お中元にアイスはいかが?

この記事は15分で読めます

【お中元】について

夏の贈り物の風習として、日本には「お中元」と言う物が有ります。
ビールやハム、洗剤、アイス等、様々な贈り物を家族や仕事関係等、日頃お世話になっている方達に感謝の意味を込めて贈り物をすると言う風習となっています。
色々な贈り物が有りますが、夏の贈り物としてアイス等が届いたら季節柄とても喜ばれますよね。
そんな「お中元」ですが、元々は中国から伝わってきた風習だった様なのです。
中国では昔「三官」と言う道教の神様の生誕の日を祝日としてお祝いをしていたそうです。
その内容は天官を上元(1月15日)、地官を中元(7月15日)、水官を下元(10月15日)となっていたそうです。
その中でも間となる中元は1年の半年間を無事に過ごせた事を祝って、ご先祖様の供養をしていたそうなのです。
その中元の時期が日本で言うお盆と時期的に重なっていた為に、日本ではお世話になっている人への感謝の気持ちを込めて贈り物をすると言う独特の風習となってきたそうなのです。
またお中元を直接家族やお世話になった人に届けると言う事で、その方達との無事を確かめあい、久し振りに顔を合わせると言う意味にもなっています。
日本では昔は1年の節目に本家に対して物を贈ると言う風習が有った様ですが、形を変えてその後は商売繁盛を感謝して取引先に物を贈ると言う風習を加えて、それが今の日本のお中元との原型となって定着した様です。
何となく物を贈っていた「お中元」ですが、こうして意味を考える事でより一層感謝の気持ちを込めて物を選び、相手に贈る様になりますよね。

スポンサードリンク

お中元を贈る時期

夏が近付いてくると考える様になるのが「お中元」。
ビールやアイスと言った贈り物を離れて暮らすご家族や、仕事でお世話になっている方へ送る風習の事を指しています。
漠然と「お中元を贈る」と言っても、時期を外したら逆に失礼にあたるので、ここでお中元を贈る時期について挙げてみたいと思います。
お中元を贈る時期は首都圏と地方では少し異なっていて、首都圏の場合は7月頭頃から7月15日までに贈るのが一般的な中元の時期となっていて、それ以降に贈る場合は「暑中お見舞い」、立秋(8月7日?9月頭頃)を過ぎてから贈る場合は「残暑お見舞い」と言う様になっているそうです。
しかし地方になるとそれも少し異なり、7月頭頃から8月15日のお盆の時期までに贈る様になっています。
これは旧暦と新暦の違いによる物で、旧暦で中元の時は7月15日となっており、新暦では8月15日が中元となっているそうです。
またお盆と中元が同時期にある事、中元は先祖の供養をする事が本来の目的で有ったと言う事も理由の1つとなっている様です。
地方によってどの時期を中元とするか昔決めたのが今でも伝わっているのですね。
ですからお中元として贈り物をする場合には、どの地方に贈るのかも考慮して時期を考えると良いでしょう。
どうしたらいいのか分からないと言う場合には、首都圏でも地方でも時期が重なっている7月頭頃から7月15日頃までに贈る様いすると良いかもしれませんね。
熱い時期に贈るお中元はビールやアイス等、季節を楽しめる物でも良いでしょうし、受け取る方が好きな物を贈るのでも良いでしょう。
夏にお中元を贈る場合はマナーを守り、時期もタイミングも見定めて贈る様にしましょう。

