うつ病を理解するための基礎知識

この記事は14分で読めます

うつ病とは

うつ病と言う言葉を聞くことは多くなりましたが、具体的にどのような症状をうつ病と呼ぶのか正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。
うつ病とは強いうつ状態が続き、日常生活に支障をきたしてしまう病気です。
一時的な気分の落ち込みはうつ病ではありません。
気分がゆううつになるのは誰でもあることなのです。
その状態が長期に続く、具体的には2週間以上続く場合にうつ病と判断されることが多いようです。
人によって具体的な症状は違いますから、治療が必要かどうかの判断は簡単ではありません。
うつ病の治療として薬を使用する医師が多いのですが、この薬は抗うつ薬と呼ばれるものです。
うつ病の原因を特定することは難しいですから、原因の除去よりも対処療法にならざるを得ません。
あなたの周りにうつ病になった人はいませんか。
自分がうつ病にならない限り、本当の意味での理解は難しいのかもしれませんが、身近な人はうつ病になった時には、医師とよく相談して適切な対応をすることが求められます。
うつ病の人に対して、元気づけることをかけることさえ病気の人にとっては負担となる可能性があるのです。
一般の人がうつ病患者に接する時には注意が必要と言うことです。
薬によって症状が改善しますが、薬を継続することは副作用の危険性が増すことになります。
また、複数の薬を併用することはあまりすすられることではありません。
現代人は過度のストレスにさらされているため、うつ病になりやすいと言われています。

スポンサードリンク

うつ病の薬

うつ病の薬は大きく分けると5種類になります。
三環系、四還系、SSRI、NSRI、その他です。
抗うつ薬としての役割は同じですが、薬の成分からの分類です。
それぞれは、メーカーがこれまで研究してきた成果に基づく薬です。
以前から使用されてきた薬を第1世代、その後を第2世代、第3世代、第4世代と呼びます。
世代が違うと言うことは、効果について明らかな違いあります。
ただ、古い世代だからと言って、すでに使用されなくなっているわけではありません。
抗うつ薬の基本は脳内のホルモンの分泌を制御します。
これによっていらいらやゆううつ感を抑制することができます。
もちろん、完全ではありませんが、ある程度の感情コントロールが薬によって可能であることを示しています。
したがって、無意味な投薬は大きな危険をはらんでいることは間違いないでしょう。
薬を飲む時には、医師の診断に基づいて厳重に管理されていなければなりません。
ただ、薬を飲み始めてから、効果が表れるまでには2週間程度かかることが一般的です。
人によってはそれ以上かかる場合もありますし、効果が見られないケースもあるのです。
うつ病と診断されたら、まずは休息を取ることです。
その上で医師と相談しながら、日々の生活を送ります。
感情を自分でコントロールできなくなっている状況ですから、誰かがきめ細かく面倒を見てやることが大切でしょう。
具体的な薬の名前を紹介しておきましょう。
三環系抗うつ薬はアナフラニール、ノリトレン、スルモンチールなどがあります。

うつ病の基礎知識

自分がうつ病になっていないかを自己チェックすることができます。
もちろん、完全に判断できるわけではありませんが、一人で悩んでいるなら試してみるとよいでしょう。
インターネットなどでチェックシートが掲載されていますから、検索してみるといいでしょう。
つまりうつ病は自分でも判断できると言うことです。
うつ病と聞くとどんよりとしていて、自分では何も行動しない状況を思い浮かべる人が多いと思いますが、何もできないわけではありません。
自己チェックシートを読んで、自分なりに考えることはできるのです。
ほとんど一日中ゆううつな状態が続いているとしても、頭の中は働いているからです。
自分の最近の2週間の状況を振り返ってみることでチェックした数が多ければ、うつ病の傾向が強いことになります。
もちろん、最終的な判断は専門医によって行われなければなりませんから、病院で診察してもらうことが必要です。
うつ病の治療としては抗うつ薬の投与が一般的です。
ただ、薬の投与が長期化しないように注意することが大切です。
医師の方もそれはわかっています。
ただ、現代の医療行為において、カウンセリングや診察だけでは十分な医療報酬を確保できないと言う問題があります。
そのために薬を処方するケースがあるのです。
これは精神医療における問題として、社会的に取り上げられています。
うつ病と診断されたら、まずは休息を取ることが大事です。
仕事や学校生活を送ることは難しいと考えてください。

