いということです。
このことから、「○○ホテル」という名称であっても、和風旅館の雰囲気の宿泊施設であることもあるのです。

宿泊施設はさまざまありますが、カップルでの温泉旅行でおすすめなのが、温泉ホテルや旅館、ペンションでしょう。
それでは、宿泊施設の中で「ホテル」と名称にある施設の特徴を紹介します。

「ホテル」は、構造や設備などが主に洋式の宿泊施設です。
食事は、館内のレストランや外食でとるのが基本となり、朝食は多くのホテルでバイキング形式になっています。
また、ホテルの場合、浴衣や部屋着では外出がNGになっていることが多いです。

「ビジネスホテル」は、立地が良く、泊まることを一番の目的にしているホテルで、仕事や出張などで利用することが多いです。
客室は狭く小型な宿泊施設なので、低料金で利用できます。
カップルでは利用することが少ないですが、関東などのビジネスホテルには、おしゃれな雰囲気のものもあります。

「シティホテル」は、関東などの市街地や繁華街にあり、客室のほかに、レストランやバー、喫茶店、ジム、さまざまなテナントが多く入っていることが特徴です。
客室は広く料金は高めに設定されていますが、サービスが充実しているので、記念日や特別な日などに利用するカップルも多いです。

「リゾートホテル」「温泉ホテル」「観光ホテル」は、温泉地や観光地に多くあります。
洋室や和室、和洋室があったり、大浴場があったりして、旅館との区別はあいまいになっています。
家族連れや団体のお客様の利用を想定したサービスが充実していますが、カップルでも利用しやすくなっています。

「旅館」の種類

カップルで関東の温泉旅行に行くのなら、なるべく2人だけの時間を楽しめて、雰囲気の良い宿泊施設に泊まりたいですよね。
素敵な温泉旅行にするためには、宿泊施設を予約する前に、関東にどんな施設があるのかよく知っていないといけません。
それでは、カップルでの温泉旅行を成功させるために、「旅館」について紹介します。

「旅館」は、構造や設備などが主に和式にそろえられている宿泊施設です。
食事は、客室で食べる「部屋食」や個室の食事処や広間、宴会場などで用意されることが基本的です。
旅館は、館内で用意された浴衣や部屋着で外出してもOKのことが多いです。

「温泉旅館」は、カップルのデートにもっともおすすめしたい宿泊施設です。
温泉地に立地しており、旅館内には天然温泉を楽しめたり、貸し切りのお風呂を利用できたりします。
温泉やお風呂を重視しており、それぞれの部屋で仲居さんが接客を担当しています。

「観光旅館」もカップルにおすすめの宿泊施設です。
団体客も多いということで、カラオケ施設やクラブなどのアミューズメント施設が充実していることが多いです。
「温泉旅館」や「観光ホテル」と区別があいまいになっています。

「料理旅館」や「割烹旅館」は、料理を重視した旅館です。
おいしく質の高い料理を食べたいカップルにはおすすめです。
館内の設備や構造、サービスなどは、普通の旅館とほとんど変わらないことが多いです。

その他にも、自宅兼で個人が経営している「ペンション」や「民宿」などもあります。
ペンションは主に洋風で、民宿は和風テイストのところが多いです。
どちらもリーズナブルですが、料理がとても豪華ですし、アットホームな雰囲気を楽しむことができます。

宿泊施設の客室

初めてカップルで関東に温泉旅行する方のために、宿泊する施設のお部屋の種類について紹介します。
せっかくのお泊まりデートでがっかりしないために、よく確認してから予約しましょう。

ホテルや旅館のお部屋は、一般的な客室から、豪華な特別室、露天風呂付きの客室、離れなど、さまざまな種類があります。
カップルでの旅行で何を楽しみたいかを考え、予算内で理想的な条件をできるだけ満たせるようにお部屋のタイプを選ぶと良いでしょう。

「一般客室」は、旅館でよく使われており、その宿泊施設でスタンダードな客室を表します。
それよりも高級なお部屋は、「特別室」と呼ばれます。

「露天風呂付き客室」は、客室に貸し切りの露天風呂が付いているお部屋で、露天風呂はそこに宿泊する方たちが自由に使うことができます。
自分たちだけの時間を存分に楽しめるので、カップルの温泉旅行でもっともおすすめしたいお部屋です。
関東近郊にも、露天風呂付き客室のある旅館はたくさんあるので、自分たちに合ったところを探してみてください。

「離れ」は、予算があるのならカップルにおすすめしたいお部屋です。
一般の客室などのある建物とは別の建物で、その建物そのものがそこに宿泊するお客様の客室になるので、特別な感じと自分たちだけの静かな時間を楽しむことができます。
一般客室より広く開放的で、高級感も漂うお部屋で、料金はかなり高めになります。