お中元は手渡しした方が良いのでしょうか

本来、お中元は贈る相手の所に出向き、日頃の感謝を伝えたり無事を伝えたり近況を伝えたりすると言う意味を込めて手渡しをすると言うのが礼儀として伝えられてきました。
しかし現在ではお中元は近くにいる人はもちろんの事、遠くに住んでいるご家族や親戚、仕事の取引先の人に贈り物をすると言う様に形が変わってきています。
その為に贈る先がかなりの数に上る事もあり、手渡しで贈り物をすると言うのは難しくなってきている現状もあります。
お中元は夏の若い時期と言う事も有り、アイスを贈る事も多いですよね。
この様に溶けてしまいやすいアイス等、直接手渡しで渡すのが難しいと言う贈り物も多くなってきています。
更に地方になるとお中元はお盆や夏休みの時期を重なる事も有り、家を留守にしているご家庭が多いので時間を合わせたり、時間を割いてもらう事も逆に迷惑になるのではないかと考える事も増えてきつつあります。
この様な背景も有り、現在お中元は配達で贈ると言う方法が主流になってきているのではないでしょうか。
こうした事情から近年は夏になるとデパート、スーパー、量販店、小売店、コンビニ、各インターネットサイト等がお中元の注文と配送を受け付ける様になっているのです。
それでも昔は品物を購入してきて熨斗紙を自分で付けて配達に頼んだ物ですが、今ではお店の方で熨斗紙も用意してくれる為、直接配達が可能になりました。
その為、例えアイスの様に溶ける物を贈ったとしても冷凍配達で贈る事が出来るのです。
この様にお中元の渡し方の主流は手渡しから配達に変わってきている様です。

お中元の定番の贈り物【ハム】

お中元の贈り物と言う色々有ります。
夏と言う季節柄、ジュースやビール、アイスと言った冷たい物を贈る事も有ります。
またアイス等の冷たい物の他、素麺や蕎麦と言った麺類を贈る事も多い様です。
しかし昔から定番的な夏のお中元の贈り物と言ったらやっぱり「ハム」ではないかと思うのです。
何年か前、お中元やお歳暮の季節になると「ハム」のCMが流れていた事が有ります。
この事からお中元の贈り物として「ハム」が定番的な品物として印象付けられた感じが有ります。
またハムは昔はとても高価な物として扱われており、今でも高級なハムがたくさんある事から、日頃お世話になっている人への感謝の気持ちとして高価な物を贈ると言う定番商品となったのです。
更にお中元の定番商品としてハムが贈られる理由としては、日持ちがすると言う理由も有ります。
夏の時期は物が腐りやすい時期でもあります。
こうした中、ハムは未開封の状態であれば冷蔵庫で2?3か月、冷凍でも最長1年程は保存が可能な食材となっているのです。
その為に贈った先の相手が賞味期限を気にして直ぐに食べる必要はなく、自分達の都合に合わせて食べてもらいやすいと言うメリットがある食材となっているのです。
更にハムがお中元の贈り物として定番化している理由に多くの人がハムが好きと言う理由も有ります。
嫌いな人が少ないと言う事は多くの人に喜んでいただきやすいと言う贈り物だと思うのです。
こうした様々な理由からお中元の定番の贈り物として「ハム」が多くの人に選ばれているのです。

アイスにはどの様な形が有るのでしょうか

夏に限らず一年中そうだと思いますが、スーパーやコンビニに行くとアイスがたくさん置いてあります。
ご家庭で食べる為、贈り物として贈る為等、アイスを買う機会は夏になるとグッと増える事と思います。
アイスは色んな形の容器で売られていますので気分によって買うと良いでしょう。
では、どの様な形状の容器に入ったアイスが有るのかここで挙げてみたいと思います。

【カップ】
紙またはプラスチックの容器に蓋が付いているタイプのアイスになります。
アイスクリームと言うとこのタイプを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
プレミアムアイスのカップタイプは特に贈り物としても喜ばれるアイスだと思います。

【スティック】
アイスを四角や丸の棒状にし、木や樹脂の棒を取り付け、その部分を持って食べるタイプのアイスになります
バー状のアイスと言う場合も多いです。

【モナカ】
モナカの中にアイスが詰められているタイプのアイスになります。

【コーン】
アイスを入れる器がコーンになっているタイプになります。
コーンの形は色々有ります。

【ホームタイプ】
大きいサイズの容器にアイスクリームが入っています。
大体500ml?2000ml位に入っている物を指しています。
御家族や友人達で分け合って食べる際等にオススメです。