うつ病の治療

うつ病と診断されて薬を飲み始めたからと言って、すぐに効果が表れるわけではありません。
うつ病の治療には年レベルの期間が必要だと考えておきましょう。
したがって、すぐに仕事に復帰できると言う期待は持たない方がいいでしょう。
さて、うつ病の治療は段階的に行われます。
症状の改善には段階があり、いろいろな症状が段階を追って改善していくことになります。
薬による治療は初期の段階から行われます。
薬によって明らかな改善が見られるからです。
ただ、この改善は一時的なものであり、根本的な治癒とは異なります。
初期は急性期治療と呼ばれており、薬を飲み始めてから12週間程度のことを表現しています。
薬の効果により、症状が消えてしまっている場合もありますが、油断はできません。
いずれ薬を減らしていくことが必要です。
また、症状は安定しているわけではなく、よくなったり悪くなったりを繰り返します。
3か月を過ぎると、持続療法の期間となります。
再発を防ぐための治療です。
少しずつ社会復帰を見据えた指導を行っていきます。
ただ、容易に再発しやすい時期であるため、慎重な治療が必要となります。
いずれにしても医師と相談しながら進めることが大切でしょう。
1年を過ぎると、維持療法と呼ばれる時期になります。
ほぼ安定した状況となりますが、定期的な診断は欠かせません。
周囲の状況によって、いつ再発するかわかりません。
社会復帰をしても、元のようなストレスにさらされてしまう危険性があるのです。

うつ病の原因

うつ病の原因を知りたいと思っている人は少なくありません。
残念ながら、現代の医学ではうつ病の原因は明確になっていません。
脳内の神経伝達物質の働きが関連していることは間違いありませんが、それだけで説明できないため原因がわからないのです。
もちろん、単独の原因ではなく、いくつかの要因が絡み合ってうつ病を発症すると考えられています。
遺伝的要因、環境要因、身体的要因などがあります。
遺伝的要因とは生まれつきうつ病になりやすい体質があると言うことですが、具体的にどのようなことかはわかっていません。
環境要因は家族や職場、人間関係などによるストレスやイライラ感などが発生することは病気でなくても感じることです。
病気と健康の境目が明確ではない点もうつ病の原因がわからない理由です。
また、身体的要因としては慢性的な疲労、脳血管障害、ホルモン異常など、医学的に見て通常と違う変化が見られる状況の有無です。
これらがそろったからと言って、必ずうつ病になると言うわけではありません。
性格的な資質もうつ病に関係していると言われています。
つまり、うつ病になりやすい人とそうではない人がいるのです。
うつ病の治療では薬が使用されますが、これは脳内の神経伝達物質の働きを抑制したり促進したりすることによって、感情をコントロールすることができることがわかっているためです。
薬の効果はほとんどの人に見られるため、抗うつ薬の投与はうつ病治療の基本となっています。

抗うつ薬

うつ病の治療として薬の投与があります。
医学的には必要な薬と考えられていますが、薬を飲むことに抵抗を感じる人も少なくありません。
精神病と言う負のイメージが強いからでしょう。
現代においては抗うつ薬の目的や効果は明確になっています。
医師の処方の下で安心して服用するようにしましょう。
薬によって脳内環境を整えることができるようになりました。
気持ちを和らげるのではなく、脳内の血液や神経の働きを変えることで、うつ病の症状を抑えることができるのです。
つまり、医学の進歩によって感情は神経の働きによることがわかってきたいのです。
もちろん、ずっと薬を飲み続ける必要はありませんし、できることなら薬を使わないことが望ましいことは当然です。
また、抗うつ薬の効果が劇的に現れるわけではなく、時間にも個人差があります。
薬によって症状が抑えられていても、薬を止めると元に戻ってしまう可能性もあります。
したがって、抗うつ薬は長期間の服用となるケースが少なくありません。
脳内の神経伝達はセロトニン、ノルアドレナリンがあります。
これらの物質の働きに作用することで、うつ病の改善を図ることができます。
新しく開発された薬の方が、より限定的で効果を上げることができる傾向にあります。
抗うつ薬は日々研究が進められているのです。
薬の区分として三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAのグループに分けられます。
それぞれの役割は異なりますが、患者ごとにどの薬が効果的かを判断する必要があります。

