オフィスでの防寒対策

この記事は14分で読めます

オフィスでのあったか対策【服装】

「服装」を工夫する事で、オフィスでのあったか対策になります。
季節が冬になってくると、オフィスでの気温も下がってきます。
暖房を点けると良いのですが、周りに気を使って点けられないと言う場合も有りますよね。
寒いと仕事に集中出来なくなると思うのです。
そんな時に便利なのがオフィスにおけるあったかグッズだと思うのです。
ここでは、服装で行えるあったかグッズをご紹介してみたいと思います。
とりあえず、温かい服装にする事をしてみます。
ニットを着る事でも良いですし、何枚も重ね着しても良いでしょう。
また、最近はヒートテックの様な薄手で温かいインナーが登場しています。
これを利用する事で、スーツでも着膨れする事無く温かくする事が出来ます。
また、首元を出していると寒いですので、タートルやハイネック等、首元が隠れる様な服装にする事もオススメです。
スカーフやショールをするだけでも全然違いますので試してみてはいかがでしょうか。
また、スカートを履いているのであれば、パンツにするだけでもあったか対策にはなります。
制服でスカートを履かなくてはいけない場合、厚手のタイツを履くとか、最近はタイツにもヒートテックが登場していますので、そうした物を利用すると良いでしょう。
デスクワークの場合、腰回りが冷えてくると思いますので膝掛けを使用する等して温めてあげると良いでしょう。
この様に特別なグッズを利用しなくても服装であったか対策は出来ます。
快適に仕事が出来る様に、更に体調を壊さない様に、あったか対策をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

基本的なオフィスにおけるあったか対策

冬の季節になってくると、オフィス自体も寒くなってきますよね。
暖房を点けると良いのですが、ウォームビズが推奨されているこの時代、設定温度を高くしているオフィスは少ないと思います。
そこで多くの方が注目するのがあったかグッズだと思います。
近年、あったかグッズはたくさん登場していて、オフィス内で大活躍しています。
ここではオフィスにおけるあったか対策の基本を挙げてみたいと思います。
先ずは「血流を良くする」と言う事です。
長時間椅子に座りっぱなしになっていたり、ヒールの様に足を締め付ける靴を履きっぱなしでいると、脚の血流が悪くなり、結果的に冷えの原因に繋がってしまいます。
足元の血流が良くなる様に足首を回すとか、座っている間はサンダルに履き替える様にする等、血流が良くなる為の対策をしていくと良いと思います。
次に「身体の外側から身体を温める」と言う事です。
ヒートテックの様にあったかグッズを着込んだり、膝掛けをしたり、カイロを使ったりして、身体を温める様にしていくと良いでしょう。
次に「身体の内側から身体を温める」と言う事です。
身体の外側からだけ温めても付け焼刃にしかなりません。
身体の内側からも温める様にする事で、更に対策として充実すると思います。
オフィスでは温かい飲み物を飲む様にしたり、身体を温める効果が有る食べ物を食べる様にしたりする事で、身体を内側から温める事が出来る様になります。
こうした基本的な事を知っておくと、どの様なあったかグッズを購入したら良いのか参考になるのではないでしょうか。