【業務用】
ホームタイプより大容量の容器に入ったタイプのアイスになります。
ご家庭でと言うよりは業務用として使われる事が多いです。

【マルチパック】
カップタイプやスティックタイプ等が何個か詰め合わせとなっているタイプになります。
贈り物としては喜ばれるタイプです。

この他にもアイスの容器には色々は形が有りますので、お好みで選ぶと良いでしょう。

今のお中元事情について

夏になったら多くの方々が気にするお中元。
このお中元は昔から有りました。
今現在のお中元事情についてですが、昔とは大きく変わってきています。
今はビールやアイス等、夏ならではの季節商品を贈るのが普通となってきている様な感じがします。
しかしお中元の贈り物と言うのは世相を反映している様で、贈る物でその時代が分かる様な感じがします。
戦後の時代、日本ではお世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈り物をすると言うよりは、自分達が生きて行く事だけで精一杯でした。
その為、お中元事情も今とは違っていて、大き目の贈り物が多かったそうです。
例えば缶詰の詰め合わせ、調味料類、杉箱に入った物、ウィスキー類等が多かったそうです。
この時はお中元用品を扱う百貨店はとても忙しく、この時期だけ臨時でアルバイトを雇う等、一大イベントとなっていました。
今は家族に贈るのはもちろんの事、お世話になった方への感謝の気持ちを込めて贈り物を贈ると言う事が主流になっていますので、付加価値が付いている贈り物を贈る事が多くなってきているそうです。
例えばプレミアが付いているアイスや野菜、牛肉、ビールなどが挙げられます。
また自由に好きな物を選んでもらえる様にカタログギフトを贈る事も多くなってきているそうなのです。
今は昔と違って物があふれている時代ですので、お中元の贈り物も定番的な物でもいいですが、工夫をして喜んでもらえる物を贈ってみると言う物良いかもしれませんね。

お中元の定番の贈り物【アイス】

夏でも冬でも贈り物として喜ばれる「アイス」。
暑い夏に冷たいアイスを食べて熱くなった身体を冷やすもの良いですし、寒い冬に暖房を入れて温かい部屋で冷たいアイスを食べても良いと思います。
冬にアイスの贈り物は意外な感じがするでしょうが、近年はとても喜ばれるギフトの1つとなっているのです。
アイスは夏だけではなくて季節を問わず喜ばれる贈り物なのです。
その為、お中元の定番の贈り物としてもアイスは大人気です。
日本ではアイスは本当にたくさんの種類が有ります。
コンビニで手軽に買えて日常的に食べる様なアイス、家族皆で分け合って食べる箱に入ったファミリーアイス、たくさん食べたい人の為に大容量で売られているアイス等、一言でアイスと言っても色々あります。
しかし近年は高級アイス(プレミアムアイス)にも注目が集まっています。
プレミアムアイスは普段食べるアイスと言うよりは、ちょっと贅沢をしたい時、自分へのご褒美として食べるとか、またプレゼントやギフトとして喜ばれるアイスです。
最近はプレミアムアイスに対して季節限定商品も登場していますので、その時々の味を楽しむ事が出来ます。
お中元用のアイスとしては普段買わない様なプレミアムアイスを選ぶ様にすると、特別感が出て受け取る側も喜ぶと思います。
アイスは子供だけが好きなのではなく、大人もお年寄りも大好きな食品だと思いますし、甘い物を口に入れるだけで幸せな気分を味わう事が出来るとても良い食品だと思います。
この様にアイスには人を幸せにする力がある商品だと思いますので、お中元の定番的な贈り物として親しまれているのです。

アイスにはどの様な種類が有るのでしょうか

夏になると食べたくなるアイスクリーム。
自分で買っても贈り物としてもらっても誰かに贈っても喜ばれる物ですよね。
しかし、夏のお中元、冬のお歳暮の贈り物としてアイスを贈る際、手渡しならばともかく配達で贈るのならばカキ氷の様なアイスは不向きです。
ではどの様なアイスを贈り物として贈ればいいのでしょうか。
そこでここではアイスの種類について挙げてみたいと思います。

【アイスクリーム】
ミルクの風味を充分に感じられる所謂アイスの代表と言っても良い種類のアイスです。
成分的な区分けとしては乳固形分が15%以上含まれている物で、その内乳脂肪分が8%以上の物をアイスクリームとして分類しています。
贈り物としてアイスを選ぶ際には、この種類のアイスが喜ばれるのではないでしょうか。