うつ病と薬物療法

うつ病の治療は薬物療法が行われますが、薬がうつ病に効く仕組みを紹介しましょう。
脳内物質のノルアドレナリンは意欲や気力集中力などに関連した神経伝達物質であることがわかっています。
また、セロトニンは食欲、性欲、緊張などに関連しています。
このノルアドレナリンとセロトニンが不足するとうつ病を発症してしまうことがわかっています。
したがって、抗うつ薬の投与によってノルアドレナリンとセロトニンを正常な状態にすることができれば、うつ病の症状を改善することができるのです。
神経伝達物質の働きは複雑ですが、これらの物質の量を制御できれば、うつ病の症状を改善できるのですから、現在使用されている抗うつ薬は神経伝達の仕組みを利用しています。
医学の進歩によって、脳内の物質の動きが少しずつ解明されてきました。
抗うつ薬にもいくつかの種類があり、最先端の知識に基づいた薬ほど効果が高くなります。
薬の使用によって、副作用がある場合もあります。
医師の処方に基づいて慎重に服用しなければなりません。
神経細胞の働きが改善されるまでには服用から2週間程度かかることが一般的です。
したがって、うつ病は薬を飲んですぐに改善できるような病気ではないのです。
また、薬による改善は一時的なものです。
ノルアドレナリンとセロトニンが減少している原因はわかっていないからです。
薬の服用を止めると、また元に戻ってしまうケースは少なくありません。
服用においては医師から十分に説明を受けるようにしましょう。

うつ病の問題

うつ病は本人だけの問題ではありません。
日常生活に支障が出てくることから、家族や周りの人にも影響を与えるのです。
うつ病は現代病と言われていますが、患者数は増加しているのでしょうか。
患者数が増加しているかどうかは評価が分かれるところです。
なぜなら、これまでうつ病と診断されていなかった人がうつ病と認められることによる見かけ上の患者像も考えられるからです。
もちろん、現代人のストレスはこれまで以上に増加しており、うつ病を起こしやすい環境になってきていることは間違いありません。
うつ病の薬もたくさん販売されるようになってきました。
薬を飲むことによって、うつ病の症状は確実に改善します。
しかし、根本原因を取り除かなければすぐに再発してしまいます。
また、うつ病を発症する年齢が広がっていることも問題でしょう。
若年層のうつ病は現代特有の病気ですが、実はこれまでも症状としてはあったのではないかと考えられています。
社会的に若年のうつ病が認知されていなかったため、他の病気と考えられてきたのです。
ゆううつな気分とかやる気が出ない状況は病気でなくても見られます。
性格的なことで片づけられてきた面も否定できません。
うつ病が正しく認識されてきたことは悪いことではありませんが、正常と病気との境界があいまいになってきていることも確かです。
医師だけの診察に頼るのではなく、社会全体でうつ病の改善を図っていくことが重要となります。
うつ病は早期の治療によって、完治の確率が高くなります。

うつ病とクリニック

うつ病に限らず、精神的悩みを抱えている場合にはクリニックで診察を受けてみてはどうでしょうか。
精神科と言うとマイナスのイメージが強く、気軽に診察を受けにくいと思っている人が多いのではないでしょうか。
そのため、心療クリニックと言った名称を付けているところが多いようです。
実態としては通常の病院です。
ただ、現代人にうつ病が多いことは確かですから、それと比例するように病院の需要が高くなってきました。
うつ病などの治療をする場合、カウンセリングだけでは十分な医療報酬を確保することが難しいと言われています。
そのために不要な薬を投与する例が見られます。
もちろん、うつ病の治療に薬は必要なのですが、複数の薬を併用したり、症状が改善しているにもかかわらず、薬を処方し続けているクリニックが問題となっています。
うつ病の本人は当然ですが、家族にもその是非を判断することはできません。
したがって、インターネットなどで十分な知識を持っておくことが大切です。
抗うつ薬の投与による副作用として、薬依存の体質になってしまうことがあります。
もちろん、個人差が大きいため、薬の適量を判断すること自体が難しいでしょう。
医師に悪意がなくても、投与し過ぎてしまうことがあるのです。
日常生活に支障がない程度にうつ病が改善してきたら、薬の量を少しずつ減らしていくことが重要です。
また、心療クリニックの中には仕事が終わってからの診察ができるように、夜遅くまで開いているところもあります。