身体の温め方【お風呂】

冬場になるとオフィスでも家でも寒いと感じる事が多くなります。
身体を温める方法として有効的な方法として「お風呂」が有ります。
1年を通して入浴はシャワーよりは浴槽にお湯を溜めて入る事の方が良いと言われています。
こうした入浴方法をしておく事で、常に身体があったまった状態になり、あったかグッズも不要になります。
あったかグッズはたくさん有りますが、お風呂もあったかグッズの1つだと思うのです。
オフィスでもプライベートでも寒さに強くなる為に、湯船に浸かってみてはいかがでしょうか。
お風呂に入る際、肩までしっかりと浸かって入りたいと思うと思います。
もちろんそれも良いのですが、オススメの入り方としては「半身浴」です。
身体の全身を温めると、体温が身体全体に分散されて上昇していきます。
つまりゆっくりと上昇して行く事になります。
対して半身浴をすると、体温が一部分に集中されて上昇していきます。
半身浴の場合、お湯につかっている部分の血液が温められます。
全体を温めている訳ではないので、その血液は皮膚まで温めにいかず、身体の内側を回る様に温めていくそうなのです。
こうした温め方をする事によって、効率よく身体が温まっていきます。
結果的に脂肪燃焼効果にも繋がり、ダイエットにも効果的だと言う事になる様です。
もちろん全身浸かるのも良いです。
全身水圧に押される事で、リンパの流れたスムーズになると言うメリットが有ります。
更にリラックス効果も有る為、場合に応じて入浴の仕方を変えていくと良いでしょう。
こうしたお風呂の入り方をしていく事で、身体が覚めにくくなり、結果的にオフィスでも家庭でも寒さに強い状態でいられると言う訳なのです。

オフィスでのあったか対策【手元】

「手元」を工夫する事で、オフィスでのあったか対策になります。
寒くなると手がかじかんできて、上手くパソコンのキーボードが打てなかったり、作業が遅くなってしまったりする事が有ると思います。
そんな時にオフィスで活用出来るあったかグッズを使用する事で、手元が暖かくなり、作業をスムーズにする事が出来る様になります。
手元を暖かくするオフィスで利用出来るあったかグッズとはどの様な物が有るのか挙げてみたいと思います。
一番簡単なのは「カイロ」だと思います。
最近は小さめのカイロが有るので、それを手元に置いておく事で指先を温める事が出来ます。
また、最近では使い捨てのカイロではなく、見た目も可愛くてオシャレなタイプの充電式のカイロやUSBにつなげて使えるタイプのカイロも登場しているそうで、一見カイロとは分からない感じで手元を暖かくする事が出来ます。
他にはパソコンを打つ時でも使える手袋を利用する事も対策の1つだと思います。
例えばミトンタイプの物が有り、ミトン部分を取る事で指先を出す事ができ、キーボードをそのまま打てます。
あったかグッズとして売られている手袋の中には、ポケットが付いている物も有り、そこに小さめのカイロを入れる事ができ、更にあったかくする事が出来ます。
更に最近では、マウス自体が温まるタイプの物も有るそうで、年々あったかグッズは進化してきている事が分かります。
この様に手元を暖かくする事で、手のかじかみを防ぐ事ができ、仕事を効率よく進める事が出来る様になります。

身体が冷えてしまう原因【食生活】

いくらオフィスであったかグッズを使って寒さ対策をしても、自分の身体が冷えやすい体質だと対策はしきれないと思うのです。
オフィスで使えるあったかグッズはたくさん有ります。
こうしたグッズが有効的に使える様に、身体が冷えてしまう原因と言うのを少し挙げてみたいと思います。
もちろん身体が冷えてしまう原因としては、オフィス内が寒いと言う事も有るのですが、それ以前に食生活について見直してみる必要がある様です。
よく女性には冷え性の人が多いと言われています。
冷え性を放っておいてしまうと様々な体調不良を引き起こす原因になってしまう可能性が有ります。
その原因となるのが普段気にせず口にしている食生活なのです。
先ずは「朝食を抜いている」場合です。
朝食をきちんと取る事によって血流が良くなりますし、体温が上昇します。
その朝食をきちんと取っていないと、身体が冷えたままになってしまい、冷え性を引き起こす原因となってしまうのです。
次に「バランスが良い食生活をしていない」場合です。
お肉しか食べない、お菓子をたくさん食べる、インスタント食品ばかり、野菜は食べない等、偏食をしていると栄養バランスが乱れてしまい、血流が悪くなったり、貧血を起こしたりしてしまう原因になります。
更に「身体が冷えやすい食事をしている」場合です。
代表的な物に夏野菜は身体を冷やしてくれる効果が有ります。
こうした食材ばかりを冬に食べていると身体を冷やす原因になってしまうのです。
この様に、食生活を改善する事によって身体を冷えにくくしてくれたり、身体が冷えてしまう要素を取り除けたりしますので、心掛けてみると良いでしょう。