【アイスミルク】
アイスクリームよりは多少ミルク缶が落ちますが、牛乳と同じ位の乳成分が含まれている種類のアイスになります。
成分的な区分けとしては、乳固形分が10%以上含まれている物で、その内乳脂肪分が3%以上の物を指します。

【ラクトアイス】
アイスミルクよりも更にミルク感が感じられない種類のアイスになります。
成分的な区分けとしては乳固形分が3%以上と言う分類となっています。

【氷菓】
「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」以外のアイスの事を指しています。
乳固形分はほとんど含まれておらず、カキ氷やアイスキャンディと言った果汁を凍らせて作られたアイスの事を主に指しています。
真夏の暑い時期にはとても最適なアイスだと思います。

この様に大きく分けてアイスには4種類有りますので、お好みで食べ比べをしてみると良いかもしれませんね。

アイスの保存について

アイスを贈り物で戴いた場合等、直ぐ食べる場合を除くと家の冷凍庫でアイスを保存しておかなくてはいけませんよね。
真夏にアイスが食べたくて、買ったその場で食べてしまう場合は良いのですが、せっかく贈り物等で戴いたアイスが食べる前に溶けてしまっては台無しになってしまいます。
特に夏は気温が高い為、少し外に置いておくだけで溶けてしまいます。
せっかくアイスを食べるなら美味しく食べたいですよね。
そこでここではアイスの保存温度について挙げてみたいと思います。
アイスを保存する場合、冷凍庫の温度をマイナス18度以下に設定しておくと、買ってきた時と同じ美味しさが味わえると言われています。
アイスクリームを作っている工場では、アイスを保存する際にはマイナス25度以下に設定されて保存されているそうです。
またアイスを配送する際にはマイナス18度以下に設定して配送をしているそうです。
アイスは温度が上がる事で徐々に溶けてきます。
溶けてまた再度凍らせる事で溶けた部分が氷となります。
それを数回繰り返してしまう事で、アイス本来の滑らかさが失われてしまい、味には問題ありませんが、美味しく食べられなくなってしまいます。
いつまでも美味しく食べる為にはアイスが解けないマイナス25度以下がベストだそうですが、ご家庭の場合はそんな低い温度設定が出来ない場合が有りますので、マイナス18度以下を目指す様にしてみてはいかがでしょうか。
夏に美味しくアイスを食べる為にも、美味しいアイスの保存方法を知っておくと良いですよね。

お中元の贈り物の定番【ビール】

夏になったら贈り物としてお中元を贈るケースが多いご家庭も多い事でしょう。
逆にお中元として贈り物を貰うご家庭も多い事と思います。
お中元にはビールやアイス、サラダ油等、色々な贈り物を贈ります。
アイスは溶けてしまいやすいと言う事を考えると、溶けない物を選んだ方が良いのではないかとか、何を贈ったら良いのか迷ってしまいますよね。
そこでここではお中元の贈り物の定番商品について挙げてみたいと思います。
やはり定番商品と言ったら「ビール」ではないでしょうか。
暑い夏にキリッと冷えたビールを飲み、枝豆や冷奴をおつまみに晩酌をするなんて、夏のちょっとした贅沢ですよね。
そんなビールは多くの方に喜ばれる贈り物だと思います。
お世話になった上司の方、両親や親戚の方達等、お酒が好きな方へお中元を贈る場合はとても喜ばれると思います。
お中元用のビールとしては、少し高めのプレミアム感があるビールを選んだり、好きな銘柄が分かっているのであれば、そのメーカーのビールを選んだりと選ぶ基準は色々です。
また最近ではお中元やお歳暮用として、各メーカーから限定ビールを出している事も多い為、そうしたビールを選ぶ事で特別感がグッと感じられて喜ばれると思います。
最近は男性だけでなく女性でもビールを飲む方が多いと思いますので、定番で安心して贈れる贈り物だと思います。
お中元の贈り物として難にしたらいいか迷ってしまったと言う場合は、ビールを是非選んでみてはいかがでしょうか。

