そろそろ夏に向けて脱毛「ブラジリアンワックス」

この記事は14分で読めます

自己処理で行うデメリット

あなたはいつも、どのような方法で脱毛をしていますか?
「医療レーザー脱毛」や「脱毛クリーム」など様々な方法がありますが、基本的に「自己処理」と「サロン」の二種類に分けることができます。
自己処理は自宅で低コストに行えることがポイント。
その反面、肌トラブルを引き起こしやすいことが挙げられます。

スポンサードリンク

一方サロンは、プロの手によって行われるので肌の負担が少なく済むのが特徴。
しかし、そのぶん時間と費用がかかってしまいます。

このように、それぞれ異なる面を持ち合わせていますが、アンダーヘアの脱毛の場合はどうでしょう。
日本でも注目を集めている「ブラジリアンワックス脱毛」という方法がありますが、自己処理で行うデメリットはあるのでしょうか。

アンダーヘアは腕や足よりもずっとデリケートな箇所に生えているため、やはり自己処理をすると少なからず負担がかかります。
ブラジリアンワックス脱毛で特に引き起こしやすい皮膚疾患は、内出血と肌荒れ。
ワックス剤をつけて無理矢理引き剥がす方法なので、必要な肌の角質も一緒に剥がれてしまい、肌荒れが起こりやすくなります。
また、場合によっては出血してしまうことも。
とにかくダメージが大きいことが、自己処理の一番のデメリットです。

これが1回で済めば良いのですが、永久脱毛ではないため定期的に行う必要があります。
知識のないまま自己処理をすると失敗してしまうことが多いため、脱毛はできても汚くなってしまいます。

アンダーヘアの脱毛は、ブラジリアンワックス脱毛を行う専門サロンに通った方が良さそうです。

何歳からやってもいいの?

「脱毛」と聞くと大人がやるイメージが強いですが、最近は小学生や中学生といった未成年者も無駄毛の処理をしているようです。
脱毛には様々な方法があり、医療機関に行ってもらう「医療レーザー脱毛」や、自宅で簡単にできる「電気シェーバー」などがあります。
そんな中、今世界中から注目を集めているのが「ブラジリアンワックス脱毛」です。
アンダーヘアの脱毛をすることができる方法で、日本にもブラジリアンワックス脱毛の専門サロンがいくつもオープンしています。
毛根から抜くため綺麗に仕上がることで人気ですが、一体何歳から受けることが出来るのでしょう。

有名な専門サロン「アンジェリカサロン」では、18歳以上から施術を受け付けています。
ですが、保護者が同伴しているのであれば18歳未満でも受けられるようです。

ブラジリアンワックス脱毛を受けられる年齢というのは正式に決められているわけではなく、店舗によって異なります。
中には学生向けのキャンペーンを頻繁に行い、気軽に試せることを全面的にもアピールしているところも。

ちなみに海外では子供も積極的にブラジリアンワックス脱毛を受けています。
娘の生理が始まると受けさせる家庭も多いようです。
子供が「脱毛」と聞くと少し心配な思いもありますが、やっていることとしては毛を抜いているだけなので問題無いでしょう。

逆に、ブラジリアンワックス脱毛は年配の方でも受けることができます。
年齢制限がないので、誰でも気軽に、本格的な脱毛ができる方法です。

自己処理のメリット

何度も何度も生えてくる無駄毛。
女性の悩みの一つなのではないでしょうか。
肌のことを考えて脱毛サロンに通えば費用と時間が大幅にかかりますし、面倒ですよね。
そのようなことから、低コストでかつ自宅で手軽に行える自己処理が人気のようです。

腕や足などといった比較的脱毛のしやすい箇所は自己処理で充分ですが、アンダーヘアはどうでしょう。
アンダーヘアの有名な脱毛方法では「ブラジリアンワックス脱毛」が挙げられます。
このブラジリアンワックス脱毛は自宅でも行うことが出来るのですが、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。
いくつかご紹介していきます。

まず、自己処理ならではの大きなメリットは「費用が安く抑えられること」。
ブラジリアンワックス脱毛をセルフで行うと、医療レーザー脱毛よりもずっと低コストになります。

