アウトドアタープってご存じ?

この記事は14分で読めます

アウトドアとタープ

キャンプなどアウトドアで必要な用具の一つがタープです。
素材はテントと同じようなものですが、テントと違って屋根だけの部分がタープです。
木や車にロープを引っ掛けて取り付けることもできますし、単独で設置するための柱などもセットで販売されています。
特に夏場のキャンプは日除けが必需品です。
寝泊りするためのテントの横にタープを設置すれば、日中も日除けを確保することができます。
もちろん、子どもたちはタープなど気にせずに遊びまわっていることでしょう。
お父さんとお母さんのためのスペースと考えればいいでしょう。
また、急な雨が降ってきた時にも重宝します。
アウトドアレジャーは予想が付きませんから、いろいろなものを準備しておくことが重要です。
それでは具体的にどのようなタープがおすすめなのでしょうか。
まずはサイズです。
単独で設置する場合、ある程度の広さを確保しましょう。
数家族が一緒にタープの下で食事をする場合を考えてみればわかるでしょう。
そして、素材はメーカーが違ってもほとんど変わりませんが、数年間使用することを考えてあまり安物はおすすめできません。
毎年買い替えるつもりの人なら、ひと夏使えれば十分と思うはずです。
価格もかなり幅広くなっていますから、夏休み前のキャンペーンなどを狙っておくとお得感が増すでしょう。
インターネットではたくさんのメーカーの商品が販売されていますから、最安値を早めに探しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

タープの活用

タープを活用するシーンはアウトドアでキャンプをするところでしょうか。
もちろん、大人だけでもいいのですが、子どもたちがたくさん参加しているキャンプはいかにもアウトドアと言う感じですね。
私たちの日常はアウトドアのイベントとは大きく離れているのですが、夏休みなどは日頃の生活感を忘れてゆっくりと楽しみたいものです。
夜になって寝る時にはテントがいいですし、昼間や食事時にはタープがおすすめです。
日除けのための屋根と考えれば、いろいろな場面で活用することができるでしょう。
ただ、その日の天候に大きく左右されてしまうのはアウトドアの宿命です。
風が強すぎてタープが破れてしまうこともあるでしょう。
それもアウトドアの楽しいアクシデントと考えてください。
子どもたちは喜ぶかもしれませんね。
タープを使ってキャンプをするのも子どもたちが小さい間だけです。
大きくなったら、だんだんと親との行動を避けるようになります。
これは親が悪いわけでも子どもが悪いわけでもありません。
親子の関係はそれぞれの年齢に応じていろいろなシーンがあるのです。
その一つのシーンでタープやテントが活躍するでしょう。
したがって、タープを購入する時には数年持てばいいと考えておいてください。
それ以上は活用の場がなくなってくるからです。
親は体が動かなくなってきますし、子どもは親と一緒にキャンプなどしたくないと思うのです。
コールマンはアウトドア用品をたくさん販売していますから、必要になったらおすすめをネットで検索してみましょう。

おすすめのタープ

みなさんにおすすめのタープを紹介しましょう。
もちろん、アウトドアで使用するタープとしての素材はしっかりしていなければなりませんが、使用目的は限られていますから、メーカーによる差は出にくいと考えていいでしょう。
つまり、どれを購入しても大きな差はないと考えておけばいいのです。
もちろん、通販サイトを利用して購入するでしょうから、それぞれのサイトでおすすめのタープの価格は違います。
タープが強風で飛んでしまわないように、固定方法や素材を確認してください。
また、単なるビニールシートではなく紫外線をしっかりと遮る素材でなければなりません。
どれがおすすめかと考える前にどのような使い方をするかをイメージしてみましょう。
家族だけで楽しむアウトドアであれば大きなサイズは必要ありませんから、ヘキサタープや自立式タープで十分でしょう。
ただ、設営の手順や強風に対する強さなどを知っておくことも大切です。
アウトドアのイベントでは天候によって予想しない事態になることが少なくないからです。
タープが強風であおられて、周りの人に迷惑をかけることがないようにしておかなければなりません。
スクエアタープは大きな広さを確保することができます。
大人数で楽しむイベントであればおすすめのタープですね。
就寝の時間になればタープではなくテントを用意することが多いでしょうから、タープで寝ることは考えなくていいでしょう。
もちろん、タープがテントになる商品も販売されています。