贈る相手別お中元の贈り物

日頃の感謝の気持ちを込めてお中元を贈る事も多いと思います。
夏だから自分ならアイスやビールが欲しいなと思っても、相手もアイスやビールが欲しいとは限りません。
独身の相手に対して大量の食材を贈っても貰った方は処分しきれず、逆に迷惑になる事も有り得ます。
どうせ贈り物を贈るならば相手が喜んでくれる物が良いですよね。
そこでここでは贈る相手別のお中元の贈り物について挙げてみたいと思います。

【仕事関係】
仕事関係の人は普段お世話になっている人となり、今後もお付き合いを続けていく相手となります。
礼儀をきちんとわきまえる事、お世話になっている度合いによって贈り物を選ぶ様にする事等を気を付ける様にすると良いでしょう。
またお酒やビールを贈る場合はお酒が飲める人なのかどうか事前にリサーチしておくと更に良いと思います。
オススメとしては夏らしく素麺の乾麺とかビールや日本酒、ちょっと贅沢にブランド牛、サラダ油等が定番贈り物としてオススメです。

【親戚】
近年は好きな物を買って貰う様に商品券を贈る事が多い様に見受けられます。
この場合は礼状も添えて贈る様にすると、より一層気持ちがこもると思います。
更にキッチン用洗剤、洗濯用洗剤と言った日常生活で使う物も喜ばれます。

【知人】
友人やご近所に贈る場合は、これからもよろしくと言う意味を込めてリラックスしてもらえる様な物を選ぶと良いかもしれません。
コーヒーやお茶と言ったリラックスできる嗜好品にするとか、プレミアムビール、プレミアムアイスと言ったプチ贅沢を味わえる様な物を贈るのも良いですよね。

夏の風物詩のお中元の贈り物、心を込めて贈り物を厳選して贈る様にすると良いと思いますよ。

お中元・お歳暮の金額の相場

夏はお中元、冬はお歳暮と言う様に、日本では季節に応じてお世話になった人に対して贈り物をする風習が有ります。
しかし実際に夏や冬にお中元やお歳暮を贈ろうとした際、お店に行ってみて贈り物の値段にバラつきが有る事に気付くと思います。
そこで気になってくるのがお中元やお歳暮の贈り物の金額の相場ではないでしょうか。
例えばアイスを贈る場合、知り合いなら2,000円位でも良いかなと思うかもしれませんが、お世話になった上司となると2,000円のアイスでは失礼となる事も有ります。
感謝の気持ちを込めて贈り物をする際、金額は関係ないと思う事も有ると思いますが、高価すぎる物を贈ると受け取った側が逆に恐縮してしまう事もあり、負担を感じさせる事になってしまいます。
ですから、贈る自分の年齢、受け取る相手側との関係性によって値段を変えていくと良いと思うのです。
知人や親せきの場合、大体3,000?4,000円程度が目安になります。
両親やお世話になっている知人、上司の方の場合、4,000?5,000円位が目安になります。
更に特別にお世話になっている人の場合は10,000円位でも良いかもしれません。
またお中元よりはお歳暮の方が年末と言う事お有り、2?3割程度金額の相場が上がる事が多いみたいです。
大体の金額の相場を頭に入れた上で、自分と相手との関係性を考慮し、適切な金額の物を贈る様にすると良いでしょう。
また自分の他にも知り合いで同じ型に贈り物をするのが分かっているのであれば、その知り合いと相談して金額を合わせると言う方法も有りますので聞いてみると良いでしょう。