「メゾネットタイプ」は、客室に内階段があって、1階と2階を移動できる2階層からなったお部屋です。
「ロフト」との違いは、2階も通常の天井の高さがあり、2階はベッドルームになっていることが多いです。

「ホテル」で主に使われる客室の種類には、一般的な客室が「スタンダード」、シングルベッドやセミダブルのベッドが1台あるのが「シングルルーム」、ダブルベッドやクイーンサイズなど大きめのベッドが1台ある2人用の客室が「ダブル」「クイーン」、シングルベッドが2台分かれて置かれている2人用の客室は「ツイン」、3台のベッドが分かれて置かれている
3人用の客室が「トリプル」になります。

また、部屋の面積がスタンダードよりも広く、大きめのベッドやソファが設置されている客室は「エグゼクティブ」や「デラックス」「スーペリア」と言い、料金が少し高めになります。
トイレや洗面所、バスルームなどがそれぞれ仕切られていることが多いです。

さらに、一般的なお部屋はベッドルームだけですが、リビングなどの独立した部屋がほかにもあり、洗面所やバスルームなども通常より広い客室には、「スイート」「ジュニアスイート」「ロイヤルスイート」があります。

温泉旅行の交通手段

カップルでの温泉旅行で、旅行の日時やプラン、温泉宿が決まったら、目的地までのルートや交通手段、持ち物などの確認と準備をしっかり行いましょう。

カップルの温泉旅行でおすすめなのが、自家用車で行ったりレンタカーを借りたりして、2人の時間を楽しむのが良いのでしょう。
でも、運転をあまりしたくない方や、2人でゆっくりお酒を飲みながら旅をしたい、というカップルの場合は、公共交通機関で行くことになるでしょう。

自家用車やバイクなら、時間を気にせずに、自分たちが寄りたい場所に行ったり、急に予定変更をしたりできるので、行きたい場所に自由に行くことができます。

「レンタカー」は、免許は持っているけど車がない、というカップルにおすすめです。
最近では、営業所へ直接行かなくても、電話やインターネットで予約することができるので、気軽に利用することができます。

「公共の交通機関」は、関東などから旅行に行く人や学生に多く、電車やバスなどで旅行をしているカップルも多いです。
この場合、最寄り駅の場所や宿の送迎車の有無などを調べておくと、スムーズに旅をすることができます。

「カーフェリー」は、車と一緒に海上移動をすることができます。
渋滞の多いところや有料道路、山道などの回避にもなるので、運転手が休憩したり気分転換したりする時間にもなります。
また、日常とは違う特別感を味わえるので、カップルの旅行プランにはおすすめです。
関東近郊からカーフェリーを利用するには、「東京湾フェリー」、「駿河湾フェリー」「伊勢湾フェリー」があります。

関東にある日本を代表する温泉地

関東や東海、甲信越地方には、カップルの温泉旅行におすすめの温泉地が数多くあります。
それでは、カップルで行く温泉旅行に限らず、たくさんの旅行者に人気の高い関東の温泉地や、全国的にも名の知れた温泉地を紹介します。

群馬県の「伊香保温泉」は、360段の石段の街が代名詞になっており、その石段の両側に、宿泊施設や土産物店が立ち並んでいるのが特徴です。
温泉が発見されたのは1900年前と考えられており、古い歴史のある温泉地で、古き良き時代の温泉情緒が漂っています。

「草津温泉」は、日本一の湧出量の自噴泉で、源泉が100ヶ所以上を誇ります。
泉質が日本有数の酸性度で、殺菌力も強力ということで、“万病に効く”とも伝えられています。
温泉街の中心には、草津温泉のシンボルとなっている「湯畑」や、広さ500平方メートルもある大露天風呂の「西の河原露天風呂」なども有名です。
温泉街の雰囲気を思いっきり味わえる町並みと、外周の地域にはおしゃれなカフェやモダンな造りの宿なども点在しています。
伊香保温泉と並んで、群馬県だけでなく日本で有名な温泉地の1つです。

「水上温泉郷」は、利根川源流の町として知られる“みなかみ町”の水上地区を中心とした、「水上温泉」「宝川温泉」「湯の小屋温泉」「谷川温泉」など8つの温泉の総称です。
それぞれの温泉から、美しい山々や渓谷を見晴らすことができ、冬には、雪景色を眺めながら温かいお湯に浸かる“雪見温泉”を楽しむことができます。
伊香保温泉や草津温泉と並んで、群馬県を代表する有名な温泉地です。