タープの価格

アウトドアで利用価値の高いタープを購入している人は少なくないでしょうが、これから購入しようとしている人のために価格相場を紹介しましょう。
もちろん、一口にタープと言ってもいろいろなタイプがあり、それによっておすすめの価格帯も変わってきます。
一番低価格なのはスクエアタープです。
組み立て方は簡単ですが、サイズが小さめであることや強風に弱いことがデメリットとなります。
それでも十分な人なら1万円弱から販売されています。
サイトによっては5,000円台から手に入れることができるでしょう。
きちんと設置さえすれば強風でも安定しているのがヘキサタープです。
これは部品としては少ないのですが、性能がいい分だけ価格は高く設定されています。
1万円からそれ以上となります。
家族4人程度でキャンプをするつもりなら、これでも十分でしょう。
もちろん、材質によって価格差はありますが、畳めば非常にコンパクトになりますから利用価値は高いと言えます。
もっと大勢でアウトドアを楽しむ場合におすすめなのは15,000円前後から数万円の価格設定になっています。
アウトドアで食事などはタープで十分ですが、シュロフに包まる時はテントがほしいものです。
いろいろな道具をそろえなければゆっくりと楽しむことができません。
特別に高い商品を買い集めると非常に高くなってしまいますから、安い用品をそろえてもいいでしょう。
価格だけではなくどのように楽しむかが重要です。
子どもが喜ぶことを考えておきましょう。

タープの種類

アウトドアレジャーで使用するタープの種類を紹介しましょう。
それぞれの目的に合わせて購入しなければなりません。
アウトドアだけではなく、運動会や海水浴などちょっとしたレジャーでもタープは利用できます。
スクエアタープは折り畳み式になっているため、設営は簡単です。
その代わり、サイズが小さめであることと風に弱い点がデメリットです。
また、骨組があるため重量も重くなり、お母さんと子どもたちだけでは持ち運びが大変ですね。
お父さんが参加する時に利用したいものです。
一番オーソドックスなのはテトラタープです。
少ない骨組みで安定した屋根を作ることができます。
個人レベルか、家族だけの日除けと考えるべきでしょう。
設営は地面に杭を打ち込まなければなりませんが、キャンプ場や浜辺なら女性でもできるでしょう。
横風が吹いてぐらつくこともありますが、杭がしっかりしていれば倒れることはありません。
それからもっと大勢で楽しむためのタープもあります。
メーカーによって構造が少しずつ変わっていますが、どれも安定した屋根となります。
柱の数や設営方法などを確認して、使いやすいタープを選びましょう。
おすすめはヘキサゴンタープでしょうか。
テトラを拡張したヘキサゴンです。
金額も様々です。
通販サイトで検索してみれば、それぞれのサイトのおすすめが格安で販売されているケースもあります。
タープを製造しているメーカーはコールマン、ロゴス、ビーズなどいろいろな有名メーカーが並んでいます。

タープとテント

アウトドア用品のメーカーのサイトを見るとタープとテントがあることがわかります。
タープとテントの違いを確認しておきましょう。
まず、アウトドア用品として何がおすすめなのでしょうか。
バーベキューやそうめん流しはどこででもできますが、天気が悪くなっても続行できるように屋根が必要となるでしょう。
もちろん、日中の日除けは必須です。
持ち運びのしやすさを考慮して少ない柱とロープ、そしてシートだけで構成されるタープが便利なのです。
子どもたちだけでも運ぶことができるでしょう。
ただ、タープだけでは横風を避けることができませんし、就寝の場所としては適していません。
タープを拡張して周囲にシートを張ることができるタイプも販売されていますが、安心して寝るためにはテントがおすすめでしょう。
虫や風を避けることができますから、お母さんも子どもも安心して眠ることができます。
大人の男性だけであればタープと寝袋だけで済ますケースもあるでしょうが、女性にはテントがほしいものです。
また、子どもたちのアウトドアの楽しみはテントの中の独特の雰囲気でしょう。
キャンピングカーの横にタープを取り付けて広い場所を確保することもできますから、自分たちの人数や食事、寝泊まりのパターンを考えて選ぶことが大切です。
ただ、子どもの数によって必要なスペースは変わりますから、一度購入したタープをずっと使い続ける必要はなく、買い足すことも考慮しておきましょう。