贈ってはいけないお中元やお歳暮の贈り物

基本的に感謝の気持ちを込めて、夏にお中元、冬にお歳暮とお世話になった人に対して贈り物をします。
気持ちが込められている贈り物であれば基本的には喜ばれると思うのですが、中には贈り物として適さない物も有ります。
貰った相手が不快に思う物は贈ってはいけない、語呂合わせ的な意味合いで良くないと言われている物は贈ってはいけないと言う様に、何を贈らない方が良いのか挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。
先ずは「冷凍物、冷蔵物、生鮮食品」についてです。
受け取って直ぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れなければならない贈り物は、贈る相手の事情を考慮して贈る必要が有ります。
例えば夏に喜ばれる物としてアイスが有りますが、アイスもお中元やお歳暮用となると個数が多くなりますよね。
御家族がいるご家庭なら良いですが、一人暮らしの方の所にアイスが10個も20個も届いても迷惑になってしまう可能性が高いです。
ですから相手の家族構成等をきちんと考え、贈る物や量を見極める必要が有ります。
次に語呂合わせ的な物ですが「櫛」はクシとなり、苦しむ、死ぬ、と言う言葉をイメージさせる物となります。
あまり気にしないと言う方も多いと思いますが、避けておいた方が良い物だと思います。
次に「商品券・現金」ですが、値段がしっかりと見える為、感謝の気持ちを値段で表していると言う事で失礼と感じる方も多いと思います。
贈る相手にもよりますが、上司や取引先の人等には贈る事は避けておいた方が無難かもしれません。
この他にも色々ありますが、こうした事を考慮した上で貰って喜ばれる物を贈る様にしましょう。

アイスの賞味期限について

冷たいアイスクリームは夏の暑い時期には欠かせないデザートですよね。
お中元の贈り物として、友達のお宅へお伺いする際の贈り物としてアイスクリームを贈っても凄く喜ばれる贈り物です。
しかし夏の暑い時期が来て涼しくなってくるとアイスクリームを食べる機会も少なくなってきて、気が付いてみると冷凍庫にたくさんアイスクリームが眠っている、なんていう事も多々あると思います。
そこで気になるのがアイスクリームの賞味期限です。
何ヶ月も冷凍庫に眠っているアイスクリームは食べて大丈夫なのでしょうか。
通常の食品の場合、袋に賞味期限が記載されている事が多いのですが、アイスクリームを見てみると意外にも書いていない場合が多いのです。
アイスクリームの場合、保存自体がマイナス18℃以下となっています。
この温度の場合、アイスクリームは細菌が繁殖しない状態となります。
更にアイスクリームを作る材料も品質に変化が起こるほどたくさん入っていない為、劣化しにくいと言う特徴も有ります。
従って品質の変化も起こりにくくなるのです。
一説によると5年間位冷蔵庫に保存しておいても、大丈夫とも言われています。
もしかすると更に長期間保存しておいても大丈夫かもしれませんね。
それだけアイスクリームは品質が劣化する事無く、安心して食べていただけるものなのです。
とはいう物の、アイスクリームが入っている冷凍庫の開閉回数が多い場合はアイスクリーム自体が多少溶けてしまうと言う事も考えられますので、劣化する可能性も高くなります。
とはいう物の、せっかくアイスクリームが有るのですから、是非早めに食べて幸せな気分を味わう様にしてみてはいかがでしょうか。

喜ばれるアイスの贈り物

暑い夏の時期、食欲なんて無くなってしまう事も多々ありますよね。
そんな時にアイスの贈り物等があればとても嬉しいと思うのです。
しかしアイスの贈り物って何を送ったら喜ばれるのか分かりませんよね。
そこで、夏にぴったりのアイスの贈り物をご紹介したいと思います。
贈り物として贈る場合は、個数が多い方が喜ばれると思いますので、6個、12個等、個数を確認して贈る様にしましょう。
百貨店などで取り扱っているアイスの贈り物としては、小箱に入れて包装しているタイプのアイスが有ります。
アイスと言うとなんかカジュアルな感じがしますが、包装を上品にする事で贈り物として喜んでもらえると思います。
次に高級チョコで有名なゴディバでもアイスクリームを販売しています。
特にカップのアイスの詰め合わせは人気で、ゴディバ自慢のアイスを使った美味しいアイスが楽しめます。
また同じ高級アイスとしては千疋屋で取り扱っているアイスとシャーベットの詰め合わせが有ります。
千疋屋ならではのフルーツを使ったアイスがとても美味しいので是非オススメです。
もう少しお手軽な値段のアイスが良いと言う場合には、ハーゲンダッツの詰め合わせ等もオススメです。
定番アイスから、プレミアムな物まで多種多様に入っていて色んな味を楽しむ事が出来ます。
こうしたアイスの贈り物はたくさん有りますし、インターネットからでも注文が出来ますので、一番貰って嬉しい物を選んで贈ってみてはいかがでしょうか。