次に、仕上がりがとても綺麗なこと。
ブラジリアンワックス脱毛は毛根ごと引き抜く方法のため、カミソリや電気シェーバーに起こりがちな剃り残しがありません。
美しいスベスベの肌になります。

更には次に毛が生えてくるまで時間がかかるのもポイント。
約6週間ほどのサイクルなため、通常の自己処理よりも回数が少なくて済みます。

また、ワックス剤を塗ったところに布をかぶせて引き抜く方法なので、広範囲を短時間で脱毛することが出来ます。
そのため、毛抜きで処理するより何倍も早く終えることが出来るのです。

アンダーヘアの自己処理と聞くと少し怖いですが、たくさんのメリットもあります。
ぜひ自宅でブラジリアンワックス脱毛をしてみてはいかがでしょう。

最適な毛の長さ

あなたは「ブラジリアンワックス脱毛」という方法をご存知でしょうか。
ワックス剤を患部に薄く塗って伸ばし、専用の不織布を被せて一気に剥がすことで脱毛します。
海外を中心に人気を集めており、近年は日本でも多く専門サロンがオープンしています。

ブラジリアンワックス脱毛は、セルフで行うことも出来る脱毛方法です。
ワックス剤も売られており、サロンに通うことなく誰でも手軽に行えます。
顔以外の箇所ならどこでも脱毛が可能なので、最もデリケートなアンダーヘアも自宅で処理出来るのです。

セルフでブラジリアンワックス脱毛をする場合、毛の長さが重要なポイントとなります。
ベストの長さは1cm?2cmほど。
目安としては親指の第一関節くらいです。
毛が長すぎると、ワックスが毛先で絡まって毛根に到達しないため、脱毛効果が得にくくなります。
長く伸びすぎている時は、ハサミなどでカットしてから行うようにしましょう。

また、短すぎるのもアウト。
ブラジリアンワックス脱毛はワックス剤を毛にくっつけて引き剥がす方法なので、長さが足りないと引っ張れずに抜けない部分が出てきます。
できる限り無駄毛のない、スベスベの肌を維持したいでしょうが、伸びるのを待たなければならないため不可能です。

ブラジリアンワックス脱毛は肌に大きな負担をかけるため、最小限の回数に抑えることが鉄則。
なかなか抜けなくて同じ箇所を何度も行ってしまうと、重度の皮膚疾患になる恐れもあります。
広範囲を1度に脱毛しようとせず、毛の長さを意識して、少しずつ確実に抜いていきましょう。

Queens Wax

あなたはアンダーヘアの処理をしていますか?
なかなかデリケートな部分のため、自己処理をするのも何だか怖いですし、かといってサロンに通うのも抵抗があるでしょう。
ですが、アンダーヘアの脱毛はやはりサロンに通うのが一番です。
足や腕などとはわけが違い、内出血や肌荒れを引き起こしやすいため、自己処理で済ませてしまうと大変なことになりかねません。

しかし、サロンであればどこでも良いということではなく、「ブラジリアンワックス脱毛」をしてくれるお店がお勧めです。
アンダーヘア専用の脱毛方法なので、一番綺麗に仕上がりますし安心感も違います。

そこで、数ある脱毛サロンの中でも今回特におすすめするのが「Queens Wax」です。
ここは他のサロンとは少し違い、男性専用のブラジリアンワックスサロンになります。
ブラジリアンワックス脱毛は元々女性用のため、男性が気軽に利用することのできる貴重なお店でしょう。

「Queens Wax」は様々なお得なプランを用意していますが、一番人気は「Queens Waxプラン」です。
デリケートなアンダーヘアの脱毛に加え、ヒップや内ももなど、その周辺の無駄毛も同時に処理してくれます。
通常の施術で頼むとなると、約1000円ほど高くなってしまうため、このプランはとてもお得。
誰でも手軽に受けることの出来る料金です。