タープのおすすめメーカー

おすすめのタープメーカーはアウトドア用品を幅広く製造しているコールマンでしょうか。
ここではコールマンと肩を並べているロゴスの商品を紹介しましょう。
おすすめはヘキサタープでしょうか。
アウトドア用品はいろいろと販売されていますが使いやすいのがこのヘキサタープです。
最小限の固定具だけで安定した日除けを作ることができます。
もちろん、強風にあおられてしまうとぐらつきますが、車の横に設営すれば家族で楽しむことができるでしょう。
それからヘキサタープを応用した商品としてオクタゴンがあります。
つまり、ヘキサタープの弱いところを補強して安定させたタイプです。
もちろん、全体のサイズを大きくすることができますから、大勢で楽しむアウトドアイベントにも利用できるでしょう。
ロゴスのタープは少ない柱と固定用のロープ、屋根となるシートで構成されています。
収納や持ち運びは非常に簡単です。
子どもが小さければ家族のキャンプ用として、大きくなれば自宅でのバーベキューパーティーに利用すればいいでしょう。
シートの材質も丈夫で余程のことがない限り破れることはありません。
もちろん、紫外線を受けて劣化することは避けられませんが、子どもが成長するまでは利用できるでしょう。
そう考えると少し高額なタープでも十分元を取ることができます。
価格は1万円から3万円程度を見ておけばいいでしょう。
タープにスクリーンを取り付けてテントとしても利用できます。

家族におすすめタープ

アウトドアを楽しみたい家族におすすめのタープを紹介しましょう。
一般に販売されているタープはヘキサタープです。
少ない柱で簡単に屋根を作ることができます。
価格は5,000円程度ですから気軽に購入できるでしょう。
子どもたちと一緒に組み立ててみてはどうでしょうか。
アウトドアの楽しみ方は人それぞれですから、タープのおすすめも一般論としてとらえることが大切です。
家族の人数や年齢、やりたいことなど考慮すべきことはたくさんあります。
アウトドアの夕食ではやはりバーベキューが定番ですが、天気がよければタープもいりません。
強い日差しを避けることと急な雨を避けることでしょう。
夏の浜辺でのんびりとするなら紫外線対策は重要ですから、品質の高いタープがおすすめです。
しっかりと紫外線を遮断しなければ意味がありませんが、低価格のタープは単なるビニールシートの場合もあるのです。
自宅でタープやテントを使うことはほとんどありませんから、夏休みの家族旅行だけのためのアウトドア用品です。
必要以上にお金をかけないようにしたいものです。
紫外線をカットする素材はシート表面の色を見ればわかります。
銀色で向こう側が透き通って見えないことです。
コールマンやロゴスなど有名メーカーのタープならどれもおすすめです。
スクリーンを付けることでテントにもなるタイプが一番お得でしょう。
金額的には子どものためのプレゼントと考えれば、それほど高くありません。
夏休みを家族で楽しみましょう。

タープの構造

ヘキサタープはその名の通り6か所を固定したシートで作るタープです。
2本の柱と4本のロープで固定します。
一番シンプルですが、持ち運びと組み立てが簡単ですからおすすめのタープです。
ヘキサタープのサイズは構造がシンプルな分だけ制限されますから、もっと大きなタープがほしい人にはペンタ、テトラタープがあります。
基本的な構造は同じで、柱の数とロープの数を増やすことになります。
このような構造のアウトドア用品は設営の仕方によって強度が変わりますから、強風が吹いている場所では使わないようにしなければなりません。
風にあおられて飛んでしまい、子どもたちが怪我をするとせっかくの楽しいキャンプが台無しです。
大型の車の横に取り付けて、利用するケースも少なくありません。
単独で設置するよりもスペース的には狭くなりますが、家族で楽しむならおすすめです。
子どもたちが眠たくなったら車に潜り込めばいいだけです。
タープの下で眠るつもりなら寝袋などを準備しておかなければなりません。
日常とは違ったところで生活するのですから、必要なものを確認しておくことが大切でしょう。
タープそのものの構造はシンプルですから、品質はシートと柱に集約されています。
しっかりと日除けの役割を果たしてくれるシートを探すことが購入のポイントでしょう。
通販サイトやアウトドア用品ショップでチェックしておきましょう。
価格も幅広くなっていますが、極端な品質の差はありません。