お中元の定番の贈り物【ジェラート】

「ジェラート」も夏のオススメの贈り物です。
夏に貰って嬉しい贈り物としては、アイスクリームが有りますが、アイスクリームの種類の1つにジェラートと言うも有ります。
そこで、アイスとジェラートって何が違うのかジェラートについて挙げてみたいと思います。
ジェラートと言うのは牛乳・佐藤・果物の果肉・果物の果汁を混ぜ合わせて凍らせた物を指しています。
ジェラートはイタリアで誕生し、イタリア語で「凍った」と言う意味がある事からジェラートと言う名前が付けられたと言われています。
アイスと比較してジェラートは密度が濃い為、濃厚な味わいを楽しむ事が出来ますが、とてもさっぱりしていて低カロリーなので、ダイエット中の方にもオススメのデザートと言えそうです。
またアイスの種類としてはアイスミルクと言う分類に属される事になります。
ジェラートの作り方は各お店で色々工夫されて作られているみたいで、材料にこだわったり果汁だけを使って作ったり、果肉以外の物を入れて作ったりなど、お店独自のジェラートが作られています。
そう考えてみると、色んなお店のジェラートを食べ比べてみたくなりますよね。
ジェラートを食べる際、ジェラートそのものを食べても充分に美味しいですが別のデザートのトッピングとして添えて食べても良いですし、パンケーキ等に添えてもオシャレな感じで楽しむ事が出来ます。
デザートとしても軽食としても楽しむ事が出来るジェラートを是非贈り物として贈ってみてはいかがでしょうか。

アイスを手作りしてみよう

手軽で美味しく食べられるアイスクリーム。
コンビニに行くと色んな味のアイスが売られていますよね。
また夏の贈り物としてもアイスは重宝される贈り物です。
色んな有名メーカーのアイスクリームを堪能してみるのも良いですが、ちょっといつもと雰囲気を変えて手作りしてみるというのはいかがでしょうか。
材料も牛乳、生クリーム、砂糖、卵等が有れば大丈夫です。
インターネットで検索してみると結構手作りアイスのレシピが出てきますので参考にしてみると良いでしょう。
簡単な作り方としては材料を全て容器に入れて、しっかり混ぜ合わせて凍らせて完成と言う物です。
意外にも簡単にできるので挑戦しやすいと思いますよ。
味にバリエーションを付けたい場合は、お好みのフレーバーを入れると良いでしょう。
チョコを入れてみたり、フルーツを入れてみたり、ヨーグルトを入れてみたりする事で味に変化が現れますので楽しめると思いますよ。
昔は容器に好きなジュースを入れて凍らせると言うシンプルなシャーベットを作っているご家庭が多かった事と思いますが、今はレシピがたくさんあるので少し贅沢に手作りアイスに挑戦してみるのも良いですよね。
お子様と一緒に作る事でコミュニケーションも出来ますし、一家団欒の機会が増えると思います。
更に最近はアイスクリームメーカーの様なアイスが作れる道具なども販売されていて、より簡単に作る事が出来ますので、利用してみるのも良いでしょう。
この様に買ったり贈り物として頂くアイスも良いですが、夏ならではの風物詩としてたまにはお家で手作りしてみるというのもいいと思いますよ。