身体を冷やす食材について

オフィスだけであったかグッズを使用していても、根本的な冷え性対策にはなりません。
オフィスでのあったかグッズを有効的にする為に、身体自身を冷やさない様にしなくてはいけないと思うのです。
そこでここではどういった物が身体を冷やす効果が有るのか、食材から挙げてみたいと思います。
先ずは「夏野菜」と呼ばれる食材は身体を冷やす効果が有ります。
代表的な物としては「キュウリ」「トマト」「レタス」等が挙げられます。
こうした食材は主にサラダとして食べられると思いますが、冬場はサラダではなく鍋や温野菜にする等、出来るだけ火を通す様にし、身体を冷やさない様にする事が大切です。
次に「温かい地域で摂られるフルーツ」です。
「マンゴー」「パイナップル」「バナナ」と言ったフルーツには身体を冷やす効果が有ります。
もちろんビタミンがたくさん採れるので、栄養的には良いのですが、冬場は身体を冷やさない為にも少し控えてみると良いでしょう。
次に「飲み物」からですが、「コーヒー」「緑茶」「ビール」「ウィスキー」等です。
こららの飲み物は身体を冷やしやすいと言われています。
その為、摂取量を少し控える事が重要となります。
更に「砂糖」「化学調味料」等も身体に冷やす物だとも言われています。
この様に挙げてみると、普段何にも気にせず食べている物の中に、意外に多くの身体が冷える食材が有る事が分かります。
どの食材が身体が冷えるのか分かっておく事で、自然と控える様になると思いますので、頭に入れておくと良いでしょう。

身体を温める食材について

オフィスでの冷え対策として、身体に対しての冷え性対策として、身体を温める食材を食べる様にしてはいかがでしょうか。
オフィスで働いていて、身体が冷えるなと感じる事が有るでしょう。
身体を温める為にあったかグッズを使用しても良いのですが、生活そのものからあったか対策をしても良いと思うのです。
そこでここでは「食材」について挙げてみたいと思います。
先ずは「野菜」です。
特にオススメなのが「根菜類」です。
人参の様に暖色系の物が身体が温まりやすいと言われている根菜です。
更に牛蒡の様に硬い食材も身体を温めると言われています。
こうした事を見てみて、寒い地域で摂れる食材が比較的身体を温める効果が期待出来る食材が多いので、積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。
次に「飲み物」ですが、色が赤や茶色のお茶が身体を温める効果が有ります。
そう考えてみると緑茶は緑なので違いますよね。
と考えてみると、紅茶やほうじ茶などがそれに当たるので、こうしたお茶の方が良い様です。
お茶であればオフィスでも飲めるので、あったかグッズの1つとして飲む様にしてみても良いでしょう。
次は「生姜・香辛料」です。
特に生姜は身体を温める効果が有ると言うのは有名ですよね。
紅茶に入れても良いですし、生姜焼き等、料理に使っても良いと思います。
更に香辛料もその1つですので、積極的に冬場は摂取したいですよね。
次に「アルコール」ですが、ビールは身体を冷やすと言われています。
身体を温める効果が期待出来る物としては、ワイン、日本酒等が挙げられます。
これらを温めて飲む事で更に効果が期待できますので、寒い時期にアルコールを飲む時にはこうした物を飲むと良いでしょう。

