エアコンの掃除とお手入れ

この記事は15分で読めます

エアコンの掃除

エアコンつまりエアコンディショナー空気調整装置の略称であって、オフィスとか大きいビル用のほかに最近の日本では、90%以上の一般住宅あるいはアパートやマンションなどに設置されています。
われわれにもっとも身近なのは、やはり住宅用であって室内の壁の天井近くにあって、手元からはリモコンつまりリモートコントローラー遠隔制御器によって室内の温度とか運転または風量などをコントロールできる仕組みになています。
そして見逃すことが出来ないのが、屋外ににある室外機と称されるやや重量のある装置があります。
ここで外部の空気を液体の媒体によって熱交換されることで、室内のエアコンからのエアーを調整するという原理です。
したがって、エアコンの掃除にあたっては、室内のものに加えてこの室外のものがあることを知っておいてください。
もちろん一般的に重要で手間のかかるのは室内のエアコンなのです。
かなり以前には北海道とか東北地方では、とくに不必要ともされていいた時代がありましたが、メーカーの優れたノウハウもあって、広く普及されるようになってきてます。
なお日本のシーズンおよび環境によっては、人体に感じる温度とか風量そして騒音さらには異常なカビ臭さを感じることがあります。
リモコンでの調整が十分に行えないこともありますので、使用条件によっては完全な掃除とか点検が必要になってきます。
掃除などは業者に依頼することなく、ぜひとも家族で行なえるようにしましょう。
なお、内部の掃除前には、かならず電源コンセントを抜いておいてください。
オフイスでしたら、年末の大掃除などでなされていることが大半です。

スポンサードリンク

エアコンの状態

エアコンが設置されてまだ新しいときには、リモコンによる運転切り替えによって、自動・暖房・冷房・送風ドライなどが得られますし、システムとしてルーバー(室内への送風用の羽状のプレート)のスイングもあって、エアコンから放出されるエアーの方向を一定にしたり変化させたりすます。
さらにはとても重宝されるのがタイマーであって、やはりこのリモコンで作動時間をコントロールされます。
そこで、このリモコンによって室内温度などを設定することによって、人はより快適に過ごするのです。
とかく掃除においても無視されるのが、先にも述べました室外機があります。
つまし室内のエアーを室内器が吸い込みつつ室外機においても熱交換されますので、室外機から排出されるエアーは高い温度となって、イーバーには外気温の上昇そして騒音による公害の原因にもないます。
なの余談ですが、のエアーの前面にある植木が枯れることもありまので注意してください。
そして熱交換には、冷媒ガスのフロンが使用されている例が多いでしょうが、このガスが漏れたりして量的に減少するとエアコンの能力がただちに低下してしまいますので、長く使用してとくに温度の調整などが困難の原因になっていきます。
室内器そして室外機そしてそれらを連結している配管にも意識しておきましょう。
さらには、それらの周囲そして電源についても同様です。
このよにエアコンシステムとしてのひとうの小プラント的なものですから、そのような見方としての掃除を意識しましょう。

エアコンの手入れ

エアコンの手入れとして、一般的な家庭においてもっと大きいのが掃除あるいは日ごろの手入れでしょう。
人によっては、例えば暑いシーズンには冷房よりもドライを好む方がおられるようですが、これはとりわけ室内のエアーの湿気を除去する機能ですから、やはり快適に過ごすことができるのです。
エアコンの室内器は、文字どおりであって室内の雰囲気による影響がもっとも大きいことなのです。
すなわち室内器のあまり見ることのない上面に溜まったホコリと、室内のエアーを吸い込む前面にあるもっとも大きくて重要な表面でのやはりホコリなどによる汚れがあります。
これらは、なんといってもシーズンに関係なく手入れしておきたいものですし、電源のコンセント周辺も同様にトータル的なメンテナンスの対象ともえることです。
もっとも簡単にいつでもできるのが、普段の毎日でも行なっている電気掃除機をエアコンの室内器に当てて表面のホコリなどを吸い込んでしまうことでしう。
このことだけでも室内器の内部にあるエアーフィルター(空気ろ過器)の掃除のインターバルが延びることにつながるのです。
そしてエアコンの作動が少しでも低下しているとか騒音が大きくなったとか、さらには異臭などを感じたりしたら、先ずはこのエアーフイルターの完全な掃除をしてください。
どのような型式の室内器においても、簡単に取り外せるようになっています。
これらは、もちろん電気店などのプロに依頼すれば、大きさそして数量や周囲などの条件によっては、半日仕事に近くなって相当な費用がかかるものです。