お取り寄せについて

近年、インターネットの普及に伴い、自宅に居ながらにして買い物を楽しむ事が出来るようになりました。
インターネットで扱っている商品は本当に様々で、欲しいと思った物の殆どが手に入るのではないかと思う位です。
洋服、雑貨、家電、文房具、食品、お酒、海外の物までありとあらゆる物が販売されています。
そんな中、近年人気なのがお取り寄せグルメです。
今までは地方に行かないと、直接お店に行かないと購入する事が出来なかった食材や料理、スイーツ等が、インターネットを使う事で簡単にお取り寄せ出来てしまうのです。
インターネットでお取り寄せグルメ、お取り寄せスイーツと検索してみると数え切れないほどの商品がヒットします。
生のお肉や溶ける可能性があるアイス等も買う事が出来ます。
お目当てのグルメやスイーツがない場合は、どこのお店の物を選んだら良いのか分からなくなってしまうほどです。
そんな時には人気ランキングを参考にしてみると良いでしょう。
きっとお取り寄せしてみたい物が出てくると思いますよ。
そんなお取り寄せは自宅で楽しむと言う方法も有りますが、夏のお中元の贈り物や冬のお歳暮の贈り物としても利用する事が出来ます。
更に母の日や父の日の贈り物としても利用する事が出来ます。
遠くに住んでいて直接届けることが出来ない場合に、お取り寄せグルメやスイーツを注文して直接届けてもらう事が出来るので、とても便利ですよね。
お取り寄せにはオススメ時期というものはなく、夏はアイスクリーム、冬は鍋セット等、その都度オススメの商品が出てきている現状です。
ですからいつでも楽しめるお取り寄せを是非試してみてはいかがでしょうか。

ダイエット中でもアイスを食べよう

気温が高くなり、夏の暑さが体に感じる季節になると食べたくなるのがアイスクリームですよね。
個人で買う場合、贈り物として頂く場合等、ご家庭の冷蔵庫にアイスがある機会が増えるのが夏です。
特に贈り物として頂く場合は、少し贅沢なアイスを頂く事が多いと思います。
そこで気になるのがカロリーです。
夏は合わせてダイエットをしたくなる季節でも有ります。
アイスは控えたいところですが、食べ方に気をつける事でダイエット中でも美味しくアイスを食べる事が出来るのです。
そこでどの様な食べ方が良いのか挙げてみたいと思います。
濃厚なアイスクリームより、ラクトアイスやカキ氷を選びがちになりますが、意外にもラクトアイスは脂肪分が多く、カキ氷は糖分が多い為、高カロリーの場合が多いですので控えた方が良いでしょう。
またソフトクリームは空気を含んでいる割合が多いのでカロリーが控えめとなっていてオススメですが、コーンタイプはコーン自体がカロリーが高い為に控えた方が良いでしょう。
また、同じアイスクリームでもフレーバーよるカロリーの差は微々たるものです。
ですから食べる時には好きな味のアイスを選び、ゆっくり頂く事が大切なのです。
次にアイスを食べる時間帯ですが、午後3時から6時の間が体の消費が良い時間帯の為にオススメです。
よく夕飯を食べた後、お酒を飲んだ後に食べたいと思う人が多いですが、食べる時間帯を気をつける事で太る事を防ぐ事が可能となります。
この様に少し気をつけるだけでダイエット中でもアイスを食べる事ができますので是非実践してみてください。

ジェラートの美味しい食べ方

そのまま食べても充分に美味しいジェラート。
夏の贈り物としても喜ばれるアイスの1つです。
夏のお中元としてジェラートの贈り物が届いた場合、美味しそうなジェラートがたくさん入っていると思います。
本来ジェラートは新鮮なフルーツや牛乳を使って作られている物です。
ベストな食べ方としては出来立てを食べるのが良いのですが、贈られてくるものは既に作られてから何日か経った物になります。
そこで自宅で美味しくジェラートを食べる秘訣をご紹介してみましょう。
ジェラートを食べる時には、完全に凍っている状態より少し溶けてスプーンで練られる状態の方が美味しくいただけます。
スプーンで少しジェラートを練る事でジェラートの風味が一層増して美味しくいただく事が出来るのです。
その為には、冷凍庫からジェラートを取り出し5分?10分程そのまま部屋に置いておいておくとベストな状態になりますので試してみて下さい。
またその5分?10分が待てないと言う場合には、10秒程電子レンジにジェラートを入れて解凍すると言う方法も有りますが、溶けすぎない様に注意する事が大切です。
アイスは溶けてしまうと美味しさが損なわれてしまいます。
お使いの電子レンジによって解凍時間は異なると思いますので、ベストな時間を探して試してみて下さい。
こうする事とでワンランク上のジェラートを楽しむ事が可能となります。
こうした方法を使って少し溶けたジェラートを一練りし、夏のデザートタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