身体の温め方【食事】

基本的な事ですが、食事の仕方1つで身体を温めたり、冷やしたり出来ます。
冬場にオフィスであったかグッズを使っていたとしても、身体を冷やす食事の仕方をしていては意味が有りません。
単にオフィスであったかグッズを使っているだけ、と言う事になってしまいます。
そこでここでは身体を温めてくれる食事の仕方について挙げてみたいと思います。
食事の仕方で大切な事は「しっかりと食事を摂る」と言う事です。
食欲が無いから、ダイエットをしているからと言った理由で、食事を抜いたり、極端な食事制限をしたりしていると、身体のバランスが崩れてしまいます。
通常食事を下後は体温が上がるのに、こうした食事をしていると体温が上がらなくなります。
更に内臓機能も低下してくる為、新陳代謝も悪くなってきて、結果的に更に体温が下がってしまうと言う事に繋がりかねません。
特に朝は体温が低い状態にあります。
朝食を抜いてしまう事で、低体温状態が続く事になり、身体が動きにくくなり、代謝不良になってしまいます。
しっかりと食事を摂る事も大切ですが、特に朝にしっかりと食事を摂る事が大切になりますので、現在朝食を抜いている方は見直してみると良いでしょう。
更に食事の際には身体を温める効果が有る食材を中心に食べる様にする事も大切になりますので、木を着けてみると良いでしょう。
こうした食事の仕方に加えて、下半身の筋トレをする等、他の方法も併せて取り入れる事で、更に身体が温まりやすい状態になると思います。

身体を温める事のメリット

近年、ウォームビズと言う言葉が定着してきている様な感じがします。
家庭内と言うよりは、オフィス内で実行している所が多いのではないでしょうか。
オフィスで使える様な様々なあったかグッズも登場しています。
こうしたあったかグッズを使って身体を温める工夫をしながら、ウォームビズが進行されているのです。
よくウォームビズでは身体を温める事が推奨されますが、身体を温める事でどの様なメリットが有るのかここで少し挙げてみたいと思います。

【免疫力の向上】
身体を温める事で、免疫力が向上します。
それによって風邪を引きにくくなる等、体調が崩れにくい身体作りができる様になります。
更に免疫力が向上する事で風邪以外の病気にもかかりにくくなると言われています。

【老廃物の排泄向上】
身体を温める事で血流が良くなると言われています。
血流がよくなると新陳代謝が高まり、更に身体に溜まっている老廃物の排出が向上します。
老廃物が身体に溜まったままになっていると思わぬ病気を引き起こす原因にもなりかねないのです。

【血流が良くなる】
身体を温める事で血管が拡張される様になりますので、結果的に血流が良くなることに繋がります。
血流が良くなる事で病気になりにくくなる他、食事等から摂取した栄養分を身体中に行き渡らせる事が出来る様になります。

【脂肪燃焼】
身体を温めると新陳代謝が良くなると言うのは先ほど挙げましたが、これによって脂肪燃焼効果が向上します。
それによってダイエット効果も高まると言う事にも繋がるのです。

身体の内側から身体を温めよう

いくら膝掛けやヒートテック、カイロの様にオフィスで使えるあったかグッズを使ったとしても、その場しのぎの対策でしかありません。
最近ではオフィスで使える可愛いあったかグッズがたくさん有りますので、色々買うと言うのも楽しい事だと思います。
本当の意味で身体を温めたいのであれば、身体の内側から温めていかなくてはならないのです。
先ずは「規則正しい生活を心掛ける」と言う事です。
人間の体温と言うのは、昼間に体温が上がり、夜は下がると言うリズムとなっています。
体温が上がっている時に活動をし、下がっている時に身体を休めると言う様なリズムなのです。
しかし何らかの理由でこのリズムが崩れてしまうと、体温が乱れてしまい、冷えを起こしてしまう原因となります。
その為、規則正しい生活を心掛ける事が身体を温めるとても重要な事と言う事になります。
次に「食事の見直し」と言う事です。
生きていく上で絶対に欠かせないのが食事です。
食事には身体を冷やすタイプと、身体を温めるタイプが有ります。
どの食材が身体を温めるのか、どの食材が身体を冷やすのか、よく理解した上で身体を温める食材を積極的に摂取する様にする事が大切だと思うのです。
また、この時、身体を温める物ばかり大量に摂取すると言うのはやってはいけません。
過剰に摂取し過ぎる事で、逆に胃腸に負担が掛かる事になってしまい、体調不良の原因となってしまいますので気を付けましょう。
こうした事を気長に続けて行く事で、徐々に身体の内側から温まりやすい体質改善が出来る様になってくると思いますよ。