関東の温泉地

カップルの温泉旅行でおすすめの関東にある温泉地を紹介します。

栃木県にある「那須塩原温泉郷」は、標高1900mの「那須岳」の山麓にあって、7つの個性的な温泉がある「那須温泉郷」と、泉質が川の清流に沿って違う温泉が11ヶ所ある「那須温泉郷」があります。
温泉療法を行っていた場所“湯治場”の雰囲気が残る場所や、リゾート気分を堪能できる場所、「日光東照宮」などの観光名所もあり、豊かな自然の中で訪れた人々を癒してくれるので、カップルにはおすすめの温泉地です。

「鬼怒川温泉」は、温泉や渓谷、「東武ワールドスクウェア」などのテーマパーク、文化史跡・遺跡など、さまざまな楽しみ方ができるので、カップルあご家族、お仲間など、広い年齢層から人気のある北関東を代表する大型温泉地です。
昔から、やけどに効果のなる湯治場として有名で、柔らかく心地の良いお湯が疲れや痛みを癒してくれます。

神奈川県の「箱根温泉」は、大自然に囲まれた場所にあり、情緒あふれる20の温泉が集まっています。
ロープウェイや美術館などの遊べる観光スポットも数多くあり、芦ノ湖や美しい山々、滝などの美景も望むことができます。
また、関東からは電車や車でのアクセスが良いので、日帰り温泉としても気軽に楽しむことができます。
年間の観光客は約2000万人と、日本屈指の温泉観光地となっています。

伊豆の温泉地

静岡県の伊豆は、関東からの旅行で人気の高い温泉地です。
それでは、伊豆の温泉地について紹介します。

伊豆半島は、温泉地が海や山の大自然に囲まれて存在しています。
海の幸・山の幸の恩恵を受け、年間を通して人気となっている温泉地です。
また、海や浜辺が綺麗で有名ですし、関東からのアクセスがとても良いということで、夏には海水浴を目的とした旅行者が多く集まります。

伊豆の玄関口となっているのが、「熱海温泉」です。
関東では知名度が高く、夏には海水浴でにぎわう温泉地です。

「伊東温泉」は、古き良き雰囲気漂う情緒ある温泉地です。

「伊豆高原温泉」は、伊東市の南にあって、伊豆の山々と綺麗な海のどちらも楽しむことができる温泉地です。
多種多様な温泉宿があちこちにあって、好みのタイプの宿を選ぶことができます。
観光名所やデートスポットなども多く、カップルにはおすすめの人気の温泉地となっています。

「河津温泉郷」は、川端康成の「伊豆の踊り子」の舞台になっている温泉郷です。
日本で一番早く咲く桜「河津桜」も有名な地です。

「下田温泉」は、海の水と浜辺がとても綺麗ということで知られています。
夏の海水浴に訪れる旅行者はもちろん、サーファーにも人気のスポットで年間通して人気の温泉地となっています。

「稲取温泉」は、下田と並んで“金目鯛”が名産として知られており、稲取温泉には、海を見渡せる宿も多いです。

「弓ヶ浜温泉」は、弓ヶ浜海岸の近くにある温泉地です。
この海岸は、日本でもトップクラスに入るくらい美しい浜辺で知られており、特に海水浴シーズンの夏にはとてもにぎわいます。

このほかにも「伊豆長岡温泉」や「修善寺温泉」など、カップルやご家族での旅行に最適な温泉地が伊豆半島にはたくさんあります。

全室露天風呂付きの宿

カップルの温泉旅行に特におすすめなのが、露天風呂付きの客室です。
ここでは、関東から行きやすい全てが露天風呂付きの客室になっている温泉宿を紹介します。

静岡県・伊豆高原温泉にある「ほまれの光 水月」は、全8室だけの温泉宿で、最高のロケーションの中のお湯、癒しとくつろぎ、それに伊豆の“静”を堪能できるカップルにぴったりの宿です。
客室露天風呂は8?10畳のテラス付きであったり、お部屋はオーシャンビューであったりと、宿泊されたお客様から高く評価されている大人の宿です。

栃木県・那須温泉の「昔日 オールドデイズ」は、2007年にオープンしたクラシカルでアンティークな雰囲気の極上の隠れ宿です。
館内は総大理石張りで優雅な雰囲気が漂い、客室はゆとりのある広いお部屋に、全室に露天風呂と岩盤浴が完備され、窓の外には小川と林を眺めることができ、心地の良い空間が広がっています。
お食事も、地産地消をコンセプトに、那須の黒毛和牛など、季節の創作料理を各お部屋でいただくことができます。
極上の空間で大人カップルの癒しの時間を演出する、関東のプライベートリゾートです。