「アンダーヘアの処理をしたいけど、サロンに行くのは抵抗がある」という方も、専門店ならば気軽に利用できますね。

ヴァージンワックス

何度剃っても剃っても無くなることのない「無駄毛」。
「自己処理だと肌が荒れちゃうし、かといってサロンに通うのも面倒…」と、脱毛に関して頭を悩ませる女性も多いのではないでしょうか。
足や腕などといった比較的脱毛のしやすい箇所は自己処理で事足りますが、デリケートなアンダーヘアはそうともいきません。
間違った脱毛方法をすれば皮膚疾患が引き起こされてしまいますし、とても危険です。

アンダーヘアの代表的な脱毛方法に「ブラジリアンワックス脱毛」があります。
世界中で人気を集めており、日本にもブラジリアンワックス脱毛を専門としたサロンがいくつも展開しているほど。

そんな中でも特に人気の専門サロンが「ヴァージンワックス」です。

「ブラジリアンワックス脱毛といえばヴァージンワックス」と言うほど有名な専門サロンで、高い実績を誇っています。

大きな特徴は主に三つあり、一つ目はとにかく料金が安いこと。
利用者に影響のないサロンの維持費などを大幅に削減することに努めているため、他店よりもずっと料金が抑えられています。
また、学割やクーポンなどもあり、それを利用すればさらに安く施術してもらえますよ。

二つ目は、スタッフ全員が高い技術を持っていること。
なんと、日本ブラジリアンワックス協会に認定された講師しか在籍していません。
業界の中でも最高水準に近い技術で、スベスベの肌に導いてくれます。

最後に衛生管理を徹底していること。
利用者に触れるものはすべて使い捨てなので、使い回しすることはありません。
使用されるワックス剤も、食べられる素材で出来た自然派由来なので、肌が弱い人にも安心ですよ。

ブラジリアンワックス脱毛とは

「この前処理したばかりなのに、また無駄毛が生えてきた…」これって多くの女性の悩みですよね。
やり方によっては肌を傷つけてしまうこともあるし、何よりも面倒です。
日本には様々な脱毛方法があります。
自宅で出来る「脱毛クリーム」や医療機関に行ってもらう「レーザー脱毛」など、それぞれ費用や効能が大きく異なります。
そんな数ある脱毛方法の中でも特に変り種なのが「ブラジリアンワックス脱毛」です。

「ブラジリアンワックス脱毛」とは、外性器や会陰、肛門など、ビキニラインの部位を含むワックスを使用した脱毛のことを言います。
外性器の上部に生えている陰毛など、周辺の毛を完全に取り除くことが出来るのです。
ヘアのデザインは自由に決められ、陰毛のみを小さな線上残し、それ以外は綺麗に除去する、というふうにアレンジ自在。
脱毛する部位から、ブラジリアンワックス脱毛のほか「アンダーヘア脱毛」とも呼ばれています。

そもそもブラジリアンワックス脱毛は、女性がTバックのビキニ水着を着るために行われるようになった脱毛方法です。
Tバックはブラジルが発祥のため、「ブラジリアン」という名前が付けられたと考えられています。
元々は女性専用の脱毛方法として生み出された「ブラジリアンワックス脱毛」ですが、現在は男性の利用者も多く、需要は年々増加傾向にあります。

体験した人たちはみんな口を揃えて「痛い」と話しますが、その分大きな脱毛効果が得られると話題です。
アンダーヘアの脱毛をしたいと思ったら、「ブラジリアンワックス脱毛」を検討されてはいかがでしょう。

やっぱり痛い?

永久脱毛をしない限り、何度も何度も生えてくる「無駄毛」。
「サロンに行くと費用と時間がかかるし、かといって自己処理だと肌が荒れるし…」と頭を悩ませる女性も多いのではないでしょうか。

専門機関に施術してもらう「医療レーザー脱毛」や「脱毛クリーム」を使用した脱毛など、様々な方法が溢れていますが、近年世界中で注目を集めているのが「ブラジリアンワックス脱毛」です。
アンダーヘアを脱毛するために生み出された方法で、日本にも専門サロンがあります。
このブラジリアンワックス脱毛は、ワックス剤を患部に薄く塗って伸ばし、専用の不織布を被せて一気に引き剥がす方法です。
毛根から引っこ抜くことができるので、カミソリや電気シェーバーよりもずっと綺麗に仕上がりますが、実際に試してみた人は口を揃えて「痛い」と話しています。
やっぱり、ブラジリアンワックス脱毛をするのなら痛みは避けられないことなのでしょうか。