身体の温め方【下半身の筋トレ】

人間の身体は冷えてしまうと血行不良に陥ってしまいます。
その逆で考えてみると血行が促進される事で身体が温まると言われています。
特に女性は冷え性の方が多いと言われています。
オフィス内でも寒くてあったかグッズを使用している方を多く見掛けると思うのです。
そんなあったかグッズを使わなくても、血行を促進させる事が出来ればオフィスでも常に温かい身体でいられると思うのです。
そこでここでは血行を促進させる方法を挙げてみたいと思います。
血行が滞りがちなのが足元です。
足に溜まっている血液を、筋肉を使ってポンプの様に心臓に正常に送り出してあげる事で、血流を改善させる事が出来ます。
この為、下半身の筋肉がとても重要と言う事になるのです。
もちろん上半身の菌に着も鍛える事も大切です。
どちらもバランスよく鍛える事で、血流が良くなってくるのです。
特に下半身の筋肉は心臓に血液を戻す役割、つまり血液を下から上に押し上げる役割が有る為、とても重要視されています。
簡単に出来る下半身の筋トレとしては、スクワットをしてみると言うのが良いですよね。
膝を10?30回程屈伸させると言うだけです。
これならば、ご家庭でもオフィスでもちょっとした空き時間に行う事が出来ます。
但し、これらをしっかりと行う場合、熱を効率よく発散させる通気性が有る服装で行う様に心掛けてください。
熱がこもる様なサウナスーツを着込んで行うと、逆に血流を悪くしてしまう可能性が有りますので注意しましょう。

オフィスでのあったか対策【ツボ押し】

「ツボ押し」をする事で、オフィスでのあったか対策になります。
近年はあったかグッズがたくさん売られています。
オフィス用、家用と色々有ります。
こくしたあったかグッズを使って冷え性対策をするのも良いのですが、こうしたグッズを使わないで出来る対策も有ります。
オススメの冷え性対策としては「ツボ押し」です。
ツボは身体中に有り、効果が有る場所にあるツボを押すだけで、体調不良が改善されると言われています。
もちろん冷え性に対応したツボも有ります。
身体の色んな所に有りますが、手だけで見てみると3箇所も有るみたいなので、少し時間が有る時に押す様にすると良いのではないでしょうか。
押し方も簡単で、強く押せばいいと言う物では有りません。
イタ気持ちいいくらいの適度な強さで、数回押す様にすると良い様です。
指を使っても良いですし、ボールペンなど、先が丸くて細い棒の様な物を使っても良いでしょう。
痛いと言う事は身体が冷えていると言う事になり、徐々に解消されてくるとツボを押しても痛くなくなってきます。

【命門(めいもん)】
手のひらを見て、小指の第二関節の中央部分に有るのが、このツボです。
血行不良を改善させてくれる効果が期待出来ます。

【指間穴(しかんけつ)】
手の甲を見て、指の付け根と指の付け根の間に有るのが、このツボです。
ホルモンバランスを整える効果が期待出来ます。

この他にもたくさん冷え性に効果が有るツボは有りますが、先ずは出来る所から始めてみてはいかがでしょうか。

【ウォームビズ】のメリット

暖房の使用を抑えて少しでも電気量の使用を控え、地球温暖化対策をしようと言うのがウォームビズの誕生のきっかけです。
こうした動きはオフィス内でも有ります。
オフィス内ではエアコンの温度を低く設定し、その代わりに温かい格好をして仕事をしようと言うのがスタンスです。
ウォームビズ対策として、寒い季節になってくると様々なあったかグッズが発売されてきます。
膝掛けの様な定番的な物から、ちょっとした電化製品まで面白いあったかグッズも有ります。
そんなウォームビズのメリットを少し挙げてみましょう。