エアコンのフイルターの掃除

エアコンの掃除において、もっとも重要であって定期的な簡単な手入れ以外に必要なのが、室内器の前面パネルを上い開いたところに位置しているエアフイルターがあげられます。
タイプによっては、いとも簡単にマークにしたがって引き出せるネット(網)状の薄くて平べったいもので、スタイルによっても異なりますが、殆んどが左右の2枚に分かれていますので、それぞれを引き出してフロア上に置いてください。
横長の1枚スタイルもタイプによってはありますが、まったく同様です。
そして電気掃除機によってホコリに加えてカビなども完全に取り除きましょう。
原則的にはエアーを吸い込むサイドの前面でもよいのですが、終わったら裏面も同様におこなっておいてください。
日光に透かしてして眺めてみると、細かい汚れなどがが見えなければ完了なのです。
しかし、室内の湿気による影響も大いにあることですから、電気掃除機での吸引のみではどうしても残ってしまうことがあります。
このようなケースになると水洗が必要になってきますの、バスルームのフロアに置いて水シャワーによる洗浄が必要であって、同様に裏返したりしつつ両サイドで行なってください。
それでもカビなどが残るようでしたら、清浄性のある薬品液によればいっそう完全になってきますが、あまり刺激性の強いものは避けるようにしましょう。、
終わったら軟らかいタオルなどで水分を一応拭い去ってから、よく乾燥させていてください。
本体へ戻すときには前後左右を取り違えないように確認しつつ、ゆっくりと丁寧に扱いましょう。

エアコンルーバーの掃除

エアコンルーバーは、先にも述べましたように、室内器の前面の下部にある1?2枚のうすいプラスティックプレート状のものです。
日ごろの手入れがあまりなされていないようでしたら、その表面の黒いヨゴレなを目で見ることができます。
長さ方向にたわむものですから、左右に差し込んである部分を抜き出して、やはりバスルームのフロアに置くなりして濡れタオルでよく拭いてからやはり水シャワーでよく洗ってください。
もし頑固なヨゴレなどがあれば、薬剤を含んだ洗浄水を薄めて使用しましょう。
エアコンの使用中における異臭がする原因のひとつに、このルーバーのヨゴレにようことを知っておいてください。
エアーの室内の人たち全体に向けられる最後の通路になるのがこのルーバーの上下の両面だからです。
清浄が終わったらも左右の取り付け部の位置をよく確認しながら、とくに丁寧に扱いましょう。
終わったらエアコンのリモコンによって、作動確認をかならず行なっておいてください。
ルーバーの取り付けが悪いと、動かなくなってしまうからです。
なおルーバーの取り外しがどうしても困難でしたら、濡れタオルで丁寧に拭きつつ、さらに古い歯ブラシでヨゴレなどを拭き取ってもよいでしょう。
なおエアダスターとかエアスプレーのような缶に内蔵の圧縮空気によってホコリやカビなどを吹き飛ばす方法も大いに勧められます。
なおエアコンのメーカーやタイプなどによっては、フイルターの内部構造がかなり異なることがありますが、基本的にはまったく同様のことです。