コールマンのおすすめタープ

言わずと知れたアウトドア用品メーカーのコールマンですが、おすすめのタープはどのようなタイプでしょうか。
また、その価格はいくらくらいでしょう。
オーソドックスなヘキサタープは2万円弱から、コールマンのオンラインショップで販売されています。
もちろん、この他のたくさんのインターネットショップでも販売されていますから、自分が利用しやすいところを探しましょう。
アウトドア用品を取り扱っているショップでコールマンの商品がないところはありません。
それだけ多くの人が利用していると言えるでしょう。
品質は極端に高級品ではありませんが、利用して問題となることはありません。
目的にマッチした品質ですから安心して購入していいでしょう。
タープにもいろいろなタイプがあり、ドームスクリーンタープはテントとしても利用することを前提として設計されています。
日中はタープとして、夜はテントとして使用するのです。
価格はちょっと高くなりますが、一つだけでいいと思う人にはおすすめのタープでしょう。
デザインや色合いはアウトドア用品ではメーカーの特徴を出しにくいのですが、細かい部分にコールマンならではの技術が取り入れられています。
虫よけのチャックの位置やタープを固定するための柱などです。
ただ、実際に組み立ててみなければわからないことがたくさんあります。
これまで購入して使っている人の感想を参考にして、自分が購入する商品を選ぶのもいいでしょう。

アウトドアの楽しみ方

アウトドアの楽しみ方について考えてみましょう。
まず、メンバーによって楽しみ方は大きく異なるということです。
家族で小さな子どもたちを連れて行くならお父さんがリードしなければなりませんし、楽しみは子どもの視点を中心とすることでしょう。
おすすめは満天の夜空を見上げながら、散歩をすることです。
都会では見ることができない素晴らしい経験となることでしょう。
それから食事はみんなで協力し合います。
子どもたちにもできることがあるはずです。
特別な楽しみのイベントを考えなくても、子どもたちは喜んでくれるはずです。
テントやタープを使用するのは雨が降ってきた時の準備や虫よけの効果が期待できるからです。
大きなタープの下で食べる夕食はおすすめで、特別な味がすることでしょう。
夏休みに子どもたちに体験させたいことの一つがアウトドアの楽しみ方です。
親も一緒に楽しむようにすれば、きっと子どもたちは喜んでくれます。
それから、大人の若者ばかりでアウトドアを楽しむ時には、のんびりとテントで寝るのではなくタープの下で夜遅くまで語らいましょう。
正に青春の一ページを飾る思い出となるはずです。
時にはカップルができあがることもあるでしょう。
アウトドアは日常生活と大きく異なった環境であり、気持ちも違うのです。
楽しむことができるかどうかは自分の気持ちだけだと考えていいでしょう。
場所や道具、天候などはその時の気持ちとは関係ありません。
考えただけでもワクワクしてきませんか。