うつ病とアステラス製薬

アステラス製薬は病院などに提供する薬を作っている会社です。
国内だけではなく世界で研究を行っています。
うつ病の治療薬としてアステラス製薬が販売しているのは抗うつ薬です。
抗うつ薬の仕組みは多くの研究機関が行っており、アステラス製薬と同じような薬を販売しているところがたくさんあります。
ただ、うつ病に関する研究は最近急速に進歩しており、新しい薬が各製薬会社から販売されるようになりました。
うつ病の場合は、重度の症状になると自殺など人命にかかわる症状となりますから、抗うつ薬の役割は非常に大きいことになります。
製薬会社が新しい薬を販売するまでには、多くの臨床試験が行われています。
そして、それらの試験データを基に販売が許可されているのです。
うつ病は現代病とも言われていますから、患者数は急速に増加傾向にあります。
抗うつ薬の効果は明らかであり、極端な個人差はありません。
そのため、現代の治療においては投薬が基本となっています。
ただ、投与を継続している薬をどのタイミングで停止するかが難しいため、長い間薬を飲み続けている患者さんも少なくありません。
投与を止めると症状が再発する懸念を否定できないためです。
外見的にはよくなったと見える場合でも、再発の危険性は少なくなっていません。
うつ病になりやすい体質があると考えられています。
あなたの家族がうつ病になった場合、早急な改善を期待するべきではありません。
長期的な治療を覚悟しましょう。
もちろん、アステラス製薬は抗うつ薬だけを販売しているわけではありません。

うつ病の克服

うつ病になると、何もかもが嫌になってくるようです。
気分がそうなるのではなく、頭の中からだるい気分になるのです。
しかし、この症状を多くの人は理解できません。
うつ病の概念や理屈はわかっていても、どのように対応すればいいのかわからないのです。
一般的にはやる気を失った人を見ると励ましたくなるでしょう。
しかし、うつ病の人に対しては逆効果です。
医師の診断によってうつ病とわかるまでは、逆効果の対応が続けられてしまうのです。
周囲の人がどれだけうつ病に対する理解があるかによって、患者本人の負担は違ってきます。
会社に行けなくなったり、仕事ができなくなったりして、初めてうつ病の症状に気づくのです。
うつ病を克服するための道筋は難しいことではありません。
ただ、その期間は長く、多くの人に迷惑をかけることになります。
それを気にする必要はありません。
病気なのですから。
それを気にし始めるとうつ病の症状が再発します。
薬を飲むことで脳内の神経が元気を取り戻します。
もちろん、すぐに薬で効果が出るわけではありませんから、地道に治療を続けましょう。
人生の中の数年間を何もせずに過ごしたからと言って、大きな影響はありません。
まずは自分自身を見つめ直すのです。
心療内科などでカウンセリングを受けることも大切です。
うつ病が治らないと考えている医師もいます。
しかし、それは大きな間違いです。
うつ病を克服している人はたくさんいるのです。
薬を飲み続けなければならないと言うことはありません。

武田薬品のうつ病薬

うつ病の治療薬として抗うつ薬がありますが、この薬は一般に市販されているわけではありません。
医師の処方によってのみ入手可能なのです。
武田薬品が販売している抗うつ薬も同じです。
Brintellixが商品名ですが、アメリカでの販売も行っています。
武田薬品に限らず、国内での薬の承認と外国での薬の承認は別の手続きです。
販売承認を得るための窓口が異なっているからです。
武田薬品はテレビで宣伝しているような市販薬も製造していますが、うつ病患者の増加に伴う抗うつ薬の需要に対して、積極的に活動を行っているのです。
抗うつ薬の研究は多くの機関で行われており、武田薬品の薬が特徴的と言うことではありません。
ただ、薬品メーカーも需要が高い薬を優先して研究していくのは当然のことでしょう。
現代人の数割はうつ病になると言われています。
もちろん、治療を必要としない人も少なくありません。
しかし、うつ病の治療が薬の投与をメインとしている現状では、薬の販売額は増加していくことになるでしょう。
抗うつ薬の副作用を心配している人もいます。
しかし、薬を止めると元のうつ状態に戻ってしまう人がいることも事実です。
患者一人一人に対するきめ細かい対応が求められるのです。
心療内科の医師のスキルによって、薬の使用法が変わってしまうのが現実です。
あなたやあなたの家族がうつ病と診断された時に、どのような対応をすればいいのでしょうか。
薬をずっと飲み続けてくださいと言われて、それに反論するだけの知識を持つことは難しいでしょう。