エアコンの外部エアーによる掃除

エアコンをエアーのみによって掃除する方法があります。
オフィスななどの業務用としてよく採用されるものですが、原理的きには家庭用のエアコンの室内器および室外機にも使用することができます。
業務用でしたら、オフイスとか工場または設置されているエアーボンベからの低圧エアーを引き込んで行うことになります。
一般の住宅用でしたら、そのようなことはできませんので、やはり普通の専用エアーガンスタイルになるでしょう。
普通の電気掃除機を使用させて、その後部から放出されるエアーを勧める人がまれにあるようですが、これには色んな理由で賛否両論があるようです。
そのエアー自体にせでに非常に細かいホコリなどが含まれていることも、その理由のひとつでしょう。
なお外部エアーによっては、ホコリはもちろん*のこと異臭の発生原因にもなるカビも同時に除去できますし、水を使うことがありませんので、あとあと残っている水および湿気による弊害はありません。
とくに電気部品そしてシステム部分においてはそのことが非常に大いに活かされてくることです。
一般の家庭用でしたら、普通の電器量販店とか大手の家庭用品店などで広く市販されているエアーガンとかエアーダスターがもっとも便利に活用されます。
このようにエアコン内部のフイルターなどにホコリなどが詰まると、ただちにエアーの流れが阻害されて、結局はエアコンの能力低下の最も大きい原因になって、つまるところは消費する電力が増して電器使用料金のアップになるのです。
そして、そのようなホコリの殆んどは室内におけるものですから、日ごろの室内掃除がいかに大切かということです。

エアコンのカビの掃除

エアコンを使用している最中あるいは、久しぶりに使用し始めたときに、イヤな異臭を感じることがあるでしょう。
とくに居間などにおいては、耐えられないことがあるようです。
そのような”悪臭”を生じるもっともお基本的な原因としては、カビの自然発生がありますし、トータル的な電気システムでのリレー継電器などの接触不良とかモーターの回転部分のベアリングでの腐食的なことも大いにあり得ることです。
これらは長いシーズンにわたって使用していないと、生じてしまうものです。
そのような原因によるカビの除去には、なるだけ湿気を含んだタオルやウエスの使用は避けるべきです。
できる限りよく乾燥したエアーに頼ることが、もっとも勧めれれる方法になります。
自営業のオフィスとか小さい工場などでは、とくに低圧のエアーボンベからのコンプレッスエアーが最適です。
しかし一般の住宅あるいはマンションなどでしてら、そのようなことは先ずできませんので、先に述べたようなエアースプレーガンまたはエアーダスターに頼ることになります。
エアコンの室内器のフロントドアを開けてから、内部フイルターそしてフアンや熱交換器などのシステム全体に吹き付けてください。
それらの比較においては、アルミフィンによる熱交換器そのものよりも、フアンのヨゴレのほうが大きいのが一般的なのです。
なお電気システムには、よく乾燥した大きいシーツでカバーするようにしましょう。
先にも述べましたように、このような掃除をするケースには、かならず電源のコンセントを抜いておいてください。

エアコンのカビ

エアコンの室内器自体から、悪臭にも近いようなエアーが久しぶりの使用とか、普段の使用中に感じることがあるでしょう。
あたらしい近代的なマンションなどではあり得ないことでしょうが・・・。
これはあとでも具体的に述べることに含まれていますが、室内器自体の内部または屋外に設置されている室外機そしてそれらを連結していて冷却媒体の配管および配線するトータルシステムも、このカビが発生する場所に相当するものです。
ここでそのような室外機および連結しているシステムの完全な掃除は、非常に困難なことになってくるものですから、そうなるとやはりエアコン装置全体としての専門業者に委ねることになるでしょう。
いっぱの素人に近い人にとっては、そこまでを完全にすることは先ずできないことなのです。
とりわけ重要なモーターフアンによる熱交換器や冷媒のフロンシシテムを含んだ室外機自体の分解とか開放はまったくできないでしょう。
そしてエアコンの室内器自体においては、まさに別途述べていますように、室内全体の日ごろからの掃除の完全さが求められることですし、室内おける湿気あるいはケミカル薬剤さらには食材までの影響すらが対象になてくるのです。
後記のように、もっとも多くカビが発生しているのはエアーフアン自体のほかに非常に微妙な構造になているフイン付きの細いパイピングなどがあげられます。
日本のエアーには湿度が非常に高いことが広く知られていますので、そのような自然環境による湿気への対処が必要でしょう。
なおカビの発生は、エアコンの使用中に気付くことが大半でしょうが、定期的なエアコンの掃除においてもとつぜん見出したりすることも多々あるものです。
少しでもそれらのことがあれば、ただちに適切な対応をしましょう。