タープの購入

タープを購入するなら、アウトドア用品専門店をおすすめします。
もちろん、タープそのものはいろいろなショップで取り扱っており、専門店でなければならない理由はありません。
しかし、ネットショップでは一部のタープだけが紹介されており、あなたの目的にもっと適したタープがあるかもしれないからです。
近くにアウトドア用品店がなければ、メーカーのオンラインショップを参考にしましょう。
いろいろなタイプがどのように違っているのかを確認することで、どれを選べばいいかわかってくることでしょう。
人数によってサイズも変わりますが、毎年同じメンバーでキャンプをするとは限りません。
大きなタープを個人レベルで購入するのはおすすめできません。
また価格帯もショップによってかなりの差があります。
定価はあるとしても実際にいくらで購入すればいいか判断に迷ってしまうことも少なくないでしょう。
タープだけはなくテントや椅子も必要です。
夏休みに一度だけ使用するのであればレンタルも考えてください。
タープやテントはどれも同じに見えるかもしれませんが、少しずつ進化しています。
素材や組み立て方も変わっているのです。
ただ、タープを購入しようと検討することはアウトドアの楽しみがすでに始まっていることを示しています。
当日まではワクワク感を持っていたいものです。
天候に大きく左右されるアウトドアイベントですが、きっと楽しい思い出となることでしょう。
それはいくつになっても変わりません。

タープと紫外線

夏にいろいろなアウトドアレジャーを計画している人は少なくないでしょう。
ただ、女性は紫外線が気になるところです。
もちろん、紫外線対策のクリームは塗るとしても直射日光の下にはいたくないものです。
そこでタープが活躍することになります。
おすすめのタープは少人数で使用するヘキサタープです。
海辺で使用している人を見たことがあるでしょう。
組立も簡単ですし、軽いため持ち運びも苦になりません。
もちろん、サイズは様々ですから、自分に合った商品を選ぶことがポイントでしょう。
タープの形よりも紫外線対策となるかどうかをチェックしてください。
単なるビニールシートでは十分ではない可能性があります。
日傘と同じように光を遮断する素材でタープのシートが作られた商品がおすすめです。
インターネットで検索する時も仕様を確認してください。
夏休みが近づいてくるとアウトドア用品の特売が始まります。
価格だけを見て、仕様を見落とさないようにしてください。
紫外線が気になるのは女性だけではありません。
小さな子どもたちも急激な日焼けは健康によくありません。
外ではしゃぎまわった後でひどい日焼けにならないように親がしっかりとチェックしておきましょう。
アウトドアでは子どもたちは楽しい時間を過ごすことでしょう。
紫外線のことなど考えていないのです。
広いタープを設置しておけば、その中にいる時は安心できます。
商品選びも注意深くありたいものです。
楽しい夏休みにしたいですね。

タープの使い方

アウトドア用品として利用されているタープの使い方を紹介しましょう。
購入を検討している人は参考にしてください。
まずヘキサタープが一番ポピュラーです。
柱を2本立てて、それに4本のロープで全体のバランスを取ります。
組み立てるのは杭を打ち込むことぐらいでしょう。
部品も少ないですから、収納すると非常にコンパクトになります。
日除けとして使用する場合には紫外線を遮断する素材の商品でなければなりませんが、雨避けと考えるならそこまでの品質は必要ないでしょう。
アウトドアで楽しんでいる家族やグループはたくさんいますが、どこに行くかによって必要な用品は変わってきます。
タープではなくテントが必要な場合もあるでしょう。
タープは屋根だけですが専用のスクリーンを取り付けることでテントにもなります。
メーカーでも専用の金具や別売りのオプションを提供していることが少なくありません。
商品選びでは検討することをおすすめします。
テントの場合は中で料理などをすることはできませんし、スペースが狭くなってしまいます。
タープなら椅子を並べてわいわい楽しむこともできますし、下で寝転がることもできます。
要するに使い方は自由と言うことです。
もちろん、サイズによって確保できるスペースは変わりますから、参加するメンバーに合わせて選ぶことが重要でしょう。
キャンピングカーに併設することで使い勝手を良くすることもできます。
自分達で考えてみることをおすすめします。