うつ病患者の悩み

うつ病を正しく理解するためにはうつ病になってみないとわからないと言われることがあります。
これはある意味正しいのですが、それではうつ病患者の周りの人はどのように対応すればいいのかわかりません。
少しでもうつ病を理解するために、患者がどのような悩みを持っているかを考えてみることが大切です。
うつ病になると、やる気が出ず、疲労感ばかりが強くなります。
周りから見ると励ましたくなるのですが、それが逆効果になってしまうのです。
うつ病患者ばかりが書き込みをしているサイトがあります。
自分を理解してくれる人との会話ですから、精神的なストレスからの解放として大きな役割を果たしているようです。
しかし、お互いの傷をなめ合うだけの会話では前に進むことができません。
薬を飲むことでうつ病の症状は軽くなります。
いずれは薬を止めなければなりませんから、自分の中で気力を芽生えさせることが重要になるのです。
そのためにカウンセリングを受けることも必要でしょう。
うつ病患者の悩みを聞いてくれる医師はいますが、それを具体的な解決へと導くことは簡単ではありません。
患者本人が自立のためのできることを考えなければならないのです。
うつ病が短期間で治ると考えている人もいますが、それは多くの場合間違っています。
長い間蓄積された精神的疲労が原因でうつ病となるのです。
短期間での回復は期待すべきではありません。
薬を飲みながら、インターネットでいろいろなサイトを見て周りましょう。

うつ病の症状

うつ病の症状はたくさんのサイトに掲載されていますから、ある程度の知識を持っている人が多くなりました。
しかし、単にやる気をなくしているとか意気消沈している人とうつ病患者を見分けることができるでしょうか。
一般の人にはそれは難しいのです。
仮面うつ病と呼ばれる症状の場合は、うつ病特有の症状ではなく肉体的な症状が先行します。
そのため医師でさえもうつ病に気づかないケースが少なくないのです。
仕事が忙しく、ストレスも溜まりがちになる人が仮面うつ病になりやすいと言われています。
ただ、うつ病になりやすい人と言う表現は非常に漠然としています。
性格的にうつ病になりやすいとしても、その予防法はあるのでしょうか。
誰でもうつ病になりたいと思っているわけではありません。
毎日を生き生きと元気に過ごしたいと思うでしょう。
うつ病の初期症状を考えてみましょう。
作業効率の低下や気力の喪失が典型的なうつ病の症状です。
また、睡眠障害が出てくる人もいます。
いろいろなことを考えだすと心配で眠れなくなるのです。
自責の念ばかりが強くなってしまいます。
自殺者の多くが自分をうつ病と認識できずに衝動的に行動しているようです。
理路整然と考えて自殺したいと考えているわけではないのです。
うつ病患者の症状は単一ではありません。
薬を飲むことで症状が改善します。
しかし、薬だけで克服できるわけではないのです。
また病気ではないケースもありますから、素人が診断できることではないと理解しておきましょう。
インターネットで調べた知識だけで判断してはいけません。