ブラジリアンワックス脱毛はデリケートな箇所に行うため、腕や足などの脱毛より痛みを感じやすいです。
更には剃るのではなく、抜くわけですから痛いのは確実でしょう。

もちろん個人差があるため意外と我慢できる痛さだったという人もいますし、痛すぎて笑ってしまったなんて人も。
二回目以降は生えてくる毛の量が少ないため、あまり痛くないそうです。
ただ、痛み一瞬で済むのであまり身構える必要は無いでしょう。
痛みに弱いという人は、あらかじめ痛み止めを飲んでおくという手もありますよ。

ブラジリアンワックス脱毛の方法

日本には様々な脱毛方法で溢れており、自宅で出来る簡単なものや専門の医療機関に通って脱毛してもらう方法など、ピンからキリまであります。
あなたも毎回利用する脱毛方法があるのではないでしょうか。
無駄毛は永久脱毛でもしない限り何度でも生えてくるものなので、生きていく上で切っても切り離せられない存在です。
腕や足のケアはたくさんの脱毛方法がありますが、アンダーヘアの脱毛ってあまり聞きませんよね。
実は、そんなアンダーヘアを脱毛するために生み出された方法があるのです。

それは、「ブラジリアンワックス脱毛」。
名前からもわかるように、ワックスを使用した脱毛方法です。
脱毛したい箇所に温めたワックスを薄く塗り、その上に専用の不織布をあてて引き剥がします。
このワックス剤にはソフトとハードの二種類あり、扱いやすさが異なるというだけなので技術者の好みで変わります。
中には不織布を使用しないで行えるワックス剤もあり、ワックスを塗ってそのまま引き剥がす方法です。

しかし、ワックスを何度でも溶かして利用することが出来るため、衛生面が心配されているのが現状。
体の中でも一番敏感な部位の脱毛なので、しばらく皮膚が赤くなってしまうことがあります。

そのぶん効果は申し分ありません。
カミソリに劣らないほど強力な脱毛効果があり、毛の再生もゆっくりなので頻繁に処理を行う必要がありません。

このように、ブラジリアンワックス脱毛はワックスを使用して引き剥がす方法なので、かなり痛いです。
衛生面のことなど、利用する際は必ず了承の上で行ってもらってくださいね。

効果はどれくらいもつの?

処理しても処理しても、永久脱毛をしない限り生えてくる「無駄毛」。
「毎度脱毛をするのも面倒だし、その度肌にも負担がかかってしまう…」と頭を悩ませている女性も多いことでしょう。
かといって、もちろん放置なんてもってのほか。
常にスベスベの状態を保っていたいですよね。

腕や足などといった脱毛は自己処理でも比較的簡単に行えるため、スベスベの肌を維持しやすいですが、アンダーヘアはどうでしょう。
脱毛方法としては「ブラジリアンワックス脱毛」がありますが、内容は理解していてもどれほど効果が持続するのかはあまり知らないのでは?
そこで、今回はブラジリアンワックス脱毛の効果が得られる期間について説明していきましょう。
やり方は違うものの、結果的に行っていることはピンセットでの自己処理と同じ。
人それぞれ毛の成長速度は異なりますが、完全にスベスベでいられるのは大体1週間ほどでしょう。
この状態を継続させると言っても、アンダーヘアの脱毛はある程度の長さになってからでないと出来ません。
そのため、常に毛のない状態を保ち続けるのは不可能なのです。
ブラジリアンワックス脱毛のできる毛の長さは、最低でも1cmは必要。
それ以下の長さだと抜くのが難しくなります。

また、逆に長すぎてもいけません。
ワックス剤が毛先のみについていて、根元には全くついていないということが起こってしまいます。
万が一伸びすぎてしまった場合は、ハサミで切ってから行うと良いでしょう。