【メリット】
先ずは「地球温暖化の手助けが出来る」と言う事です。
これはウォームビズの様々なメリットが重なった結果、得られるメリットとなるのですが、エアコンの設定を低くしたり、エアコンの使用を控えたりする事で、先ずは電気代の節約が出来ます。
これは家計にとっては大きなメリットとなると思いますが、それによって二酸化炭素の排出が抑えられ、結果的に地球温暖化の抑制に貢献出来ると言う事になります。
次に「健康的な身体作りの手助けが出来る」と言うメリットが有ります。
寒い時にエアコンを使って外から身体を温めてしまっては、表面的な物になってしまい自分で身体を温める能力が衰えてきてしまいます。
厚着をして身体を冷やさない様にしたり、風邪を引きにくくなったり、体調を崩しにくくなったりする身体作りができる可能性が高まります。
この他にもウォームビズのデメリットはたくさん有ります。
よく把握した上でより良い対策をする様にしましょう。

【ウォームビズ】について

「ウォームビズ」と言う言葉を知っているでしょうか。
地球温暖化に伴い、エアコン等の使用量を制限して温室効果ガスの削減を目的とした運動の事で、環境省によって定められている制度の事を指しています。
簡単に言うと、寒い時には厚着をする等の工夫をして、エアコンを安易に使わない様にしましょう。
エアコンを使うとしても設定温度を低めに設定して、電気量を減らしましょう、と言う様な事です。
反対語として「クールビズ」と言う耳慣れた言葉が有りますので、分かりやすいかと思います。
ウォームビズの時期としては秋口?冬の終わり位、大体11?3月まではその期間だと言われて今う。
クールビズと違って、ウォームビズはまだまだ浸透していない様な感じも見受けられます。
クールビズでは男性がネクタイを外しても良いと言う事に対して、ウォームビズではその定番的な物が無いですよね。
今後こうしたウォームビズだからと言って、必ずしもオフィスの様な職場環境での制度に留まらず、ご家庭でも実施する様に勧められています。
リビングに皆が集まって1つの部屋だけエアコンを使う様にする事で、電気量の節約になると言うのもその1つです。
更にオフィスでウォームビズをする際、寒いからと言って個人でエアコンの設定を上げる事は出来ませんよね。
最近、ウォームビズ対策としてあったかグッズがたくさん売られています。
膝掛けやヒートテックの様な薄手のあったかグッズ等、たくさん有りますので、ご自身に合ったあったかグッズを見つけてみると良いでしょう。

身体の温め方【下半身】のポイント

身体を効率よく温める方法として、「下半身」を鍛える事が良いと言われています。
下半身に溜まっている血液を筋肉を使って全身に回して、血流を良くすると言う意味が有ります。
オフィスで寒い場合、膝掛けやカイロ等のあったかグッズを使って足元を温める事が効果的ですが、その温めた血液を鍛えた筋肉によって全身に巡らせ、身体中を温かくしてくれると言う訳なのです。
オフィスにいるとなかなか下半身を鍛えると言う事が難しいと思いますが、下半身の筋肉を直接温める事でも同様の効果が得られます。
そのポイントをご紹介していきましょう。
オススメの温め筋肉としては「お腹」「お尻」「太ももの前面」の筋肉です。
筋肉には無数の血管が通っています。
これらの部位の筋肉を温めると、血液も一緒に温まりますので、温まった血液がその筋肉によって全身を巡って行く事に繋がります。
特にお腹の筋肉を温めると言うのは重要だと言われています。
お腹の筋肉が冷えていると言う事は、そこにある内臓も冷えていると言う事になります。
そうなると内臓機能が低下してしまい、様々な健康被害が出て来る場合が考えられるのです。
ですからお腹をしっかり温める事は、身体を温めるだけでなく、健康効果と言う面からも有効的だと言う事になります。
お腹を温める際のオススメあったかグッズとしては、貼るタイプのカイロ等を付けておくと手軽に直接温められて良いと思いますよ。
この様に下半身の筋肉を温めていき、身体を温めて行く様に頑張っていきましょう。