うつ病薬の副作用

うつ病治療のために抗うつ薬を飲み始めても、すぐに効果が出るわけではありません。
個人差はありますが、2週間程度待たなければなりません。
しかし、副作用は飲み始めてからすぐに出てきます。
副作用ばかりがあって何の効果もないと薬を止めてしまえば、治療自体が進まなくなります。
しばらくの間は我慢するしかないのです。
もちろん、抗うつ薬にはいろいろな種類があるため、もっと効果が早く出るタイプも販売されるようになってきました。
ただ、脳内のホルモンのバランスを整えるための薬ですから、急激な効果は危険を伴うことになります。
具体的な副作用を紹介しましょう。
眠気や口の渇き、便秘などが主なものです。
眠気が出ますから、自動車の運転などは控えなければなりません。
うつ病の症状として睡眠障害があるなら、睡眠薬としての効果が期待できます。
抗うつ薬は自律神経に作用していますから、口の渇きを感じます。
唾液の分泌が減少しているためです。
適度な水分補給やガムを噛むことで解消できるでしょう。
便秘もひどい場合は下剤などを処方してもらうこともあります。
ただ、食物繊維をたくさん摂って、食事に気を付ければいいでしょう。
副作用の多くは深刻なものではありませんから、しばらくの辛抱です。
最初は強いのですが、だんだんと症状がなくなってきます。
これは抗うつ薬に限らないことです。
副作用が継続するような薬ではありませんから、安心してください。
ただ、医師から薬を処方される時に詳しく説明してもらうことが大切です。

うつ病の注意

うつ病は本人だけが病気と闘うわけではありません。
本人よりも周りの人の注意が必要となる病気です。
具体的にどのような注意をすればいいのでしょうか。
うつ病は15人に1人がかかると言われていますから、非常に身近な病気と言えます。
しかし、その対応の仕方をきちんと理解している人は少ないようです。
当人にとってもうつ病と自覚していないことが多く、周りの人もわからないのです。
うつ病と健康な人との区別があいまいだからです。
また、自分がうつ病ではないかと思っても、周りに迷惑をかけたくないと思ってしまう傾向があります。
したがって、家族や会社の同僚が注意深くなければ、対応できないのです。
うつ病の問題は病気への対応が難しいところにあるのです。
うつ病と診断されたら、薬をもらって服用すれば、ある程度の症状は改善していきます。
しかし、薬が必要なくなってからも完治するまでにはかなりの時間がかかりますから、しばらくは仕事を休むことになるでしょう。
うつ病は他の病気と同じように早期発見、早期治療が重要だと言われています。
我慢することは決していいことではないのです。
心の不調を知らせるサインを見逃してはいけないと言われますが、現実問題として簡単に気づくことではありません。
毎日の行動をチェックしているわけではないからです。
うつ病ではなく、単なる気分の落ち込みの場合は励ましてやることが悪いことではありません。
うつ病では逆効果です。
あまり考え過ぎてしまうと、どう対応すればいいのかわからなくなります。

うつ病の経験談

うつ病でどのような苦しみがあるのか、どうやって克服することができるのかは個人毎に違いますから、医師の指示だけで完治すると考えていてはいけません。
もちろん、処方された薬はきちんと飲まなければなりません。
ただ、薬だけを処方して、治療らしいことをほとんどしない医師がいることも事実です。
どうすればうつ病を改善させるかについては、実際の体験談を聞いたり読んだりすることが役立つようです。
もちろん、すべて自分に当てはまるわけではないでしょうが、参考にはなるはずです。
うつ病になり始めは、会社で自分に自信が持てなくなってしまうようです。
上司からの叱責や強いストレスがだんだんと溜まっていくのです。
息抜きができない性格がその傾向に拍車をかけてしまいます。
病院で診察してもらい、うつ病と診断されたら、思い切って休職すべきでしょう。
仕事をしながら、うつ病を治療することは困難だからです。
仕事の効率も悪いですし、周りにも気を使わせてしまいます。
何よりもそのことを負担に感じているのは当人なのです。
求職して、ゆっくりした時間を持つことはうつ病によって大きな転換となります。
もちろん、うつ病の度合いによって、適切な対応が必要であることは間違いありません。
うつ病になりやすい人とそうではない人がいると言われています。
そこにはヒントがあるはずです。
職場復帰は慎重に行わなければなりません。
勤務時間を短縮したり、作業量を減らしたりするなど職場の配慮が重要になります。
うつ病になったら、体験談を読むことをおすすめします。