栃木県の鬼怒川温泉「若竹の庄 別邸 笹音」は、和洋折衷スタイルの館内に、美しい鬼怒川を見下ろすことができるお部屋で、癒しの時間を存分に堪能できる宿です。
ロビーのラウンジにはクラシック音楽が流れ、静かに本を楽しむことができる読書コーナーもあり、大人の“暇つぶし”の時間を満喫することができます。
また、すべての客室露天風呂は、自然を感じながら浸かることができる温泉かけ流しです。

極上の時間を楽しめる温泉旅館

せっかくのカップルでの温泉旅行なら、日常では味わえないような贅沢な時を過ごしたいですよね。
それでは、関東からアクセスの良い場所にあって、2人だけで極上の時間を過ごすことができる温泉宿を紹介します。

神奈川県の箱根強羅温泉「強羅 花扇」は、天然の木の香りが漂う館内に、客室には自家源泉100%かけ流しで提供しており、そのお湯は「重曹泉」という珍しい泉質の天然温泉です。
お風呂からは、壮大な箱根連山を眺めながら、気持ちの良いお湯に浸かることができます。
お部屋は、神代ケヤキのテーブルや壁紙など、飛騨建築による趣向を凝らした温もりあふれる空間になっています。
お料理は、個室食事処で提供され、新鮮な箱根の野菜や駿河湾の鮮魚、飛騨高山から直送される最高級の飛騨牛などを使用して、絶品の極上の料理を堪能することができます。
カップルでの宿泊はもちろん、訪れた方々の満足度が非常に高い宿です。

群馬県の水上温泉郷「旅館たにがわ 別邸 仙寿庵」は、和モダンで贅沢な雰囲気漂う旅館です。
お庭は手入れが行き届いており美しくライトアップされ、廊下には高さ8m・長さ40mの透き通ったガラスが設けられ、ラグジュアリーな雰囲気でゲストをお出迎えします。
館内には、手透き和紙や墨流し、京土壁といった日本の伝統的な手法の中に、モダンな設計も取り入れたおしゃれな建築になっています。
源泉かけ流しの露天風呂のあるお部屋からは、雄大な谷川岳を眺めることができます。

神奈川県の箱根仙石原温泉「金乃竹」は、“竹取物語”をコンセプトにした宿で、贅沢な空間の中に遊び心あふれる非日常的な演出がなされています。
館内には、竹があちこちに配されており、斬新で高級感漂う空間が演出されています。
夜にはそれぞれのお部屋から、幻想的な世界を作り出している竹林と大きな池を見渡すことができます。
客室露天風呂からは“にごり湯”を楽しむことができ、お部屋でいただけるお食事は、本格的な京懐石料理を堪能することができます。
お客様のニーズに合わせたさまざまなサービスも充実しており、雑誌などでも多く紹介されている圧倒的な存在感の関東の贅沢湯宿です。

コストパフォーマンスの高い温泉宿

若いカップルの温泉旅行なら、できるだけ料金が安くて良い宿が良いと思います。
それでは、関東近郊の宿泊施設で、コストパフォーマンスに優れ、カップルにうれしいサービスが充実しているリーズナブルな宿を紹介します。

群馬県にある「鹿覗キセキノ湯 つるや」は、和邸「山王院」と別邸「美月庵」からなる四万温泉の温泉宿で、露天風呂や半露天風呂付きのお部屋や、遊び心のあるレトロモダンなお部屋、伝統的な木のぬくもり感じるお部屋など、1つ1つのお部屋が趣向を凝らしています。
カップルの好みや予算、希望に合わせてさまざまな部屋のタイプを選ぶことができます。
また、朝食、夕食はお部屋でゆっくり楽しめることもカップルにおすすめの点です。
温泉は、4種類の厳選をブレンドした贅沢なお湯です。

「絶景の癒しの湯宿 茄子のはな」は、静岡県の伊豆高原温泉の温泉宿です。
全ての客室から海が一望でき、インテリアや小物、照明にまでこだわった、とても心地の良い宿です。
全室露天風呂付きで、テレビなどのメディアで何度も紹介されており、有名人も多く訪れている、お風呂やお料理、サービスで評価のとても良い宿です。

神奈川県 箱根強羅温泉の「COZY INN ペンション 箱根の山」は、関東の宿で口コミランキング上位に選ばれたこともある温泉宿です。
この宿の自慢は、標高680mの高さにある18トンの巨石から作られた「空飛ぶ石風呂」です。
このロケーションからは開放感たっぷりで、金時山や早雲山を見渡すことができ、浮遊間を楽しむことができます。
部屋は特に広くなかったり、ベッドは普通のサイズであったり、テレビがなかったりしますが、人の温かみを感じることができるペンションということで、訪れた人々の満足度はとても高い宿です。