皮膚疾患について

何度剃っても生えてくる「無駄毛」。
露出の少ない冬場は無駄毛処理を怠りがちで、薄着の季節になってから焦り出す人も多いのではないでしょうか。
現在は様々な形の脱毛方法があり、費用や脱毛の効果がそれぞれ大きく異なります。
一番低コストで手軽に行えるといえば「カミソリ」ですが、皮膚を傷つけてしまったり乾燥肌の原因ともなるため、あまりオススメできる方法とはいえません。
その他の脱毛方法でも、場合によっては皮膚疾患を招くことがありますが、近年注目を集めている「ブラジリアンワックス脱毛」にもあるのでしょうか。

医療レーザー脱毛やクリーム脱毛など、多少の差はあるものの、脱毛箇所が赤くなったりブツブツが出来てしまうことはよくあります。
ブラジリアンワックス脱毛の場合、内出血と肌荒れが起きてしまう可能性が高いです。
陰部の粘膜箇所は日によって異なり、ホルモンバランスや織物の量などが大きく関わっています。
そのため、ワックス剤を皮膚につけて引き剥がすという方法は、他の脱毛方法よりも内出血を起こしやすいのです。
陰部の粘膜箇所は口腔内や鼻腔内と作りが似ており、とてもデリケートだということがわかります。

内出血が起きてしまった場合は、特に対処は必要ありません。
数日?数週間ほどで治まるでしょう。
肌荒れの場合は何もしないよりも、その箇所を冷やしたり、乾燥させないよう保湿ケアをしてあげると治りが早くなります。

どんな脱毛方法でも皮膚疾患は起きてしまうため、特別ブラジリアンワックス脱毛を敬遠する必要はないでしょう。

サロンを勧める理由

あなたはいつも、無駄毛をどのような方法で処理していますか?
「医療レーザー脱毛」や「脱毛クリーム」など、様々な方法がありますが、どれも「サロンで受けるか」「自宅で行うか」の二つに分けることができますよね。
足や腕などといった比較的脱毛のしやすい箇所は、電気シェーバーなど、自己処理でも綺麗に仕上げることができますが、アンダーヘアはそうはいきません。
アンダーヘアの脱毛といえば「ブラジリアンワックス脱毛」ですが、素人ができるようなものではないのです。
体の中でも最もデリケートな部位ということもあり、高度な技術が必要になります。

近年は、ブラジリアンワックス脱毛専門サロンも多くあるため、そのような店舗を利用することをオススメします。
ワックス前後の消毒や毛の流れのチェック、不織布を剥がす際の素早さなど、とても素人が軽く知識を持っているくらいで出来ることではないのです。

実際にサロンを利用した多くの人が「まずプロの技を体験してから自己処理に移った方が良い」と話しています。
費用や手軽さから、いきなり自分でブラジリアンワックス脱毛をする人が多くいますが、それでは確実に失敗するでしょう。
布を剥がす角度やタイミングなど、経験がモノをいう脱毛方法なので、まず初めはサロンにお願いすることをおすすめします。
他の人にアンダーヘアを見られるのは抵抗があるでしょうが、そんなことも言ってられません。
皮膚疾患のリスクもガクッと減少するため、自身の肌をいたわるためにも自己処理は避けましょう。

アンジェリカワックス

あなたはアンダーヘアの脱毛をしていますか?
腕や足と違ってとてもデリケートな箇所のため、放置している人も多いかと思います。

しかし、場合によっては処理しなくてはいけない時もあるでしょう。
夏に海へ出かけるの際、多くの女性が水着になるでしょう。
水着にもよりますが、Tバックのビキニなどを着るとなると露出もかなり激しいため、アンダーヘアの脱毛は必須です。

でも、アンダーヘアの脱毛ってどうやるのが一番良いのかわからないでしょうし、サロンで行ってもらうのも少し抵抗がありますよね。

そんなデリケートなお悩みを解決してくれるのが「アンジェリカワックス」です。
アンダーヘアの脱毛方法「ブラジリアンワックス脱毛」をする際に使用するワックス剤で、実際に専用サロンで使われています。
自然派由来の成分でプロ仕様。
日本で徹底した管理の元製造されているので安心安全です。
日本人の肌質に合うように研究され尽くしたワックス剤なので、起こりがちな皮膚疾患のリスクが抑えられています。