SSRIとは

抗うつ薬にはいろいろなタイプがあります。
研究が進んできて、うつ病の症状を改善するためのアプローチの仕組みが増えてきたからです。
SSRIとは新世代の抗うつ薬の名称です。
SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬という意味ですが、具体的にどのような働きをするのかよくわかりませんね。
うつ病を改善する薬の仕組みは脳内の神経伝達物質の働きを理解しなければなりません。
中でもセロトニンは重要な役割を果たしており、セロトニンを制御することでうつ病を改善することができるのです。
選択的と言う言葉からわかるように、必要な部位のみに作用することで副作用を抑えることができます。
もちろん、すべての人に同じ効果を期待することはできません。
時には逆効果となるケースもあるからです。
日本で販売されているSSRIは4種類です。
特定の成分を服用することによって、セロトニンの働きを抑えるのです。
SSRIを服用することによって、不安感を改善することができるのです。
うつ病に関する研究は続けられており、これからも新しい薬が登場することでしょう。
それでも第1世代の薬が現在も使用されていることから、確実な効果を期待できるほどの薬は存在しないと考えていいのかもしれません。
またうつ病の症状を改善することができたとしても、それ以上のことはできません。
カウンセリングや本人の気持ちによってうつ病の症状は変化するからです。
病は気からと言いますが、うつ病の場合は気持ちそのものが病気になってしまっています。

うつ病の情報

現代でもうつ病に対する誤解を持っている人が少なくありません。
うつ病を理解することが難しいからです。
もちろん、うつ病の症状はわかっていますが、健常者とどこが違うのでしょうか。
いわゆる怠け癖のある人に対して、普通の感覚であればきつい言葉をかけたくなります。
しかし、うつ病の人に対して同じことをすると大変なことになってしまうのです。
極端な場合は自殺に追い込んでしまうかもしれません。
うつ病を正しく理解することが重要ですが、そのためには正確な情報を入手することが前提となります。
インターネットを検索するとたくさんの情報があります。
うつ病がこれほどポピュラーになったのだと実感できるでしょう。
ただ、健常者とうつ病患者を見分けることは非常に難しいと言うことを実感している人はどれくらいいるのでしょうか。
根性や我慢、根気と言った言葉がすでに死語になっているのでしょうか。
うつ病と根性は対極にあります。
同じ視点に立つことは無理があるのです。
自分の家族にうつ病患者がいる人にはわかるのかもしれません。
うつ病や薬に関する情報を読むだけでは、すべてを理解することはできませんが、まったく知らないことは現代人として失格だと考えてください。
特に会社で部下を持つ立場の人はうつ病に対する正しい知識を持たなければなりません。
うつ病は薬を中心とした治療になりますが、社会生活をスムーズに送ることができなくなる可能性が高いことを理解して、患者本人の負担にならない配慮をしなければなりません。

うつ病を理解する

うつ病患者を直接叱咤激励することは避けなければなりません。
しかし、うつ病の人にかけてやる言葉でうれしく感じて、元気が出る場合もあります。
どのような状況でどのような言葉をかけるべきなのか、うつ病を理解していなければ難しいことでしょう。
頑張れと言う言葉は決して使ってはいけないと言われています。
頑張れるならとっくに頑張っていると反論したくなってしまうからでしょう。
もちろん、頑張らなければならないことがわかっているため、さらに落ち込んでしまうのです。
ゆっくりと休みなさいと言われて、肩の力を抜くことができたと感じている人は少なくありません。
うつ病患者本人がもらってうれしかった言葉がつづられたホームページがあります。
これを読むことで、具体的な言葉のイメージが湧いてくるかもしれません。
患者だけではなく、一緒に支えている家族も同じ気持ちでしょう。
普通の生活を送ることが負担になってしまう病気ですから、普通にすることが難しく感じられるのです。
ただ、時間が経つにしたがって、何かが見えてくることもあります。
薬によってうつ病の症状は改善したとしても、前向きな気持ちを持つためには時間がかかります。
そんな時の一言が心にしみるのでしょう。
うつ病を理解することは簡単ではありませんが、多くの事例を読むことによって、うつ病患者の気持ちを理解すればいいのではないでしょうか。
仕事や家庭において、どう対応すればいいのか。
薬だけを飲んで入れいばいいとは考えられません。

スポンサードリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 10.26

    メンズの美白

コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.02.13

    調理師の資格

ブックマーク

浴衣えらび.com
もともと着物が好きな事もあってお気に入りのサイト。管理人が自分のセンスでいろんな浴衣をチョイスしてます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
  • SEOブログパーツ