あったかグッズだけでは冷え性の改善にはなりません

最近は様々な形状のあったかグッズが登場しています。
オフィスで使える簡易的な物や、家で使える本格的な物まで様々有ります。
冷え性の方にとっては、あったかグッズは家でもオフィスでも必需品と言えるのではないでしょうか。
しかしそんなあったかグッズを使っているだけでは、冷え性は改善されないと言うのはご存知でしょうか。
あったかグッズと言うのは大袈裟に言ってしまえば、その場しのぎで身体の表面を温めているだけに過ぎません。
身体の冷たくなった部分の皮膚を温めているにすぎないのです。
ですから根本的に冷え性を改善させたいと言う場合には、今だけ温かくすると言う事ではなく、ずっと温かくすると言う事を目標として、食事や運動、日常生活を見直して、身体の内側から温めていける様にしていく必要が有るのです。
また、あったかグッズを使って身体を温めすぎてしまうと、身体が体温調節しようとして逆に体温を下げようと言う力が働いてしまう事が有ります。
ですから「暑い」と感じるまで使用しない様に調節しながら使用して行く事が大切なのです。
更にあったかグッズを使い過ぎていると、自分で体温を上げようと言う力が弱くなってしまう可能性が有ります。
身体が自分で温めなくても、グッズを使って温めているので、身体自身は上げる必要が無くなってしまうのです。
もちろんあったかグッズを使う事自体が悪いと言っている訳では有りません。
適度に使う事で身体を温めるサポートをしてくれる効果が期待できます。
根本的に冷え性を治したいのであれば、あったかグッズを使いつつ、身体の内側から身体を温めていく身体作りをしていく様にする必要が有るのです。

あったかグッズを使わない冷え性対策

冷え性で悩んでる方は大勢いると思います。
そんな方々の必需品と言ったらあったかグッズではないでしょうか。
色んなタイプのあったかグッズが登場していて、オフィスでも家でも使える物がたくさん有ります。
特にオフィスではあったかグッズが無いと手足が冷たくて仕事が出来ないと言う方もいる事でしょう。
しかしあったかグッズに頼りっきりでは本当の意味での冷え性改善には繋がりません。
そこでここではあったかグッズを使わないで出来る冷え性対策を挙げてみたいと思います。
先ずは「便秘の解消」です。
便秘だけでは有りませんが、腸内が詰まった状態のままでいると、便だけでなく老廃物も体外へ排出されにくくなります。
そうすると血液がドロドロした状態になってきてしまい、血行不良、冷え性の原因になります。
そういう状態では、食事を改善したり、外から身体を温めたりしても効果が期待出来ません。
ですから腸内の中をキレイにする、つまり便秘を解消させる事がとても重要になってくるのです。
腸内がキレイになると、血液がドロドロからサラサラへ変わってきて、血行がよくなってきて、老廃物も体外へ排出され、むくみも無くなってきます。
そうする事で身体が自然と温まりやすい身体になってくるのです。
後は基本的な事ですが「身体を動かす」です。
簡単なストレッチで良いですので、身体を動かす事で筋肉がほぐれ、血行が良くなってきます。
また深呼吸も血行促進を促す大切な行為ですので、是非行ってみると良いでしょう。