また、ワックス剤は1度温める必要がありますが、アンジェリカワックスは温め不要。
温めなくても適度な粘着力があり、すぐに使用することが出来るため、手間が省けます。

初めてブラジリアンワックス脱毛をするという方にもオススメで、アフターケアが万全なところもポイント。
肌の悩みやわからないことなど、何でも気軽に相談することができます。

ブラジリアンワックス脱毛と聞くと馴染みがなくて不安な方も多いと思いますが、試しにアンジェリカワックスを使用してみてはいかがでしょう。

セルフブラジリアンワックス脱毛のコツ

「この前処理したはずなのに、また無駄毛が生えてきた…」「費用も時間もかかるし、サロンに通うのが面倒…」などなど、脱毛についての悩みを抱える女性は多いのではないでしょうか。
無駄毛の処理は確かに面倒ですし、かといって放置しておくわけにもいきませんよね。
脱毛と聞くと足や腕などを思い浮かべる方が多いかと思いますが、アンダーヘアの脱毛方法があることを知っていましたか?
その名も「ブラジリアンワックス脱毛」。
近年、世界中から注目を集めており、日本にもブラジリアンワックス脱毛の専門サロンが展開するほど。
サロンを利用しなければアンダーヘアの脱毛は出来ないように思えますが、実は自宅で行うことも出来るのです。
今回は、セルフでブラジリアンワックス脱毛をする際のコツをご紹介しましょう。

一つ目に、毛を1センチほどの長さにカットしておくこと。
それよりも長すぎたり短かったりすると、毛を抜きにくくなります。
また、行う前はクリームやオイルをしっかり拭き取っておきましょう。

二つ目に、ワックスを毛の流れに沿って塗り、反対方向に剥がすこと。
それにより、抜き残しが大幅に無くなるため、仕上がりが綺麗になります。

三つ目に、ワックス剤を剥がす際は、できるだけ水平にすること。
皮膚を持ち上げないように剥がすことで、皮膚疾患のリスクを抑えられます。

四つ目に、アフターケアを怠らないこと。
毎日化粧水などで保湿することで、埋没毛を防ぐ効果が期待できます。

自宅でブラジリアンワックス脱毛をする際は、コツをしっかりおさえて行いましょう。

ブラジリアンワックスの作り方

「剃っても剃っても無駄毛が生えてきて、処理するのが面倒…」「どれだけ気をつけて脱毛しても肌が荒れてしまう…」などなど、脱毛についての悩みは絶えないと思います。
剃ってもどうせ生えてくるからと放置するのは不潔ですし、かといってセルフで脱毛をすると肌トラブルを引き起こしてしまうでしょう。
サロンに通うのも費用と時間がかかるため、できる限り避けたい脱毛方法ですよね。

近年、アンダーヘアの脱毛として「ブラジリアンワックス脱毛」が世界中から注目を集めています。
ワックス剤を皮膚に薄く塗って伸ばし、その後、専用の不織布で引き剥がす脱毛方法です。
でも、アンダーヘアの処理を他の人に行ってもらうのはやはり抵抗があるでしょうし、費用がどれほどかかるのか心配な人も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、ブラジリアンワックスを作って、セルフで処理してしまう事です。

ブラジリアンワックスの作り方はとても簡単。
どの家庭にも置いてあるような材料しか使いません。
必要なものは「蜂蜜」「砂糖」「レモン果汁」の三つだけ。
レモンピールと同じような材料ですね。
これら三つを耐熱性のあるホウロウに入れ、熱します。
レモンは少し切り込みを入れてから絞ると簡単です。
熱していくと、沸騰したようにグツグツと泡立ちます。
淵にある泡が茶色く色付いてきたらすぐに火を止めましょう。
このタイミングを逃すと焦げて使い物にならなくなります。