エアコン掃除の準備事項

ここでいちどエアコンを掃除するときに準備などについて述べておきましょう。
先ずは室内の換気を十分に良くすることが必要ですから、窓などはすべて開け放しておいてください。
周囲に工場などがあると粉塵などが飛散してくることがありますので注意しましょう。
そして掃除にあたって必要で便利なものを以下に個条書きしてみます。
?電気掃除機:
室内の全体はもちろんのこと、室内器の上面およびフロントカバー、さらには本体内部のホコリ・カビなどの吸引に必要です。
吸い込み専用の細い口の吸引ノズルも同時に使用してください。
?タオルまたなウエス(ボロ布):
乾いたものそして水で湿らせてものです。
使用後は廃棄できるものが望ましいでしょう。
?ケミカル洗浄液:
大手の家庭用品とかで電器量販店などで入手できるもので、酷くてタオルなどでは除去しにくいカビなどが対象になります。
ただしあまりにも強くて刺激性のあるものは決して使用しないようにしてください。
エアコンの本体にはプラスティックなどの樹脂部分があって腐食させてしまうことがあるからです。
?エアースプレイ:
エアーガンとかエアーダスターと称されるもので、片手でもってエアコン内部に向けてプッシュするタイプが大半です、やなり上記のような店で入手できます。
?古い歯ブラシ:
内部のフアンや熱交換器のそしてルーバーなどに役立ちます。
とくに準備するというほどではありませんが、バスルームにおける水シャワーは、とりわけエアーフイルターには必要です。
この際フイルターの内面から吹き付けるようにしてください。
そうしてもヨゴレが落ちないようでしたら、前面からも行いましょう。

エアコンフアンの掃除

エアコンフアンは電動モーターによって使用中はつねに回転し続けている最も重要な部分であって、ヨゴレが付着してくるとただちにエアコンの機能は低下してしまいます。
リモコンによっての操作で満足ができない症状などがあれば、先ずはこのフアンの汚れ状態をよく見てください。
いうまでもなく、前記のように室内の外部との換気を十分にしておいてください。
このフアンの点検の方法は、エアコンのメーカーやタイプなどによって異なっているのは、前記のとおりですのだ、もっとも一般的な方法によって説明しておきましょう。
なおかならず電源コンセントを抜いておいてください。
ご操作によって万一回転するようなことがあればケガなど大変なことになりかねないからです。
エアコン本体のフロントカバーを開放すると、そのフアンつまり羽根車がみられますから、先ずは電気掃除機によってヨゴレを吸入して除去してください。
次いでは、濡れタオルやウエスにによって、各羽根および付け根部分の表面をゆっくり丁寧に掃除してください。
これだけでも相当きれいになりますが、場合によってはどうしても除去できない黒いカビのようなものがありますので、この場合に限ってケミカル洗浄液を少し水に混ぜてよく絞ったタオルによれば、殆んど完全にキレイになるでしょう。
どうしても手が届かないようでしたら、古い歯ブラシがとても役立ちますのでぜひ使ってください。
場合によっては洗浄液を水で薄めて同時に活用しましょう。