リーズナブルな温泉宿

若いカップルの温泉旅行におすすめの関東近郊の宿を紹介します。
若いカップルは、リーズナブルに宿泊できる宿が良いと思います。
ここで紹介するのは、比較的料金が安いだけでなく、サービスも充実している宿を取り上げます。

静岡県の伊豆高原温泉の「旅館 花生の郷」は、たった2室だけの穴場的な旅館です。
1日2組だけということでサービスが細やかで、対応がとても親切です。
また、料理もかなりこだわっており、採れたての新鮮な地元の食材をふんだんに使って、個性的でとってもおいしい料理を堪能することができます。
小さな温泉宿ですが、評価が良くリピート率がとても高い宿なので、静かなところでおいしい料理を楽しみたいカップルにおすすめです。

群馬県・水上温泉は、関東で人気の温泉地です。
その水上温泉の「蛍雪の宿 尚文」は、季節によっては庭園で蛍に逢うことができる自然豊かな旅館です。
天然木の田舎造りの宿で、お部屋も天然木をふんだんに使った造りで、囲炉裏付きのダイニングや昔懐かしい縁側、窓の向こうからは小鳥のかわいらしいさえずりや虫の声、夜には満天の星など、のんびりと流れる田舎の穏やかな休日を楽しむことができます。
また、客室にはお呼びがない限りいっさい伺うことがないので、お客様だけの静かな時間を大切にしています。
客室の種類は、10畳のお部屋から、広い露天風呂付きのお部屋、2014年に誕生した“離れ”など、予算に合わせて選ぶことができるので、若いカップルからご年輩の方、家族連れなど、幅広い層から高評価を得ている旅館です。

料理自慢の宿

温泉旅行でおいしい料理を堪能したいカップルや、グルメなカップルにおすすめしたい関東近郊の温泉宿を紹介します。

「小さなオーベルジュ アルシオン」は、個性的な創作フレンチをいただける静岡県の伊豆高原温泉にある温泉宿です。
ジャズやボサノバが流れるラウンジで、100インチのシアターを眺めながら、厳選された食材をふんだんに使ったフランス料理を、シェフこだわりのワインと共にいただくことができます。
食材は、駿河湾や相模湾の魚介や、静岡産の野菜に自家菜園のハーブ、自然環境で育った牧草牛“グラスフェッド”の牛や子羊を使っています。
また、フランス料理といっても、カジュアルなビストロスタイルで、お箸も用意されており、若いカップルでもリラックスしていただけます。

栃木県の日光温泉「奥の院 ほてる とく川」」は、大自然の中で日光の郷土懐石をいただくことができる宿です。
料理は、地元の新鮮な食材を取り入れた日光の郷土懐石で、ゆっくりとお酒も楽しんでもらいたいと、豊富な種類のワインや地酒も用意しています。
お食事は、四季折々の美しい景色が広がる日本庭園を眺めながら堪能できる個室のお食事処で、ゆったりといただけます。
また、お部屋は、露天風呂付きの客室やベランダのある広めの客室、バリアフリー対応の客室、シンプルな洋室など、予算や目的に応じて選ぶことができる和風旅館です。

千葉県の岩井湯元温泉「網元の宿 ろくや」は、関東で人気の宿泊施設として選ばれる温泉宿です。
弓なりの白浜が広がる「岩井海岸」から200mほど歩いたところにある宿で、網元ならではの新鮮でおいしい魚を味わうことができます。
豪華な地魚盛りに、獲れたての地魚の煮付け、柔らかい高級アワビ、豪快な伊勢エビなど、季節やプランなどによって内容は変わりますが、魚好きにはたまらない磯料理の数々です。
お部屋も洗練されたモダンな空間になっています。
貸し切りの露天風呂もあり、敷地内からわき出している温泉があふれています。

料理がおいしい温泉宿

関東からカップルの温泉旅行におすすめの宿はたくさんありますが、ここでは、おいしいものが大好きなカップルのために、料理のおいしい温泉宿を紹介します。

静岡県の伊豆高原温泉は、関東地方や東海地方からの旅行者に人気の温泉地ですが、「料理旅館 奥飛騨山草庵 饗家」はオリジナリティあふれる奥飛騨の懐石料理が食べられる料理旅館として人気がある宿です。
料理のメインは厳選された飛騨牛で、さらに地元の旬の食材を使って、手間ひまかけて逸品に仕上げます。
お食事は、古民家を改造した木の温もりが感じられるお食事処で用意します。
また、それぞれが個室になっているので、お仲間だけの時間を楽しむことができます。
ロビーの横には、喫茶ギャラリーもあり、奥飛騨のミネラル豊富な名水で煎れるコーヒーをいただけます。
地元の陶芸家による作品の展示や販売も行っていますし、足湯も設けています。