作る手順はたったのこれだけ。
誰でも簡単に作ることができるので、ぜひ1度試してみてはいかがでしょう。

ブラビアンカワックス

あなたは商品を選ぶ際、どのようなことを基準にしていますか?
値段を重視する人や品質にこだわる人など、それぞれでしょう。

アンダーヘアの脱毛をする方法として「ブラジリアンワックス脱毛」が今話題を呼んでいます。
専門のサロンでやってもらうのは恥ずかしくて抵抗があるということから、自宅で行う人が多いようです。
このブラジリアンワックス脱毛には「ワックス剤」が必要になるわけですが、ピンからキリまで揃えられているため、どれを選べば良いのか分からない人も多いことでしょう。
中には安さだけが魅力の粗悪な商品も存在するので、充分に注意しなければなりません。

ワックス剤は皮膚に直接つけるものですから、素材にはこだわりたいもの。
そこでおすすめするのが「ブラビアンカワックス」です。

ブラビアンカワックスは安心安全な素材で出来ており、パッケージもおしゃれで上品なことから人気を集めています。
主成分は「ハチミツ」と「水溶性の水飴」。
なんと、食べても安全なワックス剤なのです。

また、美肌に導いてくれる「ヒアルロン酸」や「水溶性コラーゲン」が配合されていることも女性にはポイント。
ナチュラル製法なので、肌が弱い方にも安心して使用することができます。

肝心のワックスとしての効果ですが、シートにこだわっており、従来のものより抜きやすく敗れにくいと好評。
お手頃価格なので、誰でも気軽に試すことができますよ。

ブラジリアンワックス脱毛をするのなら、ぜひ「ブラビアンカワックス」で行ってみてください。

セルフブラジリアンワックス脱毛

何度剃っても無くなることのない無駄毛。
その度サロンに通えば費用と時間がかかってしまいますし、かといってそのまま放置するのも不潔です。
無駄毛の脱毛方法について、多くの女性が悩んでいるのではないでしょうか。
「医療レーザー脱毛」や「脱毛クリーム」など、様々な脱毛方法がありますが、アンダーヘアの脱毛ってあまり聞いたことがありませんよね。
しかし、夏などでTバックのビキニなどを着る際はアンダーヘアの処理は必須。
そんな時に利用される脱毛方法が「ブラジリアンワックス脱毛」です。

専用のワックス剤を箇所に塗り、不織布を被せて一気に引き剥がします。
サロンで行ってもらうことが出来ますが、アンダーヘアをほかの人に見られるのは抵抗があるでしょうし、費用も心配ですよね。
しかし、実はこの「ブラジリアンワックス脱毛」はセルフで出来てしまうのです。

ワックス剤から手作りをします。
材料はレモンと蜂蜜と砂糖の三つだけで、火にかけるだけととても簡単。
そのワックス剤を、まずは腕や膝などに試し塗りしましょう。
アイスベラやスプーンなどを使うと薄く伸ばせて便利です。
いきなりデリケートな箇所で試すのは危険なのでやめてくださいね。

不織布の代わりは、手ぬぐいなどの薄手の生地がおすすめ。
シーチングでも構いません。
被せたら、毛の方向とは反対に一気に引き剥がします。
闇雲に剥がしてしまうとかなり痛いので、息を吐くタイミングで行うと多少は和らぎます。
やった後は、冷やして肌を落ち着かせるようにしましょう。

セルフであれば周囲の目もありませんし、自宅で出来るので手軽ですよ。

NULL HONEY SUGAR WAX

「無駄毛の脱毛」と聞くと女性のイメージがありますが、実際そんなことはありません。
男性にも無駄毛は生えますし、脱毛も行います。
むしろ、男性の方が毛が剛毛なため、女性よりも脱毛が必要といえるでしょう。

安全に脱毛をするのならサロンに通うことが一番ですが、時間も費用もかかってしまうため、できる限り自宅で済ませたいという人も多いのでは?
そんな男性にぜひおすすめしたい商品なのが「NULL HONEY SUGAR WAX」です。

これは、男性専用の「ブラジリアン脱毛ワックス」で、アンダーヘアなどの脱毛にも使用することができます。
主成分はハチミツと安心安全。
100%自然採取の高純度はちみつなので、肌を傷めずにツルツルの肌に導いてくれます。
温め不要なので手間も省け、忙しい方にもぴったり。