エアコンの熱交換器の掃除

エアコンに内蔵されていてもっとも重要な機能をもっているもののひとつが、この熱交換器つまりヒートエクスチェンジャーです。
なお前記と同様にかならず電源プラグな抜いておいてから行なってください。
外部とは細いパイピング内を通過する冷媒のフロンなどと、その周囲のエアーとの熱の交換をするものです。
この熱交換というのは、例えば人体の肌の表面に水滴などを落とすと、冷たく感じとるのは、人体の体温による熱がその水滴に移動することが、すなわわち熱交換の一例であって、このようなことは多々周辺にあることです。
エアコン室内器においては、まったく同様な原理が行なわれてるもので、構成としては覗けるタイプもありますが細いカッパー(銅)のチューブに散り付けられて薄い多くのフィンと称される部分から構成されていますので、すぐに目に付くでしょう。
なおメーカーやタイプによっては、この熱交換器のみを簡単に取り外せるタイプもありますから、そのほうが掃除はしやすいでしょう。
やまり先ずは電気掃除機により吸引してからさらに細い専用のノズルによってください。
タオルの使用は難しいでしょうし、効果がでないでしょう。
さらにはエアースプレーガンあるいはエアーダスターの使用がとても効果的です。
狭い奥のほうは、やはり古い歯ブラシまたは習字用の筆などが適しています。
さらにタイプによっては、注意をうながすために赤く塗ってある部分がありますので、決してケミカル薬剤などによる腐食などが、ほかの部分と同様に注意してください。
最近のエアコンは、相当多くのプラスティック=樹脂材が使用されているからです。
すべてが終了したら、専用の洗浄スプレーなどによって水分などを完全に除去するようにしてください。

エアコン室外機の掃除

エアコンの掃除といえば、大半の人は室内器を思いつくことでしょう。
しかしその作動原理からみると、室外機のほうがより重要な働きをしており、消費電量力も多いのですから、そのことをよく意識しておきたいものです。
とはいうものの、室外機の掃除などには、ひとんど関心がないのも事実なのです。
これまで述べてきましたように、室内器でしたら主婦などでも相当身近なものとして掃除に親しまれるものでしょう。
しかし、つねにに室外機については、家の壁などの近い位置に設置されていて、大半はフアン部分以外は覆われていて、内部を覗くことさえ困難なタイプが占めているのです。。
そのこともあって室外機にはあまり注意されていないのが実状になっていますが、その不具合ともなればただちに室内器の作動に影響してくるものです。
事実として、室外機の完全な掃除などは、やはり専門とする業者に委ねざるを得ないことでしょう。
そこで一般的な人でもでき得るその掃除とかメンテナンスなどについて、最小限を述べておきます。
先ずはその設置されている室外機の周辺は砂塵とか道路の自動車からの排気ガスの影響があれば、なんとか防ぐ必要があるでしょう。
さらに植木が枯れたりするのは、室外機からの高温度の排出されるエアーによる障害なのです。
そして室外機の裏側つまり家の壁などとの間は、汚れていたりゴミなどがよく溜まるところですから、日ごろかよく手入れしておいてください。
同時に室外機には湿気を含んだエアーによって生じる水分つまりドレン抜きが設置されていますので、やはり手入れを同時にしておきましょう。
とりわけ外部のエアーと直接触れ合う放熱板などのヨゴレはただちに室内器の作動低下につながります。
さらには、エアコンの停止中においては、じっくりとフアンのヨゴレそして外面の汚損などなどには、十分に気をつっけてください。
同時に上記のように周辺の環境にもよく意識しておきましょう。