「英国調ホテル 別邸 石の家」も、伊豆高原温泉にある宿ですが、こちらは地魚料理が自慢の宿で、外観やお庭、お部屋がアンティークでおしゃれなデザインで、ペットも泊まることができます。
毎朝、料理長が、直接“富戸港”から朝獲れの新鮮な地魚を仕入れています。
料理はプランによって、スタンダードや特選ディナー、伊勢エビ料理ディナーなどから選ぶことができます。
朝食は、ルームサービスで洋食のバスケットになっているので、お部屋でのんびり過ごすことができ、若いカップルにはうれしいサービスです。
ペットが泊まれる宿、ということで、犬や猫だけでなく、ウサギや文鳥もOKです。

伊豆でおすすめの貸別荘

カップルでの温泉旅行は、温泉旅館で至れり尽くせりも良いですが、「貸別荘」で過ごすのもおすすめです。
貸別荘なら、2人だけの静かな時間を存分に楽しめますし、自由度も高いです。
また、お食事は、2人でバーベキューを楽しんだり、彼女が手料理を振舞ったり、2人で楽しく料理を作ったりするなど、カップルとしては、同棲生活気分を満喫することもできます。
それでは、関東近郊のおすすめの貸別荘を紹介します。

静岡県の伊豆は、関東から行きやすい観光地ですし、素敵な貸別荘もたくさんあります。
「大人の為の貸別荘 ピラール」は、全棟一戸建ての露天風呂付きの高級な貸別荘です。
露天風呂のほかにも、レースの天蓋付きダブルベットやアジアンテイストの調度品、広々としたリビングなど、2人だけのゆったりとした時間を存分に楽しむことができます。

伊豆の国市にある「スターヒルズ」は、贅沢な本格ログハウスの貸別荘です。
露天風呂や豪華なリビング、天蓋付きのベッドルーム、バーベキューなど、家族やお仲間、カップルでの旅行に最適の貸別荘です。
評判がとても良いので、テレビの取材も多くリピート客も多くなっています。

静岡県伊東市十足にある「貸別荘 ロビン」は、露天風呂付きのコンドミニアムタイプの格安別荘です。
とても静かな場所の高台にあり、新館が2003年にオープンしてとても清潔感があります。
1棟中の1部屋を貸し切るコンドミニアムタイプで、露天風呂は鍵付きで24時間いつでも利用することができます。
低料金で宿泊することができるので、コストパフォーマンス抜群の貸別荘です。

関東でおすすめの貸別荘

家族やお友達、カップルでの温泉旅行は、おいしい料理を食べて、ゆっくりと温泉に浸かり、素敵なお部屋でくつろぐという楽しみがあります。
でも、貸別荘は温泉旅館とは違った楽しみがあります。
みんなで地元の新鮮な食材で料理を作ったり、専用の露天風呂でくつろいだり、バーベキューをワイワイ楽しんだり、自分たちだけの時間を満喫することができるのです。
関東やその近郊には、個性的で素敵な貸別荘がたくさんあるので、関東のおすすめの貸別荘を紹介します。

神奈川県・小田原市「ナチュラルリゾート 離れの宿 星ヶ山」は、1棟建ての本格的なログハウスの貸別荘です。
3つの個性的な貸し切りの露天風呂に、贅沢な食事付きのプランもあって、単なる貸別荘とはひと味違った宿です。

山梨県・河口湖の「ヴィラ アンソレイユ」は、2011年に新築オープンした新しくてとても綺麗な貸別荘です。
屋根のある専用のテラスでバーベキューができたり、富士山を眺めながら入れるジャグジー風呂を楽しんだりできます。

大人の上質な時間を過ごしたいカップルには、山梨県富士吉田市の「やすらぎの別邸 四季亭」がおすすめです。
古き良き日本の家屋を大切した離れの宿で、露天風呂や檜風呂、囲炉裏付きのお部屋があり、すべてにキッチンや電子レンジ、冷蔵庫、食器、調理器具など、ご自分で料理できるようになっています。
近くには、品揃えの良い大型のスーパーや道の駅もあるので、地元の新鮮な食材を使って、恋人やお仲間などで料理を作るのも良いです。
また、お部屋でしゃぶしゃぶやすきやき、お庭でバーベキューができる用意も可能なので、その場合は事前に予約をしてください。

とても贅沢な高級貸別荘

大切な人と過ごす特別な日や記念日には、高級な貸別荘で2人だけの時間を過ごしてみませんか?関東や関東からアクセスの良いところには、とても贅沢な高級貸別荘があるので、カップルにおすすめの貸別荘を紹介します。