夏休みにはタープ

夏休みは子どもたちのためにありますから、お父さんはアウトドアグッズを購入することになるのでしょう。
日除けと雨避けとしてタープがおすすめです。
組み立て方は簡単ですから子どもたちも手伝ってくれるでしょう。
もちろん、夜になればテントでゆっくりと休むことをおすすめします。
女の子ならお母さんと一緒に食事の用意をしてくれるでしょう。
夏休みはいろいろと楽しいことを経験する機会ですが、アウトドアで楽しい時間を過ごしてください。
ただ、子どもだけでは行動できませんから、家族旅行になります。
アウトドアを楽しむ余裕もないお父さんもいるでしょう。
そんな時には、遠くに出かけるのではなく自宅の庭先にタープを広げてはどうでしょうか。
食事は台所で作って、タープの下で食べるのです。
これなら、夏休み中毎日でもできるでしょう。
夏休みの宿題もタープの下でやれば、早く終わるかもしれませんね。
家族によって夏休みの過ごし方は違います。
正解があるわけではありませんから、試行錯誤することですね。
子どもたちはどんなことでも喜んでくれるはずですが、その時期もいずれは終わってしまいます。
思春期を迎えるまでの家族のイベントなのです。
大人になってからは同世代だけでキャンプを楽しむ若者になっているでしょう。
安価なタープでいろいろな楽しみ方ができるのですから、購入しても十分元を取ることができるでしょう。
夏休みのイベントは家族のイベントと考えておけば間違いありません。

アウトドアの道具

キャンプなどのアウトドアではおすすめの道具が重要です。
もちろん、新しく購入することもいいでしょうし、すでに持っている道具を大切に使い続けることも大事です。
ただ、タープのような安価な道具は傷んできたら新しく買い直すことをおすすめします。
技術の進歩で素材が新しくなり、どんどん使いやすくなっているからです。
夏休みの数日間だけ使用するタープですが、子どもが大きくなればアウトドアレジャーも行かなくなってしまうでしょう。
その後でどのような使い方をするかを考えてみてはどうでしょうか。
タープを自宅の南側に設置して、安価な日除けとして使うことができます。
雨も避けることができますから、十分利用価値はあるでしょう。
コールマンのタープならデザインも悪くありません。
屋外のインテリアとしても目立ちます。
インターネットでアウトドアグッズを探してみれば、たくさんのショップが販売していることがわかります。
タープにもいろいろな種類があるのです。
サイズもいろいろですが、購入する前から子どもが大きくなった後の使い方を考えている人はいないでしょう。
構造はシンプルですが意外と長持ちします。
再利用を考えておくべきですね。
紫外線避けとしてお母さんのために役立つようにしておきましょう。
価格はかなりの幅がありますが、メーカーによる違いはほとんどありません。
低価格品でも十分再利用できるはずです。
まずはアウトドア用品店で現物を確認してみましょう。
どのくらい丈夫な作りになっているかを見るのです。

タープの売れ筋

インターネットの通販サイトで売れ筋のおすすめタープを紹介しましょう。
夏休みに向けてアウトドア用品を探している人はチェックしてください。
1位は3mのスクエアタープです。
骨組みが折り畳み式になったワンタッチタープですが、価格はかなり安く1万円弱です。
一つ購入しておけば、子どもが増えても十分使えることでしょう。
屋根の高さが3段階に調節できますから、参加するメンバーに合わせることができます。
横から見えないようにするためのサイドシートもセットになっているお得品です。
UVカットは99%ですから、日除けとしての効果はまったく問題ありません。
それから、タープではありませんがコンパクトなワンタッチテントも売れ筋です。
気軽に利用できる点が人気なのでしょう。
タープテントは日除けとしての役割がメインですが、この商品なら雨が降った時も十分使えます。
大勢でキャンプする時には大きめのサイズを選んでおかなければなりません。
売れ筋になっている商品は使い勝手がよく、いつでも簡単に設置できるからでしょう。
自分が購入する時に、どのような使い方をするかをイメージしてみることをおすすめします。
そうすれば必要なサイズも見えてきます。
売れ筋の中から選ぶことで、安価な商品を購入できますが、無駄な買い物にならないように注意しておきましょう。
少人数で大きなタープは不要だからです。
広いタープの下で食事を取って、その後テントの中でゆっくりと休むのがアウトドアの楽しみ方です。