エアコンのメーカー

エアコンのメーカーとしては、日本では最大手のD社をはじめ、T社・P社・S社・M社・H社などが競っていますし、ヨーロッパなどでしたらドイツやスイスからののエアコンも市場を賑わせているようです。
一般住宅用とともに、オフィスあるいは工場などにも進出しているでしょう。
とりわけそれらのエアコンの掃除の方法も基本的には、まったく同様であるものの多少の構造的なこおとによる相違がありますので、もし取扱説明書などがあってメンテナンスの要領とか注意が記載されておれば、かならずそれによくしたがってください。
そして昨今に日本における自動車メーカーにおいても、それらを採用しているのです。
が、マイカーなどにかに限っては、エアコンの掃除は一般的には困難でしょうから、もしエアコンの効きが低下しているようでしたら、冷媒ガスの漏れということもありますので、すぐにディーラーなどに相談してください。
なお余談のようですが、あなたの携帯電話またはスマフォによって、自宅のエアコンの操作が可能でしょうか?
勤務帰りに居間エアコンスイッチをオンにすることができればじつに楽しいことでしょう。
ただし、エアコンの掃除がゆきとどいていて、清浄に機能することはいいうまでもないことです。
つまるところ、エアコンがプロントパネルから吸入するエアーこそは、まさに室内からですので、日ごろの室内の掃除にかかってくるということでしょう。
とかく無視されがちな室外機についても、まったく同様です。
なおエアコンが手元のリモコンでの操作で作動しないことの原因のひとつが乾電池の寿命または両端での接触不良がありますので、エアコンの掃除に際に確認しておきましょう。

エアコンの電気消費量

エアコンに電気消費量は、その使用時間そして要領そして台数に比例するといっても過言ではありません。
昨今にいたっては、一家の各室内ごとに設置されている例もありますし、二階のケースには室外機が一階のカワラの上に固定されているのが大半になっています。
その電気消費量が毎月の電気代となってくるのですが、それを左右する大きい要素が、室内器そして室外機の掃除にかかっているのです。
とくに室内器のエアーフイルターの掃除こそがもっとも大きいことでになります。
これはそのヨゴレによって室内でのエアー時間あたりの吸入量が減少するためで、吸入フアンの駆動モーターの動力がそれだけ大きい負担となってしまうことによります。
室外機いのいても、まったく同様であって、そうなるとえそれぞれの騒音までが大きくなってくるのです。
いかに両者のフイルターの掃除が大切であるかということなのです。
一般的な住居におけるエアコンの電気容量は、数百KWも消費しますので、毎月の電気代として決して無視できないものとなりますので、掃除こそをこまめに行なう習慣をつけるように努めてください。
いわゆるコトワザでいう”治療より予防”つまり先手必勝ですから、エアコンの機能が低下してから掃除をするのではなく、つねにエアコンシステム全体がベストコンディションでキープできるように日ごろからよく意識しておきましょう。
とりわけ居間そして寝室さらに書斎などでは、非常にこまかいホコリあるいはハウスダニがよく生じるといわれていますし、近所に自動車が多く通るところでしたら、なおさらのことです。

エアコンのトータルトータルシステムとしての掃除

エアコンをひとつの大きいトータルシステムとしての掃除を検討してみることも有意義でしょう。
すなわち、室内器と室外機およびそれぞれを連結しているエアー系・電気系・冷媒系などの配管と配線、そして手元またはオフィスなどでの壁つきパネル操作盤も同様です。
いうまでもなくそれぞれが独自のパーツによる機能があり、トータルとしての機能が実現されるのです。
いずれの一つに欠陥などがあっても、機能できなくなるということです。
たびたび話題になるホコリなどによっての機能低下がもっとも多いケースですし、室内および室外の湿気によるトータルシステムにおける結露という現象も決して無視できないでしょう。
いずれにおいても、湿気はエアコンのような電化製品には致命的な欠陥をよぶことがありますので、やはり日ごろの掃除こそがもっとも重要になってくるのです。
重複するようですが、とかく無視されがちな室外機の放熱板の掃除そしてその環境とか雰囲気にもよく掃除によく意識しておいてください。
ひどいケースには土砂とか雑草にまで犯されているかのような実例を見ることさえあるのです。
室外機を全体に眺めてキレイにしておくことの重要さがそこには潜んでいるといっても決して過言ではないでしょう。
もちろん自然にかならず発生するドレンの排出についても、よく意識しておいてください。
ただし余りにも過剰に感じられるようでしたら、やはり専門とする業者にすぐに点検を依頼しましょう。
つまりエアコンの掃除というものは、まさにトータルシステムとしての見地から行なってください。