オフィスでのあったか対策【足元グッズ】

「足元グッズ」を上手に利用する事で、オフィスでのあったか対策になります。
オフィスで寒くて足元が冷えてしまうと、仕事に集中出来なくなってしまいますよね。
少しでも足元を温かくする様に、色んなグッズが販売されています。
そこでここではオフィスでも使えるあったかグッズをいくつか挙げてみたいと思います。
簡単に出来る物としては「膝掛け」を使う事です。
お腹、腰周り、太もも、お尻を温める事が出来ますので、効果的に足元の冷えを温めてくれる効果が期待出来ます。
もしオフィスに常備していないと言うのであれば、カーディガンやジャケットを膝掛け代わりに掛けても良いと思います。
次に「靴に使えるカイロ」です。
靴の中に入れて使えるカイロなのですが、これによって足の裏を温める事が出来ます。
足の裏は第二の心臓と言われている位、重要な場所です。
この場所を温める事で一気に足の血液が温まり、血行が良くなると言われています。
次に会社の中だけでもレッグウォーマーを使用してみてはいかがでしょうか。
膝下を温めるだけでも随分と寒さが和らいだ様に感じますので、使用してみると良いでしょう。
特にグッズを使わなくても、足首を回したり、足首を伸ばしたり縮めたりするだけでも血行が良くなります。
身体の中でも足を温める事はとても重要だと言われていますので、寒さ対策として足を中心に温める様、あったかグッズを上手に利用しながら行ってみてはいかがでしょうか。

オフィスでのあったか対策【足元】

「足元」を工夫する事で、オフィスでのあったか対策になります。
デスクワークをしている方で、足元が寒くて困っている方も大勢いると思います。
オフィスでのあったかグッズとして、ヒーター等でも置ければ良いのでしょうが、なかなか自分専用のヒーターを持ち込むと言うのも厳しいですよね。
そこでオフィスでの足元あったかグッズとしてオススメしたいのが「段ボール」です。
足が入る位の大き目の段ボールを口を上に開けて足元に置きます。
その中に足を入れるだけで、床に有る冷気を遮断してくれますので、足元が暖かくなると言う優れものです。
更に、段ボール1枚だけでも心もとないと言うのであれば、もう1枚その下に段ボールを畳んだ状態で置く事で、更に冷気を遮断してくれます。
段ボールの構造的な話で、段ボールの間に空気を挟む形になりますので、中にある空気自体が暖かくなると言う事になるそうです。
よくホームレスの人が段ボールを使っているのを見掛けます。
そう言う事からも段ボールの威力がお分かりになると思います。
オフィスにはコピー用紙の空き箱等、捨てるだけの段ボールがたくさん有ると思います。
それを1つお借りして、あったかグッズとして利用すると言うのも良いと思います。
段ボールを利用すると言う事で、電気もお金も使わないのでエコですよね。
但し見た目はちょっと格好悪いですが、格好を気にしないと言う方であれば段ボールはとてもオススメのあったかグッズです。

【ウォームビズ】のデメリット

地球温暖化の抑制に繋がったり、健康的になったり、電気代が節約出来たりとウォームビズのメリットはたくさん有ります。
しかし何事にもそうですが、ウォームビズにもやっぱりデメリットは存在します。
そこでここではウォームビズに対するデメリットについて挙げてみたいと思います。

【デメリット】
先ずは「寒くて生活しにくくなる」と言うデメリットが挙げられます。
エアコンの設定温度を低くしたり、エアコンを極力使わなかったりする事で室温自体は低くなってしまいます。
「寒すぎる」と感じる程室温が低いと、身体を動かしたくなくなったり、仕事でも手がかじかんで仕事自体に支障を出してしまったりする可能性が有ると言うデメリットが挙げられるのです。
次に「お金がかかる可能性が有る」と言うデメリットが有ります。
ウォームビズの対策として、オフィスでも家庭でもあったかグッズの様な物がたくさん販売されています。
ヒートテックの様な温かいインナーや、膝掛け、カイロ等、あったかグッズはたくさん有ります。
こうしたグッズを購入するのにはやはりお金が必要なので、それなりにかかってしまうと言うデメリットが出る事になります。
次に「風邪を引いてしまう」と言うデメリットが挙げられます。
特にオフィスでは自分で温度の調節が困難な為、寒いのを我慢した結果、風邪を引いてしまって会社を休んでしまうと言う事にもなりかねません。
きちんとした対策を行わないと、風邪ばかりでなく体調自体崩してしまう可能性が出て来るのです。
この他にもウォームビズのデメリットはたくさんあります。
よく把握した上でよりよい対策をする様にしましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