おすすめのキャンプ用品

おすすめのキャンプ用品はインターネットで検索すればたくさんヒットします。
もちろん、子どもたちの年齢や人数によっておすすめは変わってくるでしょうが、タープやテントは必需品と言えるでしょう。
おすすめのタープはヘキサタープですが、これは少人数に限られます。
みんなでワイワイと楽しみたいなら、もっと大きなタープでしょう。
また、天気さえよければタープなしでも夜を過ごすことはできます。
アウトドアと言っても日差しの強い砂浜と山の中では周りの環境はまったく違うのです。
すべてに対応したタープを購入するのは難しいですから、自分が使おうとしている状況を考えておきましょう。
それに合ったサイズのタープやテントを選びます。
インターネットでおすすめと表現されている場合でも、それはショップのおすすめであり、あなたが必要としているものではないかもしれません。
アウトドア用品は小さく折りたたんで持ち運びますから、現地で組み立てる必要があります。
それが簡単なら誰にでもできますが、その分だけサイズが大きくなったり重量が重くなったりします。
価格も関係していますが、複雑な構造でも人気が高いと意外と安価で販売されています。
結果的に通販サイトのおすすめを購入することになるのです。
キャンプ用品店で現物を確認しながら、サイズや重量をチェックしましょう。
一度購入したら、壊れない限り買い替えることはありません。
買った後で後悔しないようにしたいものです。

タープと天候

夏休みのおすすめアウトドアを楽しむ時には天候が大きく影響することは誰でも容易にわかることです。
天気がいいと紫外線が強くなりますし、雨が降れば濡れないようにしなければなりません。
タープテントは屋根と柱だけの仕組みですから、比較的簡単に設営と片付けができます。
ただ、横風に弱いことや雨が降ると濡れやすくなってしまいます。
アウトドアグッズはタープとテントのセットで購入しておくと間違いありませんが、そこまでお金をかける家族は少ないかもしれません。
食事やゲームはタープの下で楽しんで、テントでゆっくりと休むことがおすすめです。
日頃は山の中に入ることもないでしょうから、夏休みにゆっくりと自然の中で時間を過ごすことも悪くありません。
残念ながら天気が悪くなっても、しっかりと設営したテントとタープなら安心です。
もちろん、雷が鳴り始めたら安全な場所に避難してください。
タープだけで耐えるのは現実的ではないのです。
また、青春の一ページとしてキャンプを楽しむことも悪くありませんが、そのための事前準備はしっかりとしておかなければなりません。
天候の悪化は予想しておかなければならないのです。
夏休みには必ず不幸な事故が発生しています。
もちろん、道具だけのことではありませんが、事故のリスク回避は大人の役割です。
そのことを考えながら道具選びをしておきましょう。
タープテントは日除けがメインですから、それ以上の役割を期待してはいけません。
弱い雨なら対応できますが、強くなってきた時のことを考えておくべきです。

おすすめのタープ

一番シンプルなおすすめタープは屋根部分だけのタイプです。
もちろん、それで日除けの役割はしっかりと果してくれますから、目的によっては十分でしょう。
ただ、横からの日差しや風よけを考えるとタープに取り付け可能なスクリーンのセットやテントになるようなタープがいいでしょう。
アウトドアレジャーでは家族だけではなく知人など複数の家族で行動することが多いはずです。
その人数に合わせてタープのサイズも選びたいものです。
大きなサイズのタープは価格も高くなりますが、構造がシンプルなためいろいろなシーンで活躍することでしょう。
アウトドアレジャーだけではなく自宅の庭で焼き肉をする時も活用していいのです。
食材は台所で準備して、焼く時だけタープの下に移動するのです。
家族によっていろいろなレジャーの計画は違いますが、室内でゲームをするパターンが多くなった現代の子どもにはアウトドアレジャーがおすすめですね。
そのためにはお父さんが積極的に計画しなければなりません。
最初に購入する時には費用がかかりますが、来年以降は購入する必要はありません。
今の家族の人数だけではなく、増えることを予想してタープを選ぶことがポイントでしょう。
インターネットで検索したタープの大きめのサイズを選んでおくのです。
メーカーやショップによって差はありますが、サイズが変わっても価格はほとんど変わりません。
いろいろな使い道を考えてみるのもアウトドアレジャーの楽しみの一つと考えてください。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