従来の脱毛ワックスは女性用に作られている物がほとんどなため、剛毛な男性が使用してもあまり効果は得られません。
一方「NULL HONEY SUGAR WAX」のブラジリアン脱毛ワックスは男性専用なので、高い脱毛力を実感することができます。
日本の男性の肌に合うように作られていることもポイントです。

全ての工程は、一貫して日本で行われているこだわりぶり。
男性専用と謳われていますが、女性も使用することができるワックスです。
今まで無駄毛の処理をカミソリなどで行っていた人も、これを機に「NULL HONEY SUGAR WAX」で脱毛してみてはいかがでしょう。
きっと満足のいく効果を得られますよ。

セルフで行う際の注意点

体の脱毛をする箇所の中で最もデリケートな「アンダーヘア」。
腕や足など、処理しやすいところであれば自宅で手軽に行うことができますが、アンダーヘアはそうともいきません。
かなりデリケートなため慎重に脱毛しなければなりませんし、やり方によっては内出血や肌荒れといった皮膚疾患を引き起こしてしまいます。
素人が勝手にアンダーヘアの処理をするのはなかなか勇気が出ませんよね。

アンダーヘアの脱毛方法として「ブラジリアンワックス脱毛」があります。
ワックス剤を皮膚に薄く塗って伸ばし、専用の不織布を被せて一気に引き剥がす、サロンで行ってもらうことのできる方法です。

しかし、アンダーヘアを他の人に見られるのは少なからず抵抗があるでしょう。
費用も心配です。
そんな「ブラジリアンワックス脱毛」は、セルフで行うことができるって知ってましたか?
そこで今回は、安全にブラジリアンワックス脱毛を行うための注意点をいくつかご紹介しましょう。

一つ目に、火傷に注意すること。
ワックス剤を手作りする際、火にかけるため、適度に冷ましてからでないと火傷をしてしまいます。

二つ目に、ワックスを使用する前と後には患部を清潔にしておくこと。
特にワックスの後はベトベトになってしまうので、シャワーを浴びた方が早いでしょう。

三つ目に、アフターケアを必ず行うこと。
必ず乳液などといった液体以外のもので保湿するようにしてください。
また、1週間後以降にスクラブやピーリングをしてあげると、埋没毛の防止になります。

セルフでブラジリアンワックス脱毛をする際は、これら三つの点に注意して、安全に行いましょう。

レーザー脱毛との違い

あなたはいつも、どのような方法で無駄毛を処理していますか?
前まではカミソリやピンセットで地道に自己処理をするのが一般的でしたが、今や「医療レーザー脱毛」や「脱毛クリーム」など多くの脱毛方法があります。

近年、世界中から特に注目を集めているのが「ブラジリアンワックス脱毛」。
アンダーヘアの処理をする際に用いられる方法で、多くの海外セレブも実施しています。
この「ブラジリアンワックス脱毛」は日本でもおなじみの「レーザー脱毛」と同じように捉えられがちなのですが、これらは全く別物。
一体どのような違いがあるのか、詳しく説明していきましょう。

そもそもレーザー脱毛とは、黒や茶色に反応して吸収される特殊なレーザーを照射して、毛根から破壊する方法です。
ほとんど永久的に生えてこないため、何度も脱毛する手間が省けます。
痛みは軽く輪ゴムで弾かれる程度ですが、日焼けした部分は皮膚が炎症を起こしているため、激痛がはしるようです。

これに対し、ブラジリアンワックス脱毛とは、ワックス剤を患部に塗って伸ばし、専用の不織布で引き剥がします。
毛根から抜くことができるのでとても綺麗に仕上がりますが、一気に毛が抜けるため、レーザー脱毛よりもずっと痛いです。
また、やっていることはピンセットで地道に抜いていくのと変わらないため、永久脱毛というわけではありません。

比較すると、レーザー脱毛の方がメリットが多いように見えますが、料金が高いことがネック。
ブラジリアンワックス脱毛は安価に行うことができますよ。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