静岡県の伊豆町にある「別館 銀の海」は、2009年に新築された清潔感のある高級貸別荘です。
ガーデンプールやガーデンバーベキューがあり、庭からすぐのところにプライベートビーチもあって、ミニカウンターのある広さ50畳のリビングルームなど、至れり尽くせりの貸別荘です。
これだけ贅沢ということで、1室79,800円からと若いカップルでは高いと思いますが、特別な旅行などにぜひ利用してほしい貸別荘です。
また、グループでの利用なら、1人あたりの料金が安くなるのでおすすめです。

栃木県の那須塩原にある「山荘 たまき」は、一流ホテルのスイートルームのような高級貸別荘です。
雄大な那須の自然に囲まれたおしゃれな建物に、とても広く洗練されたリビング、極上の家具や調度品が配置されており、一流のリゾートホテルに滞在している気分です。
料金は、1室50,000円からです。

那須塩原でもう1つおすすめしたいのが、「自家源泉の貸別荘 翠黛郷(すいたいきょう)」です。
ここは自家源泉の温泉のある貸別荘で、3600坪もある広大な敷地に7棟が佇んでいます。
貸し切りできる大露天風呂や庭園付きの岩風呂、半露天風呂付きなど、それぞれ優雅で個性的な趣きのある貸別荘です。
大切な人とゆっくり温泉に浸かって、素敵な思い出を作ってください。

旅行を楽しむコツ

温泉旅館やホテルで宿泊する旅行と同じように、貸別荘を選んだ旅行にも目的があると思います。
カップルの場合、恋人との仲をより深めて、2人だけの静かな時間を過ごしたいとか、仲間でのグループ旅行の場合は、仲間との交流をより深いものにし、楽しい時間を共に過ごしたいとか、家族の場合は、家族の絆を強め、大切な思い出をたくさん残したいなど、それぞれの目的があると思います。
それでは、それぞれの旅行の目的に沿って、貸別荘の探し方やコツを紹介します。

貸別荘で宿泊する旅行だけでなく、温泉旅行でも日帰り旅行でも、デートでのお出かけであっても、共通して言えることは、その時間をどれだけ良いものにするのかは“自分たち次第”ということです。
旅行には、「思っていたのと違う」というちょっとした不満から大きなトラブルまで、思いがけないことに見舞われることもあります。
そのような時、「せっかくの旅行が台無し」「行かなければ良かった」とマイナスに考えるのではなく、「思いがけないハプニングも旅の醍醐味の1つ」「これも楽しい思い出」と、プラスに考えることで素敵な旅行になるのです。

たとえば、誰かが渋滞でイライラしたり、貸別荘に着いてからも細かいことに小言を言ったりしていては、雰囲気を悪くしてマイナスの連鎖を起こしてしまうだけです。
楽しそうにしている人が1人でもいるだけで、その影響を受けて周りは不思議と明るくなるものです。
せっかくの旅行なので、みんなと楽しい時間を共有して、素敵な思い出を作りましょう。

カップルで貸別荘に宿泊する旅行について言えば、どちらかが勝手に決めずに、相手の意見や好みをよく聞いたり意識したりして決めましょう。
カップルの場合は、特に、露天風呂が付いたタイプがおすすめで、特別な旅行なら贅沢なサービスが充実している高級志向の貸別荘も良いです。
若いカップルには、格安の貸別荘でも楽しい雰囲気を作ることで、2人だけの素敵な時間を過ごすことができるはずです。

関東付近で貸別荘が多く人気のエリアは、神奈川県の箱根や小田原、栃木県の那須高原や塩原、山梨県の河口湖や山中湖、富士五湖、静岡県の伊豆半島や伊豆高原、長野県の軽井沢などです。
関東からのお出かけなら、近郊でも良い場所がたくさんあるので、渋滞などでイライラしないためにも、これらのエリアがおすすめです。

デートにおすすめのパワースポット

カップルでの温泉旅行のデートプランで、最近はやっているのが“パワースポット”です。
全国には、開運、健康、厄除け、金運、縁結び、恋愛成就など、さまざまなご利益があるパワースポットがあります。
ここでは、カップルの温泉旅行でおすすめの関東で有名なパワースポットを紹介します。

日本人で知らない人はいない日本最高峰の山で、世界遺産にもなっている“富士山”は、山自体が「ご神体」として、神秘のパワーがみなぎる山として、古来より多くの人々の信仰を集めていました。
また、その富士山の周辺にも多くのパワースポットがあり、その中で代表的なのが「浅間神社」です。