エアコン掃除と省エネ

エアコンの掃除がいかに省エネルギーにつがかるということにすべての人が大いに関心をもてるようになりましょう。
さらに同時に日本独特の公害の防止にもつながることは、一部を先に述べたとおりです。
そのことが、同時にエコすなわちエコノミー=経済効率のアップそして環境に優しいことにも効果的なのです。
つまり、あなたが自宅のエアコンのエアフイルターを掃除することの意味が、そのように非常に大きいということであり、さらには毎月の電気代が大幅に低減することになります。
先ずそのエコノミーについては、先述のようにフアン用の駆動モーターの負荷を下げることにもなって自宅とかオフィスでの電力の消費をミニマムにしていくことに直接つながっていきます。
同時に室内のエアーもキレイになるのですから、まさに一石二鳥以上の効果あるものなのです。
そしてエコロジーにおいては、先ずは室内器そして室外機においても騒音の防止と同時に熱いエアーの屋外への放出が低減されることになります。
道路を歩いていて、その放熱された熱いエアーを実感されて人はどこにも居られることでしょうし、あなたご自信もきっとご経験があるでしょう。
これらはほんの一例に過ぎませんが、みんながこまめに少なくともエアフイルターを掃除すうることには、そのようなとうに日本のような自国でエネルギー源が微少な国においては非常い強しい意味のあることです。
さて、今回のエアコンと掃除について学ばれたあなたは、この実行は来月になってから実行されるのか、それとも来週からか、あるいは今日からでしょうか?

エアコン掃除とソーラーシステム

エアコン掃除にも大いに関連していることですが、日本のあるエアコンメーカーが、ソーラーシステムすなわち太陽光発電設備とのコンビネーションを開発していて世界から注目されています。
現在われわれが使用しているエアコンは一般的な電力会社からの交流(AC)電源によっているシステムです。
しかしここで述べるものは、すべてが直流(DC)によっていることに非常に大きいユニークさが秘められており、まさに日本でこそ太いに実現されることに期待されています。
すなわちエアコンは室内器そして室外機ともにソーラーシステムからの電源による直流のみによりますので、電力消費は大幅に低減されて、省エネルギー効果としてのふたつのエコの目的の実現となるのです。
エアコン自体の掃除は、従来の交流によるシステムとは大きく変わることはほとんどありません。
エアコンのフアンの駆動モーターはもちろん直流になりますし、コントロールのすべてもまったく同様なのですから、これほどエコに効果的につながるシステムは無類といえるでしょう。
まさに省エネルギーと同時に創エネルギーにもつながるというものです。
太陽光発電シシテムの特長のひとつとして、掃除などが殆んど不要ということが、現在の交流電源によるエアコンシステムとは、もっとも大きい異なるのはまさに自明のことなのです。
すなわち現在その太陽光発電システムを採用しても、そこで得られる直流はわざわざ交流変換器を通して使用せねばなりませんが、そこで発生するロスが見流せないのです。