浅間神社の主祭神は、富士山の神霊とされる「浅間大社」と「コノハナノサクヤヒメ」で、全国に約1300社も存在しており、その総本宮が「富士山本宮浅間大社」なのです。

富士山本宮浅間大社は静岡県富士宮市にあって、ここで最大のパワースポットは、富士山の雪解け水が湧出して満たされた「湧玉池」です。
この池の周辺には「東口本宮富士浅間神社」があり、鳥居のすぐ横には「浅間縁結びの木」と呼ばれる、モミの大木の根本にブナとカシが結び合った、男女の結びつきをイメージさせる縁結びのパワースポットがあります。

また、山梨県富士吉田市には「北口本宮富士浅間神社」があり、その境内には、国の重要文化財にされている建物が立ち並んでおり、参道の巨木の杉も歴史のあるパワースポットとなっています。

このほかにも、樹齢1200年のご神木が7本もあり、縁結びにご利益があると伝えられている「二柱の杉」のある、山梨県富士河口湖町の「河口浅間神社」や、日本初で日本最古の安産祈願所とされ、安産守護や家庭守護の神と崇められ、多くの参拝者が訪れている、静岡県富士市の「富知六所浅間神社」などがあります。

関東からのアクセスも良いので、今度のデートはぜひ富士山周辺のパワースポット巡りに出かけましょう。

デートにおすすめの夜景スポット

カップルで温泉旅行に出かけるなら、大好きな恋人をおもいっきり喜ばせてあげたいですよね?温泉旅行のプランにおすすめなのが、“夜景スポット”です。
それでは、関東でおすすめの夜景スポットを紹介します。

関東近郊でもっとも綺麗な夜景と言えば、静岡県焼津市にある「高草山」と言われています。
山頂へ向かう道からも美しい夜景を眺めることができ、その途中には駐車場のある「笛吹段公園」は、ベンチが設置されていたり、芝生の公園があったりと、とても雰囲気が良いので、カップルにはおすすめのスポットです。
また、高草山でもっともおすすめの夜景ポイントは、笛吹段公園からさらに登って行った頂上付近で、とても見渡しが良いです。

次におすすめしたいのが、「富士見峠」の夜景です。
こちらも関東でトップクラスの夜景スポットとなっています。
富士見峠は、前橋市や高崎市の夜景を一望することができ、途中には数台停められる車の中からでも美しい夜景を眺めることができます。
また、伊香保温泉や水上温泉、草津温泉、四万温泉など、群馬県への温泉旅行から首都圏方面へ帰る時に、立ち寄るのも良いでしょう。
場所が少しわかりにくいかもしれませんが、「
霞山カントリークラブ」を目指して山を登れば、三叉路で合流する場所に駐車場があり、視野がパッと広がり開放感があるので、夜景のポイントはわかりやすいと思います。
また、この夜景スポットは見渡せる範囲が広いので、夜景と夜空の星も同時に眺めることができます。

花火大会デートについて

カップルのデートで花火大会に行くのはとても素敵ですが、温泉旅行の時に旅先で花火を楽しむことができれば、最高の思い出になります。
そんな格別に素敵なデートに演出してくれる花火大会の中から、特に素晴らしい花火大会を紹介します。

まず、長野県諏訪市で開催される「諏訪湖祭湖上花火大会」です。
例年8月15日に行われ、花火の打ち上げ玉数は4万発です。
見所は、諏訪湖の湖上から打ち上げられる大迫力の花火と、約2kmもの大ナイアガラと尺玉の早打ちです。
また、露店などが約500店も出店し、約50万人の観客が集まります。
関東から訪れるには、中央高速道路を利用して200km程度ですが、花火大会当日は、すべての駐車場がほぼ満車状態になりますし、行きも帰りも道路は大渋滞になります。
そのため、車で行く場合は近くの宿泊施設を予約しておくか、旅行会社の花火大会プランや温泉旅行プランなどで行くのが良いでしょう。

次におすすめするのは、「隅田川花火大会」です。
1733年に始まった「両国川開き花火大会」を継承した花火大会で、関東随一の格式と深い伝統のある花火を楽しめます。
会場は2カ所あり、第1会場ではさまざまな芸術作品を観ることができる“花火コンクール”が行われ、第2会場では豪華なスターマインや創作花火を堪能できます。
隅田川花火大会には、周辺道路が車両通行止めになりますい、交通規制区域外の道路も、花火大会当日は大渋滞になるので、公共交通機関を利用して向かいましょう。

その花火大会でも言えることですが、花火大会は非常に多くの人が集まります。
せっかくのカップルでのデートを良いものにするには、スムーズに進むように事前の下調べや準備が大切です。
会場周辺の駐車場を調べたり、交通規制がないか確認したり、公共交通機関の時間を調べたり、宿を予約したりしておきましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