最新のエアコンの掃除

最新のエアコンの掃除いついて、そのごく一部に接しておきましょう。
すでにある国産のメーカーによって開発されているタイプですから、今後は大きく期待されるでしょう。
従来の多くのタイプのように人の手を煩わすことが大幅に低減されており、まさに二つの意味をもったエコつまり省ネルギーそして公害対策にもつながるのです。
先に少し触れていますが、スマートフォンの活躍にも大きいつながりがあって、期待がもてるシステムにおける掃除につながってくるものでしょう。
先ずは従来のようなエアフイルターは、使用後においてエアコンの本体に内蔵されている自動化フイルター掃除装置によって、運転の終了後にブラッシング装置が作動して、やはり内蔵のダストボックスに収容されます。
すなわちこのような自動化による効果がじつに高く評価されるわけです。
したがってフイルターの目詰まりによって大きく消費電力がアップすることを、自動的に防止する原理がそこにはあるのです。
さらには、スマートフォンによって、室内温度を自動検出することによって、快適な温度および湿度をコントロールすることで、室内器の掃除のインターバルをタイミング良く知ることにつながります。
そして原理的に見て従来のタイプでも自然に生じるドレン水も、内部のそれぞれのパーツの洗浄に使用されるというものですから、よりいっそうのエコタイプとなっており、ドレン系統の掃除も低減されることになります。
省エネにつながるおこのような掃除に関連して、さらに注目されるタイプになっています。

エアコン掃除の要約

エアコンを掃除することについて、個条書き(順不動)して振り返ってみましょう。
? エアコンの掃除には、室内器のみではなく室外機をも含んでください。
直接エコにつながる意識をもちましょう。
? とくに室内器においては、エアフイルターの掃除を最優先してください。
その効果はただちに感じ取れるものです。
? ルーバーのヨゴレは外面でも十分に目視できますので、まずは濡れタオルなどで拭き取ってください。
ケミカル洗浄液の使用は最小限にしてください。
? 少しでも異臭を感じたら、ただちに室内器を掃除しましょう。
カビの発生が予想されるからです。
? エアコンの掃除のための用具を揃えて掃除の効率をあげてください。
どこにでも安く市販されているものばかりですから。
? それぞれの機器と配線・配管などを含めたトータルシステムとしての掃除を意識しましょう。
? エアコン掃除インターバルは、室内の掃除状況に左右されるものです。
したがって毎日の部屋の掃除は、大いに念入りに実行してください。
? エアコンの掃除によって、毎月の電気代を大きく下げるようにしましょう。
電化製品において、もっとも多くの電気を消費していることをよく意識してください。
? エアコンの手入れの自動化が普及しつつあるのがこれからの大きい手間を省く効果そしてエコのよりいっそうの展開につんがっていく意 識をもっていきましょう。
? 日本独特の四季があって激暑そして厳寒のシーズンにおけるエアコンの掃除の大切さ、さらには国全体の省エネに発展することを、とくに小学生には丁寧に教えてあげてください。

エアコン掃除と室内状態

エアコンの掃除では、室内器にもっとも大きい関心が寄せられるものです。
そてもそのはず、もっとも身近であって居間にも設置されているからでしょうが・・・。
しかし先にその一部については少し触れましたが、その室内器が吸引するエアーは設置されている部屋内のエアーそのものなのです。
さらに窓が開放されていると、よりいっそう外部からの砂塵などが入ってきます。
室内においてのみ発生するホコリなどには、フトンやカーペットからの非常に細かいもの、新聞や書物から生じるやはり細かい印刷インキの微粉、そしてペットなどの羽毛さらにはいわゆるハウスダニなどなどが対象になるでしょう。
そして湿気には、自然に含めれているものも多くあります。
それらの大半は、フロア上にはもちろんのこと、食器棚あるいはタンスや書籍棚などの上面に自然に積もり積もっていることがとても多いものなのです。
それらをも室内器は吸引し続けているのです。
いずれのケースにおいても、室内器の掃除に際しては、できるだけ扇風機を開放された窓方向に向けつつ同時に使用してください。
なお昨今においては、ロボット自動掃除機がよく話題に登っており、そのようなケースにはフロアの非常にこまかい微粉までも吸引されることですから興味はもたれるでしょう。
繰り返しになりますが、エアコンの室内器の掃除インターバルは、その室内の状態に大きく左右されるということです。
日ごろの日常生活における室内の掃除がいかに重要な意味合いをもっているかということを再認識しましょう。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